【アニメ感想】神之塔 -Tower of God- 第7話「ご飯と鬼ごっこ」

 神之塔の7話を見て感想を書かせていただきます。
 前回はアナクさんの過去があまりにも重たかったのしか覚えてません。
 2人の戦いにどんな形で決着が訪れるのか、わたし、気になります!

【内容】
 塔の王ザハードの恩恵を受けた女性をザハードの「姫」と呼ばれるのだとか。
 姫達には血の繋がりはなく、力を広げないために子供を残すことは許されませんでした。
 今のアナクの母は子供を産み、そのアナクは復讐のためにエンドロシと戦います。

 エンドロシはアナクの母は契約違反を犯したと言い、自分が姫になるために努力したのだと訴えます。
 アナクはエンドロシを叩き落とそうとしたものの2人は一緒に落ちてしまいました。
 エンドロシはアナクの母には優しくしてもらった借りがあり、本当に後悔していなかったのかと問います。

 場面が変わって夜達の試験が続き、ラウレのおかげで少しばかり上達したようです。
 夜は汚染された枕の代わりを作ってやり、その借りを返すために色々教えてもらったみたいです。
 クンはエンドロシとアナクが戦ったことを告げ、塔を進むには誰かを蹴落とすしかないとひと言。

 シビスは友だちが見つからずに涙を流していて、夜はせっかくの友だちがいなくなるのは寂しいと主張します。
 夜はエンドロシに食事を持ってきて、おかげでシビス達の友だちリストが埋まって何よりでした。
 クンとハツは言い争いをはじめつつも最終的にハツが頭を下げてきたのはちょっと意外だったようです。

 エンドロシはアナクの性格に色々と苦言を呈しつつもラヘルと2人きりで話をします。
 「塔の頂上で手に入れたいものが彼より価値があるものと祈っているわ」と言いますが……
 夜が「神の水」を扱うのを見ていたホーは角を奪われそうになった過去を思い出して涙します。

 「塔を登りたいか」と書かれたメモが置かれていて、それを見たホーは顔色を変えてきます。
 テストが鬼ごっこだと聞いたレロ・ローは頭を抱え、すでに合格したラークを見るとなんだか腹立たしいです。
 鬼のうち1人は釣り師の代表であり、勝つか相手の鬼からバッジを奪うかでポイントが与えられるとのこと。

 クンは自分をチームのリーダーにしろと言い、鬼になった試験官のクォントが色々と説教をしてきます。
 もう一人の鬼であるアナクはクォントをつかまえようとしますが……
 ラークは食べるだけ食べていて、クォントはキレて見境がなくなるのがダメらしいのです。

【感想等】
 アナクさんの過去が判明してこれからザハードの姫が何人も出てきそうな気がします。
 ザハードさんは女性にしか力を与えなかったのかもちょっと気になります。
 アナクさんのお父さんが生きていればこれから出てくるのではと思いますが……

 キャラクターが多くて時々混乱しつつも、シビスさんもラウレさんもなかなか面白い人だと思います。
 夜さんの優しさは微笑ましいものの、いずれそれが命取りにならないか心配になってきます。
 ラヘルさんと夜さんとの再会は遠そうですが、できたら分割2クールででも最後までやってほしいです。

【アニメ感想】人生について考えるために「神様のメモ帳(全12話)」を見ました!

 先日「ニャル子さん」の2期を見ていて「邪神様のメモ帳」という用語が出てきたというお話をしたかもしれません。
 今回は、その「邪神様のメモ帳」の元ネタである「神様のメモ帳」というアニメを見て感想を書こうと思います。

 ストーリーは高校生の少年が小学生に使役されていろいろな事件を解決するお話なのでしょうか。
 世間では小学生を弟子に取る棋士や小学生にバンドを教える人もいますが、こちらではその逆というのが中々面白いのではないかと思います。
 そして、彼らの解決する事件については多岐にわたり、かなり現代の世相を反映したものになっているように思えます。 

 キャストについては、主人公の男子高校生を演じるのがラノベだと大体名前の出てくる松岡さんでした。
 余談ですが松岡さんと茅野さんの共演は中村悠一さんと早見さんと同じくらい多いような気がします(例:さえかの、ノゲノラ、さくら荘など)。
 「博多豚骨ラーメンズ」並に登場人物の多い作品で、ざっとウィキペディアさん等を見てみましたが、全体的にキャストはかなり有名な人が多いような印象でした。

 アリスさんや彩夏さんをはじめとする素敵なキャラクターをデザインされたのは岸田メルさんという方(男性)で、花咲くいろはのキャラクターデザインもこの方がされていたかと思います。
 アリスさんがぬいぐるみさんと一緒にいるところはすごく可愛らしいですが、個人的には明るくて気さくな彩夏さんとの絡みもいいなと思ったりします。
 題材が題材だけに人が残念なことになることもありますが、アリスさんと彩夏さんとの絡みでそのきつさがマイルドに抑えられているのかもしれません。

 それでは、全部のお話を振り返って「完走した感想」をまとめます。
 なお、1話だけ妙に分量が多いのは、初回は1時間スペシャルだったことを申し添えます。

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム