【アニメ完走】青春を駆け抜けたくて「キルラキル(全24話+α)」を見ました!

 昨年は各方面からご紹介されたこともあり「天元突破グレンラガン」を見てて非常に胸が高鳴るのを感じました。
 今回はそのグレンラガンを制作された方々が独立後作ったという「キルラキル」を見て感想を書こうと思います。

 ストーリーは言葉で説明するのが難しいですが、学校内・学校間での勢力争い、いわゆる「学園抗争」ものに位置づけられるのでしょうか。
 はじめは学校内での戦いが次第にスケールが大きくなっていくのは、グレンラガンと同様といえるのかもしれません。
 そんな世界観で戦う主人公が女性というところが、現代的といいましょうか、どこか新鮮な感じがします。

 主人公の流子さんは熱血漢といいましょうか、猪突猛進なキャラクターで、近年の作品では「シンフォギア」の響さんに近いかもしれません。
 そんな彼女のそばをちょこまかしているマコさんの挙動がおもしろく、全体として重苦しいお話の清涼剤になっているのかもしれません。
 彼女たちのライバルとして立ちはだかる皐月さんは、沈着冷静で流子さんとは対照的な人物で、その傍らにいる四天王と呼ばれる人たちも(叫び声に定評のある檜山さんを含め)個性的な面々がそろっています。

 詳細はネタバレになるのであまり詳しく語りませんが、このお話のテーマは人と服との関係らしいです。
 一般的には可愛らしい印象、萌え要素ともいえるセーラー服が男性のお声でしゃべったり変形したりというのはかなりの衝撃かと思います。
 マコさんのお父さんが堂々と「やぶ医者」の看板を掲げるなど、突っ込みどころ満載のお話も、疑問を挟む前に貫き通すスタイルは見事としか言いようがありません。

 それでは、全部のお話をまとめてから「完走した感想」を書こうと思います。
 なお、一部人名が常用漢字外なので、カタカナで記載してしまうかもしれませんが、その点はご容赦願います。

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム