【アニメ感想】刻刻 第12話(終)「第拾弐刻」

 刻刻の最終回を見て感想を書きます。
 最後は子育てすることになるのは驚きました。
 実は最近まで翼さんが戻っていたことは知らなかった私がいます。

【内容】
 赤ちゃんになった佐川を子育てすることになった樹里さん。
 なんでも佐川の記憶は再構成されて、今の赤ちゃんは全くの別人のようです。
 樹里は間島をビンタしつつ、お兄さんもろとも(おそらくほかのメンバーを含めて)元の世界に戻します。

 樹里は祖父と一緒に子育てをすることになりました。
 祖父に頭を下げて後を託す樹里ですが、おじいちゃんは「後ろからズドンはやめてくれ」と一言。
 樹里は寝静まった祖父をもとに戻し、一人で育児をすることとなりました。

 樹里は真の母親(実姉)はすごかったと改めて実感します。
 そして、赤ちゃんのほうをもとの世界に戻し、1人になった樹里はそのまま眠ってしまいます。
 そのまま1人での生活が続き、時としてお酒を飲んで暴れたりします。

 遠出をすると書置きしてどこかへと向かった樹里さん。
 「暗いことは考えない」と叫びつつも、どうしても意識してしまうようです。
 そして、正気でいたことで意味があるのかと考えてしまいます。

 樹里は空を浮かび上がり、異形の姿へと変身してしまいます。
 気が付けば別の女性が登場し、どうやら樹里は助かったようです。
 女性の旦那は宗教の創始者で明治時代に亡くなってしまったようです。

 女性はあっさりと樹里をもとの世界に戻してしまいました。
 そして家族を前に「おかえり」と告げてお話は終わりを迎えるのでした。

【感想等】
 たまたまほかに見る作品がなかったという経緯で見たアニメだったりします。
 能力を使っていろいろな事件を解決すると思っていましたが、そのごだごだが最後まで続くとは思いませんでした。
 主人公の覚醒、お父さんの意外な思い切りの良さなど、いろいろ見るべきところは多かったです。

 最後の最後で主人公が育児をすることになるのは驚きました。
 プリキュアやプリパラなど女児向けアニメだと割とよくあることなのかもしれませんが……
 いろいろと手馴れている樹里さんですが、真さんのことで慣れているのかもしれません。

 一人で生活することになった樹里さんですが、いろいろと楽しもうとしているがすごいです。
 そう思っていないとやっていけないというのも事実なのかもしれませんが。
 唐突に新キャラが登場し、いろいろと説明がされたのは驚き、若干ついていけないところもありましたが。

 いろいろなぞは残りましたが、とりあえず全員が戻れたのはよかったです。
 ストーリー的に続編はたぶんないのだろうなという感じがします。
 あったらあったらでおそらく見るとは思いますが……
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】刻刻 第11話「第拾壱刻」

 刻刻の11話を見て感想を書きます。
 佐河さんの過去が明らかになりますが、同情の余地があるという訳でもないと思います。


【内容】
 佐河は自分の過去を語り続けることになりました。
 父親が亡くなってしまい、佐河は教団と縁を切ろうとしますが、そこで例の石と出会います。
 彼は止界の研究に教団を利用することを考え、現代に至ります。

 樹里は佐河を一撃しますが、彼からタマワニを追い出すことはできませんでした。
 彼女は家族を守るために彼を倒してしまうことを考えていました。
 おじいさんが彼を殺そうとし、躊躇しているところでお父さんが登場してとどめを刺してしまいます。

 おじいさんと樹里は容赦なく人を殺しに行くお父さんに驚きを隠せません。
 そうかと思えば佐河は砂煙になり、妙な物体へと変身してしまいます。
 とどめを刺そうとするお父さんですが、逆に指を切り落とされてしまいます。

 佐河の動きがないうちにおのおのの準備をすることにしました。
 間島とおじいさんは佐河の様子をうかがい、樹里はとりあえず死体を埋めてしまうことにします。
 一方で、自分だけが戻れないということを実感してついつい涙が流れてしまいます。

 誠を眠らせて家族の団らんに一時の安らぎを覚える樹里たち。
 間島は佐川を取り巻く糸が広がっていることに気づきます。
 最後は残りメンバーを元の世界に戻しておじいさんと樹里の2人で佐河を見守ることを考えます。

 塩見は張り巡らされた糸が広がっていることを指摘します。
 このまま際限なく糸を広げられてしまえば鳥かごの中で殺されてしまいます。
 間島は佐河が糸を通じて栄養を得ているのではないかと推測します。

 糸をすべて切り裂けば戦いは終わるのではないかと考える一同。
 樹里はつぎつぎと糸を切っていき、そのまま彼のところまで向かいます。
 しかし、佐河の意思や過去が流れ込んでしまい、自分と同じなのではないかと考えてしまいます。

 樹里はけじめをつけるのだととどめを刺しますが、中からは赤ちゃんのようなものが出てきました。
 産声を上げるこの子は佐河本人ということなのでしょうか。

【考察等】
 佐河さんがラスボスだと思っていた中、あっさりととどめを刺されたのは驚きました。
 とはいえ、彼はまだ死んでいるわけではなくて最終形態に変形するということでしょうか。
 変身するラスボスなんてちょっとしたRPGのようにも思えてくるのが不思議です。

 簡単に言えば最終決戦直前、決戦前夜という感じのお話なのかもしれません。
 広がる糸にワンピースのドフラミンゴさんを思い出したのは私だけかもしれませんが。
 正直に言えばあちらほどのカリスマを感じない相手ではありますが。

 けじめをつけるなどという言葉にふと「鉄血のオルフェンズ」を思い出します。
 登場した赤ちゃんは佐河さんということで間違いないのでしょうか。
 そして最終回において、全員が元の世界に戻れるのかどうか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】刻刻 第10話「第拾刻」

 刻刻の10話を見て感想を書きます。
 残り数回で佐河さんと戦って彼を倒して終わりということでしょうか。
 そういえばお兄さんが最近出てこないことが気になりますが……

【内容】
 管理人を操るお父さんは、そのままそれを佐河にぶつけることに。
 「一家の主」としてとどや顔で言い放つお父さんですが、本当に大丈夫なのでしょうか。
 決戦に際して、樹里は真をいったん避難させることを考えます。

 真は俺が守ると宣言するお父さんに周囲は不安しかありません。
 時間を欠ければかけるほど佐河にエネルギー補給やコントロールの時間を与えることになりそうです。
 真が佐河の位置を特定し、お父さんは自分が主導権を得たと心の中でつぶやきます。

 おじいちゃんと樹里、さらには管理人とで佐河に攻撃を仕掛けます。
 波状攻撃で相手を追い込んでいき、樹里は渾身の一撃で勝負に出ます。
 佐河はとりあえずお父さんを先に倒そうとし、間島の動きを止めてしまいます。

 真は完全に管理人をコントロールしてお父さんはそのまま佐河を倒させようとします。
 しかし、膨張した佐河はそれを振りほどいてしまいました。
 しぼりかすのようにひょろひょろになった佐河はふらふらになりながらも管理人を倒してそれを食らいます。

 佐河は逃走しますが、樹里を前にして精神攻撃を仕掛けてきます。
 「俺がお前を帰してやる」と力の使い方をレクチャーすると言い出しますが……
 自分を「ただの人間」だと語る佐河は、自分の家が宗教家だったことを告げます。

 信者の子供とは気があったようですが、お守りを洗ってしまったのは教義に反するようです。
 とりあえず代わりの袋を確保することにしましたが……
 そこで彼が見たものは想像を絶する光景だったのです。

【考察等】
 お父さんのどや顔にどう見ても不安を感じるのは私だけではないはず。
 倒すべき敵は1人だけなのですが、その相手との戦いでお話は終わりそうな気がします。
 一方でお兄さんがずっと出てこないのが気になりますが……

 佐河さんを追い込んだところはよかったのですが、やはりラスボスは簡単には倒せないようです。
 とはいえひょろひょろになった彼も別の意味で怖いです。
 余談ですが、止界では時間がすごくゆっくり進んでいるのではないかという推測を人から聞きました。

 後半からの流れからは、佐河さんを倒さない展開もありそうな気がしてきました。
 彼の過去の中で、現在に至る流れが明かされるのではないかと思います。
 残り数回でお兄さんが見つかってそのまま戻るという流れになりそうです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】刻刻 第9話「第玖刻」

 刻刻の9話を見て感想を書きます。
 突然のおじいさんの苦しみようは、佐河さんの動向と関係があるのでしょうか。
 実は佐河さんを最近まで佐「川」さんだと思っていたのは内緒です。

【内容】
 間島は佐河がおじいさんを止界から追い出しにかかるのではないかと推測します。
 佐河はそもそも一家を全員失踪扱いにして始末することを考えていたようです。
 一同は捜査を進めつつ、佐河の動向をうかがうこととなりました。

 おじいさんは突然苦しみだし、そのタマワニの向こうには佐河がいるとのこと。
 樹里は瞬間移動を促し、その向こうにある石を何とかしようとしますが、血が完全にしみこんでいるようです。
 彼女はおじいさんを救うために石を破壊し、そのまま佐河から逃げようとしますが……

 塩見は樹里たちに寝返ると言い出し、彼女達と一緒に間島たちと合流します。
 石が壊れたことで外に出る手段は樹里の能力しかなくなりますが、本人に脱出の手段はないようです。
 一方、真を連れたお父さんは一体何を考えているのでしょうか。

 塩見は石が壊されたことで帰ることを優先して寝返ることを判断したとのこと。
 佐河は人の気配を察知できるそうですが、それが誰なのかまではわからないようです。
 彼は常に栄養補給に気を配らなければならないという事情もあるようです。

 塩見によると、佐河は歴史や宇宙の行く末を見届ける存在になりたいとのこと。
 1人だけの死者になりたいという彼の壮大な目的に、樹里は困惑を覚えます。
 通常の人間が決して触れることのない世界に触れることで、真理を見届けたいらしいのですが……

 色々話し合いが続きますが、結局は佐河との戦いは避けることが出来ないようです。
 お父さんは能力を使って社会に一矢を報いることを考えていましたが……
 管理人はお父さんに襲い掛かり、彼は真を逃がすために戦いますが、やっぱり逃げてしまいます。

 真の声に反応した管理人はお父さんを離してしまいます。
 どうやら彼にも特殊能力が備わっているようですが……
 そして、お父さんが管理人に命令することが出来ることから、これを佐河にぶつけることを考えます。

【考察等】
 お話は終盤に入り、佐河さんがラスボスというのは確定だと思われます。
 おじいさんが苦しみだしたものの、何とか助かったようでよかったです。
 塩見さんは寝返るとのことですが、本当にこのまま仲間になるのかが怪しいですが。

 佐河さんの壮大な計画が(あまりわかっていないながらも)明らかになってきました。
 なんだか哲学的にすら思えるその目的はまるでFFのラスボスみたいな感じなのかもしれません。
 彼は頭のいい人間なのかもしれませんが、手段を選ばないところが恐ろしいです。

 残り3回前後で佐河さんとのバトルをして全員脱出の流れになるのでしょうか。
 ここで真さんにも特殊能力が現れたのは大きな意味があるのかもしれません。
 ギャグキャラと化したお父さんの動向も含めて今後の展開が気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】刻刻 第8話「第捌刻」

 刻刻の8話を見て感想を書きます。
 とりあえず佐川さんがラスボスということでまちがいないと思います。
 彼が巨大化して立ちはだかると思っているのは私だけでしょうか。

【内容】
 信徒達を前に、佐川はタマワニの完全支配を見せ付けます。
 攻撃を受けてなお通用しない彼は解説をしつつ信徒を次々と倒していきます。
 一方で、彼の「実験」はまだまだ終わってはいないとのことです。

 樹里たちは移動し、とりあえず裏側に回ることになりました。
 佐川はお兄さん(翼)に無理やり刃物を持たせて男に殺意を向けさせます。
 そこに登場した樹里は兄を助けますが、おじいさんがそのまま彼女を助け出して逃げ出します。

 お父さんは色々と画策している一方、樹里の前に立った間島は塩見を引き込むことを考えます。
 塩見は純粋に報酬のみで動いているから懐柔は簡単とのことですが……
 佐川は栄養補給と称して料理を食べていくと、少しずつ体が大きくなっていきます。

 間島は塩見と接触し、お父さんはおもちゃを与えようとしますが真に指摘されてお金を置いていきます。
 外で様子を伺う樹里に続き、おじいさんはテレビの受け売りで孫子の兵法について力説します。
 そうかと思えば間島は佐川に追いつけられており、樹里たちは助けに向かいます。

 おじいさんは塩見の不意打ちを受け(血液を採取され)ますが、何とか助かったようです。
 佐川はおじいさん達の逃走を見守り、また何かをしようとしているようです。
 採取された石が石に付着したとき、おじいさんが急に苦しみだして……

【考察等】
 ラスボスの佐川さんがよくわからない変身を見せて、お話はいよいよ終盤でしょうか。
 敵が次々と減ったのは有利なのかもしれませんが、一番危険なのが残ったという感じがします。
 知略をめぐらせる割にはムキムキな体の彼ですが、やっぱりトレーニングなんかもしているのかもしれません。

 それぞれのキャラクターがそれぞれの思惑で動いているのが実に人間らしいなと思います。
 真さんが止まった時間の中でおもちゃにお金を払わなくてはならないというところにちょっと安心するのは私だけでしょうか。
 敵の戦闘員たちが好き勝手に商品を物色していたのを見れば、大人になるのは悲しいことなのかもしれません。

 残りのお話も3話以上ありそうですし、佐川さんはまだまだ何かを隠しているように思えます。
 血を石にくっつけたらおじいさんが苦しんでいる意味がよくわからないのは私だけではないはず。
 知識がない私としては、次回以降にしっかり説明されたらいいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム