【アニメ感想】銀の墓守りⅡ 第6話(終)「暴乱の藍田玉/ビリオンプレイヤー」

 銀の墓守り2期の6話(最終回)を見て感想を書きます。
 2期になって30分枠になったのはよかったのですが、6話最終回になったのは想定外でした。
 いつの日から3期が放送されることを願うばかりです。

【内容】
 ステージゼロを攻略するために、障害となる敵を倒すことを決意した水銀さん。
 一方、ダークタイガーは水銀との決着を望む藍田玉を黙認することにしました。
 問題の藍田玉は周辺の人々を無差別に襲って水銀を挑発します。

 水銀は一旦は藍田玉をスルーしてステージゼロを目指そうとしますが、やはり彼を放置することは出来ませんでした。
 一直線に藍田玉を目指す水銀ですが、トーテムズのパープルこと北風が乱入します。
 かつて敵として立ちはだかった北風は今度はレアスキルによって水銀を回復してくれました。

 北風は藍田玉と戦闘をはじめ、一進一退の攻防を繰り広げます。
 藍田玉は北風を攻撃しますが、氷で攻撃が防がれ、さらには黄色の猿も別の男に動きを封じられてしまいました。
 そして、藍田玉はビリオンプレイヤーに一番近い財力を見せて水銀を挑発します。

 藍田玉は課金によって生成したガドリング砲(六道輪廻砲)で氷の壁を破壊します。 
 続いて植物の壁で時間稼ぎをしつつも、どうして藍田玉がビリオンプレイヤーにならないのかと考えます。
 臨界点に達した後にビリオンプレイヤーになるにはローンスター級の「称号」を得る必要があるとのこと。

 藍田玉はチャージを終えて再び弾丸を発射し、西風を吹き飛ばします。
 水銀の右目が紫色になり全てのステータスを見抜くことが出来るとのこと。
 西風は藍田玉にテムジンと挑戦させることを提案し、水銀は藍田玉を伴ってテムジンの元へと向かいます。

【考察等】
 最終回にもかかわらずキャラクターが次々と登場するお話でした。
 少し前にアスランさんの話題が出ただけに、藍田玉さんの(中の人が)キラさんと同じというのは驚きです。
 一方で水銀さんの右目が紫になったのを見て「コードギアス」を思い出すのは私だけではないかと。

 視聴前は水銀さんが藍田玉さんを倒して陸怜さんと再会するお話かと思っていました。
 決着も付かず、テムジンさんのところに向かうという中途半端なところで終わったのは少しショックです。
 Cパートも3期の告知もなかったのですが、どう見てもまだ終わっているという実感がありません。

 ダークタイガーさんにしてもコレクターさんにしても決着はまだまだ先になりそうな感じでした。
 ステージゼロに進むことになればダークタイガーさんとの戦闘も実現するのかもしれません。
 関係者の方に感謝しつつも、来年あたりにまた3期をやっていただけることを願って今回は筆をおこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】銀の墓守りⅡ 第5話「ゼロの扉/鏡超しの再会」

 銀の墓守りの2期5話を見て感想を書きます。
 アスランさんとの戦いを終えた水銀さんはついに陸怜さんとの再会を果たします。
 それにしてもコレクターさんは一体何を考えているのでしょうか。

【内容】
 アスランを退けた水銀は周囲の話題になってしまいました。
 実力あるプレイヤーがどうして参加していないのかという疑問が浮かびますが、彼らは殺し合いをしているとのこと。
 水銀はアスランを倒すことができたことを「幸運」だと考えます。

 悪名高い集団「シルバーバック」のプレイヤーが水銀にちょっかいをかけてきます。
 水銀は戦闘を始めますが、相手は大金をかけて武器を強化していました。
 「財力の柱」で500万以上の財力を示す皆さんですが、水銀の柱ははるかに上回っていました。

 西風は魔鏡で水銀たちをステージゼロへの入り口へ移動させます。
 この先は水銀1人しか行くことができないのだとか。
 首だけのアスランを伴って、水銀はステージゼロへと進むのでした。

 水銀が「核心」を食べると、祖父と2人で樹木のようなものを見ていて、中には陸怜が入っていました。
 木から落ちてきた陸怜に声をかける幼い日の水銀さん。
 しかし、祖父からは「孫ではない」と言われて記憶を封印され、その後でアスランが誕生します。

 アスランの力を受け取った水銀はさらなるパワーアップを果たした……のでしょうか。
 シルバーバックのボスが復讐のために攻撃を放ち、ギャラリーのスカウターみたいなものが壊れます。
 現れた水銀は新しい装備を身にまとって、直撃を受けても普通に生きていました。

 水銀は西風に依頼して陸怜と直接話すことになりました。
 数日後には元の状況に戻すと告げますが、途中で会話をさえぎられてしまいます。
 陸怜の傍らに現れた男は5日後に彼女を水銀に引き渡すと言いますが……

【考察等】
 シルバーバックの皆さんも我らが水銀さんには通用しませんでした。
 個性的な話し方でしたが、実力はそれほどの相手ではなかったようです。
 そのうち戦うことになりそうなお頭ですらもただのかませ犬になりそうな気がします。

 最後の最後でタイトルどおり陸怜さんと再会を果たしますが、途中でさえぎられてしまいました。
 一応5日後に陸怜さんを引き渡すというお話にはなっていますが、なにやら胸騒ぎがするのは私だけではないかと。
 コレクターさんやダークタイガーさんといった大物の動向も気になります。

 次回のタイトルの中に「ビリオンプレイヤー」というのがありました。
 水銀さん以外のビリオンプレイヤーが次々と登場する展開なのでしょうか。
 一説には6話終了というお話もありましたがどう見ても終わらないような気がします。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】銀の墓守りⅡ 第4話「アスランの試練/最後のカウントダウン」

 銀の墓守りの2期4話を見て感想を書きます。
 2期になってから妙に展開が早くなったのは気のせいでしょうか。
 アスランと聞いてガンダムSEEDを思い出したのは私だけではないかもしれません。

【内容】
 突然女の子に突撃された水銀さん。
 どうやら彼女がテムジンの言っていた「西風」のようですが……
 西風は妙な鏡を出して(2期が始まってからほとんど出番のなかった)陸怜の姿を見せます。

 陸怜の姿に涙を流す水銀ですが、鏡の奥には彼の声は聞こえていないのでしょうか。
 水銀は彼女を助けに行くと宣言しますが、途中で映像が消えてしまいます。
 西風は「実力を見せて」といきなり襲い掛かってきました。

 ボスキャラのアスランはプレイヤー達に攻撃を仕掛けてきました。
 血の池から巨大な虫の化け物(モスキートレギオン)が出現し、プレイヤーの血を吸っていきます。
 水銀のバスターアイテムを確認した西風は「ステージ0」に行くべきと進言します。

 アスランは水銀の姿を見つけて襲い掛かってきました。
 彼は「あるお方」の命で鍵を渡し、最後の試練を受けるようにと言ってきました。
 アスランは巨大な姿(ブラッディブッダ)に変身しておなかから何かを出してきます。

 ボスの記憶には祖父によって封印された水銀の記憶の一部も封印されているとのこと。
 水銀はヒロインを逃がして自分が1人で戦うことになりました。
 剣を持った水銀はスピードが3倍になるとのことですが……

 水銀はアスランに果敢に切りかかりますが、その一撃は通用しなかったようです。
 再生・巨大化を果たしたアスランは私達の血税(原文ママ)で出来ているようです。
 水銀の頭上にハスの模様が出現し、花が全て散ったときに血が爆裂して死に至るのだとか。

 アスランは最強の一撃「地獄赤竜(?)」を放ち勝負に出ます。
 水銀は果敢に攻め入り、冒険者たちもそれに続きます。
 上空から赤竜が降りてきて、冒険者は吹き飛び、水銀は大ダメージを受けてしまいます。

 アスランが勝利を確信したかと思ったら、むしろ彼の体が砕け散ります。
 刀が折れたときに出てきた酸素がアスランの血(に含まれている鉄)と反応して体がさびていくのだとか。
 冒険者たちは水銀を大いに評価しますが、その前にシルバーバックなる集団が現れます。

【考察等】
 最近は中国系アニメが日常生活にしっかり溶け込んだ私がいます。
 いろいろありながらも隣国とは仲良くしなければならないということなのかもしれません。
 余談ですが、1期と同じオープニングは意外と好きな曲だったりします。

 前回名前が出てきた西風さんといい、2期になってから女性キャラが増えたような気がします。
 このまま陸怜さんと再会しても色々と危険かもしれません。
 そして、ボスキャラのアスランさんはいろんな意味で強敵でした。

 水銀さんの戦闘は2期になってますますかっこよくなったような気がします。
 血税という表現は共産党政権への批判だったりするのでしょうか。
 速さが3倍とはまるで赤い彗星ではないかと思ったのは私だけではないかと。

 今回の戦いは水銀さんの作戦勝ちとしか言いようがありませんが、元素や細胞のお話はあまりわかってないのは内緒です。
 七つの大罪のキングさんの「神器解放」みたいにわかりやすかったらよかったのかもしれません。
 次回タイトルが「鏡越しの再会」なのでまちがいなく陸怜さんとは再会すると思いますが、果たしてどうなるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】銀の墓守りⅡ 第3話「はじめての仲間/攻略の開始」

 銀の墓守りの2期3話を見て感想を書きます。
 改めてオープニングを一から聞きなおすとなにやら心が染み入るものを感じます。
 ワンチョイさんは作中の癒しなのかもしれません。

【内容】
 突然、テムジンからの連絡を受けた水銀さん。
 ステージ18でステージ0の攻略のため「西風」というプレイヤーを探すようにと言われます。
 腑に落ちない水銀ですが、ワンチョイにじゃれてもらってちょっと安心したのかもしれません。

 目を覚ました水銀は、ファリンが男子生徒に囲まれているのを見かけます。
 男子生徒の敵になってしまった水銀は思わず窓を閉めてしまいます。
 重苦しい空気の中、ファリンは嫌なら帰ると言ってききません。

 リアルでは自分は空気な一方、ファリンは常に男子の注目を集めていました。
 ファリンは大量に注文を重ね、水銀は自分が払わされるのではないかと心配します。
 ゲームでは100億の大金を持つ彼ですが、リアルでは超絶貧乏なのでした。

 支払いを求められた水銀はたじたじになっていると、不良が水銀に絡んできました。
 ファリンは不良たちに対して水銀は1億以上のプレイヤーだと宣言します。
 ゲーム内コインが支払いに使えると聞いた水銀はあっさりと支払いを終えて不良は驚きに震えます。

 二股かとかいろいろ言われつつも、水銀は陸怜を救出するのだと宣言します。
 ファリンは「感謝など水臭い」と自分も陸怜を助けに行くと宣言します。
 2人がログインした先は、ちょうど「祭り」のあるステージでした。

 クリアされたステージはすっかり街になっていました。
 ステージ0を攻略するイベントは誰でも参加できるとのことで、さまざまなレベルのプレイヤーがいるようです。
 ファリンが言うにはトーテムズは危険とのことですが、水銀は情報を知る手段はないと反論します。

 ゲームの案内人に聞きだそうとする水銀ですが、変態だとののしられてしまいます。
 リアルでもゲームでも大食いするファリンに対し、貧乏が染み付いた水銀はインスタントラーメンをいただきます。
 5人しかないというビリオンプレイヤーのうわさを聞いた水銀ですが、彼らのいうプレイヤーは水銀ではなくて別のプレイヤーだったようです。

 空を飛ぶペンギンが大量の指輪を撒き散らしていきました。
 指輪はステージ0につながるステージ18へ移動する「転送リング」とのことですが……
 その様子を見たダークタイガーは彼らを「弾除け」としてして使うことを考えます。

 突然敵の襲撃を受けた水銀たちですが、ファリンによると本番はまだこれからなのだとか。
 ステージ0への転送口にいるのはプレシャスのリーダーであるダークタイガーとのこと。
 ダークタイガーの腹心と思しき男は強力な必殺技でザコモンスターを一網打尽にしてしまいます。

 赤い血の中から登場したボスキャラはかなりの強敵のようです。
 そしてテムジンの話にも出てきた「西風」という女の子は「最後の墓守りについて調べだします。
 水銀の前に現れた西風は一体何を考えているのでしょうか。

【考察等】
 1期から1年が経過したことを含めて、リアルでの水銀さんは久しぶりに見たような気がします。
 ファリンさんは可愛らしいですし、ネコ好きとしてはワンチョイさんに癒されました。
 そしてリアル貧乏だった水銀さんとゲームでの彼とのギャップもなんだかいいなと思います。

 ファリンさんを仲間に加えた水銀さんは本格的な攻略をするお話でした。
 テムジンさんやダークタイガーさんといった大物が続々出てきて、毎回がクライマックスのような気がします。
 そして最後に登場した(スースさんと同じお声の)西風さんの狙いが一体何なのか気になります。

 次回はステージボスのアスランさんとの戦闘が中心となるのでしょうか。
 アスランというとガンダムSEEDを思い出しますが多分関係ないと思います。
 そして強力なライバルが登場したことを知らない陸怜さんはどのような形で救出されるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】銀の墓守りⅡ 第2話「ティターンの暴走/困惑の水銀」

 銀の墓守り2期の2話を見て感想を書きます。
 新たな出会いは新たな友情の芽生えなのでしょうか。
 2期になってますますかっこよくなった水銀さんに先が気になります。

【内容】
 水銀がファリンをスカウトする一方、ティターンは水銀に勝負を仕掛けてきました。
 シャアの技を我が物にした水銀は木の葉で身を隠し、ティターンに一撃を与えます。
 ティターンの一撃を受けた水銀は変わり身であり、ティターンはますます憤りを見せます。

 水銀は戦いをやめようといいますが、ティターンは聞く耳を持ちません。
 自分は高貴な存在であり誰にも負けないのだと主張する彼は、格闘ゲームのチャンピオンであると同時に暴力沙汰を起こしてしまいます。
 この世は金で出来ないことはないというのが持論のティターンは、バスターアイテムの究極の形という車を出してきました。

 墓荒らし最強との呼び声高い「プレシャス」のメンバーはステージ0の攻略に乗り出します。
 彼らは全ての墓守りを除去したはずが、まだ1人の墓守が残っているようです。
 プレシャスを束ねる「ダークタイガー」は最後の墓守りを殺すようにと命令を出します。

 ティターンは1億の課金を重ねて水銀を車でひき殺そうとします。
 水銀はそれを上回る財力をもってティターンの一撃を受け止めますが、アイテムが突如爆発します。
 ファリンは水銀と2人きりで閉じ込められてしまい、君がほしいといわれてどきどきしてしまいます。

 突然現れた馬車に乗っている女性は、どうやら水銀のことを知っているようです。
 ファリンをもってしても全容を知ることの出来ないその相手は、ビリオンプレイヤーの一人であるコレクターとのこと。
 コレクターは銃弾でファリンを人形に変えた上で、水銀に変な生き物をぶつけます。

 水銀の口の中に入った怪しい生き物は「ソーセージドラゴン」というらしいです。
 コレクターは、トーテムズのリーダーであるテムジンの下に陸怜がいることを告げて去っていきました。
 元に戻ったファリンとともに、コレクターが銃撃した相手と臨戦態勢になります。

 ファリンの能力によって、水銀を監視していた「北風」はトーテムズの一人だと判明します。
 水銀は陸怜のことを聞きだすために敵を捕まえようとしますが、敵のほうがスピードが速かったようです。
 ピンチに陥った水銀を助けたのはファリンでしたが、このままでは逃げられないようです。

 ファリンをチームの一員とした水銀は、改めて彼女を守ることを宣言します。
 水銀とファリンの手の甲には32という数字が書かれており、攻撃を受けて少しずつ増えていきます。
 2人は強制終了させられてしまい、水銀にはテムジンからの連絡が入ります。

【考察等】
 ティターンさんを退けた水銀さんがとにかくかっこよかったです。
 そうかと思えば1期で少しだけ出てきたコレクターさんがいきなり登場したのはびっくりしました。
 序盤から飛ばしていくスタイルは1年待った甲斐があったとつくづく思います。

 ティターンさんの過去が明かされ、重要人物かと思いましたがあっさり退場してしまいました。
 ダークタイガーさん、コレクターさん、そしてテムジンさんと強豪たちの動きが気になります。
 幹部にあれだけ苦戦する状況では、彼らと戦うにはまだ早いのかもしれません。

 2話にして陸怜さんのお声を聞き、改めて彼女を助けるという目的を再確認できました。
 今後はテムジンさんらと戦って陸怜さんを奪還する流れになりそうな予感がします。
 そして、次回タイトルの「初めての仲間」というのは一体誰のことなのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム