【アニメ感想】ウマ娘 プリティーダービー 第13話(終)「響け、ファンファーレ!」

 ウマ娘さんの最終回を見て感想を書かせていただきます。
 気がつけば意外と負けが多いスペシャルさんですが、それも現実的なのかもしれません。
 最後は直接対決で締めくくってやることはやったという感じではないかと。

【内容】
 ジャパンカップで勝利したスペシャルでしたが、有馬記念ではグラスに敗北したとのこと。
 チームメイトは順調に勝っているようで、スズカはアメリカから帰国してきます。
 ついに「ドリームトロフィー」の舞台で彼女たちがレースをするとのことですが……

 トレーナーはスズカとの出会いを思い出し、彼女の走りを見て触発されたとのこと。
 独特のセンスでポスターを作ってメンバーを集め、スペシャルもその流れで集まったようです。
 スペシャルの出走番号はあのジャパンカップと同じ13番なのだとか。

 トレーナーは拉致されてスペシャルたちに「あっと言わせてやれ」とだけ言います。
 いよいよ決戦の舞台に向かうスピカの皆さん。
 観客席では大量の焼きそばを食べておなかが出た娘が3人ほど並んでいました。

 そうそうたる面々が集結し、ついに夢のレースがスタートし、スズカが先行し、そのまま突っ切るかと思ったのですが……
 スペシャルはスズカに迫り、結果はぼかしつつもそのままライブがスタートします。
 一方でトレーナーはセクハラもといスカウトにいそしむのでした。

【感想等】
 初回が2話連続だったこともあって一足早い最終回となりました。
 気がつけば色々なことがあったなとつくづく感じ、なんだか感慨深いものを感じます。
 現実には決してぶつからないようなメンバーが一堂に会するのはアニメならではのことと思います。

 キャラクターが多くて調べてみると兄弟、親子だったり祖父と孫だったりということに驚きます。
 実際の競馬は存じないのですが、知っていたらより一層楽しめたのではないかと思います。
 一列になったスピカの皆さんが戦隊ヒーローに見えてしまったのは私だけではないはず。
 
 スズカさんとスペちゃんの直接対決はこれ以上ないそうそうたるメンバーで文句の付け所はありません。
 結果をぼかしたのは色々議論もありますが、仕方なかったのだろうなと思います。
 文字通りのダーク「ホース」となった今作を送り出した関係者に感謝を述べつつも、できることなら2期を期待したいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ウマ娘 プリティーダービー 第12話「夢の舞台」

 ウマ娘の12話を見て感想を書かせていただきます。
 スズカさんの完全復活に続き、ついにスペシャルさんの戦いの幕が開きます。
 「夢の舞台へ駆け上がれ」というメジャーのキャッチコピーを思い出したのは私だけではないはず。

【内容】
 スズカの完全復活に続き、ブロワイエは改めて「私が勝つ」と宣言します。
 その対戦相手であるスペシャルの母親は上京してきたようです。
 スポーツ新聞はみんな欧州最強の異名を持つブロワイエに注目しますが……

 おかあちゃんは「うちの娘が勝ってくれる」と啖呵を切る一方でスズカやトレーナーと対面します。
 スズカはスペシャルは「勝ちます」と告げ、同僚やライバルたちは控え室の前で待機していました。
 さらにはハルウララがお土産を持ってきたかと思ったらマルゼンスキー先輩もやってきます。 

 途中で転んでしまって笑いを誘いつつ先に進むスペシャルさん。
 観客席で娘を見守るおかあちゃんに続き、会場に現われたスペシャルは日本代表の貫禄を備えます。
 他のウマ娘が自分たちも戦いたいと考える一方で、スズカたちがひたすらに「勝て」と念を送ります。

 トレーナーは「俺の夢も背負ってくれ」と告げ、スペシャルは「勝ってきます」と一言。
 ブロワイエはスペシャルにキスをしてきますが、スペシャルは「調子に乗るな」と言い間違えます。
 実際はエルコンドルパサーが違った言葉を教えていたというオチなのですが……

 「約束、守ります」
 「日本一のウマ娘になります」
 とゲートに入るスペシャルさん。

 ブロワイエはエルコンドルパサーのときと同じようにスペシャルの背後につきます。
 一気に前に出るスペシャルですが、ブロワイエはその背後にしっかりついていきます。
 さらに外から迫ってくるブロワイエはスペシャルを抜き去ろうとしますが……

 「たあーっ!」と叫び声を上げてすさまじい速度を見せるスペシャルさん。
 さらにはスズカの声を受けてブロワイエを寄せ付けず、そのまま彼女を下してしまいます。
 スペシャルは「応援してくれる人に夢を見せられるウマ娘になる」と観客を沸かせ、最後はライブで締めくくるのでした。

【感想等】
 完全復活したスズカさんに続いて今回はスペちゃんが「夢の舞台」に駆け上がるようです。
 いままで戦ったライバルが次々と登場するとお話も終盤という感じがしてきます。
 日本最強のウマ娘を目指すスペちゃんは今や日本代表という位置づけでしょうか。

 「いい勝負をしよう」というはずが「調子に乗るな」と教えてしまうエルちゃんが面白いです。
 ブロワイエさんがキスするシーンはちょっと顔が赤くなってしまいます。
 直前に叫ぶスペちゃんがとにかくかっこよくて鳥肌が立ってきて最後は思いっきり泣いてしまいました。

 相手が強敵だけに敗北の可能性もあるかと思っていた私が恥ずかしいです。
 名実ともに日本一のウマ娘になったスペシャルさんですが、あとはスズカさんとの直接対決でしょうか。
 私も人の夢を背負っていきたいところですが、それ以前に自分の夢がよくわかっていないのは内緒です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ウマ娘 プリティーダービー 第11話「おかえりなさい!」

 ウマ娘さんの11話を見て感想を書かせていただきます。
 色々ありましたが、スズカさんが復活したのはよかったと思います。
 ブロワイエさんのまさかの参戦に心が揺さぶられるのを感じます。

【内容】
 スズカは復活してレースを行うことになり、周囲が固唾をのんで見守ります。
 少し前に遡ればスズカやスペシャルは互いを高め合う素敵な関係になっていました。
 一方で凱旋門賞を制した「ブロワイエ」がジャパンカップに出てくる記者会見をしていました。

 スズカの復帰レースにブロワイエの参戦と休めない日々が続きます。
 あっさりとルドルフを上回るブロワイエが気になる一方で、復帰レースではサンバイザーという強敵が出るようです。
 ストイックに練習を重ねるスズカを心配するのはツンデレの所産でしょうか。

 スペシャルはエルコンドルパサーに呼び出され、ブロワイエへの対策ノートを渡されます。
 「スペちゃんのために作ったのではないですよ」と言いつつもスペシャルには勝ってほしいとのこと。
 その行為をありがたく受け取りつつも、スペシャルは自分の力で勝ちたいと告げるのでした。

 スズカの復帰レースが次の日に迫り、スペシャルは彼女の勝利を信じていると笑顔で告げます。
 レース当日はブロワイエとのレースに専念して応援に来ないようですが……
 残された面々はスズカの勝利を信じて「念」を送ることになりました。

 トレーナーは自分が「嘘」をついていたことを告げます。
 実際はレース復帰は絶望的だったとのことですが、スズカは「勝ちますね」と一言。
 会場はスズカの復活に歓声が上がる一方で、サンバイザーはライバル宣言をします。

 レースが始まり、スズカが最後方にいる一方でサンバイザーは勝利を確信します。
 スズカは一気に他のウマ娘を抜き去り、会場は歓声に包まれます。
 そのままあっさりとサンバイザーを抜き去って完全復活をアピールするのでした。

 歓声からスズカの勝利を確信したスペシャルは「おかえりなさい」とつぶやきます。
 サンバイザーは「次は私が勝つんだから」とツンデレを見せつけます。

 トレーナーは「あいつの力で勝った」と告げ、スズカは「これからもよろしくお願いします」と一言。
 そして、スペシャルもまた、日本一のウマ娘を目指すためジャパンカップに挑むのでした。

【感想等】
 スズカさんの復活は当然としてもブロワイエさんのまさかの参戦には驚きました。
 強敵の登場は少年誌的な「燃える」展開といったところでしょうか。
 エルちゃんでも勝てなかった相手に勝てれば実質彼女を超えたことになりそうですが……

 復帰レースに向けてストイックに努力するスズカさんがすごくかっこいいなと思います。
 リアルでは亡くなっていたことを考えると、彼女が走っているところを見られるだけで儲けものなのかもしれません。
 サンバイザーさんもまさかの釘宮さんボイス(とらドラ!の大河さんを思い出しました)には驚かされました。

 スズカさんが勝ったのはいい流れですし、この勢いでスペちゃんもがんばってほしいところです。
 そして(1クールなら)最終回ではスズカさんとの直接対決で終わるのではないかと思ったりします。
 できれば2クールでもいいなと思いつつ、いずれにしても最後までスペちゃんやスズカさんを見守りたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ウマ娘 プリティーダービー 第10話「何度負けても」

 ウマ娘の10話を見て感想を書きます。
 ダービー以降はあまり勝利に恵まれていなかったスペちゃんがついに覚醒したようです。
 私も何度負けても立ち上がる気力を持ち続けたいなと思います。

【内容】
 覚醒したスペシャルは今までとは違った気迫で必死に練習を続けます。
 まずは京都大賞典に出ることになりますが、思いっきり負けてしまいます。
 一方で凱旋門賞で2着だったエルコンドルパサーは日本に戻ってきました。

 敗北を引きずるスペシャルですが、去年スズカが怪我をした秋の天皇賞とジャパンカップが続きます。
 練習しすぎのスペシャルを心配したトレーナーは一度実家に戻ってはと提案します。
 電車を乗り継いで実家に戻ってきたスペシャルは走ることは禁止だと言われてしまいます。

 スペシャル以外のメンバーもまた自分なりに休養をしているようです。
 実家に戻ったりカラオケをしたり、あるいはショッピングをしたりなどなど……
 一方で、スズカは練習を重ねており、復帰レースの日程も決まります。
 
 実家に戻ったスペシャルは縄で縛られて走れなくなっていました。
 亡き実母の仏壇の前には自分の新聞記事や応援の手紙が並んでいました。
 他のメンバーも次々と結果を出しているようで安心してしまいます。

 おかあちゃんから「めざせ日本一」と書かれた蹄鉄を受け取るスペシャルさん。
 「この蹄鉄で日本一になる!」と決意したスペシャルは久しぶりに走ってみることに。
 実家で初心に戻ったスペシャルは秋の天皇賞に向けて練習をスタートさせます。

 おかあちゃんだけでなくてチームのみんなやスズカに喜んでもらいたいと告げるスペシャルさん。
 最後はスズカに勝つと宣言する一方で、スズカもまたアメリカ行きをあきらめていませんでした。
 そして因縁のレースである秋の天皇賞がはじまりますが、スズカは延々とトレーニングを始めます。

 若干出遅れ気味という印象を見せながらも「思いっきり走っておいで」という声を受けて一気に抜き去るスペシャルさん。
 「負けたくない」「何度負けても」と決死の気迫を見せつけて文句のない勝利を飾ります。
 このまま彼女が日本一のウマ娘目指して突き進むことになるのでしょうか。

【感想等】
 覚醒して練習を重ねるスペちゃんさんですが、なかなか結果には結びつかないようです。
 冒頭のレースで負けてしまうとはさすがに思えませんでした。
 その一方でスズカさんが復帰する流れになったのは(現実が現実だけに)よかったです。

 実家に戻ったときにお手紙や記事を見るところでなんだか涙が出てきました。
 初心に戻ることの大切さ、スズカさんとの友情がとにかく素敵です。
 そして、スズカさんの因縁のレースで勝利するという演出がいいなと思います。

 「負けたくない」「何度負けても」の下りで思いっきり泣いてしまったのは私だけではないはず。
 ジャパンカップでエルちゃんと決着を付けて最後はスズカさんとの直接対決でしょうか。
 リアルではすでに亡くなった彼女たちの、アニメでの活躍にますます期待する今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ウマ娘 プリティーダービー 第9話「スピカの夢」

 ウマ娘の9話を見て感想を書きます。
 実はダービー以降スペシャルさんが勝っているシーンがあまりなかったりします。
 スズカさんの復帰が近いのはいいことだと思いますが……

【内容】
 スペシャルはフランスのエルコンドルパサーから連絡を受けます。
 彼女は凱旋門賞を目指して一直線で、スズカに一言伝えてほしいと告げるのでした。
 一方でスペシャルは自分にできることはないのかと困惑しますが……

 スズカは復帰が近い一方で、トレーナーやスペシャルが自分のせいでペースを乱しているのではないかと考えます。
 トレーナーはスピカのメンバーを乗せて合宿に向かいますが、ニビルのメンバーも合宿のようです。
 あちらは高級そうなホテルに対して、スピカはボロボロの家に泊まるようですが。

 2チームでの合宿を行うと宣言したトレーナーは「馴れ合い禁止」を命令します。
 スペシャルは自分とスズカが馴れ合っていたのではないかと考えます。
 そのスズカはみんなの邪魔をしたくないと一人でトレーニングを始めます。

 エルコンドルパサーはスズカからの伝言を受けて凱旋門賞も負けてはいられないと一言。
 彼女はヨーロッパ最強のブロワイエに会って(ファンだと思われて)サインをもらったとのこと。
 スピカの皆さんは楽しそうに走っていましたが、スペシャルはどうしてもスズカが気になってしまいます。

 スズカは体が回復している一方で、全力で走ることを恐れていました。
 次の日には一同は水着を着せられてトライアスロンをするようにと言い出します。
 はじめはやる気のない一同でしたが、スイーツ食べ放題と聞いてやる気を出します。

 他のメンバーは全力で走っている一方、スペシャルはスズカと同じペースで走っていました。
 スズカは途中で転んでしまい、トレーナーはスペシャルに「レースの途中で立ち止まるのか」と迫ります。
 トレーナーは彼女たちが先頭争いをするのが夢だといい、スペシャル達は覚醒を果たします。
 全員曲がりきれずに海に飛び込むという結論でしたが……

 トレーナーは自腹でスイーツをごちそうして「お前達が全員活躍するレースが見たい」と熱く語ります。
 テレビの向こうではエルコンドルパサーが凱旋門賞に参加していました。
 先行するエルコンドルパサーですが、やはり世界(ブロワイエ)の壁は高かったようです。

 スペシャルはエルコンドルパサーの電話を受けて、彼女の涙ながらの「もう少しだった」との声を聞きます。
 一念発起して深夜に走ってくると言い出すスペシャルに、スズカもまた同行するのでした。

【感想等】
 前回の敗北もあってスペシャルさんのテンションはあまり高くないような気がします。
 チームの仲がいいことは素敵ですが、時としては適度な緊張感が必要なのかもしれません。
 ライバルの一人であるエルコンドルパサーさんに元気をもらったのは私だけではないはず。

 合宿のお話はトライアスロンのお話になり、やる気を出させようとするトレーナーさんの苦悩が伝わってくるようです。
 ようやく彼の言いたいことがわかってくれたようで、スペシャルさんやスズカさんが復活してよかったです。
 最後の笑いのところでチームが一体になったという感じがでていたところもよかったかと。

 エルさんですら勝てなかった凱旋門賞は世界のレベルの高さを示すものと思われます。
 スペシャルさん完全覚醒は間違いなく、次のレースでは期待が持てそうです。
 そして最終回はスズカさんとの直接対決と世界への挑戦で終わりということなのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム