【アニメ感想】A.I.C.O. -Incarnation- 第12話(終)「再生」

 アイコさんの最終回を見て感想を書きます。
 それぞれの思いがぶつかる中で、いよいよ最後の戦いが始まろうとしていました。
 彼女たちの旅の果てに、どんな結論が導き出されるのでしょうか。

【内容】
 プライマリーポイントにたどり着いたアイコは、もう一人の自分に語りかけます。
 雄哉は今回のミッションを終えたときに自分を終わらせようとしていたことを語ります。
 彼はアイコの決断は偽物ではないと告げ、元の姿にしてみせるのだと告げます。

 伊佐津先生は強引な手段でアイコを確保しようとマターを動かします。
 アイコはカプセルの中に入り、雄哉は改めて彼女を守るのだと告げるのでした。
 一方、伊佐津先生はユズハの複製と一体になってアイコの元に向かおうとします。

 伊佐津先生はユズハの複製体を合体させて巨大な姿に変身します。
 アイコの体ではさすがに楓たちは攻撃のしようがありませんでした。
 それでも雄哉はアイコの手術を進めており、一樹と楓は果敢に敵の本体に攻撃を仕掛けます。

 黒瀬さんの手によってリンクが解除され、同時にアイコの手術も終わったようです。
 本物のアイコは元に戻り、母と弟もまた救出されます。
 マターの体の方に呼びかける一同ですが……

 マターから出てきた恐竜のようなものからもう一人のアイコが生えてきました。
 どうやらグミがアイコの生態情報を保存していたとのこと。
 本物のアイコは母、弟と再会し、仲間を紹介しつつハグをします。

 1人は家族とともに暮らし、もう一人は雄哉とともに旅立つこととなりました。
 南原さんのクビはなくなり、伊佐津先生は事切れたままでしたが、ユズハは復活していました。
 そしてもう一人のアイコは北海道の学校に転校するのでした。

【感想等】
 主人公の女の子のデザインが可愛かったという不純な動機で見始めた作品だったりします。
 1話でアイコさんが周りに愛されて学校生活を送っていたころが今では懐かしいです。
 最終回は学校ではありませんでしたが、周りに愛されていることは間違いないと思います。

 ラスボスとの戦闘をしつつ手術をするという展開はけっこう新鮮かもしれません。
 楓さんと一樹さんの組み合わせもけっこういいのではないかと思ったりします。
 あと、2人ともが助かったようで何よりでしたが、まさかグミさんが伏線になるとは思いませんでした。

 伊佐津先生は自業自得なのかもしれませんが、概ねハッピーエンドで終わったのではないかと。
 北海道に転校したアイコさんの方も新たな思い出が作れればいいなと思います。
 ほかの皆さんの未来も明るいモノであることを願いつつ、いったんは筆を置こうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】A.I.C.O. -Incarnation- 第11話「矜持」

 アイコさんの11話を見て感想を書きます。
 自分が消えてももう一人の自分を助けようとするアイコさんに涙が流れてきた私がいます。
 いっそ2人が生存するという選択肢がないのかと考える今日この頃です。

【内容】
 雄哉の前に立ったアイコは、彼がずっと嘘をついてきたことを指摘します。
 「私は貴方の嘘でできている」と告げる一方で、自分の気持ちは偽物ではないと告げます。
 母と弟を助け出して自分が消滅すると告げるアイコに困惑する雄哉なのでした。

 伊佐津先生は自分に妙な薬剤を投与してマターを操ります。
 自分はもっと有意義な形でアイコの命を「使う」とのことですが……
 娘が目覚めるためにはアイコの人工生体脳が必要であるとのことです。

 雄哉と伊佐津先生が議論をしている中、政府は自衛隊を出動させて事態を収束させます。
 アイコは夢(?)でユズハの姿を見ていましたが、一樹によって救出され、そのまま逃走することとなりました。
 その際に、雄哉は改めてアイコを守るのだと誓います。

 薬剤保管庫にやってきたアイコに、一樹は自分がかつて見た幻が彼女の記憶であることを知ります。
 アイコはあくまでもう一人の自分の記憶だと告げますが、それでも一樹は彼女のことが好きなのだと叫びます。
 一樹はアイコを助けようとしますが、アイコの呼びかけに一つの選択を強いられます。

 マターの動きが止まり、局長権限で自衛隊を撤退させた南原さんはリストラされます。
 残された部下は総攻撃をいったん中止させたことを黒瀬さんに告げます。
 雄哉はユズハと複製体とのリンクを着るようにと告げ、黒瀬さんは病院に潜入することになりそうです。

 ついにプライマリーポイントにたどり着いたアイコたち。
 扉の奥は何度も夢に出てきた場所でもありました。
 果たして彼らの旅の果てに、一体どんな結論が導き出されるのでしょうか。

【感想等】
 アイコさんの決断の後は、ラスボスこと伊佐津先生のターンでした。
 彼が娘のために一生懸命にやっているのは事実なので、明確な「敵」とはいえないかもしれません。
 オベイロンさんでもおなじみの子安さんの狂気じみた演技はやっぱり秀逸だと思います。 

 一樹さんがアイコさんに好意を持っていることは知っていましたが、その熱い台詞はすごくいいなと思いました。
 あれだけ愛されることがあれば、私ならはっきりと「本望」と言いようがないかと。
 そして、自分の地位を捨てても攻撃を止めた南原さんの「矜持」も私は忘れません。

 色々な立場はありますが、みんな一生懸命生きているのがこの作品の特徴なのかもしれません。
 現実離れしたところはたくさんありますが、それでも彼らの生き方には共感できるところもあったかと。
 そんなことを思いつつ、あと1話をしっかり見ていければと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】A.I.C.O. -Incarnation- 第10話「選択」

 アイコさんの10話を見て感想を書きます。
 色々わからないことは多いのですが、ついにもう一人のアイコさんが登場します。
 もう一人の自分を前に、彼女はいかなる「選択」を行うのでしょうか。

【内容】
 もう一人の自分は中学の制服姿、つまり手術前の状態になりました。
 残されたメンバーはそれぞれに自分の思いを告げる中、一樹は自分がアイコのことを好きだと言います。
 一樹は雄哉に「誰も救うことができない」と言ってのけ、雄哉は単独行動を取ることとなりました。

 もう一人の自分は自分が消えることを望んでいるのかと考えるアイコさん。
 そんな彼女にもう一人の自分が事故以降の出来事について語り出します。
 一方で、楓や一樹たちは由良さんの研究室にたどり着きます。

 白石さんは雄哉の正体を知っていながら、最後までだまされていたのだと告げます。
 雄哉は人型のマターに取り込まれてしまいます。
 体を失ったもう一人のアイコは母と弟を守りながら1つの個体であったとのこと。

 ユズハは由良さんに語りかけ、彼女が人型のマターを操っていたことが判明します。
 もう一人のアイコはアイコのおかげで救われたことを告げ、母と弟を助けて逃げてほしいと訴えます。
 国は自衛隊を動かして研究所を攻撃しようとし、伊佐津先生もまた現地へ向かうこととなりました。

 もう一人の自分は「会えてよかった」と告げて消えて行ってしまいます。
 政治家(総理大臣?)は南原さんにダイバー達の始末を命令します。
 楓は仲が悪かった相模さんを救出し、全員が死ななくてもいい道を探すのだと告げます。

 人型のマターに取り込まれていた雄哉はどこに進めばいいのかと問いつつ脱出したようです。
 アイコはグミに連れられてついに母と弟のいる場所にたどり着きます。
 親子の再会に涙を流しつつ、みんなで脱出しようとするアイコなのでした。

 そして、アイコは雄哉の前に立ち、何かを語りかけようとしますが……

【感想等】
 もう一人の自分と向き合うことで自分の新たな一面を知るのかもしれません。
 人間がマターに取り込まれる現象は何回か出てきていますが、あまり気持ちのいいものではないです。
 それでも「貴女のおかげ」という言葉には心が癒やされるものを感じてしまいます。

 突然ユズハさんが出てきたり由良さんが大人の姿になったり一瞬困惑しました。
 ただいえることは主要キャラが爆心地に集合して、お話がクライマックスに迫っているという事実でしょうか。
 トリガーハッピーの印象がある楓さんでしたが「誰も死なせたくない」という言葉はよかったと思います。

 全体的に緊迫した状況の中で、お母さんや弟が普通に生きていたのはよかったと思います。
 アイコさんの姿に「お姉ちゃんに任せなさい」という言葉を思い出したのは私だけではないかもしれません。
 もう一人の自分もきっと彼女の中で生き続けているのではないかと思う今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】A.I.C.O. -Incarnation- 第9話「真実」

 アイコさんの9話を見て感想を書きます。
 雄哉さんの正体という「真実」を経て、私たちはどこへ向かえばいいのでしょうか。
 「黒」瀬さんが「黒」幕とではないかと思ったことが今では懐かしく思えます。

【内容】
 篠山さんという最初の犠牲に涙を流すアイコさん。
 一方、雄哉の正体について楓たちは議論を重ねつつも意地までついて行くことを決意します。
 白石さんはアイコに雄哉についてどこまで知っているのかを問います。

 バーストを収束する時、もう一人の自分が消えてしまうという事実を知ったアイコは困惑します。
 雄哉はあくまで複製体については人間ではないと結論づけます。
 マターの襲撃を受けますが、アイコはその反応に気づくことはありませんでした。

 果敢に突き進むアイコたちは、ついにプライマリーポイントの前にたどり着きます。
 しかし、巨大なマターが行く手を阻み、アイコは人間の体がマターに変化する映像を見ます。
 そうかと思えばアイコは解放され、そのままダムに電撃を流して動きを止めます。

 研究施設に到達したアイコたちの一方で、政治的にも動きが起こります。
 アイコは改めて弟と母親を助けることを宣言し、最終目的地である最下層を目指そうとしますが……
 突然聞こえてきたのは伊佐津先生のお声で、雄哉の正体は由良さんなのだとか。

 雄哉は複製体の第一号であり、由良さんの脳が移植されていたようです。
 そしてさらにアイコの手術がバーストの原因であり、バースト収束には彼女の体を抹消する必要があるとのこと。
 一方で、伊佐津先生は唯一の意識を持った人工生体を失いたくないと続けます。

 アイコの目に刻印があることから、彼女の脳が作り物であるということのようです。
 自分が偽物であると言われたアイコは困惑するしかありませんでした。
 責任を取るためにアイコの治療を完了させるといいつつも、アイコは一人で向こうに走って行ってしまいます。
 そして、彼女はマターの中でついにもう一人の自分と再会するのでした。

【感想等】
 雄哉さんの正体にとどまらず、様々な「真実」が顔を出すお話かと。
 急展開に困惑しているのは作中の登場人物だけではないのかもしれません。
 もう一人のアイコさんを「人間ではない」と切り捨てる雄哉さんもまた人間離れしているように思えます。

 ついにプライマリーポイントにやってきて、お話は終盤にさしかかったように思えます。
 伊佐津さん(子安さん)がラスボスというのはこれまで色々アニメを見ているとあまり違和感がなかったりします。
 しかし、彼が行っていることがどこまで本当なのかがわかりませんが……

 がんばってみているのですが、用語が難しくてあまりわかっていないのはここだけの話です。
 そうかと思えば南原さんも独自で動き出してますます複雑になってきてしまいます。
 残り3話のお話でどんな結論に至るのかわかりませんが、アイコさんが無事生還することを願うばかりです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】A.I.C.O. -Incarnation- 第8話「行路」

 アイコさんの8話を見て感想を書きます。
 戦闘を通じて人間関係が深まったかと思いきや、それが一瞬で砕け散ってしまったようです。
 リアルもアニメも、つくづく人間関係は難しいと思う今日この頃です。

【内容】
 アイコが人工生体との「合成体」でマターの「餌」になっているという事実に困惑する一同。
 スーツなしで外に出られる雄哉もまた何か秘密があるようです。
 アイコにはマターを寄せ付けない薬を投与していたと説明しますが……

 雄哉はアイコの体を爆心地にある「本物」と交換すればバーストが収束すると説明します。
 さらにアイコは母親と弟が助けを待っていると説明を続けます。
 事態に終止符を打つために力が必要とのことで、相模さんは状況によってはアイコたちを殺すと言い出して事態は収束します。

 桐生先生が亡くなり、伊佐津先生が新しい所長になったとのこと。
 黒瀬さんはマターの活性化とユズハとの間に関係があるのではないかと南原さんに告げます。
 一方で、爆心地に近づくにつれてアイコは苦しみを強めていました。

 アイコたちは研究所に到着しましたが、人間関係はまだ険悪なムードが続きます。
 黒瀬さんはマターとユズハとの関係について雄哉に連絡しますが、雄哉は何かを知っているようです。
 そして桐生先生が亡くなったと知った雄哉は呆然としてしまいます。

 アイコたちが先に進む一方で、伊佐津先生は娘にアイコの前に複製体第一号が存在することを告げます。
 廃棄されるべき複製体は廃棄されずに成長を続けていたとのことですが……
 またもアイコにマターが迫り、乗り物が木っ端みじんに破壊されてしまいました。

 篠山さんは負傷し、そのまま「進め」と言い残して息を引き取ります。
 アイコが自ら武器を持って戦い、そのおかげもあってなんとか窮地を脱出したようです。
 相模さんは雄哉を射殺しようとしますが、雄哉はこの道のりの意味を証明すると反論します。

 黒瀬さんは由良さんの上司であり、複製体第一号と何らかの関係があるとのこと。
 そして、神崎先生の複製体こそが雄哉という事実が判明します。

【考察等】
 アイコさんの事実が判明して、人間関係もあまりよろしくない方向に進みつつあるようです。
 それでもタイトルどおり「行路」を進むことになったのはストーリー的には幸いかもしれませんが……
 余談ですが、うたわれるもののスライムさんとマターの姿が重なってしまうのは私だけでしょうか。

 戦闘はますます激しさを増し、ついに犠牲者が出てしまいました。
 セーラー服姿で銃を乱射するアイコさんがなかなかシュールでした。
 そういえば、昔「セーラー服と機関銃」という映画があったらしいですが……

 最後の最後で雄哉さんの正体が明らかになって、お話は終盤に進むようです。
 前回の感想ではアイコさんの弟ではないかとミスリードをしてごめんなさい。
 これにもこりず、最後まで見続ける私ですが、あまり変なことを言わないように気をつけようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム