【アニメ感想】博多豚骨ラーメンズ 第12話(終)「サヨナラホームラン」

 博多豚骨ラーメンズの最終回を見て感想を書きます。
 フェイランさんとの決着がつき、ある程度はまとまるのある終わり方ではなかったかと。
 野球ネタもラーメンネタも一応は取り入れられているのもよかったと思います。

【内容】
 フェイランは林さんをスカウトしますが、林さんはこの街を離れたくないと反論します。
 「ぶっ壊してやる」と語るフェイランとついに最後の戦いが始まります。
 林さんはとりあえずアパートの窓から逃走しますが、足を怪我してしまったようです。

 追い込まれた林さんは電話をしますが、馬場さんはそばにたむろしていました。
 なんでも榎田が教えてくれた(後は発信器で居場所を示した)とのことですが……

 馬場さんは登場したかと思ったらいきなり銃撃を受けてしまいます。
 そのまま林さんもろともどこかに拉致されてしまいます。
 一方、榎田はジローたちとラーメン屋に集まりますが、ラーメン屋の主人は伝説の殺し屋なのだとか。

 林さんと馬場さんは治療を受けた状態で牢屋に閉じ込められていました。
 とりあえず林さんはフェイランについて馬場さんに語ります。
 馬場さんは裏切られた悲しみを知る一方で、信じたいと思った人は信じるという人なのでした。

 野球も嫌いではないと語る林さんはいい意味で変わったようです。
 林さんによると現在自分達がいるのは反逆者への「処刑場」なのだとか。
 フェイランは林さんとの会話を聞いており、林さんと馬場さんを殺し合わせようとします。

 バットを手に取る馬場さんに相手を殺す気はないと気づいた林さん。
 チームメイトを一人ずつ殺していくと言いだすフェイランですが、馬場さんは「エンドラン」のサインを出します。
 そのまま反撃を試みる2人ですが……

 30分前に遡り、ジローはミサキとともに(トイレに行くという名目で)アジトへの潜入を果たします。
 続いて榎田たちも行動を開始し、馬場さんに連絡をすることになりました。
 2人の会話を聞いた榎田は場所を特定してさらに牢を爆発させますが、フェイランは難を逃れていました。

 ラーメン屋さんは銃を乱射し、刀を受け取った馬場さんも行動を開始します。
 林さんはフェイランとの決着をつけるために移動します。
 さらに「サブマリン忍者」こと猿渡が登場しましたが、馬場さんの怪我を見て帰っていきました。

 鎮静剤が切れて体力を消耗した林さんに、昔懐かしい口笛が聞こえてきました。
 フェイランはまたも林さんをスカウトしますが、林さんは野球や豚骨ラーメンの方が好きなようです。
 2人は殺し合いをはじめ、林さんは再びフェイランに致命的な一撃を与えます。
 
 「今度こそちゃんと殺す」と刃を突きたてる林さん。
 馬場さんをはじめとする仲間と再会し、最後は野球の試合をすることになりました。
 因縁の猿渡に対し、馬場さんはホームランを放ってお話を締めくくるのでした。

【感想等】
 色々とありましたが、決着もついて(なんとか完走することができて)よかったです。
 フェイランさん一連の行動については、林さんを求めていたのは間違いないかと。
 それでも当時の裏切り行動の真意はよくわからないのですが……

 お人好しな馬場さんの、それでも人を信じようとする態度はすごくいいなと思います。
 ネタ要素かと思っていた野球要素がしっかり中に入っていたのはよかったかと。
 ラーメンについては、一応途中でラーメン屋さんが出てきたのでいいということなのでしょうか。

 独特の設定に加えて、色々なキャラクターを破綻することなく動かしているのが本当にすごいです。
 なにげにリアルの福岡をかなり再現していた(と福岡に住んでいる人が言っていました)という事実も評価したいなと思います。
 2期があるのかはわかりませんが、もしあったのならたぶん見るのではないかと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】博多豚骨ラーメンズ 第11話「乱闘」

 博多豚骨ラーメンズの11話を見て感想を書きます。
 猿渡さんとフェイランさんとの戦闘は予想どおり決着はつきませんでした。
 1クールだとすれば彼と林さんとの決着で終わりということかもしれません。

【内容】
 猿渡はフェイランの姿を見かけて彼を倒そうと襲いかかります。
 あと一歩のところにまで追い込んだものの、とっさの物言いによって戦闘はお流れになりました。
 実は泳げない猿渡はすんでのところを馬場さんに助けられます。

 林さんは榎田にかつて殺し合いをしたフェイランが生きていたことを説明します。
 そのフェイランは拘束した2人の男に互いに殺し合いをするようにと命じます。
 猿渡は相方の新田に一撃を加えつつ、依頼主にはすでに全滅していたことを告げます。

 残された指輪を見たマフィアの男は恐怖を感じてこれ以上手を出すなと言い出します。
 指輪はフェイランがかつて潰した組織のもののようです。
 2つのマフィアは一時休戦状態となり、フェイランは10万人の個人情報を知りたいと言い出します。

 林さんは「世話になった」と書き置きして馬場さんの前から姿を消していました。
 休戦協定に際して、マフィアは互いに雇った殺し屋を引き渡すことを提案していました。
 そのフェイランは容赦なく殺しを繰り返しているようですが……

 知り合いに次々と会ってスキンケアローションや割引券をもらった林さん。
 続いてジローはおいしいお菓子のようなものまでくれました。
 さらにミサキには「家出とかガキっぽい」とまで言われてしまいます。

 「林憲明」という(同姓同名の)男性が2人殺されているという事実にフェイランの犯行を確信する林さん。
 フェイランは林さんに復習のメッセージを送ったとのことで、林さんは自分が彼に会いに行くことを考えます。
 一方で、そのフェイランは向こう側のマフィアの元にやってきましたが、とりあえず殺人ウイルスを打ち込みます。

 ふてくされた猿渡はお酒を飲んで眠ってしまい、新田はそのまま彼を売り渡そうとしていました。
 なお、2人の「林憲明」は通販でサプリメントを購入したことから、その顧客情報が流出していたようです。
 林さんは同姓同名のターゲットが残り1人だと判明したので現地へ向かうことになりました。

 新田は猿渡を売り渡しますが、すんでのところで彼を救い出します。
 彼が言うには「道具を大事にする主義」で、もともとお金を持ち逃げする算段だったようです。
 一方、最後の「林憲明」の元に向かった林さんはついにフェイランとの再会を果たすのでした。

 自分が生きていた経緯を話しつつ、再びコンビを組むことを提案するフェイランさん。
 しかし、林さんは博多を離れたくないという理由でその提案を断るのでした。
 「だったらぶっ壊してやる」と宣言するフェイランはどんな行動に出るのでしょうか。

【感想等】
 次々と血が流れ、ますます物騒なお話になったような気がします。
 マフィアの抗争が終わったのはいいことかもしれませんが、お話はまだ終わらない予感がします。
 フェイランさんが倒れない限りはお話は終わらないのかもしれません。

 1人で殺人やウイルス投与など、お話を作り出す行動力はつくづく驚きしかありません。
 あっさりと相方を裏切る新田さんにはさすがに引いてしまいますが、コンビ解消にならなくてよかったかと。
 新田さんが殴られるのは仕方ないと思いますが、猿渡さんのちゃっかりしたところも面白いです。

 ついにフェイランさんとの再会を果たした林さんですが、仲間への未練は捨て切れていないようで安心しました。
 あと1話でフェイランさんと決着をつけてお話は一段落つくという感じでしょうか。
 さすがにあれだけ殺しまくってきた彼がこのまま野球チームに入ることはないと思いますが。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】博多豚骨ラーメンズ 第10話「ショートストップ」

 博多豚骨(以下略)の10話を見て感想を書きます。
 前回は林さんの過去が明かされ、今回は馬場さんの過去が明らかになるのでしょうか。
 誰にでも触れたくないものというのはあるのかもしれません。

【内容】
 馬場さんはバッティングセンターで汗を流していましたが、そこにノーコンピッチャーこと猿渡が登場します。
 2人が言い争いをしている一方で、林さんは昔のことを思い出していました。
 そして馬場さんの事務所に現れた女性(サユリ)は彼の恋人だったようです。

 女性によると昔の馬場さんはかなりやんちゃな人物だったとのこと。
 そこに本人が帰ってきたのですが、中国マフィアの名簿をもらってそれを壊滅させる流れに。
 一方、猿渡の相方の新田は香港マフィアの男と密会し、専属契約の申し出を受けます。
 
 香港マフィアは中国マフィアを倒すため、猿渡の力を借りることを考えていました。
 新田は友情はあっても殺し屋はあくまで道具だと告げます。
 馬場さんはいまだに中国マフィアに狙われているという事情もあって幹部を皆殺しにすることを考えていました。

 馬場さんと林さんはマフィア幹部と面会し、刀を握っていきなり殺しに動きます。
 一方で、猿渡もまた幹部を抹殺していました。
 互いに対象のうち1人を(ほかの相手が殺したことで)殺しそびれてしまいました。

 現場の手裏剣から犯人は「サブマリン忍者」こと猿渡であると推察されます。
 中国マフィアの方は報復のためフェイランと面会を果たしますが、彼は林さんを探しているようです。
 彼の出した写真は男性の格好をしているためかなかなかわからないかもしれません。

 榎田は幹部の雲隠れについて調べており、一方で、フェイランは情報屋とつながる男を刺し貫きます。
 林さんは昔の(フェイランの)夢を見てうなされていたようです。
 馬場さんはほかの幹部が行方不明になったことを受けて、その移動を促した男を探しに行くことになりました。

 林さんはフェイランの経験から馬場さんとの関係を終わらせることを考えます。
 フェイランは林さんの今の(女装した)写真を見て、中国マフィアの味方につくことを告げます。
 榎田は大和に発信器をつけ、怪しい男から紙袋を奪い取りますが、中身はプラスチック爆弾とのこと。

 林さんはトランクを持って移動しているところを榎田に「反抗期?」と揶揄されます。
 猿渡はバッティングセンターで投球しており、新田に博多埠頭に向かうようにと命じます。
 その埠頭ではフェイランは幹部連中を抹殺し、さらなる戦いを求めているようです。

 林さんは馬場さんについて、何を考えているのかわからないのだと一言。
 「ぬるま湯につかっていた」と称する林さんに、榎田はそれでいいのではないかと告げます。
 そして、監視カメラに写されていたのは因縁の相手であるフェイランだったのです。

【考察等】
 林さんや馬場さんの過去のお話かと思いきや、かなり物騒なお話になりました。
 次々と相手を殺す様は「殺し屋」にふさわしい内容ではありますが……
 日常パートで野球をやっているところとのギャップがすさまじいです。

 フェイランさんが生きていたのは予想通りですが、助走している林さんを見つけるのは難しいかもしれません。
 そもそも彼がああいう格好をしているのは、やはり妹さんのことがあるのでしょうか。
 FF7のクラウドさんのように女装趣味があるというだけかもしれませんが。

 林さんの前の相方と今の相方との間に板挟みになる展開でしょうか。
 フェイランさんが生きていたことについては今後明らかになるのではないかと思います。
 そして猿渡さんはフェイランさんに返り討ちにされる展開なのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】博多豚骨ラーメンズ 第9話「エンドラン」

 博多豚骨ラーメンズの9話を見て感想を書きます。
 何気に馬場さんとのコンビも板についてきたような気がします。
 完全に定着した林さんですが、彼にはかなり重たい過去がありました。

【内容】
 結婚を装って人をだます悪い男を捕まえた林さんたち。
 馬場さんはまるでお母さんのように林さんに「朝帰りか」と突っ込みます。
 野球のニュースを見た後は、馬場さんはバットを持って出かけていきました。

 沢渡は手裏剣を投げて立ち上がりの悪さを見せます。
 どうやら中国マフィアとの因縁から最近はあまり依頼がなくなってきたようです。
 相方の新田は新しい仕事を持ってきたようですが……

 気がつけば野球をすることになり、サインについて説明を受ける林さん。
 空振りをしてもサインどおり走ってほしいと念を押されます。
 エンドランのサインが出れば味方を信じて走るべきとのことですが、林さんは過去のトラウマを思い出します。

 ミサキに妹を重ねた林さんは、故郷・中国での出来事を思い出します。
 母親は貧しいのですが息子・娘を売ろうとしないので、林さんは自分からトラックに乗り込みました。
 どうやら彼らは少年兵として人殺しの訓練をさせられるようです。

 幼い林さんは「他人は信用するな」と忠告を受け、刑務所のようなところに叩き込まれます。
 フェイランという男と同室になり、これからは2人一組で助け合うのだとか。
 別の相棒がいたものの自殺したと、いきなり重たい言葉が飛んできます。

 フェイランは林さんをかばい、彼を背負って走り出します。
 林さんは母親のために自分から施設に入ったということを話します。
 フェイランのほうは親に売られたとのことで、どんな手を使っても生き残るのだと告げます。

 林さんとフェイランの訓練は続き、気がつけば4年の歳月が流れます。
 フェイランは「ここを出たら一緒に仕事(≒人殺し)しよう」と告げ、林さんは「家族に紹介したい」と一言。
 しかし、最終試験は2人で殺し合いをして勝ったほうが卒業とのことです。

 フェイランは反発しつつ、林さんは武器を取って戦うようにと促します。
 林さんを突き刺すと、フェイランは前にいた同僚を自分で殺したと言い出します。
 相手を殺せば試験は免除されると考えていたようですが、林さんはフェイランを返り討ちにして涙を流します。

 人間の心を捨てて「兵器」になった林さん。
 時系列は現代に戻り、気がつけば今は野球をしていたというのですから不思議です。
 果たして彼の心の傷がいえる日はくるのでしょうか。

【考察等】
 タイトルを回収するという意味でか、今回は野球のお話の側面が(比較的)大きかったです。
 野球回のあるアニメは名作という言葉を思い出したのは私だけではないはず。
 毎回ながらこれだけ多くのキャラクターを動かすのがすごいなと思います。

 今は亡き妹さんが出てきて、林さんの過去が語られるお話となりました。
 殺し屋として訓練をさせられるという流れに「鉄血のオルフェンズ」の少年兵がふと重なります。
 そういえば(猿渡さんの相方である)新田さんのキャストがガエリオさんですし。

 殺し屋の訓練をする施設では中国のアニメ「イーブルオアライブ」をふと思い出します。
 最終試験での殺し合いは最近だとブラクロで見たような気がします。
 やはりアニメも現実も、信じられるのは一人だけということなのでしょうか。

 回想で強烈なトラウマを見せたフェイランさんですが、実は生きていて……という展開があるかもしれません。
 そんなことを考えていたらCパートで思いっきり生きていました。
 とりあえず来週もしっかりと見届けていければと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】博多豚骨ラーメンズ 第8話「トリックプレイ」

 博多豚骨ラーメンズの8話を見て感想を書きます。
 榎田さんをめぐる戦いはいわゆる「情報戦」と呼ばれるものでしょうか。
 パソコンに詳しくない私にはほとんどわかっていないのは内緒です。

【内容】
 位置情報を知られてしまった榎田は逃走を図りますが、敵には全て筒抜けでした。
 そうかと思えばトイレにはパソコンだけが残されており、ウイルスでサイトを攻撃しているようです。
 榎田は携帯から次の段階へ進み、哀れな斉藤さんは1000万円の賞金首にされてしまいます。

 馬場さんや林さんには榎田から祝勝会の連絡が入ります。
 大和、盗塁という言葉から何かの暗号と推察されますが……
 また購入履歴からは飛行機や新幹線のチケットを買ったことが判明します。

 特徴的な頭が監視カメラに写されますが、大和が榎田になりすましていました。
 榎田本人はファミレスにいて、ずっと時間をつぶしているようです。
 馬場さんと連絡を取るところ、船で脱出するという話はあっさりと敵に見抜かれていました。

 敵の一味である平沢が榎田を拉致し、榎田はボクシングのリングでボコボコにされていました。
 ブラックレックは始末したと考えた主犯ですが、榎田と公安に取り囲まれます。
 榎田と思しき男は林さんに入れ替わっており、平沢は返り討ちにされたようです。

 榎田は入れ替わりの経緯を説明し、全ては台本どおりだったとのこと。
 斉藤さんはおとりのまま殺し屋連中に追いかけられていましたが、執事の男性に助けられます。
 平沢を捉えた榎田たちは、その雇い主を追い込み、人の人生をもてあそぶシヴァの前にはにわか侍が登場します。

 執事の人は博多を去ることになり、息子を死んだと偽装するまでが父親の命令であったと告げます。
 榎田の本名は「千尋」であり、お父さんの方には誕生日おめでとうございますとメールを送ります。
 同時に「馬鹿はそっちだ」と添えられており、仲間達と焼肉を食べる榎田なのでした。

【考察等】
 直接戦闘がメインだったこれまでとは違った感じのお話といえるかと。
 暗号や遠隔操作など、これまで以上に考えさせるもので、私にはちょっと難しかったです。
 何も知らないままおとりにされた斉藤さんがある意味一番の被害者かもしれません。

 キノコヘアーの榎田さんの「胞子」が敵をひきつけるに至ったのかと。
 彼のお父さんも息子への愛情があったようでよかったです。
 余談ですが、花江さんの悪役というのはけっこう珍しいかもしれません。

 タイトルの通り「トリックプレイ」が冴え渡るお話だったと思います。
 ラーメンや野球の話題は一切出ませんでしたが、最後の焼肉におなかがすいてきたのは私だけではないはず。
 次回、彼らをどんな運命が待ち受けているのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム