【アニメ感想】HUGっと!プリキュア 第49話(終)「輝く未来を抱きしめて」

 プリキュアさんの最終回を見て感想を書かせていただきます。
 ハグだからと見はじめたという不純な動機ゆえに最後まで完走できるとは思いませんでした。
 はなさんに会えないと思うと未来に希望が見えないのですが……

【内容】
 ハイテンションに居間にやってきたはなは大きな口を開けてみんなで食事をします。
 妹は「本当におこちゃま」と言いつつ「本当はかっこいい」とツンデレを見せてきました。
 ルールーはえみるにいいお天気だと言い、その兄はユーリとイチャイチャしていました。

 トラウムはタイムマシンらしいものを作っていますが、どこかで不安が残ります。
 はなは「明日はデートしよう」と言い、他のプリキュアと買い物をしたり映画館に行ったりします。
 きれいなペンを拾ったかと思ったら猛オシマイダーが発注されてしまいました。

 はな達は最後の変身でプリキュアになって戦闘を行い、さらに新作のキャラまでもが乱入してきます。
 「キュアスター」なる新キャラとともに最後の販促アイテムで一気に勝負をつけます。
 また社長は「時計の針が動き出した」と言って砂漠を歩いていきました。

 パッフルはルールーを伴って立ち去り、えみるは「ツインラブはこれからもずっと……」と涙を流します。
 ルールーは「ずっと大好きです」「未来で待ってます」と言ってみんなでハグしあいます。
 はな達は必死に「笑顔」で別れようとしますが、はぐたんの「ママ」という声に涙が止まらなくなります。

 ハリー達は汽車で未来へ向かって出発し、はなは「必ず会える」と言って見送っていきました。
 はなは夕日に向かって号泣し、えみる達は何も言うことが出来ませんでした。
 「未来で待ってて」という言葉があったと思ったらいきなりBパートでは2030年になっていました。

 小学生のチャラリート達が町に歩いている一方で、はながなんと会社の社長になっていました。
 はなは突然に陣痛が起こり、そのままさあや(とダイガン)の病院に運ばれることに。
 ほまれは親友の赤ちゃんが生まれるからと走っていってパッフルにぶつかってしまいます。

 えみるは出来たばかりのルールーと再開し、貴女の親友ですとぎゅっと抱きしめてきました。
 さらには急に歌い出し、その音楽を聴いていたトラウムは感慨深いものを感じます。
 ほまれは金メダルを持たせて、はなは生まれた娘に「はぐみ」と名前をつけてお話を締めくくるのでした。

【感想等】
 最後のはなさんを見て感慨深いものを感じるのは私だけではないと思います。
 シーンの一つ一つをしっかり目に焼き付けたいなと思いながら見ていました。
 なにげにこれまでのお話で出てきたキャラ(天狗さん等)が紛れているところがいい感じです。

 最終回で戦闘シーンを持ってくるとは思いませんでしたが、最後の変身シーンだと思うと目が離せません。
 過去には歴代プリキュアを出すなど、サービス精神に満ちあふれたシリーズでした。
 最後の最後で新作キャラが出るという「引き継ぎ」もこの作品らしさが出ているのではと思います。

 別れのシーンで思いっきり涙が出てきますが、「ハグ」という言葉にふさわしい、愛にあふれたお話だったと思います。
 妊娠中に仕事をしているはなさんにも驚きですが、うまい具合にみんな出してきたのはよかったです。
 はぐたんが実娘という落ちは考えていましたが、ピンク色の髪の毛からどう金髪が生まれるのでしょうか。

 女児向けアニメで最初から最後まで見て、なおかつ感想まで書いた作品は実はこれがはじめてだったりします。
 1年間は長かったですが、未来が輝いているかと言われるとなかなか難しいかと。
 新番組の聖闘士的なプリキュアは気になりますが、主役の演技が正直微妙なのが悩ましいところです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】HUGっと!プリキュア 第48話「なんでもできる!なんでもなれる!フレフレわたし!」

 プリキュアさんの48話を見て感想を書かせていただきます。
 1話からずっと見てきた私としてはここまできたことに感慨深いものを感じます。
 はなさんは社長さんを倒し、有終の美を飾ることが出来るのでしょうか。

【内容】
 ハイテンションな前置きの後、仲間が全滅したという絶望的な状況が続きます。
 それでもはなは「諦めない」「みんなの未来を取り戻す」と社長に殴りかかります。
 社長は「人の欲望は無限」と反論しますが、それでもはなはまだ向かっていきます。

 「それでもアスパワワは消えない!」
 「私は一人じゃない」
 と攻撃を仕掛けていくはなさん。

 社長は後ろからハグして「二人で生きよう」と訴えてきます。
 はなは社長の一撃を受けて変身を解除されますが、それでも諦めないと向かっていきます。
 倒れても立ち上がるはなに続き、外で倒れている皆さんもまた立ち上がります。

 自分の周りの「すごい人」も悩みながら生きているとはなさん。
 社長は「生きている限り苦しみは続く」と言い続けますが、それでもはなは何度でも立ち上がります。
 立ち上がってみんなを応援すると訴えたはなは再びプリキュアへと変身します。

 人々は封印から解き放たれ、社長はただ愕然とするしかありませんでした。
 さぁや達もまた復活しますが、社長は「どうしても僕と君はわかり合えない」と一言。
 「僕の時間はもう動くことはない」と言い、人間への憎悪とともに巨大な怪物へと変貌します。

 巨大になった社長を前にしても、パッフルは「一人の男」とつぶやきます。
 はなは社長の攻撃に対して「あかちゃんはみんなで育てる」「一人じゃ未来は育めない」と訴えてきます。
 周りの皆さんは一斉にプリキュアを応援し、親御さんやらモブの皆さんがプリキュアになっていきます。

 全員での必殺技(?)によって社長は浄化され、クライアス社は完全に崩壊していきました。
 はなは崩れていくビルに突入し、社長に「一緒に行こう」と訴えますが……
 ハグされた社長は涙を流し、またね、と言い残して消えていきました。

 ビルから脱出したはなは他のプリキュアと抱き合って無事を喜び合います。
 朝日が昇っていくのを見ていく一同。
 また今日も新しい一日が始まるようですが……

【感想等】
 元気な冒頭の語りとその直後の全滅シーンのギャップに驚かされました。
 どんな状況に陥っても諦めない、そんな強さ、ポジティブさがうらやましい限りです。
 傍目から見たら痴話げんかにしか見えないのはあまり考えない方がいいかもしれません。

 社長さんの言っていることも一理ありますが、はなさんがそれでも現実に向かっていけるのは「若さ」ゆえでしょうか。
 別のアニメの感想でも書きましたが、ポジティブさというのはある意味最強の武器なのかもしれません。
 元カノのパッフルさんが変貌した社長を「一人の男」というシーンに、彼女なりに何か思うところがあるのかなと思います。

 アンリさんどころか親御さんや他のキャラまでみんなプリキュアになったのはちょっと笑いました。
 何歳になっても希望を持って生きていけるような、そんな世界が実現することを願わずにはいられません。
 次回で最終回らしいですが、最後ははなさんが母親になる展開でも待っているのでしょうか。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】HUGっと!プリキュア 第47話「最終決戦!みんなの明日を取り戻す!」

 プリキュアさんの47話を見て感想を書かせていただきます。
 次回作のタイトルも確定していますし、あともう少しで終わるのかなとついつい考えます。
 はなさんには最後まで全力でがんばってほしいなと願うばかりです。

【内容】
 巨大な敵にはぐたんが取り込まれてしまい、はなは何もすることが出来ませんでした。
 社長はどや顔で「またね」と去っていき、そのうえビシンやリストルが立ちはだかります。
 ビシンは時を止めてしまえば未来もなくなると高笑いをはじめますが……

 ほまれがビシンと戦い、リストルはえみるやルールーを吹き飛ばしつつさあやと戦闘を開始します。
 「俺はもう考えない」と思考を放棄したリストルは大量の猛オシマイダーを発注してきます。
 そこに助けに現れたのはかつての同僚でもあるパッフルやチャラリート、ダイカンといった皆さんでした。

 パッフル達は猛オシマイダーを投げ飛ばし、さらにはビシンと互角以上の戦いを繰り広げます。
 「大人だって何でもなれる」と言い切るパッフルに続き、トラウムもまた助けに現れました。
 トラウムは自分は愛を知ったと主張しますが、さすがにロボットを壊されてルールーに助けられます。

 パッフル達は倒されますが、今度はハリーが出てきてリストルの拳を正面から受け止めます。
 鎖を破壊して暴走形態になったハリーはビシンやリストルに今の自分を受け入れたと訴えます。
 リストルは涙を流して改心しますが、ビシンは「納得できない」といって巨大化します。

 兄であるリストルは握りつぶされそうになりつつも「お前達を愛している」と言ってきました。
 涙を流すビシンをリストルやほまれがハグし、その勢いで販促アイテムを使い、退職させることに成功します。
 「俺たちの心はいつも一緒」ときれいにお話をまとめ、はな達は最後の巨大な敵に立ち向かいます。

 リストル達は猛オシマイダーは俺たちが引き受けると言いますが、どうやってクライアス社へ乗り込むのでしょうか。
 そこにジェロスが水上ボートをしてきて、はな達を運ぶことになりました。
 社長ははなを拘束し、圧倒的な実力によって「理想からほど遠い現実」を見せると言ってきます。

 さあや、ほまれは拳を突き立てますが、たちまちに補足され、他の仲間もろとも無力化させられてしまいました。
 社長は世界の結末を知っていると主張し、ハリー達が倒された姿をはなに見せてきます。
 「時を止めれば哀しみは終わる」と言われたはなはその申し出を受け入れようとしますが……

 さあや達は自力で拘束を脱し、私たちは一人じゃないとさらに社長へと向かっていきます。
 「私に出来ないことは貴女には出来ます」とさあやさん。
 仲間の必死の叫びを受けたはなは復活しますが、仲間は奈落の底へ落とされてしまいます。

【感想等】
 はなさんの元気なお声もあと数回で聴けなくなると思うとちょっと寂しくなります。
 思い返せば追加戦士が一気に2人増えたり、歴代のプリキュアが出たりと色々なことがありました。
 初代が戻ってきてくれたらあの巨大なラスボス(?)もあっさり倒してくれそうな気がしますが……

 プリキュアさんだけでなくて、かつての敵であった大人キャラを輝かせるところはちょっと感動しました。
 自分の心と向き合うという意味では(毒のない)ペルソナなのかもしれません。
 ビシンさんのヤンデレぶりを見ているとドン引きどころかもはや哀れみすら覚えてしまいます。

 ジェロスさんもちゃんと出てきましたし、あとは社長さんを改心させてハッピーエンドへ向かうのでしょうか。
 次回ははなさんが一騎打ちを制して、最終回では後日談が語られるのかなと思いますが……
 なお、次のプリキュアさんは十二星座のお話らしいのですが、最後には蛇遣い座が出てくると個人的には思ってます。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】HUGっと!プリキュア 第46話「クライ、ふたたび!永遠に咲く理想のはな」

 プリキュアさんの46話を見て感想を書かせていただきます。
 いよいよ社長さんが出てくると、もう終わりも近いのかなと思えてきます。
 残り5話前後だと思いますが、できるだけ最後まで見届けたいなと思います。

【内容】
 着物姿のはなは新春の挨拶をし、一方でウエディングドレス姿になっていたりします。
 社長はドラクロアの絵を美しいといい、変わっていく人の心を嘆いているようですが……
 目を覚ましたはなは突然に涙を流し、社長も同じ夢を見ていたようです。

 ビシンはリストルからどうして心を奪ったのかと問い、社長はそれが一番の幸せだと言い切ります。
 オープニングの後はおもちを食べて喜んでいましたが、そこにおばあちゃんがお菓子を出してくれました。
 ダイガンやチャラリート、パッフルもおもちをついて好評を博しているようです。

 はなは自分たちの未来は楽しいことばかりと考え、一方でビシンは心を失ったリストルに寄り添います。
 心を失えば自分の苦しみも消えるのかと考えますが……
 トラウムは娘に抱きつきつつもおせち料理の解説までしてくれました。

 買い出しに向かったはなの前に社長がやってきて花を渡しますが、はなはそれをはねつけてしまいます。
 社長は未来の時を止めたのはそこに生きる民衆だといい、人類は尊い生き物ではないと言い切ります。
 アスパワワが失われて未来の時が泊まってしまったとのことですが……

 ルールーは父親に布団を掛けつつ、社長について教えてほしいと質問をします。
 トラウムによると社長は「何もしない」男であり、社長はプリキュアを倒したのは彼女への「救い」だと一言。
 さらには「プリキュアの戦いは無意味だ」と作品を否定するようなことを言い出します。

 社長は元社員が救われたことを認めつつも、人間が悪い心を持っていると言い切ります。
 はなはいじめられたトラウマを思い出しますが、それでもみんなの未来を守るのだと一言。
 そこに残りのメンバーがやってきて、とりあえず社長はそのまま帰っていきました。

 はなははぐたんを抱きしめ、ほまれはみんなでお泊まりをすることを提案します。
 社長が稟議をしている一方で、はなの両親や妹は早朝からランニングをするようです。
 朝早くに起きたはなはみんなで初日の出を見ていましたが、そこに暗雲と共に巨大な建造物が落ちてきます。

 町中の人々が動きを止めてしまい、はな達の前に再び社長が立ちはだかります。
 大量の猛オシマイダーがはな達に襲いかかり、はな達はプリキュアに変身して戦闘をすることに。
 社長は時間を止めてみんな笑顔のまま暮らせるようにしたと言い出しますが……

 はなは「アスパワワは消えない」と主張し、みんなの未来を取り戻すためにと販促アイテムで勝負に出ます。
 周りの猛オシマイダーを退職させますが、今度は建物そのものが巨大な黒い影へ変身し、はぐたんを奪ってしまいました。
 はなははぐたんを助けようとしますが、そこにリストルとビシンが立ちはだかるのでした。

【感想等】
 お正月に着物というのは一つの「定番」で、そのあたりの基本をしっかり抑えるのはいいことだと思います。
 私事ながら今年は着物で初詣に行きましたが、人の多さには驚かされました。
 その場にいた人のもまた、移りゆく時代と共に良くも悪くも変わっていくのだろうなと思います。

 元社員の皆さんはすっかり善人になって、特にトラウムさんのお父さんぶりが微笑ましいです。
 お正月の時期から出勤(?)してくる社長さんにお疲れ様と言いつつも、彼の言いたいことは何となくわかる気がします。
 いじめシーンを見せてくるとトラウマが蘇りますが、ほまれさんだったらビビストのリンネさんになっていたのかも。

 ラストダンジョンの出現、さらにラスボスまで出てきては、お話も大詰めなのは間違いないと思います。
 今更ながら「みんなでトゥモロー」という言葉があまりしっくりこないのはここだけの話です。 
 次回はリストルさん達をハグして退職させ、最後は社長さんが自ら会社を解散させて終わるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】HUGっと!プリキュア 第45話「みんなでHUGっと!メリークリスマス☆」

 プリキュアさんの45話を見て感想を書かせていただきました。
 前回のラストでサンタさんが落ちてきて、今回はクリスマスのお話になりました。
 サンタさんにも色々と事情があるのかもしれませんが……

【内容】
 空からサンタさんが落下してきて、はなは早速プレゼントの催促をします。
 サンタさんはトナカイもろとも風邪をひいてしまったようで、このままではクリスマス中止だと言い出します。
 はなはハリーにトナカイの代わりをさせようとしますが……

 トラウムが呼ばれてもいないのにやってきて、メカトナカイなる道具を出してくれました。
 はなはミライパッドでコスプレをして、プレゼントの包装をしていきます。
 一方で社長は絵を描いていて、ジェロスに対しては「君は僕を求めていない」と切り捨ててしまいます。

 ジェロスの元部下はクリスマスケーキを売る一方で、元上司のことを心配していました。
 ルールーは父親に冷たい態度を取り、トラウムはしょんぼりしてしまいました。
 トラウムはサンタさんの恰好をして、自分の名前は「夢」という意味だと言ってきました。

 さあやの母は娘にクリスマスプレゼントを渡し、そのままぎゅっと抱きしめてきました。
 ルールーは料理を作る一方、トラウムたちはプレゼントを配りに向かいました。
 「思うままに作ればいい」と言われたルールーは「ギュイーンギャギャーン」でカレーを作ることに。

 はな達はダイガンやチャラリート、パッフルにも(同情したのか)プレゼントを贈ることに。
 ジェロスは自分の若さがあるうちにと行動を開始していました。
 女の子が父も母も仕事が忙しくて戻ってこないと言っているのを見てしんみりとするトラウムなのでした。

 はなは一連のプレゼント配りでサンタさんのようにみんなを幸せにしたいと誓います。
 次の日、子ども(一部大人を含む)たちはそれぞれにプレゼントをもらって喜んでいました。
 ルールーやえみるがライブの準備をしていましたが、ジェロスがトラウムの発明品で攻撃をしてきます。

 トラウムは娘をかばって負傷し、ジェロスは黒いものを飲み干して化け物に変身します。
 はな達はいつもどおりプリキュアになってクリスマスを守るために戦闘を開始することに。
 未来を否定するジェロスに対してはなはお説教タイムをはじめますが……

 「かわいがられるのは若いうちだけ」と訴えるジェロスさん。
 元部下はジェロスを説得しようとし、3人一緒にいられればいいといってきました。
 はなは「かしこまり!」といって販促アイテムでジェロスを浄化して退職させます。

 サンタさんは帰宅していき、アンリ(とえみるの兄)が入れ替わりで登場します。
 ジェロスには元部下がやってきて売れ残りのケーキを持ってきました。
 ルールーに「お父さん」と言われたトラウムは感激し、互いにハグしあって締めくくるのでした。

【感想等】
 時事を反映してクリスマスのお話となりましたが、サンタさんも色々大変なようです。
 プレゼントを配るのを手伝うとはいっても、子どもがそもそも何人いるのか見当も付きませんが……
 トラウムさんの名前が「夢」と言われて、トラウマの方だと思っていたのはここだけの話です。

 冷たい態度を取りながらもトラウムさんの為にお料理をするルールーさんが素敵です。
 部下を捨てたジェロスさんですが、その部下は意外と上司を思っていたことにちょっと驚きました。
 大人相手にもプレゼントを贈るはなさんの優しさは素敵だと思います。

 若くないというわけでもない(と思いたい)のですが「時間が無い」と焦るジェロスさんの気持ちがちょっとわかる気がします。
 「かしこまり」といわれてふとプリパラの「かしこま!」と思い出したのはここだけの話です。
 トラウムさんの姿に父親との接し方を考えつつ、来年からのラストスパートに期待しようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム