【アニメ感想】こみっくがーるず 第12話(終)「いってらっしゃいませ 立派な漫画家さまたち」

 こみっくがーるずの最終回を見て感想を書きます。
 薫子さんがいろいろありながらも成功に近づいていることは微笑ましいはず。
 最後まで「あばばばば」を忘れない薫子さんが可愛いなと思います。

【内容】
 漫画はうまくいっているものの、自分が上達していないと実感する薫子さん。
 後編の漫画で没を出してしまうというのは夢だったのですが……
 寮を退出する日が近づき、ふうら先輩に至っては早めに実家に戻ってしまうとのこと。

 瑠姫は「体を動かすのが一番!」と「そいやー」とかけ声を出します。
 続いて薫子は翼のジョギングに付き合いますが、スイッチの入った翼にはついていけません。
 自分を励ましてくれる周りの優しさにやる気を出した薫子なのですが……

 小夢たちは実家に戻ってしまい、薫子は「皆さんのすごさを実感しています」と涙を流します。
 「いってらっしゃいませ 立派な漫画家さまたち」 とサブタイトルもしっかり回収します。
 一人で後編をがんばろうとした薫子ですが、ドジを繰り返してしまうのでした。

 編集の網沢さんからは電話がかかり、余裕がないと念を押されます。
 薫子は「寂しい」と涙を流したかと思ったらまだまだ大丈夫なようです。
 そこににゃおす先生がやってきて、猫がいたから寂しくなかったと実感します。

 薫子はフィギュアに囲まれるのがいつもどおりだと言いだしますが、思いっきり寮母さんに見られてしまいます。
 「ここでは私がお母さん」という寮母さんの姿に涙を流す薫子さん。
 なでなでされて元気を取り戻した薫子は「がんばらないといけません」と再び原稿に向かいます。

 薫子の母親が登場しますが、娘のことを「かおす先生」と言いだして黒歴史を暴露します。
 お絵かきするときだけは泣き止んだということを思い返しつつ、お母さんは近所中に娘の漫画本を配ったのだとか。
 「苦しいなら帰ってきてもいいのですよ」と語るお母さんは娘をぎゅっと抱きしめます。

 薫子は「もう少しここにいます」と退去する前に原稿を完成させることを決意します。
 前編の原稿を見直してみると、登場人物達の声が聞こえてきます。
 一日一日が奇跡だと思っていたところに、小夢たちからのメールが届きます。

 仲間の声に励まされた薫子はやる気を取り戻し、原稿もメールで提出したとのこと。
 薫子を見送った寮母さんもまた準備を進めることに。
 網沢さんには締め切りに遅れたことをとがめられつつも「とてもよかったです」と言われるのでした。

 電車で実家に戻る薫子に、小夢からみんなの集合写真が届きます。
 「こんな暖かな世界に私がいたなんて、神に感謝です!」と薫子さん。
 オープニングが流れて12話を回想しつつお話を締めくくり、Cパートでは小夢たちと再会を果たすのでした。

【感想等】
 雑誌掲載を勝ち取っても薫子さんはいつもどおりの薫子さんでした。
 薫子さんの「あばばばば」だけでなく瑠姫さんの「そいや!」、翼さんの全力疾走も素晴らしいです。
 みんなにぎゅーしてもらえたら私もがんばれるのかもしれません。

 一人になって「寂しい」と涙を流す薫子さんが他人とは思えませんでした。
 最終回にしてお母さんが登場しますが、娘を「かおす先生」と呼ぶのが面白いです。
 能登さんの落ち着いた感じのお声は癒やしだとつくづく思います。

 遠く離れているにもかかわらず、仲間の声に励まされる展開はちょっと泣きました。
 一つの試練を乗り越えた薫子さんがしっかりと「立派なマンガ家さま」になれてよかったです。
 こんな素敵な作品に巡り会えたことに感謝しつつ、次のきらら系にも期待したいなと思います。

 
※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】こみっくがーるず 第11話「人生のピークがきたんです」

 こみっくがーるずの11話をみて感想を書かせていただきます。
 薫子さんの挙動不審は相変わらずなのですが、お話はそろそろ大詰めという感じがします。
 私の人生のピークは中学生の時だったのかもしれませんが……

【内容】
 進路希望調査について相談する瑠姫に対し、小夢たちはマンガ家一択だと反論します。
 第2希望まで書くことがあるとのことで、瑠姫は「保育士」と書いたようです。
 翼たちは「かおすを置いて他の子を世話するのか」と憤りますが……

 保育士は需要があり、マンガ家で一生食べていけないと考えていたようです。
 小夢は実家がお菓子屋さんだからと「お菓子屋さん」だと言い出します。
 実は薫子の実家は和菓子屋とのことで、和洋お菓子ユニットが誕生しそうです。

 翼は「マンガ家以外一ミリもやりたくない」と憤り、母親とのトラウマを思い出します。
 剣士になる修行をすると言い出す翼に続いてふうら先輩が登場して介護系のお仕事が第2志望だと言い出します。
 ふうら先輩に驚かされつつも、薫子は自分が一番漫画にしがみついていると涙を流します。

 寮母さんは昔はマンガ家志望だったのが、考えた末にその道を断念したのだとか。
 プロになったら自分の書きたいものが書けなくなると考えてのことでした。
 実は寮母さんの漫画は1冊だけ出していたのですが、最終的にファンの期待に応えられなかったと言い出します。

 寮母さんは趣味で今も漫画を書いているとのことですが、さすがに見せてはくれませんでした。
 そうかと思ったら寮とのお別れが現実に迫り、書類整理をすることとなりました。
 過去の寮生の思い出がこもったアイテムに目移りしつつ、翼は第一希望も第2希望もマンガ家と書いたようです。

 薫子はずっと歩き続けられるのか不安だと自分の考えを告げますが、翼は「考えないようにしている」と一言。
 先輩方の気持ちのこもった落書き(?)に向き合って「がんばります」と告げる薫子さん。
 没地獄を抜け出すためにメールを書きまくっているそうですが……

 大量のネームを提出して担当編集に見せる薫子さん。
 彼女の言う「男性キャラの魅力」は薪割りのようで、なんでも理想は父親なのだとか。
 お色気路線に赤面しますが、再び話題は薪割りに移ってしまいます。

 異世界ものを書いてみたのはベタ展開でしたが、やっぱり薪割りになりました。
 最後のネームは女子高生の日常を描いたもので、キャラクターが生き生きしていると評価されます。
 その日の判断は保留になり、次の日に改めてみてみることになるのだとか。

 先輩方の思いを胸に結果を待つ薫子は、ついに掲載が決まったと連絡を受けます。
 反応がよければ連載につながると聞いて「人生のピークがきたんです」 とタイトルを回収する薫子さん。
 彼女は無事連載を勝ち取ることができるのか、わたし、気になります!

【感想等】
 気がつけば残りは2話となり、なんだか名残惜しい気持ちが渦巻いてきました。
 マンガ家以外の道も考えるという現実的なお話も、翼さんのキャラを考えるとあさっての方向に進んでしまいそうです。
 寮母さんの選択もまた一つの指針であり、思うところも大きかったです。 

 寮の取り壊しを阻止する展開になるのかと思っていましたが、現実はそんな隙すら与えてくれませんでした。
 お掃除するときの薫子さんの髪型がすごく可愛く、「がんばります!」の一言が素敵すぎます。
 ネガティブ思考ながらも前向きで不快感を感じさせない薫子さんみたいになりたいなと思う今日この頃です。

 薫子さんの表情豊かなところに元気をもらって今日も頑張れそうです。
 彼女の経験が最終的に道を開いたという展開はちょっと泣きそうになってしまいました。
 次回は最終回で間違いないと思いますが、やっぱり泣いてしまうような気がします。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】こみっくがーるず 第10話「みちるばっかり愛されてずるい」

 こみっくがーるずの10話を見て感想を書かせていただきます。
 どうやら今回はクリスマスのお話のようで、季節の経過の早さを実感します。
 今年こそはサンタさんが来てほしいなと思う今日この頃です。

【内容】
 薫子、小夢がクリスマスを楽しみにする一方で瑠姫は「クリスマスは嫌い」とつぶやきます。
 翼は年末進行もあってクリスマスのことはあまり気にしていなかったようです。
 瑠姫は寮の前をうろうろしていて、翼はとりあえず「仕事しなよ」と声をかけます。

 原稿に向かう瑠姫は登場人物に嫉妬してタイトルを回収します。
 小夢は瑠姫の気持ちはわかると言い出しますが、翼に愛されていると反論します。
 さらにファンレターを読んで満たされようとしますが、クリスマスのことが書かれていてショックを受けます。

 なにげにふうら先輩が一番瑠姫の気持ちの理解者でした。
 先輩は幸せな人間を全員呪いたいと言ってドン引きされますが……
 そうかと思ったら、いきなりお誕生日パーティーをしてもらうことになりました。

 プレゼントをもらった愛されていると実感する瑠姫さん。
 薫子が渡したのはなにやらコスプレ衣装だったようですが……
 コスプレ衣装を身につけて「わざと孤独」と言い張る瑠姫なのでした。

 年末になって一同は帰省することとなりますが、薫子の両親はハワイに旅行中でした。
 一人だけ寮に残る流れなりましたが、フィギュアがいるから大丈夫とのこと。
 仕方ないので翼が自分の実家に薫子を連れていくことになりましたが……

 翼の家は豪邸で実はお嬢様設定だったという事実に驚く薫子さん。
 全く落ち着かない薫子ですが、習いごとをしているかと言われて変なダンスを披露します。
 そこに瑠姫が(自転車で)やってきて、翼の点数が悪いことを言い訳します。

 翼は母親は連れ戻そうと思っていたと恐ろしい形相を見せます。
 こんな環境では漫画を書けないからと家を離れていた翼なのでした。
 瑠姫に突然抱きついたかと思えばだんだんお嬢様になっていきます。

 仕事をしない翼に対して薫子は「小夢に写真を送信する」と脅します。
 翼はあっさりと写真を消し去った上で4人で初詣に行くことになりました。
 思いっきり願い事を忘れてしまった薫子は大凶を引き当ててしまいます。

 「大凶」の薫子は絵馬に願い事を書こうとしてもインク切れになり、たこ焼きも落としてしまいます。
 とりあえずお守りを買って落ち着いて、寮に戻ってきたら焼き芋パーティーをすることに。
 実はマンガ家らしく没ネームを燃料にして芋を焼くという「壮絶」なイベントなのでした。

 恥は残さないという方針の瑠姫に対して、薫子はお宝は燃やせないと反論します。
 大量の没ネームを焼く薫子ですが、色々黒歴史を掘り出されてしまいました。
 そしてみんなでお芋をいただき、焼き芋のエースと言われて喜び、ハイテンションになる薫子なのでした。

【感想等】
 「定番」の文化祭もなくいきなりクリスマスになったのは驚きました。
 瑠姫さんがクリスマスが嫌いといった言葉でサンタさんが来なかったのではないかと思ったのはここだけの話です。
 そもそもこのアニメに出るような「純粋」な人にサンタさんが来ないわけがありません。

 瑠姫さんは彼氏をほしがるのは女性としては当然の成り行きと思います。
 私の場合は彼氏はぬいぐるみさんだと言い張るしかないのかもしれません。
 サプライズパーティーはなにげによかったと思いつつ、むしろ瑠姫さんが視聴者サービスしているように思えます。

 薫子さんのお母さんがご旅行という展開はまだしも能登さんのお声は癒やされます。
 翼さんが実はお嬢様設定というのは驚かされました。
 挙動不審の薫子さんと瑠姫さんの用意周到ぶりが対照的で面白いです。

 お嬢様キャラが定着した翼さんと通常とのギャップに声優さんの演技力を感じます。
 最後の初詣は定番ながらも、焼き芋パーティーという独自のイベントがなかなかにシュールでした。
 残るお話は少ないのですが、薫子さんが無事没の山を乗り越えられることを切に願います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】こみっくがーるず 第9話「かおスパイラル」

 こみっくがーるずの9話を見て感想を書きます。
 小夢さんが上達しているのはうれしいのですが、薫子さんが置いて行かれたような気がしてしまいます。
 私も女の子(女子高生)らしいことをしてみたいなと思う今日この頃です。

【内容】
 小夢はカラー掲載が決まり、実力の上達がうかがえます。
 男性キャラのお顔がどう見ても翼なのですが、本人は気づいていないようです。
 薫子は没ネームから脱したいと奮闘しますが……

 「ネームができない!」とあせる薫子をよそに、小夢は気分転換にお出かけをすると言い出します。
 土下座して「小夢ソッド」を教えてくださいと懇願する薫子さん。
 その「女子高生」らしい行動に自分は無理だと思い悩んでしまいます。

 いつもの4人で外出することになり、いつしかコスプレ姿のシチュエーションに。
 翼は「肉!」と空気をぶちこわしてしまいますが……
 パンケーキをいただく小夢は「可愛い」と言われて顔を赤くしてしまいます。

 小夢は翼をヒロインと考える一方で、翼は小夢をヒロインと考えていました。
 「女の子だから」と翼を壁ドンして迫る小夢は、そのまま服を着せてみます。
 なんでも瑠姫が知り合った頃の翼は女の子らしかったのが、漫画を始めてから女の子らしさが排除されたのだとか。

 翼はキャラごとに着替えることで仕事がはかどるようになったとのこと。
 小夢もまた順調に進んでいる一方で、瑠姫は薫子になにもできていないことに困惑します。
 しかし、お菓子の食べ過ぎで体重が増えてしまった小夢なのでした。

 可愛い服を着て気分をあげようとする小夢ですが、服が入らなくなってしまいます。
 ダイエットをしようと考えた小夢はお風呂の時間でマッサージをしようと考えますがセクハラになってしまいます。
 女子高生同士の絡みに音だけで楽しむ薫子をよそに小夢はランニングをすることとなりました。

 小夢を背負って帰ってきた翼は「いいトレーニングになった」と一言。
 続いて小夢はお菓子を封じるはずが、帽子の絵がついついケーキになってしまいます。
 好きなことを我慢した結果、担当編集さんにダメ出しされてしまいました。

 漫画を第一に考えると主張する小夢は翼と一緒にスイーツをいただくことに。
 そして一生懸命に漫画をこなし、表情にも小夢らしさが増えてきたようです。
 仕事に打ち込みつつも元の体重に戻した小夢の一方で、翼が原稿をなくしてしまいます。

 過去の行動を遡ることになりましたが、なかなか原稿は見つかりません。
 落とし物コーナーでも原稿は見つからず、先生に相談しますが……
 「保護して面倒を見たい」と目を輝かせる先生は手分けして探すようにと指示します。

 瑠姫は隙間は薫子しか探せないと役割を作ってくれました。
 そこに古いかばんがあったようですが、翼のものではありませんでした。
 先生は過去の原稿を見られてしまい、顔を背けつつ、とりあえず回収しておきます。

 いったんはあきらめる翼ですが、薫子たちが必死にフォローを続けます。
 原稿はふうら先輩が見つけてくれましたが、いつもの顔でなかったので気づきませんでした。
 逃げ出す4人を楽しそうに追いかける先輩なのでした。

【感想等】
 薫子さんの進捗が気になる一方で、今回はむしろ小夢さんがメインのお話かと思われます。
 いきなり「肉!」と言い出す翼さんはさらに女の子らしさすら備えて最強に見えます。
 今の中二病前回の翼さんも好きですが、小さな頃の髪の長かった翼さんもすごく可愛いなと思います。

 色々なことをこなす翼さんのすごさはなかなかまねができないような気がします。
 小夢さんが調子を戻したのはよかったとして、翼さんが原稿をなくしたのはちょっと意外でした。
 頼りになる一面を見せつつもファンの顔を覗かせる先生も(前回の制服を含めて)すごくキャラが立っていていいなと思います。

 回を重ねるごとに「きらら系」らしさが深まり、なんだか心が癒やされるのを感じます。
 一方で、前回ちらっと出てきた寮の取り壊しのことが気になりますが……
 残るお話で薫子さんの連載と打開策が明かされるのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】こみっくがーるず 第8話「わんにゃんにゃんわんまつり」

 こみっくがーるずの8話を見て感想を書きます。
 ねこさん大好きな身としてはタイトルの時点でわくわくしかしません。
 人間関係が深まる一方で薫子さんの連載はまだまだ遠いのでしょうか。

【内容】
 薫子はいいネームが書けたと思ったものの、あっさりと没を出されてしまいます。
 寮に戻った薫子は「必要とされていない」「恥製造機」と涙を流します。
 そんな彼女を瑠姫は抱きしめつつ、みんな生き恥だと死んだ目で語ります。

 「みんな生き恥、みんな一緒」と元気を取り戻した薫子さん。
 主人公になりきることになり髪型を少し変えてみますが、なかなかうまくいきません。
 翼はファンのことを考えたらどうかと提案しますが、薫子にはファンが(お母さん以外)誰もいませんでした……

 テスト勉強はしないという小夢ですが、IQ500の先輩はあまり臨場感がありませんでした。
 とりあえず勉強をすることになりますが「わんにゃんにゃんわんまつり」なる言葉が飛び出します。
 結局瑠姫が勉強を教えることになり、少しずつうまくいっているようです。

 集中力が切れた薫子、小夢に対して中二病全開で原稿を進める翼さん。
 そこに差し入れとして登場したのはにゃんわんの一角であるにゃおす先生でした。
 翼によると鎌倉時代は魔王が支配する時代で、御成敗式目、後鳥羽上皇、承久の乱を必殺技のように言い出します。

 先生は翼のノートに書かれたキャラを見て思わず取り乱してしまいます。
 その翼「先生」は思いっきり眠ってしまい、小夢は変なポーズを取って追試が決定します。
 先生や編集者さんは一緒に飲んでいましたが、薫子の担当編集は薫子をぼろくそに言ったことを後悔してしまいます。

 先生方の高校時代のお話になりますが、編集さんと薫子の漫画が似ているのだとか。
 いい仲間に囲まれている薫子は安心だと考えますが、先生方は結局書くことを辞めてしまいました。
 「寮の取り壊し」という言葉がどうしても気になりますが……

 寮にやってきた先生は(高校時代の制服を着て)翼のサインを見て目を輝かせます。
 翼がトーンを探しますが、彼女は目の前の制服姿の先生が本人とは気づかなかったようです。
 担当編集は薫子に喝を入れに向かいますが、薫子は彼女なりに悩んでいるようです。

 編集さんは思い詰めてばかりだとアイデアが貧困になるから息抜きは大切だと告げます。
 薫子の「がんばります」というメールを見た編集さんは直接電話をかけ「面白くしないと許さない」と圧力をかけます。
 つくづく本当に真面目でいい子だと実感する編集さんなのでした。

【感想等】
 冒頭から没を出されてますますネガティブになる薫子さんが心配になります。
 ネガティブになりがちなところは他人とは思えませんが、それでも不快にさせない薫子さんはすごいなと思います。
 「愛され体質」な薫子さんに加えてわんにゃんが加われば無敵なのかもしれません。

 高校の日本史は詳しくないですが、後鳥羽上皇と承久の乱は一生忘れないような気がします。
 編集さんと薫子さんのキャラクターが似ているところもなんだか面白いなと思います。
 先生の制服姿が素敵な一方で突然に出てきた「寮の取り壊し」という言葉がどうしても気になります。

 厳しいながらも優しさを見せる編集さんの姿に母性を感じてしまうのは私だけでしょうか。
 むしろ師匠と弟子みたいな関係なのかもしれませんが……
 薫子さんの成長が気になる一方で、特殊エンディングにある先生方の高校のお話ももっと見てみたいなと思う今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム