【感想】だがしかし(12話)「食べるんですHiとさくらんぼの詩と…」ほか

 だがしかしも今回最終回とのことで寂しくなります。
 コメントで「実写化」の話がありましたが、そのことはまた後ほど書きたいと思います。

1 「食べるんですHiとさくらんぼの詩と…」
 ココノツ君は豆君と「もてたい」という一心で意気投合していました。
 一方で、ほたるさんは「恋の味、知りたくない?」とサヤ師に迫り、サヤ師は戸惑います。
 しかし、サヤ師の口に放りこまれたのは「さくらんぼの詩」であり、ほたるさんはこれこそが恋の味だとポエムとともに語りだします。

 男の子2人に場面は移ります。
 ココノツ君は食べルンです(カメラ型の容器に入っていて振ったら中からチョコレートが出てくるお菓子)を取り出し、これの占いでピンク色(恋愛)を出そうと言い出します。
 先に豆君に食べさせようとして容器を振ってみたら、ピンク色が2つも出てきてしまい、ココノツ君は焦ってしまいます。
 豆君はあっさりと食べてしまい、ココノツ君に対して自分が外れをひくと思って先にしたのだろうといいつつも、実は1つをココノツ君に残してありました。

 ココノツ君と豆君は、1つずつピンクを食べたことで、2人ともモテモテだと大喜びしてダンスを踊りだします。
 ほたるさんとサヤ師はその様子を見ていて、ふとサヤ師はほたるさんに「さっきのポエム何?」と聞くと、ほたるさんはパッケージに書いてあったと答え、恋は甘酸っぱいと言い出します。
 サヤ師は、ほたるさん「も」ココノツのことが好きなのかと思いますが、そのほたるさんの意中の人は「ぽっち君」でした(1話参照)。

2 「ミルクキャラメルとサクマ式ドロップと…」
 サヤ師のお店(喫茶店)にやってきたココノツ君は自分が駄菓子屋を継ぐことを決めないからほたるさんの自由を奪っているのではないかと考えていました。
 そんなところにほたるさんがやってきて、喫煙席で森永ミルクキャラメルをほおばりだします。
 ココノツ君は、ミルクキャラメルはもともとはタバコの代用品であり、大人向けのお菓子だったと解説をします。
 しかし、それでは物足りないのか、ほたるさんはもっと聞かせて欲しいと無言で迫ります。
 それに対してココノツ君は、キャラメルには色々な味があり、自分の名前の由来でもあるココナッツのキャラメルもあると述べます。

 ココノツ君の解説を聞いたほたるさんは「悪くなかったわ」と言い残して店を立ち去り、ココノツ君はそれを追いかけます。
 雨に降られてバス停で雨宿りするココノツ君の前にびしょびしょになったほたるさんが現れます。
 取り出したサクマ式ドロップスがなかなかあけられないほたるさんに対して、ココノツ君は10円玉でふたを開けます。
 ココノツ君はハッカ味のドロップを戻そうとしてほたるさんにとがめられ、ハッカ味だけのドロップスもあると解説をくれます。

 ほたるさんに対して、自分が答えを出さないと迷惑ではないか(意訳)とココノツ君は言い出しますが、ほたるさんは、それは思い違いであり、毎日のようにお店に行くのは楽しいからだと答えます。
 そして、雨が上がり、「行きましょう」と二人で歩き出してお話は一旦終了します。

3 感想
 最後まで個性的な4人がよく出ていてよかったと思います。
 ほたるさん、いつも楽しそうですが、時々シリアスにもなるのでつかみどころがない人ですね。
 ココノツ君が好きなサヤ師もとっても女の子らしくて可愛いです。

 だがしかしも最終回で寂しくなります。
 冬アニメ屈指の名作だったと思います。
 しかし、実写化については、これに限らず反対といわざるを得ません。
 ほたるさんやサヤ師には実際の役者さんで代わりはできないと思います。
 それよりも2期製作決定のお知らせをお願いします。

【感想】だがしかし(11話)「コーラガムとヨウと…」ほか

 まだ時間があるのでだがしかしも見ます。
 ストライドが終わった分で時間があるようで、実際はかなり焦っています。

1 「コーラガムとヨウと…」
 楽しそうにラムネを飲むほたるさんですが、彼女の当初の目的はヨウさん(ココノツ君の父親)のスカウトでした。
 どうして父をスカウトしたいのかと疑問を抱くココノツ君に対して、ほたるさんはそのすごさを見せると言い出し、サヤ師を含めた3人はダンボールの中に入ってお父さんを観察することになりました。
 お父さんはおっぱいを連呼しつつ帰宅し、売り物のビンラムネを大量に吸引するなどして、ほたるさんも中毒症状が出始めたりします。
 こんなお父さんを見てココノツ君は「僕の方がましなのでは?」と思いたくなりますが、ほたるさんは駄菓子屋らしい駄菓子屋を作るにはお父さんの力が必要だと告げます。

 そこに、男の子が女の子を連れてガムを買いに来ました。
 お金が足りなくて女の子が帰りそうになるところを、お父さんは「当たりつきだから当たればもう一つもらえる」とフォローします。
 そして、実際ははずれだったりしますが、当たりだと言って「もう一つ持っていけ」と告げるお父さんが素敵です。

 サヤ師も昔同じようなことがあったことを思い出します。
 といっても、サヤ師の場合は自力で連続で何回もあたりを引いていただけなのですが。

 お父さんを見直しつつあったココノツ君ですが、お父さんが自分の書いた漫画の原稿を見つけ出して読もうとしたので怒ってダンボールから姿を現します。

2 「都こんぶとラムネと…」
 電車に乗り遅れたココノツ君とほたるさんですが、次の電車を待っている間にほたるさんが「しゃぶりましょうか」と昆布を出し、都こんぶの解説を始めます。
 売り物にならないこんぶを食べていてこれを売ろうと考えたのが始まりで、その後人の集まる場所=駅で売られるようになったとのことでした。
 一人でラムネを飲むほたるさんですが、ココノツ君に「一口あげる」と差し出します。
 間接キスかとあわてるココノツ君は突然ラムネの解説(ペリーさんが来航した時にレモネードがなまってラムネになったそうです)をはじめますが、まだまだ甘いとほたるさんは開国の秘話を語りだします。
 ペリーが差し出したラムネを差し出された武士はそれを飲み、彼の残していったラムネを開けられくてその開ける方法を知りたくて開国したとのことですが、どう見ても怪しいです。
 電車がやってきて、ほたるさんは駄菓子めぐりをしようと電車に乗り、ココノツ君が自分のことを決めるまで待っていると告げて電車は走り去ってしまいました。
 
3 感想
 お父さんについて、駄目なお父さんだと思わせつつ、根っからの駄菓子屋さんで素敵だと思います。
 こんなお店があったら行ってみたいところですが、現実に駄菓子屋さんはほとんど無かったりするのが悲しいところです。

 ほたるさんは相変わらず自分に正直で素敵ですし、ココノツ君も面白い人で、サヤ師も優しくていい人です。
 そういえば、豆君はでてなかったので少しかわいそうです。

【感想】だがしかし(10話)「駄菓子じゃねぇか!」

 ぎりぎりながらも、だがしかしを見ました。
 急いで入力しているので、ミスだらけだと思います。
 後で直します。

【内容】
 ここしばらくの間、ほたるさんが店に来ていないことを不審に思ったココノツくんは、サヤ師の家を訪ねます。
 ほたるさんの家(豪邸)にやってきた2人ですが、出てきたほたるさんは、急に倒れてしまいましたので寝かせます。
 風邪のようですが、ココノツくんを見ておびえだします。
 ココノツくんは駄菓子をお見舞いに持ってきましたが、どうも駄菓子におびえているようです。
 あのほたるさんが、駄菓子を恐れるのは信じられないと、いろいろな駄菓子を出してみるココノツくんですが、ほたるさんはサヤ師に泣きついてしまいます。

 ここで、ほたるさんの口内炎(前回参照)が悪化したことがわかります。
 ではそれがどうして駄菓子を拒否することに繋がるのでしょうか。

 新しいベビースターラーメンを発売日に食べたいと思っていたほたるさんは、プチプチ占いチョコで運勢を占い、一つだけ「おでかけ」で◎が出たので一日中疾走します。
 夜に豆くんとであったほたるさんは事情を説明すると、豆くんは「駄菓子を我慢すればいいのではないか」「我慢した後の方がうまいのではないか」とアドバイスをした次第です。
 先にお医者さんに行ったほうがいいと思うのは私だけでしょうか。

 こうして駄菓子を我慢し始めていたほたるさんですが、禁断症状が出て駄菓子を奪いに行こうとしますので2人がそれを止めます。
 ハト時計の音で正気に戻ったほたるさんは薬を飲もうとしますが、その薬が怪しい色です。
 その中身が、粉末ジュースであると見抜いたココノツくんは、心配して損したと思ってしまいます。
 そんな事情も知らず、粉末ジュースを飲むほたるさんに対して、2人は「駄菓子じゃねぇか!」と突っ込みを入れてタイトルを回収します。

【感想】
 ほたるさんを心配するサヤ師、優しい子ですね。
 ほたるさんが駄菓子を食べないという状況に驚きましたが、最後はやっぱり彼女らしいと思いました。
 まあ、そもそもそこまで悪化する前に治療すべきだと思いますが。

 次回にはほたるさんが口内炎を直していることを祈ります。

【感想】だがしかし(9話)「わたパチとうんチョコと…」ほか

 まだ時間があったので、だがしかし(9話)を見ました。
 急いで書いたので間違いが多いと思います。

1 「わたパチとうんチョコと…」
 店内で一人たたずむサヤ師の前に、珍しく元気の無いほたるさんがやってきます。
 ほたるさんは、口内炎が出来たのに、それでもマイペースにお菓子を食べ、それを見たサヤ師は口内炎の原因はお菓子の食べすぎではないかと突っ込みます。
 わたパチのかけら(袋の底に入っています)を一気に放り込み、ほたるさんは痛みで泣き出すものの、すごく気持ちがいいと言い出します。

 サヤ師は「うんチョコ」に興味を持ちますが、その意味するところを考えると少し引いてしまいます。
 ほたるさんに対して、年頃の女の子がそんな(う○ちという言葉を)使ってはいけないのではないかと言いますが、ほたるさんは肝心の言葉を変更することなく、うんチョコパーティー(うんパ)を始めます。
 チョコが(たまっていたのが一気に)出てきたのをサヤ師はおいしく食べます。
 お尻から出てくるチョコに、これはどう見ても「卵よね?」というほたるさんでした。

2 「さくら大根とたまごアイスと…」
 ココノツ君がお店に戻ってくると、お茶碗を片手にほたるさんが待っていました。
 ほたるさんは自分が大阪出身であるといい、駄菓子らしからぬさくら大根に突っ込みを入れます(なお、さくら大根は西日本には無いらしいです)。
 ほたるさんは、ごはんと一緒にさくら大根を食べることで、(一見ごはんに合わないと思われる)駄菓子には色々な可能性があることを示したかったとし、大阪出身ではないと言い残して去っていきます。

 すぐに戻ってきたほたるさんは、ココノツ君に「おっぱいは好きか」と尋ねます。
 とまどうココノツ君は「興味は無い」と言ったら、ほたるさんが帰ろうとするので、おっぱいが大好きだと訂正します。
 二つ目のテーマは、たまごアイス=おっぱいアイスとのことです。
 ココノツ君は「普通は爆弾アイス」「おっぱいは食べない」と主張、ほたるさんは「おっぱいは吸うもの」だと反論して言い争いになります。
 そして、実際に食べてみることになり、アイスは爆発してほたるさんはびしょびしょになってしまいます。
 爆発したことで、爆弾アイスという意味がわかったほたるさん、そして透ける(ほたるさんの)おっぱいに目がいってしまったココノツ君もおっぱいアイスの意味がわかった気がしました。

3 感想
 前半は、元気のないほたるさんが少し心配でしたが、いつもどおりで安心しました。
 「う○ち」「おっぱい」などとためらいもなく言えるほたるさんは、やっぱり只者ではありませんね。
 また、うんチョコに戸惑うサヤ師が相変わらず可愛かったです。

【感想】だがしかし(8話)「超怖い話ガムと台風と…」

 ぎりぎりではありますが、「だがしかし」を見ました。
 当初はほたるさんにばかり注目してましたが、最近はサヤ師の魅力にも気づきました。

1 前半(超怖い話ガム)
 ココノツ君の家で怪談話をする一同ですが、サヤ師は怖いので「終了!」と反対します。
 そこにほたるさんが登場して、豆くんの話の続きを知っていると言い出し、それは「超怖い話ガム」のもので、ほたるさんはすべてコンプリートしたとのことです。
 話の流れについてツッコミを入れるココノツ君に対して、ほたるさんは、ガムのお話は社員の人が作ったお話だと説明します。
 作り話でも怖いものは怖いと泣き出すサヤ師に対して、ほたるさんは、お化けにガムを食べさせればいいのではいい、サヤ師は怖いのが少しなくなりました。
 そこで停電がおき、お父さんをお化けと見間違えたサヤ師は、その口にガムを放り込みました。

2 後半(けん玉、プチプチ占いチョコ)
 都会ではけん玉がはやっているという豆くんに対して、ココノツ君はどうして店のけん玉(1300円)が売れないのかと反論します。
 後に引けない豆くんは、「これを買うと認めてくれるのか」となけなしのお金でけん玉を2つお買い上げです。
 早速練習をしますが、指をけがしてしまいます。
 そこに、サヤ師が来て、あっさりとけん玉を使いこなし、更に家の押入れにけん玉がまだあったと言い出したので、豆くんはどこかに走り去ってしまいました。

 海辺にいた豆くんは「もてたくないか?」とココノツ君に問い掛けます。
 彼が言うには、女の子は占いが好きなので、「プチプチ占いチョコ」を試してみようとのことです。
 健康は◎でしたが、先ほど怪我をしたのは内緒です。
 次に(二人とも終わっていない)「宿題」は×でした。
 更に、「パンチラを見たい」とねがいごとの所を空けてみる二人の前に、ほたるさんが現れ、ジャンプして、見えるか見えないかの微妙なところを披露します。
 プチプチ占いチョコ、あなどれませんね。

3 感想
 前半について、怪談を怖がるサヤ師が可愛いです。
 後半の豆くんのテンションの高さも面白いと思います。
 誰が好きなキャラか、なかなか決められません。
 次回も楽しみです。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム