とある心病の作品目録-2018年秋アニメの個別レビューと来年の視聴予定について-

 2018年が終わりを迎え、また新たな一年が始まろうとしている今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
 特に需要が無いとわかりきってはいますが、とりあえず今年を締めくくる意味でレビュー記事でも書いてみようかなと思います。

1 総評
 ここ数年は毎回「豊作」だと言っているような気がしますし、実際にSAOの3期が(原作からのカットが多いものの)放送されたのはうれしいです。
 SAO、禁書目録の3期は当然見ていますし、そのほかにも注目すべき作品が色々あって追いかけるのに一苦労しました。
 時々は寝不足になることもありながらも、少し減らしたこともあって、なんとか追いかけることが出来たのはよかったと思います。

 SAOは原作未見でもそれなりに楽しめますが、原作を予習・復習がてらに見ておくと、その情報量の差に驚かされたりします。
 禁書目録はキャラクターが多いことに加えて、カットが多いのか、時々わからないことが出てきたりします。
 他のラノベ系列だと「転スラ」「ゴブリンスレイヤー」などがありますが、他の作品にはない設定が光る作品だと思います。

 ラブコメ関係の話題になると、青春ブタ野郎だったり「いもいも」だったりが浮かんできました。
 前者は様々な不思議現象を「思春期症候群」という独自の用語で解釈することと、個性的で魅力的なヒロインがいいと思います。
 後者は作画崩壊や放送延期という「メルヘンメドヘン」と同じ展開をたどりながらも最後まで放送してくれてよかったです。

 「寄宿学校のジュリエット」はラブコメだと思われますが、キャラクターもキャストも豪華でストーリーも面白いなと思います。
 放送時間的に近い「色づく世界の明日から」は幻想的な風景と世界観、魅力的なキャラクターを兼ね備えた名作だと思います。
 スパイ(忍者?)を題材とした「リリスパ」は中毒性の高いオープニングと共に最後まで先が読めない展開が続きました。

 スポーツ関係だと火ノ丸相撲、ツルネ(弓道)となぜか武道関係が多く、新たな世界が開けたような気がします。
 箱根駅伝を題材にした「風が強く吹いている」は小説原作ということもあって文学的な表現がとてもいいなと思います。
 きらら系の「アニマエール」もスポーツ関係といえなくもなく、日常に挑む私たちを応援してくれているような気がします。

続きを読む

やがて猫になる―2018年秋アニメの個別レビュー及び今後の視聴予定について―

 10月も終わり、朝晩の寒さや長くなるお風呂時間に、からもう冬なのかなと思うようになりました。
 秋のアニメも大体3、4話(早いところでは5話まで)くらいきたので個人的にレビュー記事でも書こうかなと思います。

 毎回のように豊作だと言っているような気がしますが、それも事実なら仕方ないのかもしれません。
 SAO、禁書目録の3期ばかりに注目していましたが、そのほかにも見るべき作品があまりにも多くて驚きました。
 以前よりは見る数を減らしたはずなのですが、それでも少し多く残ってしまったように思えます。

 ラノベ系列は毎回それなりに数が多いのですが、今季はなんと言ってもSAOや禁書目録といった大物がどうしても目立ってしまいます。
 原作が長丁場ゆえに省略された箇所がかなり多いそうですが、アニメと原作は別物として考えるしかないのかもしれません。
 SAOは4クールあるそうですが、禁書の方は2クールで8巻前後をやるらしいので原作からのカットは相当あると思われます。

 ファンタジー系だと「転スラ」と「ゴブリンスレイヤー」がありますが、前者は安心してみられる一方、後者のハードな展開が逆に新鮮かも。
 ラブコメで言えば青春ブタ野郎は、どこか文学的な表現があって「俺ガイル」に近い何かを感じるのは私だけでしょうか。
 同じくラブコメで「俺が好きなのは妹だけど妹じゃない」もありますが、こちらは割とよく聞く設定が出てきているように思えます。

 夏の時にはスポーツを題材にしたアニメがかなりありましたが、今期はそれほど多くないように思えます。
 ジャンプ系の火ノ丸相撲、弓道を題材にしたツルネなど、今期は武道が多いのですが、そのうち剣道や柔道のアニメも出るのかもしれません。
 夏ではビーチバレーをしていたきらら系は、今期は「アニマエール」というチアをメインにした作品で勝負してきました。

 日曜深夜(月曜日)に放送されるアニマエールを見ていると、平日も少しがんばれるような気がするかもしれません。
 今期の癒しの一角は「アニマエール」のほか、となりの吸血鬼さん、メルクストーリアあたりかなと思っています。
 となりの吸血鬼さんはかの「ひなこのーと」に続くキューン系の30分アニメで、どちらかといえばきんモザに近いように思えます。

 ざっと見て目立ったのは地方を舞台にした作品の多さで、各地の生き残りをかけた戦いがアニメにも影響したようです。
 色々な意味で印象に残ったのは佐賀県を舞台にした「ゾンビランドサガ」なのですが、あかねさす少女も石川県が舞台なのだとか。
 他にもソラとウミのアイダは広島で、PA作品の色づく世界の明日からは長崎県が舞台らしいです。

 「あかねさす少女」の独特の世界観は素敵だと思いますし「リリスパ」の中毒性のあるオープニングもなかなかかと。
 ゾンビランドサガはある意味では「あそびあそばせ」や「ぐらんぶる」に匹敵するギャグ枠なのかもしれません。
 他に、原作ありだと「やがて君になる」もすごく丁寧に描かれていて、何かに目覚めてしまう予兆を感じます。

 深夜アニメはほとんど総入れ替えだった一方で、朝、夕方放送の作品はほとんどが続投というのは対象的だと思います。
 ヒロアカや進撃の巨人が終わりましたが、続きが確定しているのであとは楽しみに待つだけです。
 ブラッククローバーの2年目突入、プリキュアの歴代総出演など、わくわくすることが多くありました。

 ビルドダイバーズやパンドーラが終わったことでロボットアニメが急に減りましたが、その分並行世界をテーマにした作品が増えました。
 あかねさす少女もそうですし、デリダさんも先が読めなくて毎回わくわくしながら見ています。
 異世界、並行世界がブームになるのは、現状に対する不満のようなものがあるのかもしれません。

 序文を書いていくはずがだんだん長くなってきたので、個別作品について少しずつ書いていこうかなと思います。
 まだ序盤ということで全貌が明らかになっていないものも多いですが、少しずつ本領を発揮してくるのではないかと思います。

続きを読む

2018年夏アニメの雑感と今後の視聴予定について

 猛暑、台風、地震と慌ただしい夏とともに、アニメの世界も一区切りついてきたかなと思います。
 需要があるのかという疑問を抱きつつも、半分自己満足で今回もレビュー記事を書かせていただこうかと。
 いつもどおり時間がないといいつつも結局どれも途中で切らないままさいごまで突き進んでしまいました。
 
1 総評
 スポーツ界が大会(と不祥事)に明け暮れた影響か、アニメの世界でもスポーツの作品がかなり多かったように思えます。
 メジャーセカンドは2期を期待しますし、キャプテン翼も続くのならば、きらら系のはるかなレシーブも2期があってほしいなと思います。
 バドミントンをテーマにした「はねバド!」はスタジオが被災しながらも最後まで放送できたことに感謝したいです。

 今期で一番度肝を抜かれたのは「あそびあそばせ」であり、「ぐらんぶる」「ゴクドルズ」といった強烈な作品が多かったです。
 おそ松さんを見ていた人ならば「天才バカボン」もきっと気に入られたのではないかと思ったりします。
 はたらく細胞やアンゴルモアは理科や社会の勉強にもなる作品で、個人的には「血小板」さんが大好きです。

 ラノベ原作はなんといっても3期目のオーバーロードを外すわけには行かないと思います。
 七星のスバルはネットゲームの世界と「あの花」の設定を合わせたような作品で、属にあの花オンラインと言われているのだとか。
 従来の「異世界」ものは「イセスマ」に近い「百錬」、「デスマーチ」やオーバーロードに近い「異世界魔王」も意外と面白かったです。
 
 ゲーム原作のアニメを見れば、アイランドは駆け足ながらも綺麗に終わった作品だと思います。
 ペルソナ5はどう見ても2クールで終わる作品ではありませんでした。
 ディエス・イレやFateエクストラは難しめでしたが、最後までみることが出来てよかったかと。
 
 ロボットアニメは「ガンダムビルドダイバーズ」は主人公の成長と共にキャンピオンのキョウヤさんがかっこよかったです。
 やや難しめの「パンドーラ」はなんとか最後までみましたし、「プラネット・ウィズ」は一昔前の熱い展開が素敵でした。
 寮生活ブームがあるのかはともかくとして、ゆらぎ荘の幽奈さんやすのはら荘も(お色気要素で人を選びながらも)よかったかと。

 平日は深夜アニメが多めの一方で、日曜日は(時として特番でつぶれながらも)朝に色々とアニメがあったりします。
 ブラック企業の従業員に退職を促すプリキュアさんや「ゲゲゲの鬼太郎」に現在の日本社会の闇が見えてくるかもしれません。
 土曜日になれば先述のメジャーセカンドと同じ時間に「ヒロアカ」がありますが、かっちゃんと出久さんの関係が好きです。

 今年はファミコンクラシックミニのジャンプバージョンが発売されましたが、ジャンプ系のアニメはやはり強いなと思います。
 「ヒロアカ」「ブラクロ」の王道からゆらぎ荘のお色気要素まで、その懐の深さはカオスといってもいいのかも。
 少年誌的なノリという意味ではポケモンさんやイナズマイレブンも見ていて楽しい作品だと思います。

 続編が多いという話題では今期ではオーバーロードの3期がありましたが、秋からの「SAO」「禁書目録」に電撃さんの本気を感じます。
 個人的にはこの勢いで「超電磁砲」の3期があればいいと思いますし、許されるならアクセルワールドも続編を放送してほしいです。
 人から聞いたお話なのですが、アクセルワールドの続編を放送しない理由の一つがSAOのネタバレがあるかららしいのですが……

 あまり前置きが長いと飽きられると思いますので、ここからは各作品について個別にお話していこうかと思います。
 一応全て最後までみてはいるのですが、理解力が足りない部分も多く、その点は笑って許していただけると幸いです。

続きを読む

ごらんあそばせ―2018年夏アニメの簡易レビューと今後の視聴予定について―

 急に酷暑に襲われて電気代が気になる今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
 7月が終わって夏のアニメも一段落するので、今回は個人的な雑感を書かせていただこうと思います。
 数が多くて追いかけるのもなかなか厳しくなる一方で、途中で切る作品が見つからないのはいつも通り贅沢な悩みかもしれません。

1 総評
 夏は高校野球の時期だからかわかりませんが、夏のアニメはスポーツを題材にしたものが多いように思えます。
 野球を題材にしたメジャーセカンドはもちろん、きらら系のはるかなレシーブもスポーツを題材にしていたりします。
 その中でも、バドミントンをテーマにした「はねバド!」は題材や動きなどなど、予想をいい意味で裏切りました。

 予想を裏切ったという意味ではオープニングと内容のギャップがすさまじい「あそびあそばせ」も意外とおもしろいと思います。
 インパクトの強い作品という意味では極道がアイドルになる「ゴクドルズ」やおそ松さんと同様のノリの「天才バカボン」もおもしろいです。
 また、古いゲームを題材にした「ハイスコアガール」も個人的に好きですし、はたらく細胞やアンゴルモアは理科や社会の勉強にもなる作品かと。

 ラノベ原作の作品を見れば、異世界ものとともにネットゲームを題材にしたものが最近増えてきたような気がします。
 七星のスバルはキャラデザインがかわいいからと見始めましたが、人間関係を中心とした奥深いストーリーのように思えます。
 従来の「異世界」ものは「イセスマ」に近い「百錬」や「デスマーチ」やオーバーロードに近い「異世界魔王」にも注目しておきたいです。

 ゲーム原作のアニメを見れば、従来のペルソナ5にアイランドが加わる一方でディエス・イレやFateエクストラは少し難しいように思えます。
 ロボットアニメは「ガンダムビルドダイバーズ」「パンドーラ」に続く「プラネット・ウィズ」が謎が多いながらもおもしろいです。
 春のこみっくがーるず、立花館に続くかのようにすのはら荘、ゆらぎ荘と寮生活(?)ものが増えたのは一つのブームなのでしょうか。

 継続作品は日曜朝や平日夕方といった時間帯の作品が多いですが、特にブラック企業と戦うプリキュアさんや「ゲゲゲの鬼太郎」の現代的なシナリオには注目したいです。
 「ヒロアカ」「ブラクロ」は相変わらず王道を貫く内容が好きですが、ゆらぎ荘が同じ雑誌に掲載されているという事実に少し驚きます。
 また、深夜アニメでも珍しい3期に到達した「オーバーロード」は、秋からの「SAO」「禁書目録」と同じくらい注目していたりします。

 あまり前置きが長いと飽きられると思いますので、ここからは各作品について個別にお話していこうかと思います。
 早いものでは5話まで進んでいる反面、2話にとどまる作品もあることから、的外れなことを書いているかもしれませんが、そのあたりは笑って許していただけると幸いです。

続きを読む

あにめorあにめ―2018年春アニメの簡易レビューと夏以降の視聴予定について―

 今年の春アニメについて、5月時点でレビューを書かせていただきました。
 需要があるのかという疑問はありますが、その総括を少しずつ書いていこうと思います。
 毎回ながら見るべきものが多く、おかげで若干睡眠不足になったのは内緒です。

1 総評
 ゲーム原作、ラノベ原作、オリジナルなどなど、今期もいろいろな分野で多くの作品が咲き乱れるのはアニメファンとしてはうれしい悲鳴だと思います。
 一方で総集編や特番といったものが一部に見受けられるのは現場の疲弊を示していると考えると、一概に喜ぶだけではすまされないのかもしれません。
 また、昨今では動画配信も行われているものの、地域格差は未だに無視できないものがあり、地方在住者の苦境はまだまだ続きそうです。

 ゲーム原作の中ではやはり「ペルソナ5」が一押しで、カリギュラは難しいながらもその世界観に惹かれるものを感じます。
 ソーシャルゲーム原作という意味では「ウマ娘」もあり、かのPAさんが制作されていることもあって非常に見所の多いものと思います。
 また、同じソシャゲ原作の「ラストピリオド」はその方向性が全く読めないのですが、つぼにはまればかなりおもしろいはずかと。

 ラノベ枠の一押しは「キノの旅」の作者さんの描かれる「ガンゲイルオンライン」で、その重厚な世界観とキャラクターの暴れっぷりがすばらしいです。
 また、冬からの継続である「グランクレスト戦記」も今期で完結を迎えたのですが、王道を地でいくストーリーは見るものを離しません。
 なろう系の「異世界居酒屋」は「異世界食堂」に近い反面、お酒が入るところは若干大人向けの作品なのかもしれません。

 いわゆる「きらら系」の「こみっくがーるず」は見ていると心が浄化されますし、オリジナル作品では「多田くんは恋をしない」のテレサさんの純粋なキャラが好きです。
 恋愛系という意味ではノイタミナ枠の「ヲタクに恋は難しい」は、その日常を含めて見るべきものが多いように思え、ファンタジーの世界観ながらも意外とシビアなロストソングもいいなと思いました。
 さらに「ひそねとまそたん」は「あの花」「花いろ」「とらドラ」などの岡田さんが関わっているだけあって容赦なく涙腺を刺激してきます。

 以前もロボット系が多いというお話をさせていただきましたが、ガンダムと異世界要素を掛け合わせた「ビルドダイバーズ」は個人的にいい作品だと思います。
 また、あまり主人公らしくない主人公が出ているパンドーラ、ギャグに終始したティラミスなどなど各方面にすきのない構成です。
 数ある短編アニメの中では個人的には「踏切時間」が一押しで、花咲くいろはをマイルドにしたような「若おかみは小学生」もなかなかいいと思います。

 「刀使ノ巫女」「グランクレスト戦記」「ビートレス」「七つの大罪(2期)」は冬からの継続で、おおむねきれいに終わった用に思えます。
 続編つながりでは2期が放送された「あまんちゅ」の優しい世界観は「こみっくがーるず」「カードキャプターさくら」に並ぶ癒しで、こうなると前作(?)のアリアもちょっと気になってしまいます。

 少年誌の作品を見てみれば、ヒロアカ(3期)やブラクロといった王道ものが好きで、なんだか勇気をもらえるような気がします。
 封神演義は期待が大きかっただけに途中のカットには残念でしたが、その分キャプテン翼はかなり丁寧にやってくれているような気がします。
 掲載誌が少年誌なのかどうかはわかりませんが任侠と謎の女の子という組み合わせの「ヒナまつり」という作品も一押しです。

 今期は魔法少女枠が2つありましたが、いずれも一筋縄ではいかない作品でした。
 「魔法少女俺」は全体的にギャグ調なのに対して「魔法少女サイト」は全体的に陰鬱な内容で人を選ぶような気がします。
 清く正しい魔法少女はもうニチアサにしか生存していないのかもしれませんが、あちらはあちらでシングルマザーが(肉弾戦で)ブラック企業と戦っていたりします。

 サッカーのワールドカップの開催に併せての放送なのか、キャプテン翼なりイナズマイレブンなりにも注目したいです。
 前者については比較的丁寧に描かれていて、これから先にも期待が持てそうな気がします。
 後者については旧作との比較をしつつも、今後の展開を見守っていけるようがんばりたいです。

 やたらと前置きが長すぎてもいけないと思うので、ここからは各作品について思ったことを少し書いていこうかと。
 基本は5月に書いたものをベースにしているのであまり変わっていないかもしれませんが、その点はあらかじめご了承いただけると助かります。

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム