【アニメ感想】ダメプリ ANIME CARAVAN 第12話(終)「決着! × ダメ王子」

 ダメプリの最終回を見て感想を書きます。
 最後らしくシリアスな展開になり、ナレクさんに至っては別人のようになっていました。
 ダメダメだった彼らが頼もしく成長し、国民達も頼もしく思えるかもしれません。

【内容】
 ミリドニアの軍がイナコに迫り、アニはナレクとともに軍を止めるために馬を走らせます。
 一方、リュゼはベッドで横になるクロムの元にやってきて「罪を償ってもらう」と告げます。
 そしてアニ、ナレクの前にはグリマルが登場し、ますます危機感を強めます。

 目の前に崖がありましたが、グリマルが最大出力で事なきを得ます。
 ナレクを慕う兵士が同行し、一方でしぼんでいたグリマルはテオのアニへの愛によって復活します。
 ヴィーノは道を変えた方がいいと告げ、行く手を塞ぐ敵に剣を向けます。

 巨大化したグリマルがテオを連れてきて、敵と戦闘を開始することになりました。
 その間にアニやナレク、ヴィーノはさらに先に進むことにしました。
 そして、ついにアニ達はミリドニアの王様と対峙し、兵を進めることを止めようとします。

 アニは国を守るために絶対にどかないと覚悟を示します。
 続いてナレクは自分がダメ王子だと気づいたこと、そして真にかっこよくなるために父親にすら剣を向けます。
 何度倒されても立ち上がるナレクですが、ついには王様に倒されます。

 王様はアニを斬ろうとし、ナレクはそれをかばいます。
 リオットはナレクの覚悟を知って「悪くない」と告げ、そのまま仲間に加わります。
 さらにリュゼやメア率いる軍が駆けつけ、王様は兵を引くこととなりました。

 戦争の危機が回避され、ナレクはもさもさがなくなったもののかっこいい王子になっていました。
 イナコには平和が戻り、隣国との和平条約も締結されることになりました。
 そして、再び表敬訪問が始まると王子たちがアニを取り合いすることとなるのでした。

【感想等】
 10話あたりからのシリアス展開は、王子たちを成長させたのは間違いないと思います。
 仲間が次々と敵と戦闘するというある種の「王道」展開もよかったのではないかと。
 王様に面と向かって自分の考えを言うアニさんは普通にかっこいいなと思いました。

 ナルシストなナレクさんは性格はそのまま普通にかっこよくなっていました。
 最後の最後でアニさんを名前で呼んだのもよかったです。
 自分の力を認識して仲間の手を借りるのをちゅうちょしないアニさんもまた「強い」と思います。

 いろいろありましたが戦闘が回避され、平和が戻ってよかったです。
 結局特定のカップルが成立することはありませんでしたが、いつもの賑やかさがかえって安心しました。
 展開的に続編があるのかはわかりませんが、もしあったら見てみようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ダメプリ ANIME CARAVAN 第11話「暗躍 × セレンファーレン」

 ダメプリの11話を見て感想を書きます。
 前回から急に物騒な用語が飛び交い、すっかり作風が変わったような気がします。
 最終的には大団円になってほしいなと思いますが……

【内容】
 ミリドニアは和平条約を破棄して周辺の各国に攻め入っているようです。
 宰相のクロムから爆破事件がミリドニアのせいであると報告を受けたリュゼは、自分がミリドニアと話し合いをすべきと考えます。
 しかし、自国の民のことを最優先にするようにと言われて踏みとどまります。

 クロムは謎の結社の男と会話し、怪しいアイテムを渡されます。
 ナレクはアニからキノコスープを出されますが、王子がこんなモノを食えるかと逆ギレします。
 テオがおいしそうに食べるのでとりあえず食べたようではありますが。

 「なぜ急にこんなことに」と焦りを見せるナレク様。
 メアはリュゼに事情を聞きますが、リュゼの目が死んでおり、宰相に操られているようです。
 爆破事件はミリドニアの仕業という情報はセレンファーレン国民の間でも噂になってしまいます。

 アニはナレクやテオと別れてリュゼと話をしに行きました。
 メアは兄の様子がおかしく、妙なお香を嗅いだときの状況に似ているのだとか。
 必要な薬草はアニのキャラバンにあるそうですが、リュゼはこのままでは会議に出てしまうとのこと。

 「メエサメ草」が必要とキャラバンに戻ったアニに、とりあえずテオは現物を用意することに。
 クロムのお香によっておかしくなったリュゼさん。
 アニとともにやってきた城の人たちもリュゼがおかしいことに気づいていたようで、メアもまた兄を助けようとします。

 クロムは怪しい連中とリュゼを結びつけようとします。
 アニがリュゼにお茶を飲ませようとしますが、クロムがそれを阻むのでした。
 そして黒幕とおぼしき教団の総帥が登場します。

 アニやメアが取り押さえられ、クロムはリュゼに宣誓をさせようとします。
 メアは兄に訴えかけ、リュゼは正気を取り戻して宰相に事情を聞き出そうとします。
 敵の正体は放浪の民と呼ばれる人々であり、クロムが彼らを招き入れたのだとか。

 総帥はリュゼに、クロムが国中を浸食してきたのだと告げます。
 そうかと思えばテオ、ナレクが薬草(青汁みたいな色)をまき散らして国民を元に戻します。
 クロムは「ここまでのようですね」と作戦の失敗を告げ、崩れていく神殿の中、クロムがリュゼを守って負傷してしまいます。

【考察等】
 9話くらいまでのそれぞれの王子が好き勝手していたころが懐かしいです。
 ナレクさんの「俺様はかっこいい!」というあのテンションがないのは少しさみしいです。
 一方で、メアさんがいつになく自分の意思で色々調べているのはいいなと思います。

 リュゼさんが操られ、黒幕の総帥も登場してお話も終盤にさしかかったのではないかと。
 メアさんの叫びがリュゼさんを元に戻したのはよかったと思います。
 そしてけっこう怪しいと思っていたクロムさんもどうやら敵ではないようでちょっと安心しました。

 中二病満載の総帥はとりあえず失脚したということでいいのでしょうか。
 あとはミリドニア国王をナレクさんが説得して、和平条約を再び結んで終わりになるのではないかと。
 最後の最後にはナレクさんのあのテンションをもう一度みたいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ダメプリ ANIME CARAVAN 第10話「動乱 × ミリドニア」

 ダメプリの10話を見て感想を書きます。
 いままでのほのぼのとしたムードから一変してきな臭い状況になりました。
 こんな時でも自分らしくあるナレクさんはある意味大物だと思います。

【内容】
 意気揚々とミリドニアに戻ったナレクですが、アニがさらわれたと聞いて気が気でありません。
 ヴィーノによると彼女はミリドニアにいるのではないかとのことで、ナレクは騎士団に捜索を命じます。
 しかし、騎士団の面々は戦のために待機を命じられており、王子の命令でも聞いてくれません。
 
 貴族たちは戦争の準備を進め、ヴィーノは叔父に何か知らないのかと聞きます。
 「間もなくこの国は変わる」とのことで、反国王派は今の国王から王位を奪うのだとか。
 ヴィーノは「この国にはナレクがいる」と反論しますが……

 ナレクの父である国王はイナコとの和平条約を破り捨て、戦争を仕掛けると宣言します。
 国王自らが出撃し、反国王派の貴族たちも動こうとしていました。
 ナレクはヴィーノに声をかけると、そこに「まんまる不細工」ことグリマルが登場して助力を請います。

 ヴィーノはアニは前皇太子の家にいることを告げ、ナレクは彼女の元を目指しますが……
 貴族たちはナレクを「ダメ王子」とののしり、彼を始末しようとします。
 ナレクは自分を支持する騎士に守ってもらう形で難を逃れることに成功します。

 どうやら誘拐犯はアニをリュゼの代わりにしようとしているようです。
 アニは倒れているふりをして守衛をやっつけ、そのまま脱出を図ります。
 ナレクがいれば……と思っているところでそのご本人が登場して扉をバーンして助けてくれました。

 ヴィーノの叔父であるブランモゼルが登場し、議会によってナレクは廃太子になったと告げます。
 しかしヴィーノ本人にはその意思はなく、女の子を誘拐するような人に国を任せられないと反論します。
 ブランモゼルはナレクを暗殺しようとしますが、ヴィーノは「自分の運命に立ち向かう」と彼をかばいます。

 ヴィーノは自分がかつてナレクに救出されたことを思い出していました。
 彼は国王の進軍先がイナコであることを告げ、ナレク、アニを先に行かせて倒れてしまいます。
 そしてテオが登場してアニに抱きつき、ナレクも心配なので連れて行くことにしました。

 グリマルは高速でイナコに向かい、国民たちに戦争の危機を伝えることに。
 続いてリオットが登場し、ナレクは自分を父のところに連れて行くようにと命じますが、城に戻るようにといわれます。
 「私が仕えているのは国王」と吐き捨て、この先は貴方一人で何とかしろといって去っていきました。

 そして、黒幕と思しき男が安住の地をセレンファーレンに作ろうとしていました。

【考察等】
 前回ラストでアニさんがさらわれてからお話は急にシリアスになりました。
 いつもどおりのナレクさんではありますが、アニさんを心配しているのが伝わってきます。
 タイトル的には「ダメプリ」なナレクさんですが、今回はいつにも増してかっこよかったです。

 ミリドノアの内情は一気にきな臭いものとなり、まさかのクーデターには驚きました。
 さらにアニさんをリュゼさんの代わりにしようとするなど、複数の国にまたがる動乱の予感がします。
 助けに来るのを待つ「お姫様」にとどまらず果敢に脱出しようとするアニさんのたくましさが素敵です。

 負傷したヴィーノさんも心配ですし、イナコの現状も、さらにはリュゼさんたちの動向も気になります。
 最後は黒幕と思しき(森久保さんのお声の)男性まで出てきて緊張感が増してきました。
 次回もシリアス展開のままだと思いますが、最後はハッピーエンドになってほしいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ダメプリ ANIME CARAVAN 第9話「ラストダンス × 争奪戦」

 ダメプリの9話を見て感想を書きます。
 いよいよアニさんを巡って男性陣が争いを始めるのでしょうか。
 「私のために戦わないで!」という言葉を一生で一度でも言ってみたいと思う今日この頃です。

【内容】
 最後の表敬訪問の地を訪れたアニと王子たち。
 明日はイナコのお祭り「ランタン祭り」とのことです。

 アニの両親(王、王妃)によるとお祭りのラストダンスを踊ると結ばれるとのこと。
 男性陣は「結婚」という言葉を意識してそれぞれに考えをめぐらせます。
 ナレクにいたってはアニは自分とダンスしたいのではないかと思い込んでしまいます。

 木の上から飛び降りるナレクはそのままアニに迫りますが体にイモムシがついていて逃げてしまいます。
 国民に慕われるアニの姿を見たリュゼですが、相手をうかがうことが出来ませんでした。
 ダンスパーティーのお酒を迷っているというところにヴィーノが登場し「ボクと練習してみる?」と迫りますが、アニは牛(アントニオ)の方に目移りしてしまいます。

 「他の奴ら全員消えろ!」とまがまがしいオーラを出したメアはアニと2人きりになり「もっと俺に構え」と一言。
 いわゆる壁ドンをすると扉が開店してテオが登場します。
 なんでも風通しを浴することで肥やしの品質がよくなるのだとか。

 体勢を崩したアニを助けるテオはダンスの相手を申し込もうとしますが、恥ずかしくて天気の話をしてしまいます。
 リュゼはアニのダンスの相手を聞きますが、アニは壁ドンのあと蚊がいたことを指摘します。
 男性陣はこぞって自分がダンスの相手になるのだと宣言し、それぞれ行動を開始しますが……

 積極的にアニに迫る男性陣ですが、色々ハプニングもあってなかなかうまくはいかないようです。
 そして馬車が横転してランタンが壊れてしまったようです。
 ナレクはたいまつを使うことを考え、リュゼは母国から職人を呼び寄せることを考え、グリマルは魔法でナレクを輝かせます。

 ろうそくで代用するという結論に至り、一同はいろいろなところからろうそくを集めてきます。
 みんな幸せな表情をして何よりでした。
 そして、5人の男性に迫られたアニなのですが、グリマルの花火によって吹き飛ばされます。

 男性陣は目を覚ましましたが、すでにダンスの時間は終わってしまったとのこと。
 リオットが登場してナレクに母国に戻ってほしいと告げ、ヴィーノも戻ることになりました。
 リュゼやメアもまた母国に戻っていくことになりました。

 怪しい男たちが王子を狙うのですが、騎士が守っていて手が出せませんでした。
 彼らはターゲットを変えてアニを拉致していってしまいます。
 王子たちは連行途中のアニの姿を目撃し……

【考察等】
 男性陣のヒロイン争奪戦が起こり、お話も終盤に差し掛かってきたのだと感じます。
 アニさんを見れば国民に慕われるところを見るとやっぱりお姫様なんだなと思ったりします。
 ナレクさんは相変わらずですが、メアさんの壁ドンや「俺に構え」という積極的なところは驚きました。

 主要の女性キャラが彼女しか出てきていないこともあり、皆さんに愛されるアニさんが素敵です。
 お祭りの幻想的な風景は雰囲気がとてもよく、ふと「花咲くいろは」の「ぼんぼり祭り」を思い出しました。
 グリマルさんの爆弾もとい花火で吹き飛ばされるというオチはさすがに想定してませんでしたが。

 お姫様がさらわれるというのはある意味では王道展開ではないかと思います。
 助けに行くと思しき王子達はかなり変わった人たちではありますが……
 宰相のクロムさんがどんな立ち位置で出てくるのかもちょっと気になる今日このごろです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ダメプリ ANIME CARAVAN 第8話「恐怖 × 大人が消えた村」

 ダメプリの8話を見て感想を書きます。
 いつになく怖そうな出だしで始まりますが、ナレク様にそんなものは通用しませんでした。
 彼のように生きていけたらある意味幸せなのかもしれません。

【内容】
 アニたちはテオや王子達を引き連れて神秘の村ユートピアーノへと向かいます。
 相変わらず自分に正直なナレクは早々に叫び、周囲にドン引きされてしまいます。
 村の人は熱烈に歓迎してくれるかと思いきや、反応は特になかったようです。

 リュゼは相変わらず宰相に依存し、ナレクはなにやら妙な視線を感じます。
 どうやら先ほどまで人がいたようですが……
 気がつけばメアは小さくなってしまい、グリマルの力でも元に戻りません。

 どう見ても男の子にしか見えない子は村長さんとのこと。
 男性たちは謎の呪いによって子供になってしまったのですが、原因はいまだ不明なのでした。
 何故か子供になるのは男性「だけ」ということで、王子達に危険が迫ります。

 「俺様が何とかしてやろう!」と謎の自信を示すナレク様。
 次の日、アニやテオは農業を手伝い、ヴィーノも手伝いをすることに。
 呪いも何も怖くないというナレクはかっこいいから大丈夫だと言いますが……

 謎のアレが出てきますがグリマルは元々子供だから問題はなかったようです。
 そうかと思いきやヴィーノは小さな子供になってしまいます。
 彼がお花ちゃん(女性)から聞いた情報によると村はずれに洞窟があるとのこと。

 小さくなったメアやヴィーノはアニにじゃれてきてまるで幼稚園みたいです。
 滞在3日目になり、ナレクは例の洞窟に向かうことになり、アニも同行することになりました。
 彼らが戻ってくると、今度はテオが小さな男の子になっていました。
 
 1人で物思いにふけるリュゼは第一王子としての役目について考えていました。
 自分が大切にされてきたという彼ですが、本当にそれでいいのかと悩んでいるようです。
 そんなリュゼに、アニはもっと自由に構えればいいのではないかと提案します。

 リュゼは書庫に行って、過去に同様の事件があったのではないかと考えます。
 本が勝手に開き、昔同様のことがあり、悪霊を封印したようですが……
 リュゼは民を放置できないとナレクに同行し、洞窟の奥に行くと変な男がいて、たちまちナレクを子供にしてしまいます。

 美少年大好きな男はナレクに続き、さらにリュゼまでも子供にしてしまいます。
 そんな変態さんも「民」であると考えたリュゼは祈りをささげます。
 男は「我が人生に一片の悔いなし!」と成仏していきました。

 村の男達は元の姿に戻り、ナレクを慕っていた少年ははげ頭のおっさんでした。
 一方、なにやら怪しい新キャラが出立の準備をしているようですが……

【考察等】
 いつもの楽しそうな感じとは若干雰囲気の違うお話でした。
 緊急事態でも「俺様はかっこいい」と謎の自信をのぞかせるナレクさんは相変わらずでしたが。
 こんなときに女性を口説き落とそうとするヴィーノさんもある意味大物なのかもしれません。

 小さくなった王子たちもすごく可愛らしいなと思います。
 アニさんがなんだか幼稚園の先生みたいに見えてきて面白いです。
 リュゼさんもちょっと前向きになれたようでちょっと安心しました。

 女性向けと思しき作品で「北斗の拳」のネタが出てくるとは思わなかったです。
 一方で、ここに来て新キャラが登場する流れなのですが、いったいどんなことなのでしょうか。
 もしかしたらこの作品で本格的な戦争の危機になるのかもしれませんが、ナレクさんがいたら大丈夫なように思えるのは私だけでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム