【アニメ感想】アイカツフレンズ!第50話「そこにしかない未来」

 アイカツフレンズの50話を見て感想を書かせていただきます。
 1年目の最終回にあたる今回、何か節目となるイベントがあるのでしょうか。
 2年目も、出来れば3年目も、あいねさんの活躍を見守っていきたいです。

【内容】
 ラブミーティアが司会を務める番組も今回で最終回であり、あいね、みおがその後任になるとのこと。
 ミライ、カレンがゲスト扱いになったかと思いきや、オープニングの後はあいねとみおが喧嘩をしていました。
 エマ、舞花が事情を聞くと、あいねがみおの体調を心配するあまり撮影が止まってしまいました。

 あいねはみおのことを心配していましたが、結局は言い争いになってしまったようです。
 エマは「お姉さんはうれしい」といい、舞花は気持ちをぶつけ合えるのが本当の友達だと続けます。
 みおはココちゃんに話しかけ、どちらが悪いのかと聞いてみますが……

 ミライに話しかけるとカレンとはしょっちゅう喧嘩をしているとのこと。
 みおはこれまで人とぶつかるのを避けてきたと実感し、ミライは「仲直り式」なるものを提案してきました。
 あいねは仲直り式のことを聞いて、仲直りできるのだろうかと考えます。

 後半では仲直り式が開催されることになり、ラブミーティアが立会人になるそうです。
 互いに謝ろうとするあいね、みおですが、ミライは互いに不満があることをぶつけ合えと言い出します。
 みおはあいねが仕事に遅れがちだといい、あいねはサインを寝出されて遅くなるのだと反論します。

 あいねはみおがペンネ(ペン様)を見すぎだといいますが、ミライはもっとぶつけろと煽ってきます。
 みおは食レポで「おいしい」と言い過ぎだといえば、あいねは授業中に居眠りしたと反論します。
 あいねは体重が増えたと言われながらも、大切なペンダントをみおが家に忘れてきたと言い出します。

 みおは突然涙を流し、気持ちがすれ違うのではないかと恐怖を抱きます。
 最後は互いが大好きだと言ってペンダントを合わせ、さらに素敵な鐘が鳴り響きます。
 続いて「ラブミーティアに送るステージ」ということであいね達4人がライブを行います。

 ミライ、カレンは頼もしい後輩を見て安心して旅立つことが出来るとひと言。
 あいねは過去の写真を見せてきましたが、さりげなくあいねの写真にはみおの姿がありました。
 そもそも「友達とは何か」という所に疑問が浮かんできました。

 ミライはカレンと別れ、あいねは改めてみおに感謝を述べます。
 最後は素敵な鐘が鳴り、気づいたらあいね達は高校生になっていました。
 雪に閉ざされた城と宇宙空間では新たなアイドルが姿を見せるのでした。

【感想等】
 ダイヤモンドフレンズになったあいねさん達でしたが、時には喧嘩をすることもあるようです。
 自分の気持ちをぶつけ合うことが本当の友達というのは一理あると思います。
 とはいえ、あまり言われすぎると気持ちが沈んでしまうことも事実なのですが……

 仲直りをするのはいいとしても、半ば見世物みたいになっているのは少し疑問です。
 言い争いにはなっても殴り合いにはならず、最後はわかり合えたのなら何よりでした。
 色々なことを教えてくれたラブミーティアさんがいなくなると思うと寂しくなりますが……

 ラブミーティアさんを送り出す展開は、ある意味では学校の卒業式のようなものかも。
 今度から2年目になり、新たなライバルが出てくるのだろうなと思います。
 次回タイトルは「宇宙から来たアイドル」なのですが、まさかのイナイレリスペクトなのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】アイカツフレンズ!第49話「伝説の最終章」

 アイカツフレンズの49話を見て感想を書かせていただきます。
 久しぶりに登場したラブミーティアのお二人ですが、彼女達は一体何を目指しているのでしょうか。
 そろそろ年度も終わりますし、新たな展開が望まれている時期なのかもしれませんが……

【内容】
 ハニーキャットは地球一周ツアーを提案し、スポンサーもついてその夢を実現することに成功します。
 ラブミーティアの2人は誰かをハッピーにすることだといい、結成4周年を控えて特別なライブをすると言い出します。
 昨今では、ダイヤモンドフレンズだったころを上回る実力を見せつけているようですが……

 カレンは「アイカツ親善大使」への就任を決め、世界中の人にアイカツを広めるとのこと。
 ミライの方はアイドルをプロデュースするといい、それぞれ新たな道に進みつつあるようです。
 全国各地のアイドル科のある学校を視察していましたが、あっさりと見つかってしまいます。

 世界中を回ることで「世界にはアイカツをしたくても出来ない人がいる」ことを知ったカレンさん。
 彼女は自分がまだまだその役目を果たしていないのだと実感していましたが……
 そんな中、みおは「ラブミーティア物語 最終章」という文字を見てしまい呆然とします。

 ミライはカレンに原石のような子をプロデュースしてはと提案し、カレンは愛の届け方を見せてほしいと告げます。
 カレンは世界中に学校を作ってアイカツを真の意味で広げようとし、ミライは自らオーディションを主催します。
 みおはラブミーティアが解散するのではないかと危機感を抱き、大粒の涙を流してきました。

 ラブミーティアの2人があいね、みおにライブの招待状を送ってきました。
 みおは差し入れを渡し、カレン、ミライはこれからラブミーティアはどうなるんだと問いかけてきました。
 カレンはしばらく海外に行くといい、ミライはカレンにはついていかないと言い出します。

 ミライ、カレンは互いに最高のフレンズでライバルだといい、離れていても高め会うことができると主張します。
 みおはこれがラブミーティア最後のライブになるのではと考えていましたが、ラブミーティアそのものは残るようです。
 ミライ達があいね達を呼び出したのはプレゼントがあるかららしいのですが……

 「同じ呼吸、同じリズムで!」とおそらく今季最後のライブを行うラブミーティアの皆さん。
 みおはずっと先を進んでいるラブミーティアに呆然とし、あいねは全力で、一緒に追いかけると意気込みます。
 空には流れ星が落ちていき、そして2人は伝説になったのでした。

【感想等】
 直接対決以来の登場となったラブミーティアのお二人も新たな道に進みつつあるようです。
 「アイカツ親善大使」なる言葉が出てきて、アイカツの世界の広さをまざまざと見せつけられたように思えます。
 アイカツしたくても出来ない人がいるという言葉は文字(例:アイカツ→勉強)を変えると応用が利きそうです。

 オーディションを主催するのはまだしも、学校を作るというスケールの大きさには驚かされました。
 地域によっては学校も廃校になるご時世だと色々と難しいのかなと、ついそんなことを考えてしまいました。
 2期ではミライさんやカレンさんが育てたアイドルが敵となって立ちはだかることになるのでしょうか。

 離れていても互いに高め合うことが出来るという関係はとても素敵だと思います。
 次回はあいねさんとみおさんが喧嘩してしまいますが……
 2年目はあいねさんもみおさんもこのままソロ活動をするという意味なのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】アイカツフレンズ!第48話「キャットたちのハニーなお仕事」

 アイカツフレンズの48話を見て感想を書かせていただきます。
 タイトルの時点でエマさんと舞花さんがメインのお話なのは言うまでもありません。
 どこか「さくら荘のペットな彼女」と響きが似ているような気がしますが……

【内容】
 ココちゃんの夢を叶えようと奮闘した後、エマ、舞花は地球一周ツアーをやるなどと考えていました。
 これだけ多くの国を回ると多額の費用がかかりそうですが……
 エマ、舞花はお金を貯めようと奮闘し、マネージャーのたまきもすっかりやる気を出します。

 ハニーキャットの番組ではラブミーティアがゲストに出て、誰かをハッピーにすることが大切だと一言。
 始球式で171キロの速球を投げたりライブをしたり、さらには倉庫のお掃除をすることになりました。
 昔のアイドルが使っていたものを見て何か使えないかと考えますが……

 外では子猫がカラスにおびえていて、エマ、舞花は大きな顔でカラスを追い払います。
 とりあえず猫耳を付けて子猫の警戒を解き、飼い主を探そうと考えます。
 あいねの家で子猫をお風呂に入れようとし、逃げようとしたところでペン様が出てきました。

 綺麗になった猫を見たあいねは「シュガーちゃん」ではないかと推測します。
 飼い主の社長はシュガーが戻ってきて感謝し、シュガーはステージを前に緊張して逃げたそうです。
 エマ、舞花は猫耳でステージに立ち、ついでにキャットフードの宣伝も出来ました。

 社長はお礼をしたいと言いますが、ステージがあるからとその場を去っていきました。
 ライブを終えた舞花達は着実に夢に近づいていると実感しますが……
 そこに社長がやってきておかげで売り上げが増えたと言い、ハニーキャットのサポーターをすると言い出すのでした。

【感想等】
 最終盤にさしかかったところでエマさん達がメインとなりますが、そのスケールの大きさに驚きました。
 地球一周と大きく出ただけでもすごいですが、それを実現するための努力も称賛に値します。
 171キロの速球を投げてくるのを見たら、むしろ野球選手の方がいいのではないかと思えてきますが……

 途中からねこさんの飼い主を探すことになり、世界一周はどうしたんだと突っ込みを入れてしまいます。
 ねこさんとペン様の組み合わせは意外ながらも素敵だと思いました。
 私もねこ界のアイドルになれるようにがんばりたい……というのは悪乗りしすぎでしょうか。

 いるだけで愛されるシュガーさんがうらやましいと思えるのは私だけではないと思います。
 社長が飼い主だった時点で後ろ盾になると思ってましたが、世界一周を手配してもキャットフードの売り上げが勝るのでしょうか。
 次回はラブミーティアのお二人のお話になるらしいですが、どんな結末になるのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】アイカツフレンズ!第47話「アイドルのココろえ★」

 アイカツフレンズの47話を見て感想を書かせていただきます。
 年末の紅白に出てきたココさんが再び活動を開始したようですが……
 二次元と三次元の壁をどのようにして超えていくのでしょうか。

【内容】
 リフレクトムーンがファンの少女のためにするさまを見たあいね達。
 ココはあいねとみおの思い出について振り返っていき、自分もアイドルをやりたいと考えるに至ります。
 あいね達は迷子になったとのことでココのお世話になるのですが……
 
 オープニングの後、あいね、みおはいきなりのライブを行います。
 エマ、舞花やかぐや、さくやはあいね達のステージを称賛しますが……
 ココはみんなのステージが素敵だったと言いつつ自分もアイカツしたいと言い出します。

 あいね、みおは自分がココのお手伝いをするのだと言い、他の皆さんも同調します。
 パブリックビューイングを使えばココの世界のステージも皆さんに見てもらえるとのことです。
 あいね達はココを助けるために特殊な装置を使ってココの世界に行くことになりました。

 ココは自分も素敵になりたいからと言って自分の世界に学園や町並みを再現したそうです。
 ジョギングをして基礎体力を付け、発声練習をしていくものの、アイドルに比べるとまだまだのようです。
 あいね、みおに励まされたココはアピールの練習をしたいなどと言い出します。

 努力の甲斐もあってココはアピールを成功させるに至ります。
 あとは会場に向かうだけですが、大量のココが出てきてしまいました。
 彼女たちはアイドルになりたいというココを消滅させにきたそうですが……

 あいねは実家に隠れますが、地下には深い森が広がっていました。
 ココはあいね達に逃げるようにと言いますが、あいねはココのステージを成功させたいと涙を流します。
 森を抜けた先には学園があり、ココはあいね達の逃がすためにその犠牲になるのでした。

 あいねはココの消滅に涙を流し、徐々にその事実を受け止めつつあるようです。
 ココは何の前触れもなく出てきて、大量のココはバージョンアップのお知らせだったと言い出します。
 あいねは「これからもよろしくね」といい、ココは「心得ました!」と受け答えするのでした。

【感想等】
 ココさんがアイドルに憧れたのはゲーム実況を見てゲームをプレイするような感じなのかも。
 ステージに立って多くの人の注目を浴びることは素敵なことだと思います。
 現実にそのレベルにたどり着けるのはごく一部なことは重々承知しておりますが……

 ココさんの世界に行くという展開に、なぜかSAOのことが頭に浮かんでしまいました。
 一生懸命な彼女の姿に、私は一体何をやっているのかと思えてきました。
 ココちゃんの愛されぶりに温かい気持ちになるとともになんだかうらやましく思えます。

 色々ありながらも最終的にココさんが消えなかったのはよかったと思います。
 次回は地球一周ツアーなる言葉が飛び出しますが……
 猫耳を付けたハニーキャッツの皆さんが、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】アイカツフレンズ!第46話「月から来たプリンセス」

 アイカツフレンズの46話を見て感想を書かせていただきます。
 今回は久しぶりにかぐやさんとさくやさんのお話となりました。
 自分で作ったはずの設定に振り回されるのは皮肉なのでしょうか。

【内容】
 夢にまで見たダイヤモンドフレンズになったあいね達は急に忙しくなってしまいます。
 チケットが急に売れきれたことで子供達が来ないことに気づき、子供限定のライブを行うことに。
 一方、リフレクトムーンを見て憧れを抱く双子の女の子がいましたが……

 オープニングの後、マネージャーの作ったモンブランを食べるさくや達。
 アイドルになって1年にも関わらず活躍著しい2人ですが、ダイヤモンドフレンズが目標であるとのこと。
 そこにスペシャルライブのお話が舞い込んできて、ドレス制作や作詞をするようにと言われました。

 かぐやは「月の世界へようこそ」というテーマでライブを行うことに。
 エマ、舞花の番組にゲストで出たものの、月から来たという設定はなかなか認知されていませんでした。
 ウサギさんの作ったお団子しか食べないなどと言い出しますが……

 かぐやは姉が月の世界から来たという設定を忘れているのだと苦言を呈します。
 さくやは自分がどういうアイドルになりたいのか悩んでいるようです。
 小さな双子を見ていれば、ミチの方はリフレクトムーンなんて嫌いだなどと言い出します。

 マネージャーが出てきてネット上でのリフレクトムーンの評判を知らせることに。
 リフレクトムーンは世間ではお笑い芸人として認知されているとのこと。
 そこにミカがやってきて自分をお月様に連れていってほしいなどと言ってきました。

 ミチはさくややかぐやが月から来たのは嘘だと言い、ミカは月に連れていってほしいと再度訴えます。
 さくやは自分が月の世界のプリンセスなどと言い、あいねは目を輝かせてきました。
 今は月には連れていけないと言いつつも月にはウサギの馬車で行くのだと言い出すのでした。

 さくやが言い出した月のウサギという設定はかつてかぐやが思いついたことであるとのこと。
 妹の話が好きだったからとその設定を生かすことを考えていました。
 かぐやは「いいですとも」と言い、見事に歌詞を完成させることに成功します。

 さくや、かぐやは新しいドレスをまとって新曲のライブを行ってきました。
 ミチ、ミカはリフレクトムーンを応援していつかお月様に行こうなどと言い出すのでした。

【感想等】
 昨今は「かぐや」というお名前も色々なところで聞くようになりました。
 月といえば真っ先に思いつく女性名だからかもしれませんが……
 ゲストのミカさんは「三日月」から取られたと思いますが、もちろん某鉄血とは関係はないはず。

 ネット上での評価は厳しいとは思いますが、さすがにお笑い芸人と言われるのは想定外でした。
 月から来たプリンセスなどという設定も周りに楽しんでもらえるのが素敵です。
 「いいですとも」というのはゴルべーザさんへのリスペクトというのは考えすぎでしょうか。

 紆余曲折ありながらも最終的に綺麗にまとまったのはよかったと思います。
 次回は紅白に続いて2度目のココちゃんメイン回になるようですが……
 ココちゃんがラスボスだと思っていたのは今ではいい思い出……なのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム