【アニメ感想】たくのみ。 第12話(終)「アサヒスーパードライ」

 たくのみの最終回を見て感想を書きます。
 最終回らしからぬタイトルですが、しっかり綺麗にまとまっていたのはよかったかと。
 だがしかしもろとも続編があればいいなと思う今日この頃です。

【内容】
 夜中に目を覚ましたみちるは物音に空き巣ではないかと考えます。
 実際は真がお菓子をやけ食いしており、話を聞くと就職活動で悩んでいるようです。
 食にストレスをぶつける真にOB訪問はどうかとすすめますが……

 いろいろあってマナーについて学ぶために飲み会の練習をすることにしました。
 社会人の基本は「アサヒスーパードライ」であり、日本で一番売れているビールなのだとか。
 すっかりテンションの上がったみちる、直に対して真は思いっきり緊張していました。

 直が部長で香枝が主任という役回りで登場し、真はお酒をつぐことになりました。
 いろいろと飲み会のマナーについて学ぶ真はその難しさに困惑を隠せません。
 真は自分と相性のいい仕事について聞きますが、直は「やってみなければわからない」と一蹴します。

 お刺身とお酒を合わせて飲む真ですが、元々お刺身に合うコンセプトで作られたとのこと。
 スーパードライという存在を前に、真はコンセプトを決めてぶれないことが成功の秘訣だと気づきます。
 真は自信を取り戻し、みんなと姉に改めてお礼を述べたかと思えば直はみちるにキスを迫ります。
 そして、OB訪問はうまくいった一方で、先輩のお話を覚えていない真なのでした。

【感想等】
 作中最年少のみちるさんですが、社会人としては真さんよりも先輩なのでした。
 クールビューティーな真さんがおどおどしているところがちょっとかわいらしいなと思ったりします。
 お姉さんの方は解説が冴え渡るほか、社会人としてのルールを教えるところもかっこいいです。

 真さんがお酒をつぐ姿に、小さな頃は親戚の集まりでお酒をついでいたことを思い出しました。
 そういう意味では社会でも適合できる人間ということなのかもしれません。
 実際にそうなのかはそれこそ「やってみなければわからない」ということでしょうか。

 最終的に真さんが自信を取り戻したのはよかったと思います。
 お酒についてはわからないことは多いですが、人間関係という意味でも色々考えさせられるお話だったかと。
 個人的には2期があればいいなと思いますし、あったら絶対に最後まで見ようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】たくのみ。 第11話「大七」

 たくのみの11話を見て感想を書きます。
 着物を着ての初詣は(特にアニメの世界では)お正月の風物詩という感じがします。
 華やかな着物は女性を美しく見せる一方で、実際は結構動きにくいのはここだけの話です。

【内容】
 着物に挑戦したみちるは同居人(直、香枝、真)を引き連れて初詣にやってきました。
 健康と仕事、プライベートなどなど……様々な願いを告げるみちるさん。
 今年に入ってからますますテンションの上がるみちるに、実家で別人と入れ変わったのではないかと推測されます。

 地元ですっかりもてはやされたみちるは東京人として自分を磨くことにしたとのこと。
 おみくじは末吉と微妙な結果に「初心忘れるべからず」と書かれていました。
 それから出店に目移りしているうちに人混みにまぎれ、東京の恐ろしさを知ります。

 みちるはほかの皆さんと合流し、帰宅してからは寄せ鍋と大七(お酒)でくつろぎます。
 直は熱燗のポイントについて説明し、着物で飲酒するみちるを写真に納めます。
 熱燗にすると味が際立つとのことで、そのまま大いに食が進みます。

 直は実家でゆっくりしたことを告げつつ、大七の製法についての説明をします。
 おなべにはお正月で余ったお餅がいれられてお雑煮とは違った味に仕上がります。
 なお、香枝は実家では家事手伝いをしていたとのことで、みちるはお手伝いしていなかったことを反省します。

 着物を脱いでくつろいだみちるは、部屋でも可愛くあるのが女の子とのこと。
 香枝はいつものままでいいのではないかと告げ、悪い結果も日頃の行いで大吉になるとのこと。
 一週間後、おみくじを引いた結果は中吉でしたが。

【考察等】
 着物を着てますますきれいになったみちるさんですが、中身はいつもどおりのようです。
 彼女の言う「東京人」という基準がよくわかりませんが、一生懸命にがんばるのはいいことではないかと。
 着物に挑戦というのは機会があればやってみてもいいのかもしれません。

 初詣はよくあるお話で、その後のお酒はこの作品ならではの展開かと思います。
 お酒の飲み方については全くわかってないのですが、直さんの説明はわかりやすかったです。
 香枝さんのお料理上手を見ていると、私も少しは練習しようと思えてきます。

 次回が最終回と思われますが、そのタイトルは「アサヒスーパードライ」とのこと。
 確か父が好きなお酒だったような気がします。
 たまには父母に高いお酒を飲ませてあげたいと思う今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】たくのみ。第10話「オリオンビール」

 たくのみの10話を見て感想を書きます。
 オリオンビールというのは沖縄のビールなのですが、高校の修学旅行先が沖縄だったりします。
 もちろん未成年なのでお酒を飲むわけがないのですが。

【内容】
 寒空の中、自動販売機の温かい飲み物を買おうとするみちるさん。
 しかし背後から直に抱きつかれて冷たい飲み物を買ってしまうのでした。

 みちる、直が帰宅すると、香枝が沖縄の観光ガイドを読んでいました。
 去年は香枝、直の2人が現実逃避モードになったこともあって沖縄を楽しんでいたようです。
 直は沖縄料理を作ろうという提案しますが、香枝は現地に近いうちにいくのだとか。

 翌日も、そのまた翌日も、仕事で疲れ切ってしまった直さん。
 そんな彼女を気遣うために香枝たちは玄関にはシーザーを置き、さらには沖縄料理を振る舞うことになりました。
 おいしい沖縄の食べ物をいただきつつ、去年テンションが上がりきった香枝のことを思い出します。

 オリオンビールをあけた直や香枝は、思い出のビールに至福の表情を浮かべます。
 みちるは今年ももう終わりになり、シェアハウスにやってきて半年がたったことを思い出します。
 すっかり飲むようになったみちるに思いっきりテンションの上がる直ですが、みちるは年末は帰省するようです。

 年内に飲むのは最後になるのだと、ゴーヤーチャンプルをいただくことになりました。
 オリオンビールは真が頑張って探してくれたとのことで、うれしさのあまり抱きつくお姉さんなのでした。
 来年の夏はみんなで沖縄に行くことを誓ってまだまだ飲み続ける一同なのでした。

【考察等】
 季節は冬になり、みちるさんが入居してからずいぶんと時間がたったような気がします。
 特にけんかすることもなく普通に仲良く、みんなで楽しめる関係は素敵かと。
 私もパソコンが壊れていたので現実逃避モードになりかかっていたのはここだけの話です。

 年末もお仕事が大変そうな直さんでしたが、元気になってよかったです。
 沖縄料理についても食べたことのないものがいろいろあってちょっとした飯テロでした。
 ゴーヤーチャンプルは昔作ったのですが、独特の苦みがいいなと思います。

 1年を終えた後は新年ということで、次回予告ではみちるさんが着物姿になっていました。
 タイトルの「大七」というのは日本酒のお名前というくらいしかわかりませんでした。
 実家に戻ったみちるさんが初詣をして、ご両親とお酒を飲むというお話なのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】たくのみ。 第9話「男梅サワー」

 たくのみの9話を見て感想を書きます。
 かわいらしいタイトルではなかったものの、キャラがかわいいので許されるのかもしれません。
 男梅というものはそもそも駄菓子が元とのことですが……

【内容】
 コンビニで雑誌を読んで触発されたみちるは女磨き(ダイエット)をすることを決意します。
 しかし、帰宅して直に早々に駄菓子(うまい棒)を突きつけられてしまうのでした。

 事情を聞くと、直は知り合いからうまい棒をもらったとのこと。
 みちるは小さいころ駄菓子屋さんである人物を探す女の子(ほたる)と出会ったことを思い出します。
 雑誌を読んで運動をしようとするみちるですが、頭の上にうまい棒を乗せられてついつい食べてしまいます。

 男梅という駄菓子を再現したという「男梅サワー」を取り出して一気に飲む直さん。
 みちるはぶっぶーですわと反論しますが、直は男梅サワーの最終形態を出してきます。
 そして「梅干しは健康にいいから太らない」と結局お酒を飲むことになりました。

 戻ってきた香枝はいったんはやめるはずがお菓子とお酒をいただくことに。
 すっぱいものをほしがるのは体が疲れているからなのだとか。
 温泉はいいのではないかというお話に直はテンションが上がります。

 カップルのお客が多いという心の傷を受けた香枝、直は男はいなくても男梅サワーがあればいいと言い出します。
 続いてチーズおかきやおにぎりせんべい、ビッグカツといった駄菓子が登場します。
 どんな駄菓子もおつまみにしてしまう男梅サワーの包容力に驚きを隠せません。

 タコカツを作り出した直は大人の食べかすを残します。
 みちるも同じように大人の食べかすを出そうとしますが……
 結局は女磨きは明日からがんばることにするのでした。

【考察等】
 いろいろな駄菓子が登場し「だがしかし」を連想したところまでは想定内でした。
 放送枠を分け合うとはいえ、ほたるさんご本人が登場したのはさすがに驚きました。
 幼いころの彼女が探していたのはやはり(ココノツくんのお父さんの)ヨウさんなのでしょうか。

 駄菓子の味を再現したという男梅サワーの包容力にはさすがの女性陣もたじたじでした。
 ビッグカツというと「だがしかし」の2期にお話で出てきていたような気がします。
 大人の食べかすについてはあまり自信がないので深くは触れないことにしようかと。

 次回は沖縄で圧倒的なシェアを持つという「オリオンビール」のお話のようです。
 やはりおつまみにはゴーヤーをはじめとした沖縄の食べ物が出てくるのでしょうか。
 場合によっては修学旅行先が沖縄だったというお話になるのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】たくのみ。第8話「角瓶」

 たくのみの8話を見て感想を書かせていただきます。
 お酒の味を知らない私ですが、それでも楽しそうな雰囲気は十分に伝わってきます。
 高級なウィスキーを父に飲ませてあげたいと思う今日この頃です。

【内容】
 プレゼンを成功させる夢を見ていたみちるさん。
 転職して3ヶ月を経た彼女は最大の試練を迎えようとしていました。
 ぐだぐだに終わったものの、受注を成功させたようでよかったです。

 直はみちるのお祝いという「口実」を作り、サントリーウィスキーの「角瓶」を取り出します。
 このウィスキーとソーダを混ぜると角ハイボールが完成します。
 香枝の方は鳥のから揚げを作って、みちる、直はこの組み合わせに幸せに打ち震えてしまうのでした。

 角瓶はソーダと混ぜるための存在であり、日本人のために作られたウィスキーとのこと。
 その翌日はやることが一気に増えて手が回らなくなってしまいます。
 少しだけ寝てしまうはずが会議に遅れてしまい、同僚の女性からはオーバーワークではないかと言われます。

 同僚の女性があっさりと残りの仕事を片付け、みちるは会社の飲み会へと向かいます。
 憧れの女性は入社5年目のベテランでしたが、新入社員のころは大きな失敗もしたようです。
 社長曰く新入社員は「カメ」であり、落ち着いて仕事をしていけばいいのではないかと結論付けます。

 ハイボールで気合を入れたみちるは、その翌日に「カメになります!」と宣言します。
 そして同じ「カメ」であるすっぽんエキスを試してみようとするみちるなのでした。

【考察等】
 プレゼンを成功させたのはよかったのですが、お話はそう単純には進まないのが難しいところかと。
 オーバーワーク気味のみちるさんを見ていると、社会人の大変さの一端を見ることが出来たかと。
 快く手伝ってくれる先輩に救われる形になっていてよかったかと。

 ハイボールの味についてはよくわからないものの、から揚げは普通においしそうでした。
 お酒に合わせた色々な食べ方を楽しむことも、社会をうまくいきぬくコツなのかもしれません。
 もちろん飲みすぎには注意が必要だとは思いますが……
 
 みちるさんのように少しずつ着実に進めていけるようにがんばりたいなと思いました。
 次回は「男梅サワー」で、今までの奇数回が水曜日のネコ、キティ、カルーアだっただけにかなり衝撃を覚えてしまいます。
 作品に出てくる女性たちはこの男梅というものとどのように向き合っていくのか、しっかり注目したいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム