【アニメ感想】ガンダムビルドダイバーズ 第25話(終)「新しい世界」

 ビルドダイバーズの最終回を見て感想を書かせていただきます。
 とりあえずラスボスっぽいのが出てきたので全員で倒して終わりということでしょうか。
 個人的にはマギーさんのリアルがすごく気になるのですが……

【内容】
 バグの影響で凶暴化したレイドボスが各地に出現し、周囲は困惑に包まれます。
 システムへの浸食を止めるためにリクたちは一斉に攻撃を仕掛けていきます。
 しかし、相手は再生能力を有し、各地で圧倒的な破壊力を見せつけてきました。

 リクのピンチを前にキョウヤはロンメルが助けに来て共闘ムードになりました。
 別の場所ではオーガたちも戦っているようです。
 キョウヤたちは一気にたたみかけようとし、さらに色々と知り合い(やコーラサワー)が出てきます。

 ツカサは「俺が作ったものが無駄になったら承知しない」とコウイチを助けに来ました。
 次々と助けに来る仲間を前にリクは「GBNが大好き!」と改めて感じます。
 ゲームマスターは鳥(仮)に呼びかけてミサイルを発射し、相手の再生能力を封じてきます。

 仲間達は一気にたたみかけようと攻撃を仕掛けていきます。
 シャフリやタイガー、ロンメルやマギーといった皆さんがすさまじい必殺技を放っていきました。
 最後にリクとキョウヤの合体技で一気に勝負を付けることに成功します。

 サラは装置の中に入り、リクは「向こうの世界で待ってる」と一言。
 リクから受け取ったペンダントが光り輝き、彼女を導いていきました。
 そして、彼女の目の前にはリアルでのリクたちの姿がありました。

 後半ではオフ会をすることになり、リアルのマギーも登場します。
 リアルのタイガーは体型のいいお兄さんで、リアルのキョウヤは好青年でした。
 シャフリは石油王なのかリムジンで登場して周囲を驚かせます。

 お店に集まった一同はフィギュアになったサラと対面します。
 キョウヤは改めて頭を下げて謝罪し、チャンピオンとしての度量を見せてくれました。
 タイガーは今回の事件を経てダイバーの盛り上がりも強まったのだと続けます。

 マギーは「お酒は18才から」と言ってタイガーに「20才からです」と突っ込まれます。
 シャフリは自家用ジェットで来たと言って驚かせ、リクはキョウヤのガンプラを間近で見て興奮します。
 リクは「あなたに憧れ続けてもいいですか」と言ってキョウヤと握手を交わします。

 カラオケで何を歌うのかと言い争いになりつつも、全体的に楽しいひとときを過ごした一同。
 最後はみんなでGBNに潜って全員で周囲を飛び上がるのでした。
 みんなで新しい世界に行くんだと決意し、最後は記念撮影をして締めくくるのでした。

【感想等】
 最終回は全員総出でバトルというのはシリーズの恒例行事なのかもしれません。
 かつて戦ったライバルが次々と助けに来る展開はありふれた展開ながらも涙が出ます。
 台詞付きで出てきたコーラサワーさんは知り合いではないかもしれませんが……

 真っ直ぐなリクさんも、彼らに呼応するキョウヤさん達もみんなすごくかっこよかったです。
 ツカサさんのツンデレぶりもなんだかいいなと思います。
 サラさんについてももうまくいったのでバグの問題もなくなったのだと思いたいです。

 前半のバトルシーンは従来どおり、後半のオフ会は「ネトゲ」らしいお話だと思います。
 マギーさん女性説は否定されたものの、ロンメルさんのリアルもちょっと見てみたかったかも。
 次のガンダム系のアニメがいつか放送されることを願って、一旦は筆を置こうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ガンダムビルドダイバーズ 第24話「決戦」

 ビルドダイバーズの24話を見て感想を書かせていただきます。
 憧れのチャンピオンさんとの戦いですが、こんな形になるとは想定外でした。
 リクさんはキョウヤさんという壁を乗り越えることが出来るのでしょうか。

【内容】
 「いつかあなたと戦いたい」
 憧れの存在であったキョウヤと意外な形で戦うことになったリクさん。
 守るべきもののために、リクはキョウヤを倒してでも前に進もうとしますが……

 ゲームマスターは状況を把握し、勝利は時間の問題と考えます。
 マギーはタイガーやシャフリが倒されているのを見て驚きます。
 3人はロンメル隊の皆さんに囲まれますが、彼のサラを犠牲にするやり方に反旗を翻します。

 ユッキーもモモもキョウヤの仲間に苦戦を強いられますが、それでもサラを助けようとします。
 ゲームマスターは仲間の様子をサラに見せ、外の世界ではツカサが準備をしていました。
 リクはキョウヤに押し切られますが、トランザムで一気に勝負を付けようとします。

 リクのトランザムに対してキョウヤはFXバーストで互角以上の勝負を演じます。
 完全に破られたかに見えましたが、サラの叫びを受けたのか、オーガが助けに入ります。
 さらにユッキーたちにはドージを初めとした皆さんが加勢に現れるのでした。

 リクはオーガの窮地を救い、2人でキョウヤに立ち向かうことになりました。
 キョウヤは「可能性の光を見せてみろ」と言い、リク、オーガの2人を圧倒します。
 しかし2人はその機体をボロボロにされても立ち上がろうとします。

 リクはこれまでのことを感謝していると告げ、他の仲間達もサラへ呼びかけます。
 自分たちの好きを否定してはいけないとすさまじい光を放ち、オーガとの共闘で勝負に出ます。
 サラの「みんなと一緒にいたい」という声が最後の力を導き出し、ついにチャンピオンを押し返します。

 リクはサラと抱き合って涙を流し、ゲームマスターは「これが可能性の光か」と敗北を認めます。
 時間が流れてレイドバトルの開催が近づき、ログインゲートから何やらラスボスっぽい機体が出てきます。
 彼らは果たしてこの最終決戦を乗り切ることが出来るのでしょうか。

【感想等】
 誰が正しいのか、間違っているのか、そう単純に言い切れない戦いかと。
 リクさんとキョウヤさんの戦いがメインながらも、ロンメルさん達の言い分もわかる気がします。
 かつてもふもふの癒し要素だと思っていた彼がここまでシリアスになるとは驚きです。

 キョウヤさんのFXバーストはAGEが初出らしいですが、実はあまり詳しく知らなかったりします。
 さすがはチャンピオンだと言わざるを得ませんし、最後まで大物として描かれていたのもよかったです。
 オーガさんらしい介入の仕方もそうですし、ドージさんも出てきたのはちょっとうれしいです。
 
 1話でガンプラバトルに興味を持ったリクさんのここまでの「成長」が描かれていてちょっと泣きました。
 2対1のバトルになったのは単純にリクさん単独では勝ち目がなかったと言うことかもしれません。
 とりあえずあの巨大な敵を倒したらサラさんが救われて全部ハッピーエンドになることを期待したいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ガンダムビルドダイバーズ 第23話「宿命の2人」

 ビルドダイバーズの23話を見て感想を書きます。
 次回予告を見る限りではタイガーさんとシャフリさんがバトルするようですが……
 そろそろツカサさんが準備運動を開始しているかもしれません。

【内容】
 リク達はサラを助けるため、キョウヤ率いる有志連合とガンプラバトルで決着を付けることに。
 上空から一気に攻撃を仕掛けるリクではありましたが、それぞれのシャトルを撃墜されてしまいます。
 残された残骸から搭載されていたガンプラが破損されたように見受けられますが……

 コウイチやアヤメが攻撃を仕掛けていき、近隣の守備隊相手にはユッキーは新型機で一気になぎ払います。
 ゲームマスターは世界を守るためにとサラを消し去ろうとしますが、キョウヤが管理者権限を発動させてそれを阻止します。
 キョウヤはあくまでサラを預かっているのは有志連合であると告げ、我々の意志で決めさせてほしいと訴えます。

 シャトルの機体が破壊されていたと見せつつ、モモやリクが各自で城へと近づいてきます。
 残骸として使われたのはヒロのガンプラであったようです。
 仲間がそれぞれ敵を引きつけ、リクは改めて絶対にサラを救出するのだと宣言します。

 キョウヤはサラにどうしたいのかと問い、とりあえずは自らの機体で出撃します。
 モモは水中から城へ潜入し、リクの前には待ち伏せの機体が襲いかかってきます。
 マギーとはロンメルが、タイガーとはシャフリが戦うことになりました。

 シャフリは自分の意志で立っているのだと告げ、タイガーはこの世界はそんな冷たい世界なのかと訴えます。
 マギーは新たに生まれる命よりもかけがえのないものはないとロンメルと戦闘を続けます。
 タイガーは必殺技でシャフリに対抗しますが、シャフリのトランザムによって窮地に陥りますが……

 機体を黄金に光らせた奥義でシャフリに反撃するタイガーはなんとかシャフリを撃退することに成功します。
 シャフリは有志連合が陽動作戦に気づいていると告げますが、そこにキョウヤが立ちはだかります。
 タイガー、シャフリがキョウヤと戦い、リクは立ちはだかる相手を次々と撃退していきます。

 キョウヤは黄金の剣を振るい、タイガー、シャフリの合体技をも退けてしまいます。
 ツカサが店にやってきて作業をする頃、オーガ達もまた動き出そうとします。
 リクはサラを救出しようと城へ近づきますが、そこにタイガーたちを退けたキョウヤが立ちはだかるのでした。

【感想等】
 これまでのメンバーが勢揃いしてこのお話も終わりが近いのかなとつくづく思わされます。
 有志連合の皆さんの数が多いのは大変ですが、色んなモビルスーツを見られるのはうれしかったりします。
 味方の方を見てみればジェガンさんがサテライトキャノンを撃ってくるのは想定外でした。

 強敵として立ちはだかるキョウヤさんはいちいちかっこよく、作中きっての人格者だと思います。
 予告で出てきていたタイガーさんとシャフリさんとの戦いはタイガーさんの叫びが心に響いてきます。
 トランザム、ハイパーモード、エクスカリバー(?)と何でもありの世界観が素敵すぎます。

 オーガさんが参戦しそうな流れにますます(初代ガンダムのオープニングのように)燃え上がってしまいます。
 次回はタイガーさん達を倒したキョウヤさんと決着を付け、25話でサラさんを救って終わるのでしょうか。
 ここまで来たらもう最後までみるほかはなく、できれば記念にプラモデルの一つでも作ろうかとも思う今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ガンダムビルドダイバーズ 第22話「誓う心」

 ビルドダイバーズの22話を見て感想を書かせていただきます。
 サラさんの正体判明からお話はますますハイペースになったように思えます。
 リクさんはサラさんのためにキョウヤさんと戦うことになるのでしょうか。
 
【内容】
 ユッキーたちはキョウヤがサラとともに登場したことに驚きを隠せません。
 モモはサラを救出に向かおうと考えますが、アヤメは下手をするとログアウトされると思いとどまらせます。
 オーガとの戦いを終えて戻ってきたリクに、コウイチはサラを助ける方法が見つかりそうと告げますが……

 コウイチはサラの人格データを現実世界に戻し、残った因子を除去することを考えます。
 そこで登場するのが「ビルドデカール」であるとのことですが、案の定「ブレイクデカール」の応用でした。
 ツカサは「勝手に滅ぼされるのは困る」とツンデレキャラを見せつけます。

 サラの救出が確定かと思いきや、鳥は成功確率は5%程度だと考えます。
 最悪の場合はサラの人格が崩壊した上、GBNすらも崩壊するらしいのですが……
 リクはキョウヤに両方を救う方法があると連絡し、同様のメールはロンメル達にも送られているようです。

 ゲームマスターはリクたちの提案を拒否し、ロンメルもまたやり直しはきかないと反論します。
 リクはキョウヤの元を訪れる一方、サラは世界を救うために自分が犠牲になると告げます。
 キョウヤと対面したリクは再び作戦の概要を訴えますが……

 キョウヤは有志連合がサラの身柄を預かっていることを告げ、意志決定は単純な多数決ではないと一言。
 リクはキョウヤの言葉を受けて、サラに「希望を棄てるな」と訴えかけます。
 「サラを助けよう!」とリクは仲間に訴え、アヤメの元仲間、マギーやタイガーが仲間として登場します。

 コウイチは改めて事情を説明し、修正プログラムの完成も近いと告げます。
 レイドバトルの際にサラを消去する流れのようですが……
 可能性は12%までしか上がりませんでしたが、リクたちは決して諦めてはいませんでした。

 リクはサラを返してほしいと訴えますが、相手は聞く耳を持ちませんでした。
 「最後はガンプラバトルで決めましょう」と力を示そうと考えるリクさん。
 キョウヤはその提案に乗ったことでついに全面対決が始まることになりました。

【感想等】
 サラさんをどう助けるかという課題に対して、コウイチさんの対応の早さに驚きました。
 ツカサさんとの縁がこんなところで役に立つとは当時は思いもよりませんでした。
 成功確率5%とはいえ、ハッピーエンドの可能性は残っており、少しでも前に進んでいるのだと思いたいです。

 やり直しがきかない状況を考えるとリクさんよりもキョウヤさんの言葉の方に説得力があるように思います。
 それでも最大限に譲歩するキョウヤさんも、可能性がある限り諦めないリクさんも素敵です。
 マギーさんもかっこいいですし、SDの子たちが出てきたのもちょっとうれしかったりします。

 大きな大会イベントとサラさんの救出を一度にやってしまうというのは興味深いなと思います。
 なにげにギャラリーの中でコーラサワーさんがいることにちょっと驚きました。
 キョウヤさんやロンメルさんと戦うという熱い展開に燃えつつ、ツカサさんやシャフリさんがどこで乱入するのかが気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ガンダムビルドダイバーズ 第21話「君の想い」

 ビルドダイバーズの21話を見て感想を書かせていただきます。
 前回はサラさんの正体が発覚し、お話も核心に迫ったような気がします。
 サラさんがアイラさんの子孫ではないかと思っていたのはここだけの話です。

【内容】
 運営側はサラは人間ではなく「電子生命体」のEL(エル)ダイバーでありバグの原因だと言い出します。
 リクたちは運営と同じようにサラの捜索をはじめますが、いっこうに見つかる気配はありませんでした。
 ドージはユッキーを心配して連絡をしてくる一方、リクはバトルを棄権して不戦敗となってしまいます。

 悪夢を見たリクは「サラに会いたい」と目を覚まし、モモカやユキオも同じようにやってきます。
 マギーたちも協力して探してくれていて、リクたちは改めて朝一番にログインして捜索することに。
 リクたちがサラを見つけられない一方、運営たちもまたサラをまだ発見できていないようです。

 ゲームマスターは鳥と対面し、鳥は本当にサラを消滅させるのかと問います。
 鳥はサラを「生命」という一方で、ゲームマスターは「バグ」「不必要」だと言い切ります。
 「命を奪ってまで世界を存続する必要はあるの?」と鳥は問いかけますが……

 コウイチが行動を開始したころ、サラはついてくるマスコットに自分から離れるようにと言います。
 キョウヤはサラを発見して彼女の真意を問い、コウイチはツカサに頭を下げていました。
 一方で、オーガはリクと決着を付けるために戦闘を仕掛けてきます。

 オーガはリクの急速な成長はバグを成長したのかと言い出し、実力で証明してみろと言い出します。
 光の翼を破壊され、これでは何も守ることができないと言われたリクは、偽物ではないと反撃を試みます。
 2人が互いに死力を尽くして必殺技を打ち合いますが……

 キョウヤはサラを連れ帰り、彼はあくまで共存を求めているのだと説明します。
 そこにゲームマスターやロンメルがやってきてサラを引き渡せと言ってきます。
 ロンメルはGBNの中でしか生きられない存在がいて、彼らからそれを奪わないでほしいと訴えます。

 サラは「私が消えたらみんなが幸せになる」のではないかと考えます。
 リクはボロボロになり、オーガはリクを「本物」と言いつつ、さらに覚悟を見せろと向かってきます。
 「俺はサラを助ける」とリクはオーガを殴りつけていましたが、キョウヤは再び有志連合を結成すると言い出すのでした。

【感想等】
 いきなり「電子生命体」と言われても普通の人は唖然としてしまうと思います。
 ちょっと前にバグの騒動があったことを考えると違和感がないのかもしれませんが……
 なにげにドージさんがユッキーさんを心配しているのは救いのように思えます。

 運営側は彼らなりに使命感を持っていると思いますが、サラさんを「不必要」というのはショックでした。
 彼女の生まれた背景はいまいちよくわかりませんが、マスコットさんを抱えて泣いているシーンを見るともらい泣きしました。
 また、オーガさんとの戦いは熱く、見事に描かれていてよかったかと。

 ロンメルさんの訴えは声優さんの味のあるお声もあって心に届くものを感じました。
 サラさんの「私がいなくなれば」という言葉にふと「聲の形」を思い出したのは私だけではないかも。
 残りのお話は(GBNを敵視するツカサさんと手を結んで)キョウヤさんとの戦いになるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム