【アニメ感想】若おかみは小学生! 第24話(終)「やっぱりおっこは若おかみ!」

 若おかみさんの最終回を見て感想を書かせていただきます。
 龍神様と対峙することになってだんだん妙な方向に進んでいるのが気になります。
 どうみてもおっこさんに戦闘能力は期待できないのですが……

【内容】
 お湯が止まった原因が龍神様だと知ったおっこは現地へと向かいます。
 一方で、真月はお客を説得して待たせることになりましたが……

 龍神様は人間に愛想を尽かしてここから去ると言い出します。
 なんでも龍神様が去ってしまうと温泉が全部出なくなってしまうのだとか。
 お湯が出なくなったと知ったお客は本当に大丈夫なのかと言い出します。

 小さな龍神が出てきますが、干からびて弱っているようです。
 ほこらの掃除と供物を怠ったしまったことでこうなってしまったとのこと。
 大女将は息子と共に「龍神の湯」は終わってしまったのだとつぶやきます。

 おっこは亡き若主人が毎日お供えしていたのだと知り、自分が代わりにお供えすることに。
 龍神の子供は元気になり、自分はこの場を去らないと言い出します。
 おっこは龍神様のことを大切にするからと言ってのけ、温泉は再びお湯を出すようになりました。

 ランタンやペンライトを美陽が準備し、お客さんは温泉につかることが出来て何よりでした。
 電気や水道も復旧し、お客様をお見送りしたおっこ達。
 おっこは若主人が温泉水をお供えしたことについて言及して、その気持ちを守ってほしいと告げます。

 色々ありながらも研修は終わり、ウリケンはお疲れ様とメールを送ってきます。
 真月はライトアップは亡き姉のおかげではないかと見抜きます。
 皆さんにお出迎えされたおっこは歓迎を受けつつ、修行はますます続くのでした。
 
【感想等】
 はじめはマイルドな「花咲くいろは」だと思っていましたが、それにとどまらない作品だと思います。
 所々のオカルト要素は他にない要素ですし、真月さんのツンデレ具合もなかなかに素敵でした。
 とはいえ「若おかみ」という表記は少し気が早いかもしれませんが……

 おっこさんの度胸も意外と義理堅い真月さんも素敵でしたが、出ると思っていた藍竜さんは再登場しませんでした。
 お姉さんについて言及する真月さんは実は霊感持ちなのかもしれません。
 実際がんばっていたおっこさんですが、ことあるごとに「若おかみ」は少し持ち上げすぎなようにも思えます。

 最終回スペシャルの前半は最終回で、後半は一言で言えば映画紹介でした。
 小学生が家のお手伝いをする光景と若い主演声優さんを見て、自分がいかに出遅れたのかと感じたのはここだけの話です。
 劇場版を見るのかどうかはわかりませんが、もし見たらまた感想を書かせていただくかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】若おかみは小学生! 第23話「絶体絶命!!若おかみ!」

 若おかみさんの23話を見て感想を書かせていただきます。
 タイトルの「絶体絶命」という言葉に何やら途方もないトラブルを連想します。
 はたしておっこさんはこのトラブルを解消することができるのでしょうか。

【内容】
 多くのお客さんが来たかと思ったら突然停電になってどったんばったん大騒ぎです。
 ボイラーの電源が入らないから温泉も入ることができないようです。
 双子は天然温泉の「龍神の湯」はどうかと提案しますが、大女将は「手間がかかる」と拒否します。

 おっこは憤って反論すると大女将は鍵を投げつけてきます。
 父親が倒れたのは龍神の湯を掃除したとのことで、真月も温泉の手入れに費用がかかることは認めます。
 とはいえ、温泉旅館にやってきたお客が楽しみにしているのもまた温泉なのですが……

 散らかった温泉を見ておっこ達は一斉に大掃除をすることになりました。
 とっくりをはじめとしてライトや提灯など、父親が準備したものが残っているようです。
 続いてお湯を出そうとしたところで大女将は「使えるものは使えないと損」とツンデレを見せつけます。

 蛇口をひねったのですが、お湯が全く出てくる気配がありませんでした。
 お客は温泉には入れないのかとぼやき、鈴鬼はお湯が出ない原因は龍神のせいだと言い出します。
 おっこは自分が龍神を説得すると言い出し、真月にその間お客を留めるようにとお願いします。

 おっこは転んだ弾みで龍神のほこらを破壊してしまいます。
 「立ち去れ」と声が聞こえてきたのでおっこは必死に説得を試みます。
 はたしておっこは龍神様を説得することができるのでしょうか。

【感想等】
 いきなりのオカルト要素に所々戸惑うのは私だけではないかも。
 龍神様といわれたら「ゆらぎ荘の幽奈さん」の玄士郎さんを思い出しました。
 このアニメにはコガラシさんがいないのでなかなか厳しいかもしれません。

 おもてなしのために全員でお掃除をする展開は普通によかったと思います。
 おっこさんの行動力には感心しますが、いきなり龍神様と会うと言われたときは驚きました。
 次回は最終回とのことですが、霊感師の藍竜さんの再登場を期待する今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】若おかみは小学生! 第22話「どケチ修業で若おかみ!」

 若おかみさんの22話を見て感想を書きます。
 ケチケチ路線を貫くおばあさんは従業員にもああいう態度を示しているのでしょうか。
 かつてはイロモノ扱いだった真月さんの株価上昇が止まりません。

【内容】
 あまりにも質素な食事に呆然とするおっこ達。
 彼女たちはその度を過ぎた「ドケチ路線」に困惑していました。
 そこに双子がやってきてお菓子を持ってきてくれましたが……

 大女将は双子や真月に文句を言ってきて、言い返したおっこは布団干しをさせられることに。
 意外に体力のある真月は「頭だけ動かしていても女将は務まらない」と一言。
 さらに「満足して帰っていただきたい」とリフォームできたらと考える真月なのでした。
 
 おっこ、真月を見ていた大女将は息子が亡くなったことを思い出してしまいます。
 空を見上げれば雨が降りそうで、仲居さん失格と言われてしまいます。
 美陽は大量のお客が来たら研修らしくなるのではと考え、鈴鬼は「ちょうどいい獲物」があったと言い出します。

 周囲の予約が取れない団体客がやってきて、接客の準備をするおっこ達。
 お客が来るからと着物になった大女将の精悍な姿に感心せずにはいられません。
 カップルが灯籠のようなものを倒してしまったせいなのか、天気がだんだん悪くなってきました。

 停電になってもケチ路線を貫く大女将に、女将は「お客の安全には変えられません」と反論します。
 女将の機転によって献立が変更になり、お客さんには好評のようで何よりでした。
 しかし停電は続き、このまま夜を明かすことができるのか、わたし、気になります!

【感想等】
 息子さんの死亡ですっかり変わってしまった大女将さんに色々と考えさせられます。
 緒花さんのおばあちゃんの爪の垢を煎じて飲んだ方がいいのかもしれません。
 真月さんが有能なのはいいとして、鈴鬼さんが意外にも役立っていたのは驚きました。

 停電といわれると今の北海道の状況がどうしても気になってしまいます。
 女将さんの機転が実に見事な一方で、これを見ておっこさんが勉強になったということでしょうか。
 次のタイトルが「絶体絶命」などと入っているのがすごく気になるのですが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】若おかみは小学生! 第21話「おばけ旅館で若おかみ!」

 若おかみさんの21話を見て感想を書きます。
 研修名目で修行することになり、ちょっと「花いろ」に近くなってきたような気がします。
 正直なところ、ここまで若おかみと連呼する必要はないと思いますが……

【内容】
 おっこは真月に遠距離恋愛だと言われて思いっきり顔を赤くします。
 この2人は「若おかみ研修」と称してボロボロの旅館で研修することに。
 双子姉妹の態度に困惑していましたが、今度は大女将の女性が登場して喧嘩を売ってきます。

 おっこは大女将に困惑する一方、真月はお客さんを相手にする方が難しいと言い出します。
 温泉は経営合理化のために使っておらず、ボロボロの部屋は直す余裕がないとのこと。
 大女将はまたも悪態をついてきて「ぼろ旅館のくせに」と言われておっこはキレてしまいます。

 策略に引っかかったおっこは旅館じゅうの掃除を強いられることに。
 ウリケンからのメールが送られてきますが、おっこは身に覚えのないメールを相手に送っていたことに気づきます。
 双子姉妹はおっこが有名人と会ったことがあるのかと迫ってきますが……

 その夜、パンフレットから大女将が父親の生前には素敵な旅館を経営していたことが明らかになります。
 高いサービスと低い価格を両立した結果父親は過労で倒れてしまい、その反動で大女将がサービスを切り詰めたとのこと。
 つらい過去を知ったおっこはナニも思いつかないまま研修の初日を終えるのですが……

【感想等】
 小難しいおばあさんが出てきて、一瞬「花咲くいろは」を連想してしまいました。
 いくら経営合理化のためとはいえ、ここまで衛生的に悪いとお客も入らないような気が……
 研修というよりも体よく掃除をさせられているだけにしか思えません。

 必死に掃除をする姿は仲居さんの仕事をしているとしか言いようがないかと。
 児童文学で過労死の話題を出されると複雑な気持ちになってしまいます。
 次回はおっこさんがどんな手段を使って旅館をもり立てていくか、わたし、気になります!
 



※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】若おかみは小学生! 第20話「ホントの気持ちと若おかみ」

 若おかみさんの20話を見て感想を書かせていただきます。
 色々と服を買うという女性らしいお話ですが、自分もそんな気持ちを忘れていたなと痛感します。
 おっこさんがグローリーさんの心にろうそくをともすことができるのでしょうか。

【内容】
 おっこはグローリーに付き合って買い物にやってきました。
 いつしか2人のファッションショーになり、服まで買ってもらってしまいます。
 帰り道でグローリーは自分が振られたと言い出しますが……

 占いで相性が最高だったという彼氏ではありましたが、心のろうそくが消えたとかで別れられたようです。
 グローリーはおっこを見て占いのカンが戻ってきたと言いますが、鳥居くんよりも強い思いの持ち主がいるとのこと。
 宿に戻ったおっこに悪態をつくウリケンですが、彼にはここにやってきた本当の理由がありました。

 ウリケンは旅館の経営をするという夢があり、手伝いをしつつその手法を調べていたようです。
 おっこは目を合わせないウリケンに怒ってしまいますが、ウリ坊が言うにはウリケンがおっこのことが好きなのだとか。
 グローリーはおっこに自分の気持ちを伝えるようにと念を押しますが……

 ウリケンは書き置きを残して旅館を去ってしまい、おっこは彼を追いかけていくことに。
 美陽はウリケンを投げ飛ばしてバスから下ろし、おっこは自分の言ったことは本心ではなかったと謝罪します。
 ウリケンはおばあちゃんの幼少期よりもおっこに会いたくてきたのだと言い出します。

 ウリケン残留の知らせに思わず顔を赤らめるおっこさん。
 これからますます彼らのドタバタが続くのかもしれません。

【感想等】
 冒頭のファッションショーは楽しいものの、全体的にシリアスなお話になりました。
 グローリーさんが彼氏さんとお別れしたエピソードで昔のトラウマを思い出しそうです。
 さらにはウリケンさんの気持ちが見えてくるとこれまでの態度も全く違って見えてしまいます。

 自分の気持ちに正直になる「勇気」に乾杯しつつも、色々と表情豊かなおっこさんがかわいいなと思います。
 ウリケンさんはこのままずっととどまるみたいですが、そもそも学校はどうなっているのでしょうか。
 次のお話は若女将研修というよりもむしろ仲居さんのお手伝いにしか見えませんが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム