【感想】最弱無敗の神装機竜(12話=最終回)「少女の本懐」

 予告どおり「最弱無敗」の最終回を見たので感想を書きます。
 ほとんどの勝負はあっさりカタがついていますが、時間的に仕方なかったのかと思います。
 落第騎士と同じく、2期期待です。

【内容】
 リーシャ(姫)は敵の手に落ち、ルクスは反乱軍とアビスの群れに追われ、さらにヘイズの切り札と思われる「巨兵」が王都に迫ります。
 もうバハムートを使う残り時間が少ないのではないかと勝ち誇る反乱軍ですが、とルクスがまとっている黒い機竜は、実はバハムートではなく偽装したワイバーンでした。

 あっさり反乱軍を倒したルクスは、囚われていたリーシャを救出し、「貴女の力が必要」とその手を取ります。
 リーシャとの連携で巨兵を地につけ、さらにクルルシファーの技で腕を凍らせてその動きを封じます。
 周りの反乱軍などをクルルシファーやフィルフィに任せて、ルクスはリーシャと巨兵の内部に入ろうとしますが、その前に機竜「ニーズヘッグ」をまとったヘイズがたちはだかります。
 一方、セリスは王都を攻撃するサリアと戦います。

 リーシャがヘイズと戦い、巨兵の入り口を探そうとするルクスの前に、夜架が立ちはだかります。
 夜架は、弟の命をとらないという約束で帝国と契約しており、弟は保身のため同じ国の旧臣によって殺された事実を語りつつも、それでも契約に殉じて帝国に尽くそうとルクスに襲い掛かりますが、あっさりルクスが勝ってしまいます。
 サリアの方も、セリスがあっさり倒してしまいます。

 追い詰められたヘイズは巨兵の主砲で王都を攻撃しようとしますが、寝返った夜架があっさりとそれをとめます。
 そして、ルクスは「力による支配はいらない、皆に認められるために戦っているリーシャ様を信じる!」とヘイズを一閃します。

 建国記念祭のあいさつで、リーシャは国民の前でルクスを専属の騎士にすると宣言します。
 ルクスはパーティの席に姿を見せた兄に対して、この国と学園のために戦うと誓います。

 そして、夜架を加えたヒロインによるルクスの取り合いで「最弱無敗」は全12話を終わります。

【感想】
 かつてのシャーロットを思わせる早い展開で、時間的によくまとめきったものだと感心します。
 他のヒロインが目立っていてあまり立場が無かったリーシャさんですが、今回はヒロインとして活躍していて良かったと思います。
 そして、ルクス君は本当に優しくて素敵な人だと思います。

 同じ姫がヒロインである落第騎士、アスタリスクとはよく比較されますが、どれも本当にいい作品だと思います。
 最弱無敗は、ヒロインがみんな個性的かつ魅力的で、それぞれのメイン回はどれも良かったと思います。
 余談ですが、アスタリスクの2期は楽しみですし、落第騎士と最弱無敗の2期もあればと期待するところです。

【感想】最弱無敗の神装機竜(11話)「帝国の凶刃」

 最弱無敗11話を見たので感想を書きます。
 あと1話でどう収拾するのか、私、気になります!

【内容】
 冒頭ではリーシャ(姫)が建国記念祭のスピーチの練習をし、一方でヘイズは遺跡と夜架を使い何かを企んでいます。
 オープニングの後、ルクス(主人公)は呼び出しを受け、宰相から全竜戦の後に「帝都奪還計画」が実行されることを聞かされます。
 宰相はルクスに、100体のアビスをひきつけるおとり役と、更に全竜戦への優勝という無茶な要求を言い渡し、ルクスはその2つを了承します。
 兄を心配するアイリ(妹)は、12分しかバハムートは使えないと言いますが、それでも優しいルクスは、誰かがやらなければならないことだと答えます。

 前日の夜、ルクスはリーシャに機竜の整備を依頼していると、夜架を見つけ、彼女と話をします。
 もう旧帝国は滅んだのにどうして帝国との契約に従うのかという質問に対して、夜架は弟のためにも契約を違えるわけには行かないと答え、この国をどうしたいかと逆に問います。
 主人公は、その期待にはそえないと回答し、夜架は去っていきます。

 全竜戦が開幕します。
 初戦は団体戦で、セリス、フィルフィ、クルルシファーが順調に勝っていきます。
 主人公も勝ちますが、勝負を焦っていることをクルルシファーには見抜かれてしまいます。

 主人公は、アビスのおとり役のためにその場を離れます。
 リーシャの戦いが始まりますが、突然暴走して客席を攻撃し、連行されてしまいます。

 アイリから事情を聞いたセリスは、ルクスを助けに行こうとしますが、条件の中に全竜戦優勝が含まれていくことから今動くことは得策ではないと言われ、それよりもリーシャを操ったと考えられる夜架を見つけ出すことが先決だという結論に至ります。

 一方ルクスは、反乱軍を率いる(2話に出てきた)旧帝国の近衛隊長と交戦します。
 更に、第5遺跡と呼ばれる巨大な移動要塞(?)が王都に迫っているのを目の当たりにしたルクスは、「賭けに出るしかない」と黒い剣に手をかけ、バハムートを召喚しようとします。

【感想】
 ルクス君、いつも一人で抱え込んで、つぶれてしまわないかと心配になります。
 これだけ応援したくなるのは、(最終回を2回見た)落第騎士の一輝さん以来かもしれません。
 あと1回(?)で巨大要塞と夜架さんとの決着をどうつけて、終わらせていくのか気になります。

【感想】最弱無敗の神装機竜(10話)「少女たちの報酬」

 早く目が覚めたので、最弱無敗の10話を見ます。
 ハーレムルート、そして新たな展開に目が放せません。

【内容】
 オーバーリミット(前回敵を倒した技)の反動で倒れていたルクス(主人公)が復帰し、お祝いのパーティーが開かれます。
 新王国の建国を祝う「建国記念祭」が近づいていることから、リーシャを初めとしてヒロインたちがルクスとデートをしたいと言い出すので、学園長は合宿で成長した3人を選んでデートすればいいと言い出します。

 ルクスはアイリ(妹)と街を歩いていると、貴族の姿が目立つことに気づきます。
 アイリの話によると、各国の代表が戦う「全竜戦(漢字は自信がありません)」が行われ、ルクスたちもその代表であるとのことです。
 また、帝国に仕えていた最強のドラグナイトである「狂人」が脱走したという知らせを受けます。

 デートの一人目は、執事の姿に着替えてセリスと街を練り歩きます。
 彼女は主人公の高い理想に共感しつつ、自分も理想に近づくために努力したいと答えます。

 今度は、貴族風の衣装に着替えて、クルルシファーとダンスを踊ります。
 彼女は「キスして」と迫り、既成事実を作ってしまいます。

 最後はフィルフィと教会でデート、というより膝枕してもらい、眠ってしまいます。
 ルクス君を気遣うフィーちゃん優しいです。

 すっかり夜になってしまったは、リーシャとばったり出会います。
 ルクスを自分の騎士にしたいという姫に対して、自分は旧帝国の生き残りで咎(とが)人であると一旦断りますが、祭りの最終日までに決めてほしいと言われます。

 後半は、アイリと話し合っているルクスの前に、狂人こと「切姫夜架」が現れます。
 帝国に身をささげた自分を好きに使ってくれという彼女に対して、ルクスはしばらく待ってくれと答えます。
 しかし彼女は「いつこの国を滅ぼして旧帝国を再建するのか」と言い出すので、ルクスは「その気はない」と回答します。
 夜架の「夜ト神(?)」は相手を操る能力を持ち、ヒロイン4人を相手にしても倒すことが出来ません。

 最後に、「この国の存亡に関わる重大なこと」という意味深な言葉を残して、夜架は去っていきます。

【感想】
 前半のデート3人、いろんなからみが見られて面白いと思います。
 努力家のセリスさん、積極的なクルルシファーさん、そして優しいフィーちゃんのそれぞれの個性がうまく出ていたと思います。
 そして、全竜戦、夜架さん、そして暗躍するヘイズさんと、目が放せない展開です。
 最後に、ヤトノカミ……ノラガミを思い出したのは私だけでしょうか。

【感想】最弱無敗の神装機竜(9話)「約束」

 目が覚めたので、「最弱無敗」を見ました。
 ルクス君とフィーちゃんが、今の私にはとてもまぶしく映りました。
 私は、せめてろうそくになりたいです。

【内容】
 突然フィルフィに首を絞められる主人公(ルクス)の前に、ヘイズが現れます。
 ヘイズが言うには、フィルフィにはラグナレクの種が植え付けられていて、ずっと主人公を抹殺するよう命令を受けていたが、苦しみに耐えてそれをずっと止めていたとのことです。
 このままだとフィルフィが死んでしまうので、それを止めたければ鍵の娘(クルルシファー)を使って遺跡の最深部への扉を開くよう命令して、ヘイズは去っていきます。

 学園長(フィルフィの姉)の話では、旧帝国の人体実験から救われた彼女にはすでに種が植え付けられていて、もう残された時間は少なく、遺跡の力で彼女を助け出したいとのことでした。
 迷う主人公に、フィルフィを助けたければヘイズの持つ角笛を破壊しろと、兄の声が聞こえます。

 クルルシファーの力で最深部へ道を開いた主人公達ですが、突然ラ・クルシェ(遺跡の管理者)は「(主人公達を)全員始末する」と言い出し、更に現れたヘイズはフィルフィを操って攻撃を仕掛けてきます。
 フィルフィは神装を無効化する能力を持っていますが、そこに兄が登場し、妹が笛で命令を上書きしたことでフィルフィは正気を取り戻します。
 追い込まれたかに見えたヘイズは、再生能力を持つラグナレクを呼び出し、仲間を次々と追い込んでいきます。

 自分を絶望の淵から救ってくれたフィルフィを助けようとする主人公は、この無限に再生する敵に立ち向かいますが、触手にからまれて追い込まれます。
 しかし、フィルフィの励ましで力をもらい、オーバーリミットを発動させた主人公は、相手の再生強化を利用して(強くなった相手の力で)カウンターを放ち、ラグナレクを倒しました。

 そして、フィルフィは「もう大丈夫」といい、主人公と甘いひと時を過ごします。

【感想】
 ルクス君にとって、フィーちゃんがどれほど大切な人かがよくわかるお話でした。
 自分がつらいときに寄り添ってくれた彼女が、ルクス君にとっては心の支えであり、彼の優しさの原点でもあったと思います。

 つらいときこそ、助け合うのが本当の友達だと、らぁら(プリパラ)さんも言っていました。
 今の私には、彼らの友情(愛情)がまぶしく映ります。

 それにひきかえ、私はあるお友達に対して、取り返しのつかないことをしてしまいました。
 過去を悔やんでも仕方がないことはわかりますが、せめてこの場を借りて謝りたいと思います。
 ごめんなさい。

 最後に、フィーちゃんが「大丈夫」と言っていましたが、結局種はどうなったのか一切言及がなかったりします。
 残された時間がないとか言っていましたが、本当に大丈夫なのか心配です。
 もし原作を読まれた方、ご存知の方は、フィーちゃんが本当に大丈夫なのか教えてほしいと思います。

【感想】最弱無敗の神装機竜(8話)「幻神獣の目覚め」

 目が覚めたので、「最弱無敗」の8話を見ました。
 本当は朝にアップしたかったのですが、ブログのメンテナンス中でできませんでした。
 なので、時間が経ってからの投稿になり、あまりよく覚えてなかったりします。

【内容】
 前回の最後で、船の形をした遺跡が会場から姿を現しました。
 合宿の真の目的は、この遺跡の調査とのことです。

 しばらく進んだ後、4つに分かれて調査することになります。
 セリスは、「一人でいいだろう」(意訳)といわれてへこみますが、主人公の一言で立ち直ります。

 先に進んだところで、主人公は謎の少女が倒れているのを発見します。
 クルルシファーは、少女を「危険」といい、自分が調べてみるといいます。
 ラ・クルシェと名乗るその少女は、自分はオートマタ(自動人形?)で遺跡の「統括者」であるとし、クルルシファーを「管理者」と認識します。
 彼女が言うには、遺跡は大半の機能を停止しており、の最下層で復旧命令を出す必要があるとのことです。

 苦しそうなフィルフィーを心配する主人公に、クルルシファーが話しかけます。
 彼女が言うには、管理者よりも上位である「創造者」という存在がいるとのことです。

 主人公達はさらに先に進みますが、アビスの襲撃を受けます。
 アビスは3体おり、そのうち1体は遺跡の外に出てしまったと聞いた主人公は、すぐに遺跡を出るべきだと主張しますが、学園長は先に進むべきだと主張して譲りません。
 主人公の気持ちをくんだフィルフィーは機竜をまとって進み、主人公も後に続いて外に脱出します。

 外に出た主人公は、以前この場所で何かがあったことを思い出しますが、完全には思い出せません。
 アビスを撃退し、崩れた教会(?)の地下に隠された研究施設を発見します。
 ここは、旧帝国で人体実験が行われた場所とのことです。
 そして、その奥でフィルフィーを発見しますが、彼女は主人公の首を締めはじめます。

【感想】
 冒頭の回想からもわかるように、フィーちゃんはいじらしくて可愛いです。
 そんな彼女は人体実験で何かをされたのだと思いますが、ひどい話ですね。
 次回、彼女が救われることを祈ります。
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム