【アニメ感想】平和な日常に一石を投じるべく「キルミーベイベー(全13話)」を見ました!

 きらら系大好きなので「きららファンタジア」初期参戦作品を抑えようと思いました。
 昨年はブログで感想がなかった「ひだまりスケッチ」「Aチャンネル」「ゆゆ式」の3作品を見させていただきました。
 今回は、追加参戦作品の1つで未見作品でもある「キルミーベイベー」を見て感想を書こうと思います。

 きらら系というとその多くが「女の子ばっかりの学校生活(や日常)」というイメージなのですが、この作品では「殺し屋」という単語が普通に出てくるというのですから驚きです。
 「殺し屋」メインのお話というと、近年では「博多豚骨ラーメンズ」がありますが、もちろんあちらのような凄惨なシーンはなかった……と思います。
 物騒なテーマを持たせながらも、その実態はギャグとして片付けることのできる作品ではないかと思います。

 キャストについて、主人公を演じられるのは後に「魔法使いの夜」のチセさんを演じる赤崎さんで、その相方のソーニャさんは後に「小林さんちのメイドラゴン」の小林さんなどを演じる田村睦心さんで間違いなかったかと。
 また、ナレーションやモブキャラのお声を担当されているのは「ひだまりスケッチ」の校長先生(チョーさん)だったり、禁書目録の黒子(新井)さんだったりします。
 そのほかにあぎりさんのお声を担当されていたのは高部さんという方なのですが……お察しください。

 後の「がっこうぐらし」のように絵柄に反して厳しい展開があるのかもしれないと思っていたのですが、実際に見てみるとそんなことがなくてよかったです。
 きらら系の中では古い作品にもかかわらず独自の路線を突き進んでいるという意味では、前述のがっこうぐらし、主人公が社会人のニューゲーム、和風の世界観のうらら迷路帖といった「異端」作品の先駆者的な位置づけになるのだと思います。
 なかでも明確に相手を傷つける描写が出てくるのは、私の知る限りでは「がっこうぐらし」くらいしかなく、その独特の立ち位置はそれだけで強い個性を放っているのは間違いないかと。

 それでは、いつも通り全話をまとめた後「完走した感想」を書こうと思います。
 特殊なテーマかつ初見という事情から、あまりうまくまとめ切れていないかも知れませんが、その点はあらかじめご了承いただけると幸いです。

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム