【アニメ感想】異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~ 第24話「古都のエール」

 異世界居酒屋の24話を見て感想を書かせていただきます。
 様子見で見始めたこの作品も、気がついたら2クール目が終わろうとしています。
 「トリアエズナマ」という言葉は一生忘れない……かもしれません。

【内容】
 ゲーアノートや常連客のおかげで存亡の危機から救われた大将たち。
 ブランターノ男爵がやってきて大量のエールを持ってきて食事を振る舞います。
 彼の元付き人(ダミアン)はバッケスホープに取り入って迷惑をかけたとのことですが……

 ゲーアノートだけでなくブランターノもまたのぶに力を貸していたようです。
 皆さんは「古都のエール」を振る舞われて喜び、時として喧嘩をしたりします。
 さらにブランターノはエールの良さを知ってほしいと大将やしのぶにも同様に振る舞います。

 大将やしのぶはエールに興奮しますが、エーファは未成年なので飲みようがありませんでした。
 皆さんは楽しく食事して去っていった模様ですが、実は今日は「のぶ」の開店の半年目なのだとか。
 閉店後、しのぶはトリアエズナマを飲んでお刺身をいただいてご満悦のようです。

 おいしいお料理ではありますが、お店の味も古都になじむべきではない課と考えます。
 今までお客さんがおいしく食事をしてくれたことをついつい思い出します。
 最後はサケのお茶漬けをいただいてほっとし、これからもお店を続けようと決意するのでした。

【感想等】
 ブランターノさんって誰?と思っていたのですが、実際は10話に出ていたようです。
 諏訪部さんのお声はよく聞きますが、ちょっと演技傾向が違ってなかなか気づきませんでした。
 公式のキャラ紹介を見ると全体的なキャストの豪華さに改めて驚きました。

 タイトルどおり「古都のエール」がメインのお話で、意外と居酒屋要素は少なめでした。
 実際のところ帝国が20才未満の飲酒を禁止しているのかはわかりませんが……
 最後の最後でちゃんと「トリアエズナマ」を出すのはノルマでもあるのでしょうか。

 これまでのことを思い出すと懐かしさと共におなかがすいてきたのは内緒です。
 次回予告がなかったところを見るとこれで最終回なのは確定なのでしょうか。
 個人的には再来週に25話や26話を見て感想を書くことができればいいのですが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~ 第23話「北方三領邦会議之顛末」

 異世界居酒屋の23話を見て感想を書かせていただきます。
 前回は色々ありましたが、タイトルどおり居酒屋を続けていけるようでよかったです。
 いつもの和服な大将さんも素敵ですが、洋服もなかなか素敵だと思います。

【内容】
 先帝のおかげでラガー流通の許可が下り、これまでどおり「トリアエズナマ」を出すことができるように。
 ゲーアノートはあくまで自分の仕事をしただけとかっこよくお酒を飲みます。
 彼はここぞと言わんばかりにナポリタンを所望し、大将はさっそく作ることになりましたが……

 先日から「北方三領邦」との会議が行われていたとのこと。
 そこの住民達は帝国に不満を持っていて独立すら考えていたようです。
 会議の内容よりむしろ会食と聞いて思わず目を輝かせる女性陣なのでした。

 先帝は北方の習慣どおりに手で食べたことで相手の態度が和らぎます。
 子牛の丸焼きを出してきたのは帝国への態度を確かめるものでしたが……
 持ってきた女の子が丸焼きを落としてしまい、ゲーアノートはぶち切れしてしまいました。

 大将がもう一頭、大きな子牛を持ってきてその場は収まったようです。
 帝国の財力を示されたことで問題は解決できたようで何よりでした。
 先帝の演出を称賛しつつもナポリタンを食べて興奮するゲーアノートなのでした。

 エーファはゲーアノートの口についたケチャップをふいてほしいとハンカチを出してきます。
 どうやらその出所は先帝のものであり、エーファは姫ではないかと考えてしまいます。
 最後は「暗い夜道には気をつけて」と言われて脅しと考えてしまうのでした。
 
【感想等】
 全て漢字のサブタイトルに一瞬驚いたのはここだけの話です。
 前回のMVPともいえるゲーアノートさんですが、ナポリタンが食べたいと言ったのは笑いました。
 先帝さんは様々な仕事をしているようですが、現在の皇帝さんは何をやっているのでしょうか。

 色々とありながらも最終的にうまくいって、ゲーアノートさんもおいしく食事できてよかったです。
 ナポリタンに驚いたりハンカチに驚いたりする彼はネタキャラという新たな魅力を得たように思えます。
 Cパートの「ナポリタンそばめし」を近いうちに作りたいなと思いつつ次のお話も見ていきたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~ 第22話「老人と魚」

 異世界居酒屋の22話を見て感想を書きます。
 前回の危機が去り、皆さんの話し方も心なしか落ち着いてきたような気がします。
 タイトルだけではお話の内容が全く読めませんが……

【内容】
 しのぶは前回の危機が去った一方で、何か物足りないものを感じていました。
 ゲーアノートはトリアエズナマの販売を自粛する方がいいと言われていました。
 そこにヨハンが老人(先帝)を連れてやってきましたが……

 小アジの南蛮漬けを食べた老人はその味を絶賛します。
 老人はトリアエズナマを所望し、大将はせっかくのお客を楽しませたいとそれを出します。
 しのぶもトリアエズナマを出してやたらとテンションを上げてきます。

 老人は帝都のラガーと「トリアエズナマ」は別人だと言ってのけます。
 しのぶはサービスでもう1杯出してきて、さらにはあじフライが出てきます。
 エーファはかぶりつくことが大切だと述べ、老人は大喜びでそれを食べます。

 続いてカレイの煮付けを出してきたエーファですが、食べ物を床にこぼしてしまいます。
 老人はエーファをなだめ、大将はさらに大きなカレイの煮付けを出してきます。
 「龍に立ち向かう勇敢な戦士」などと言い出しつつ、またも食べて絶賛しますが……

 老人はサーモンの皮をあぶったものが大好きだと言い出します。
 彼によると皮は棄てるには惜しいと、北方の領地を皮にたとえているようです。
 最後はラガーを禁制にする勅書は撤回され、宴会の料理も変更を加えるとのことでした。

【感想等】
 当面の危機が去っても、まだまだ彼らを取り巻く環境は厳しいようです。
 ヨハンさんは貴族階級の人ではありましたが、先代皇帝と親類ということは驚きました。
 「のぶ」のコネクションは着々と強化されていることを感じます。

 ニコラウスさん達がいない一方で、老人こと先帝さんのリアクションは興味深いです。
 最近あまり出番のなかったエーファさんが生き生きとがんばっているのも微笑ましいです。
 (実写パートで出た)新橋のOLに生まれ変わることを夢見つつ、次のお話もみてみようと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~ 第21話「トリアエズナマの秘密(後編)」

 異世界居酒屋の21話を見て感想を書きます。
 2週間開いたので前回のお話はあまり覚えていないのはここだけの話です。
 実のところラガーって何というのが第一印象なのですが……

【内容】
 大将としのぶの運命の日があっさりとやってきます。
 密輸で死刑になると火あぶりになるという物騒な話題が出てきます。
 バッケスホープ、ダミアンやゲーアノートが登場して店を見聞しますが……

 ラガーが密輸されていると聞いたバッケスホープですが、その数(38樽)が少ないと突っ込みを入れます。
 バッケスホープはそのまま大将たちを逮捕しようとしますが、ゲーアノートは計算が合わないと考えます。
 店は密造できる施設はないといい、どうしてラガーの味を知っているのかと突っ込みを入れます。

 ダミアンは逃走しますがニコラウスたちに逮捕され、さらにバッケスホープもまた逮捕されます。
 ゲーアノートは仕事が忙しくなると言って去って行き、兵士達は飲み会をして大喜びします。
 実はハンスが「のぶ」の減刑を求める署名を集めるなど、周りが密かに動いていたようです。

 大将は串カツをを出し、客達はソースを付けてその味と食感に興奮します。
 もちろんトリアエズナマという発言も忘れていませんでした。
 客の喜ぶ姿を見たしのぶ達は、この街でお店を出してよかったのだと実感するのでした。

【感想等】
 しのぶさんのお声を聞くとちょっと癒される気がします。
 バッケスホープさんの追い詰められる様は声優さんの演技もあってなんだか面白いです。
 徴税請負人のゲーアノートさんはいつから警察みたいな人になったのでしょうか。

 いろいろありながらも大将さん達が助けられたのはよかったと思います。
 店のお客さんが一生懸命に動いていたところを見ると、大将さんたちが支持されていてうれしくなりました。
 お料理の串揚げ風グリルも普通においしそうでしたし、いつか試してみたいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~ 第20話「トリアエズナマの秘密(前編)」

 異世界居酒屋の20話を見て感想を書かせていただきます。
 20話の大台に突入してそろそろ終わりが見えてきたような気がします。
 トリアエズナマという用語はこちらの世界ではあまり浸透していないような気もしますが……

【内容】
 外は台風でお客が来ないと思っていたら、ダミアンがバッケスホープという男を連れてきます。
 バッケスホープはうなぎを所望しますが、あいにく仕込んでいないとのこと。
 トリアエズナマを飲んだバッケスホープは店を買い取ると言い出します。

 バッケスホープは女性陣にセクハラをしつつ、トリアエズナマはエールではなくてラガーだと言い出します。
 なんでもこの世界ではラガーはご禁制の品なのだとか。
 先帝による生産制限が敷かれており、最悪の場合は死刑もあり得るのだとか。

 トリアエズナマはラガーであると結論づけ、このままでは店をやめることになりそうです。
 ベルトホルトはおなかを鳴らし、大将やしのぶはお料理を作り始めます。
 たこさんウィンナーを見て皆さんは目を輝かせますが……

 とりあえず店を開けてみると、参事会の1人であるホルガーが議会の様子を語ります。
 かの水運ギルドやローレンツはのぶをかばっていたようです。
 調査担当となった徴税請負人のゲーアノートは常連の客ではありますが……

 大将は店があるあいだは仕事をするのだと決意します。
 その日から店には多くの客が訪れ、忙しさが不安を紛らわすのですが……
 そんなところに、いよいよ取り調べの書状が届くのでした。

【感想等】
 突然出てきたバッケスホープさんは面倒ごとを持ってきてくれました。
 エールやラガーと言われてもいまいちよくわかりませんが……
 シリアス展開の中でたこさんやいかさんのウィンナーが出てくるのは癒しでしょうか。

 20話にして作品最大のピンチですが、それでも態度を変えない大将さんが素敵すぎます。
 実写パートはあまりにも関係なさ過ぎて空気を読めていないようにも思えてきます。
 次回の「後編」ではどんな結末になるのか、いまから再来週が(いろんな意味で)楽しみです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム