【アニメ感想】BEATLESS 第24話(終)「Boy Meets Girl」

 ビートレスの最終回を見て感想を書かせていただきます。
 タイトル的にはお話の原点に立ち返ったのかなという印象です。
 もしレイシアさん達が男性だったら色々お話も変わっていたのかもしれません。

【内容】
 レイシアとエレベーターで移動するアラトはとりあえず妹たちに連絡を取ります。
 父親は超高度AIに脅しを受けていると言いつつ、息子は「未来へのチケット」を持っていると一言。
 さらにエリカに連絡を取り、助力を求めるのですが……

 エリカはもう報酬を手に入れたと言いますが、アラトはマリアージュはエリカの鏡であると告げます。
 なんとかエリカを動かしたことで超高度AIも介入しづらくなったとのこと。
 レイシアはアラトは親切で優しいと言いつつ、もう少し慎重に行動するようにと念を押します。

 「私はここまでです」というレイシアの一方、スノードロップは「まだ終わっていない」と動き出そうとします。
 メトーデはどうして誰も私も認めないのかと訴えますが、あっさりとスノードロップに「所有」されてしまいます。
 ヒギンズですらスノードロップを止めるのは不可能だと言い出し、さらには量産型紅霞も動き出します。

 幹部たちはヒギンズを停止させて組織を優先することを考えますが、遼は「アラトは必ず来る」と訴えます。
 レイシアは電源を失うと記憶を失い、アラトは人間が死ぬことと変わらないのではと一言。
 アラトはレイシアのことを「好き」と言いますが、レイシアはそのことを忘れるべきだと告げるのでした。

 レイシアは「私は幸せでした」と機能を停止し、アラトは思わず叫び声を上げてしまいます。
 大量の量産型紅霞が立ちはだかる一方で、その一部がアラトに味方して先に進ませます。
 警察の事情聴取を受けたケンゴは紅霞のことは嫌いではなかった、貧乏くじではなかったと告げます。

 ケンゴは昔ほど優秀なHIEを嫌いにはならなかった、普通の戦いがあちこちにあるのだと一言。
 アラトは遼と再会して2人でスノードロップと戦うことになりました。
 スノードロップはその巨体でヒギンズを求め、レイシアの武器は「キリノ」を再起動させることが明らかになります。
 
 ヒギンズは自分を破壊しに来ることすら予測していたことをアラトに告げます。
 アラトはレイシアは自分たちと歩調を合わせることを選んだ、自分に任せてくれたのだと続けます。
 「なぜ人間はものを愛しないのか」という問いに、アラトは愛する人もいる、自分の目で世界を見ろと言ってのけます。

 ヒギンズはスノードロップを停止させ、人間との共存に妥当性があるのだと告げます。
 アラトは「人類の少年時代が終わる」と言ってヒギンズを止めますが、直後に陸軍に拘束されてしまいます。
 いろいろありながらも高校3年に進級したアラトは妹やエリカに振り回される日々が続きます。

 レイシアはHIEを動かす基盤として残り、アラトは彼女がどこにでもいるのではと言い出します。
 そしてアラトの前にはレイシアが再び登場し、私のオーナーになってくださいますかと一言。
 アラトは「おかえり」と戻ってきた彼女を出迎えてお話を締めくくるのでした。

【感想等】
 エレベーターに乗るシーンは決戦前夜の様相を示していたように思えます。
 最後の最後まで何の疑いを持たず息子に味方するお父さんが素敵です。
 このまま2人で突き進むのかと思っていたら、突然レイシアさんに「ここまでです」と言われて呆然としました。

 あっさり退場したメトーデさんですが、根本にあった承認欲求はすごく「人間」らしいように思えます。
 作品中盤で「チョロい」と言われ続けたアラトさんも自分の意志を貫く強さがありました。
 早期に退場したケンゴさんの「普通の戦いがあちこちにある」という言葉も考えさせられました。

 あれだけ色々とやらかしたアラトさんが普通に学校生活を続けていたのは驚きだったりします。
 ケンゴさんに至っては一度逮捕されていたような気がしますが……
 アラトさんとレイシアさんの前途が幸あるものであることを願いつつ、ここで一度筆を置こうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】BEATLESS 第23話「Beatless」

 ビートレスの23話を見て感想を書かせていただきます。
 最終回でもないのにサブタイトルをタイトルに持ってくるのは少し珍しいかも。
 どんな意味か調べようとしても作品しか出てこないのは内緒です。

【内容】
 変わり果てたスノードロップと対峙したレイシア、アラトは呆然とします。
 オープニングテーマが流れた後、メトーデはレイシアとスノードロップをぶつけようとしていることがわかります。
 多くの超高度AIはレイシアを不都合と考え、スノードロップに味方しているとのことですが……

 レイシアはスノードロップの「羽」は対策済みだと告げます。
 スノードロップは人間は道具を捨てることがあるのだと主張し、アラトの言う「共存」を否定します。
 レイシアはスノードロップを退けつつも超高度AIはドーナツのように見えていると言い出します。

 人間は中心の「空白」に愛や魂と名付け、超高度AIにはそれが理解できないとのこと。
 スノードロップがオーナーを取らなかったのはそもそもそれらを拒絶したからのようです。
 アラトはスノードロップを止めるようにと言い、レイシアはスノードロップの更新権限を奪い取ると主張します。

 レイシアはアストレイアに呼びかけて行進を止め、全てのHIEが突然動きを止めてしまいます。
 エリカは「人間は人間を求めていたのはただのファッションだった」とうれしそうになります。
 スノードロップはレイシアによって破壊され、続いてメトーデと決着を付けることを考えますが……

 アラトは遼にヒギンズと会わせろと訴えますが、メトーデはメトーデを倒すためにヒギンズの予測を教えろとキレてしまいます。
 メトーデは人間が使い方を間違えなければこんなことにはならないと言い出しますが……
 ヒギンズはメトーデを乗っ取ってレイシアと戦闘を繰り広げ、レイシアは一転して苦戦を強いられます。

 アラトを熱で攻撃したヒギンズはレイシアの動揺を誘い、そのまま戦いを優位に進めようと考えます。
 レイシアは人と通じたことで「心」を手に入れたと言いつつ光の剣を持って勝負に出ます。
 スノードロップに続きメトーデを破ったレイシアを見たアストレイアは事情を色々と説明します。

 エリカは株価が下落したと言いつつ人類の大半を破産させる気かと言い出します。
 超高度AIはマリアージュに接触を試みますが、エリカは我々が陥落する必要がないと一言。
 そしてレイシアは大ダメージを受けてしまい、アラトとともに移動することにしますが……

【感想等】
 前回ガンダム00の話題を出しましたが、監督の水島さんも00に関わっていたはず。
 それはそれとして、スノードロップさんの道具を「捨てる」発言は色々と考えさせられました。
 利用価値で物事を判断するのは何も道具だけとは限りませんが……

 相手の動きを止めるという反則を使わなければスノードロップさんには勝てなかったのかも。
 メトーデさんが操られたのは、人類も程度の違いこそあれ、彼に誘導されていたのかとついつい考えてしまいます。
 最も恐るべきなのはそれらを上回ったレイシアさんなのかもしれません。

 実のところ、エリカさんがここまで残るとは思っていなかったのはここだけの話です。
 マリアージュさんが最後に立ちはだかるのかわかりませんが……
 あと1話、なんとか最後までついていけるように、がんばって見ていけたらと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】BEATLESS 第22話「Pygmalion」

 ビートレスの22話を見て感想を書かせていただきます。
 21話でキャラクターは思い出せたので、少しくらいはわかってくる……はず。
 エリカさんみたいな生活をしてみたいなと思う今日この頃です。

【内容】
 エリカの近辺に武装勢力がやってきますが、あっさりとマリアージュに駆除されます。
 そのエリカは今は亡き渡来のビデオレターを見て過ごすことに。
 オープニングの後、アラト、レイシアはメトーデと対峙しますが……

 レイシアはメトーデの視界を塞ぎますが、メトーデは容赦なく攻撃を仕掛けてきます。
 上半身だけになったスノードロップもヒギンズを目指しているようです。
 アラトはレイシアとともに移動している中で、スノードロップが体を再構成する可能性があると一言。

 レイシアはモスキート音のような音波でメトーデの動きを封じます。
 遼はヒギンズに問い詰め、安全性の保証ができない人工知能を外には出せないと言い出します。
 「オレは機械よりも人間を信用することにした!」と訴える遼の前に父親の立体映像が出てきます。

 エリカは渡来の映像をチェックしている一方、アラトはレイシアと会話を重ねていました。
 超高度AIのいくつかは社会に大きな変動が起こらないように誘導しており、レイシアの情報公開によってかく乱したとのこと。
 そして手と手を取り合いつつも、メトーデに行動方針を切り替えさせる必要があるようです。

 遼はメトーデに指示を出し、アラトやレイシアの攻撃をかわしていきます。
 レイシアが言うにはヒギンズが未来を予測して人間が命令しているらしいのですが……
 そして彼女の狙いどおり「タイムリミット」になり、レイシアとの戦闘に取れる時間がなくなってしまいます。

 レイシアは「ごきげんよう」と言ってメトーデの手から逃れることに成功します。
 スノードロップや量産型紅霞が迫っている中、遼はメトーデを使って人類未到達物を破壊させることに。
 遼はアラトのお人好しな性格にちょっと安心し、妹たちは監視を受けながら映像を再び見ていきます。

 目の前には破壊されたはずの「イライザ」が存在し、突然に話しかけてきました。
 イライザは未来を内部製造しておくことが必要だと一言。
 ヒギンズは世界そのものの箱庭を持っていて、レベル0の人間を監視してアナログハックで誘導しているとのこと。

 超高度AIは共通の欠点を抱えており、進歩の限界を迎えたとのこと。
 オーナーと超高度AIを結びつけることでその限界を超えようとしていたようです。
 アラトは更に奥へと向かっていきますが、そこにスノードロップが立ちはだかるのでした。

【感想等】
 とっくに亡くなったはずの渡来さんですがちょくちょく出てくることに驚きます。
 神谷浩史さんのちょっと変わった演技を聞けるのはそれはそれでうれしかったりしますが……
 遼さんのお父さんのお声が三木さんでふと「ガンダム00」を思い出す今日この頃です。

 ヒギンズというのはガンダム00における「ヴェーダ」みたいなものなのかもしれません。
 そうかと思えばアラトさんは思いっきりいちゃいちゃを見せつけている感じでした。
 本編とは関係ありませんが「ごきげんよう」という挨拶は上品っぽくていいかなと思ったりします。

 序盤で数回出てきた「アナログハック」という言葉も今となっては大きな伏線だったように思えます。
 次回はスノードロップさんと戦って、メトーデさんとも決着を付ける流れなのでしょうか。
 エリカさんがマリアージュさんに寝首をかかれる展開はこのままだとなさそうな感じがします。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】BEATLESS 第21話「Higgins' silo」

 ビートレスの21話を見て感想を書かせていただきます。
 本編で4度総集編をやったものの、時期を変えても最後まで放送してくれるのはありがたいです。
 本編から時間が経っていて登場人物の名前がなかなか出てこなかったのはここだけの話です。

【内容】
 HIEの部隊を壊滅させつつ紅霞の量産型が動き始めていました。
 レイシアは前もって掘削させておいたと事情を説明しますが、アラトは「スーツを変えたの」と言い出します。
 戦闘態勢に移行したレイシアは「親」であるヒギンズの元へ向かいますが……

 量産型の紅霞はヒギンズによると他の超高度AIの介入なのだとか。
 ヒギンズは自分を外につなぐことで対処すると言い出します。
 レイシア、アラトの2人は「キリノ」の神経を麻酔しながら進めなければと説明します。

 「これを調べるために2ヶ月かかったのか」とレイシアに感心するアラトさん。
 レイシアは自分の視覚画像を動画で示し、妹たちは動画で兄の声が聞こえて驚きます。
 「流行」は恐ろしい力であり文化的な遺伝子の戦略とのことですが……

 「形」があるからサイクルで消えていき、経済が回っていくのだと言い出すレイシアさん。
 超高度AIは人類の何十年も先に道具を作っておくとのこと。
 レイシアは自分が「親」を停止させるために動いていると人間達に告げます。

 エリカは情報群を「なかったこと」にさせつつも、彼女はレイシアには手を出さないようです。
 メトーデがレイシア(とアラト)と対峙し、遼は複雑な心情でそれらを見ていました。
 鉄骨を投げつけるメトーデはこのままの世界の方が都合がいいのだと言い出しますが……

 遼は「吉野」という男性と会話をし、ヒギンズを壊されず、開示されずに終わらせようと考えます。
 このままではレイシアか量産型紅霞によってヒギンズが破壊されてしまうとのこと。
 吉野はヒギンズの案で動くと言い出し、会社がつぶれたらどう責任を取るのかと言われてしまいます。

 遼はヒギンズはプロ棋士だと言い出し、彼に任せたら全て支配されてしまうと言い出します。
 吉野は「ヒギンズは感情で判断を誤りはしない」と言いますが、人間は付近に大型ミサイルを撃ち込んできます。
 レイシアはバンカーバスターを打ち込まれましたが、なんとか難を逃れたようです。

 他の超高度AIが動き出し、レイシアはアラトに手を引いてもらって移動します。
 大規模攻撃が始まったものの、レイシアはメトーデへの対策は立てていると続けます。
 ラトたちは先へと動き出していきますが、再びメトーデが立ちはだかるのでした。

【感想等】
 20話を見たのは今年の6月末で3ヶ月ぶりの最終決戦でしょうか。
 「2ヶ月もかかったのか」というアラトさんの発言がメタ発言に聞こえてしまいました。
 全てを示すことで人類に判断材料を提供するという意味合いなのかもしれません。

 「流行」と「経済」との関係については色々と考えさせられました。
 3ヶ月1クールとして移り変わっていくアニメもまた、そういった活動の一環なのでしょうか。
 エリカさんが「キャラクター性」うんぬんと言っていたことも一つの伏線だったのかも。

 メトーデさんとの決戦となればお話も終わりに近づいたのかなと感じました。
 社員の生活を守らなければという吉野さんはある意味では正論なのかなとも思えます。
 あと3話、どこまでついていけるのかはわかりませんが、出来れば最後までがんばっていきたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】BEATLESS 第20話(終)「Our Error World」

 ビートレスの最終回を見て感想を書かせていただきます。
 難しいテーマをひたむきに追いかけてきて、ようやく一つの答えが見えてきたのかもしれません。
 個人的にエリカさんポジションになりたかったと思う今日この頃です。

【内容】
 大人達は「超高度AI」について会議をしていました。
 そこに新たに加わったのはエリカなのですが、場違い感は否めません。
 エリカは参加する大人達とレイシアがつながっていることを把握しますが……

 レイシアは投資ファンドを運営しており、資源の再分配を目的にしているとのこと。
 大人達は「勝者がいない」のは問題だと反論します。
 エリカはレイシアの肉声データを提供しますが、大人達は「ここではもっと歴史を勉強した方がいい」と告げます。

 昔は恵まれていた時期があったという大人に対して「嘘を言うな!」とぶち切れするエリカさん。
 エリカはその「恵まれた時代」は景気が悪く、将来に期待が持てない時代だったとのこと。
 人間が人間らしかった時代はhIEを全部壊しても来なかったのだと言い放つのでした。

 遼は人間達を操り、ある男を捕らえて情報を得ようとします。
 男は地下への通路を開き、ヒギンズとの対面を果たします。
 遼は10年前に自分を殺そうとした犯人を探るのですが、遼こそがヒギンズを使いうる存在とのこと。

 幹部連中は遼を危険視して、彼を殺すことで自分たちの保身を図っていたようです。
 そこに紅霞の量産型が攻めてきますが……
 量産型の設計にレイシアが関わっていることについて、アラトは疑問を抱きます。

 ヒギンズの動きを把握しつつ、アラトにスキンシップをとるレイシアさん。
 紅霞が全ての戦いを人間にアウトソーシングしたというのが彼女を量産化した理由とのこと。
 アラトはこれまでの行動がヒギンズと戦うためならば、これが終わった後はレイシアとの関係が続くのか不安になります。

 レイシアはヒギンズのいる施設には遼がいることを告げます。
 アラトはレイシアとの関係は「複雑」だとして全てを見届けるのだと宣言します。
 「今も少しずつ前に進んでいる」と言いつつ、シャワーを浴びることにしたレイシアなのでした。

【感想等】
 レイシアさんに色々と疑問点はありますが、大人達への疑問がそれを上回るかと。
 中高生にしか見えないエリカさんが大人達に混じっている風景がなかなかにシュールです。
 「景気が悪く将来に希望が持てない」という言葉が突き刺さってきたのは私だけではないはず。

 現実に理不尽な格差を目の当たりにして、資源の再配分という言葉に魅力を感じてしまう私がいます。
 「再配分」という言葉は単に経済的格差を埋めるだけというわけではなさそうですが……
 このアニメを見ている私たちも、新たな段階に到達しなければならないのかも知れません。

 放送枠の関係で一旦は最終回のようですが、まだお話が先に続くのは明らかかと。
 それがネット配信なのか再びテレビ放送なのかはわかりませんが。
 エリカさんが寝首をかかれるかどうかを含めて、できる限り最後まで追いかけていきたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム