【アニメ感想】からかい上手の高木さん 第12話(終)「手紙」「入学式」「席替え」

 からかい上手の高木さんの最終回を見て感想を書きます。
 最後まで2人の楽しいやりとりに、思わず顔をほころばせる私がいます。
 現実に高木さんのまねをしたら思いっきりひっぱたかれそうな気がしますが……

【内容】
 女子の間では手紙がブームとなり、西方くんは「ラブレター」を意識します。
 「よほど暇なんだな」といったクラスメイトは思いっきり女子に蹴られていたりします。
 そして、高木さんも手紙を書いていたのですが、西方くんは教科書に手紙が挟まっていて困惑します。

 手紙の差出人は誰なのかと疑問を抱く西方くんは、高木さんのいたずらではないかと推測します。
 とはいえ、そのことが見つかっては再びからかわれてしまうかもしれません。
 「今日はいい天気だね」とごまかそうとしますが……

 「手紙を出したのは私だから」と暴露する高木さん。
 続いて「それまでに返事が欲しい」と言われた西方くんはラブレターを意識してしまいます。
 実際に読んだら「今日一緒に帰ろう」とそれだけが書かれて、結局先生に怒られるのでした。

 時系列は入学当時に戻り、遅れてやってきた西方くんは初めての教室に入ってきました。
 入学式の準備が遅れているとのことで、席を決めることになりましたが、西方くんは一番後ろの席になってしまいます。
 西方くんは「高木さん」のせいだとつぶやきますが……

 入学式のお話はなぜか選挙のお話になっていましたが、つつがなく終わったようです。
 高木さんは西方くんの遅刻の原因を当てると言いだし、落とし物を届けてくれたのかと一言。
 スカートのポケットから取り出したハンカチから、隣の女子が高木さんだと気づいた西方くんなのでした。

 時間が経過し、今日も腕立て伏せなどのトレーニングをする西方くん。
 西方くんは高木さんのハンカチを預かったままだったことに気づきます。
 そして、次の日、高木さんが言うには席替えとのことですが……

 もう少し西方くんの隣でいたかったという高木さんに顔を赤らめるいつもの西方くん。
 席替えの結果、高木さんと西方くんは離ればなれになってしまいました。
 隣の女子は中井くんと離れたことで思いっきりテンションが落ちてしまったようです。

 わめき散らす木村くんを見て、西方くんはどうしても高木さんを意識してしまいます。
 高木さんの隣の席に動こうとしましたが、他の人が真ん前になったとのこと。
 さらに中井くんたちが動いたことで結局は高木さんと隣の席になってしまうのでした。

 西方くんは高木さんにハンカチを返し、改めて席が隣になったことを喜びます。
 「これからもよろしくね」との言葉に思わず顔を赤くする西方くんなのでした。
 そして、高木さんは家でハンカチに挟まった「ありがとう」の手紙を受け取るのでした。

【感想等】
 最後まで顔を赤くする西方くんを愛おしく思えてきたのは私だけではないかと。
 お手紙を書くことも風情があっていいのかもしれません。
 私がラブレターを書いたことはないですし、書いても破り捨てられそうな気がしますが。

 2つ目のお話は若干過去に戻り、高木さんと西方くんとの出会いのお話かと。
 初日から楽しいやりとりを見せてもらって、なんだか心がほっこりしたような気がします。
 もしかしたらハンカチを届けてもらったことから、高木さんは西方くんを意識し始めたのかもしれません。

 最後のお話は、席替えである意味では「お別れ」のお話かと思っていました。
 いろいろありながらも最後は高木さんと隣になって、そしてハンカチの一件も解決できてよかったかと。
 手紙には手紙で返した西方くんも実に見事だったと思います。

 毎回の楽しいやりとりに加えてしっかりと伏線まで張ったお話は文句の付け所がありません。
 最後の「貴方と出会ったときの頃」という高木さんの歌もすごく雰囲気に合っていてよかったです。
 まだまだ原作は続きそうな予感がしますし、2期を期待しつつ、いったんは筆を置こうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】からかい上手の高木さん 第11話「ネコ」「好み」「似顔絵」「占い」「クリティカル」

 高木さんの11話を見て感想を書きます。
 西方くんの初々しい反応に愛おしさを覚えるこのお話も次回で最終回なのでしょうか。
 それでも彼らが見せてくれた様々な表情は、私の中に一生残ると思います。

【内容】
 テレビの情報を元にネコにゆっくりと近づこうとする西方くん。
 しかし、高木さんが現れて驚いてしまい、ネコは逃げてしまいました。
 もう少しで触れたのではないかと憤りつつ、触っているところが露見しなかったのは幸いでしょうか。

 「ネコ、好きなの?」とあっさりとネコをおびき寄せる高木さん。
 高木さんはネコマスターなのかと思っていたら、どうやら知り合いのネコのようです。
 うれしそうな表情をするネコに「すごい!」と絶賛する西方くんですが……

 西方くんは言い訳に終始し、なでたいとは思わないと主張します。
 結局は内心を高木さんに暴かれてしまうのでした。
 ネコをなでようとしたら、そのネコはどこかに行ってしまっていたのでした。

 女子3人に中心が移り、どんなタイプが好きなのかと問いかけます。
 友達と恋の話をしているかと思っていたら実際は犬の話でした。
 呆然としたのでとりあえずチワワが好きだと言ってしまうのでした。

 美術の時間には、西方くんは高木さんと互いの似顔絵を描くことになりました。 
 高木さんを意識してしまう西方くんですが、女子が「イメージ」で描いているという言葉を受けて何かを思いつきます。
 どう見ても別人にしか見えない絵を描いてきて、高木さんは「どうせ変に描くなら」と変顔で対抗します。
 そして、高木さんは西方くんを描き、顔を赤くしているところまで加えてしまいます。

 女子の間で占いが流行のようで、西方くんは高木さんにじゃんけんしないかと誘われます。
 西方くんは自分が掃除だから先に帰ってほしいといいますが、高木さんは負けたら手伝うと言い出します。
 初めて勝利した西方くんですが、高木さんのダメージはそれほどなかったようです。

 高木さんはタロットカードで恋占いをしてもらい、今の恋がうまくいくと出たようです。
 「好きな人いる?」と聞かれた西方くんは顔を赤くしてドキドキして自分が好きなのかと意識してしまいます。
 好きな人がいないと答えた西方くんですが、高木さんは西方くんのことを占ってもらっていたようです。

 今日こそは高木さんに勝てると確信して登校してきた西方くん。
 星占いで蟹座が一位、さらには血液型が0型だということはあっさりと見抜かれてしまいました。
 結局は一日で50回もからかわれてしまったようです。

 占いの結果は「クリティカル」であり、テンションが上がる西方くん。
 男子のクラスメイトが新しいゲームをやらないかとお誘いしてきましたが、今日は高木さんを優先するようです。
 「高木さんと一緒に帰りたかった」という言葉にクリティカルを受けた高木さんなのでした。

【考察等】
 西方くんの反応と高木さん、さらにはネコさんという癒やし要素満載のお話でした。
 高木さんになでられてうれしそうなネコさんにささくれだった心がほぐされるような気がします。
 もちろん西方くんは高木さんにからかわれるのですが、その表情はいつもながら面白いです。

 恋の話は犬の話になったかと思いきや、西方くんは高木さんと絵を描くことになりました。
 毎回ながら積極的に西方くんに迫る高木さんにちょっとドキドキしてしまいました。
 高木さんが顔を赤くするところまで絵に描いたのは相手を見透かしているようで面白いです。

 高木さんに勝利した西方くんですが、またも彼女の術中にはまったようです。
 さすがに1日50回からかわれたというのは驚いてしまいました。
 西方くんがかばんをばたばたさせるところがすごく愛おしかったりします。

 初々しさや懐かしさのような、純粋だった頃を思い出すような作品だと思います。
 月曜日のカラーズに続く火曜日の癒やしなのですが、これもあと1回で終わりなのでしょうか。
 若干のさみしさを感じつつも、最後までしっかりと2人の勇姿を胸に焼き付けたいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】からかい上手の高木さん 第10話「背比べ」「寒がり」「お誘い」「二択」

 高木さんの10話を見て感想を書きます。
 季節は冬服になっても、相変わらずからかわれる西片くんは通常通りかと。
 私も高木さんの半分くらい積極的だったら中学生活も違っていたかもしれません。

【内容】
 冒頭から高木さんと学校に行くことになった冬服姿の西片くん。
 二人乗りしていくのかと誘惑されたものの、怒られるからと反論します。
 それよりも電柱に体をぶつけてしまったことを見られていないのかと考えていました。

 以前はぶかぶかだった学生服がちょうどよくなったことから「成長期」を感じる西片くん。
 対して高木さんは大して変わっていないと言ったら「セクハラだよ」といわれてしまいます。
 高木さんよりも身長が高いと主張する西片くんに対し、高木さんは背比べを提案します。

 互いに背を向けて身長を比較するのですが、西片くんはやっぱり顔を赤くします。
 同じくらいの身長かと思っていましたが、実は高木さんは背伸びしていました。
 「勝ててよかったね」と言われたかと思えば、しっかりと電柱にぶつかったことを指摘されるのでした。

 西片くんと高木さんが登校するころ、いつもの3人の女子が話しをしていました。
 手が冷たい人間は心が温かいとのことですが……
 互いに冷たい手をぶつけあうのですが、ユカリの手が暖かく、心が冷たいのではないかと言われてしまいます。

 高木さんは突然西片くんの体にふれ「やり返していいよ」と一言。
 女子3人のやり取りを見て「そんなことはできるか」と反論します。
 そんな西片くんに高木さんはさらに手で触れてくるのでした。

 ユカリたちは高木さんと西片くんが付き合っているんじゃないかと考えます。
 西片くんは高木さんをからかうことを考えていましたが、「やらしい」と言われてしまいます。
 高木さんは西片くんと一緒に帰ることを提案し、そのときに返事を頂戴といって去っていきました。

 西片くんは男子のクラスメイトにゲームのお誘いを受けますが、用事があると断ります。
 男子たちは西片くんと高木さんが付き合っているのではないかと考えますが、ユカリによってそれはないと言われます。
 どうして高木さんと一緒に帰るのか、付き合っているんじゃないのかといわれて言葉に困ります。

 高木さんは西片くんのことを好きなのかと女子に言われたことを告げます。
 対する西片くんは高木さんが自分の反応を楽しんでいるのではないかと推測します。
 一緒に帰ろうと言おうとしますが、またも顔を真っ赤にしてしまうところがかわいらしいです。

 高木さんとの帰り道の途中で、自動販売機にさしかかった西片くん。
 とりあえず緑色のジュースを飲みますが、そこには「ヨモギ」と書かれていました。
 熱が出るジュースとまずいジュースとの二択を迫り、困った顔を見せろと迫ります。

 「熱が出たらお見舞いに来てくれる?」と反撃に出る高木さん。
 一生お小遣いなしとの選択では西片くんをからかうことを選ぶようです。
 いなくなるのとからかい続けられるのはどうかと問われた西片くんは後者を選ぶのでした。

 0点かキスかと言われた西片くんは顔を真っ赤にして困惑します。
 キスを選べば絶対からかわれてしまうと思いつつも、0点ではお小遣いもなくなり高校にもいけません。
 突然キスを迫ってくるかと思いきや、身長を探ってくるだけだった高木さんなのでした。

【考察等】
 冬服になって、お話の時系列もかなり進んだのではないかと思います。
 それでも顔を赤くしてからかわれるという西片くんも、例の3人娘の動向も相変わらずかと。
 ユカリさん達の指摘をまつまでもなく高木さんと西片くんはもう付き合っているようにしか思えません。

 気がつけば高木さんと西片くんはほとんど一緒にいるんだと改めて思います。
 付き合っているのではないかという指摘はある意味当然なのですが、恋人というわけでもないような気もします。
 あえて言えば「友達以上恋人未満」(の後者寄り)という感じなのではないかと。
 
 西片くんの赤面に注目することが多いですが、高木さんの所々の言い方もまた可愛らしいです。
 こんな青春を送れたらと考えるのは、男女ともに多いのではないかと思います。
 残り少ないお話に寂しさを感じつつも、最後までしっかり見届けられればいいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】からかい上手の高木さん 第9話「ケータイ」「ホラー」「写真」

 高木さんの9話を見て感想を書きます。
 念願のケータイを手に入れた西片くんですが、これで高木さんに対抗するのでしょうか。
 毎回ながら顔を赤らめる彼の態度が可愛らしいなと思います。

【内容】
 ついにケータイを買ってもらったと勝ち誇る西片くん。
 オープニングの後、とりあえずクラスメイトの連絡先を登録します。
 高木さんも話しかけてきて、西片くんは勝利を確信しますが……

 高木さんは一旦携帯を借りたものの、それ以降は特に反応はありませんでした。
 帰り道は相変わらず2人きりなのですが、アドレスを聞かれなかったことについて考えてしまいます。
 「このままでは作戦に移れない」と考えた西片くんは自分から高木さんのアドレスを聞こうとしますが、どきどきしてしまいます。

 西片くんは高木さんのアドレスを聞くのですが、メールのやり取りをしたいのかと問いかけられます。
 焦った西片くんは自分がメールで彼女をからかおうとしていたことを、自分でばらしてしまいます。
 それでもメールアドレスを交換し、日直の仕事を手伝わされることになった西片くんなのでした。

 女子3人に話題が移りますが、ケータイがほしいもののお母さんに「まだ早い」と言われたようです。
 周りもケータイを持っているからと考えるのですが、実はサナエだけはすでに持っていました。
 残り2人は「サナエが持っているから」という言い訳で買ってもらおうと画策しますが、架空請求の話を聞いて断念します。

 西片くんは約束どおり早めに登校して高木さんの日直の仕事を手伝うことに。
 眠たそうな西片くんは「100%片思い」を見ていたのではないかと言われてどきどきしてしまいます。
 高木さんはケータイを持ったときに色々とやり取りしたといわれて西方くんはちょっと動揺します。

 西片くんは何かを考えたようで、男子の間でおすすめ動画があったと告げます。
 彼が眠れなかったというホラー動画を高木さんに送りつけますが……
 高木さんは「こんなのを送ったの?」と女性の水着写真を見せ付けてきます。

 ホラー動画を見て「男子って面白い」とすまし顔の高木さん。
 高木さんの方は「い」で始まる子(→いとこ?)とやり取りしていると告げます。

 その夜、トレーニングをしつつ今日の反省をする西方くん。
 夜に高木さんに「怖い動画」を送ろうとしますが、その事は高木さんに見抜かれていました。
 「ちょっとどきどきするよ」と言われた西片くんはどきどきして今日も眠れないのでした。

 ネコの喧嘩を見かけた西片くんは写真に収めようとしますが失敗します。
 なんでも、男子の中で誰が一番面白写真を取れるのか勝負しているとのこと。
 西片くんは高木さんの変顔を撮りたいと申し出ますが「なんでもしてくれたら考える」とのこと。

 西片くんは突然の変顔を逃し、さらには蛇のおもちゃで驚く姿を写真に撮られてしまいます。
 高木さんは「なんでもしてくれたら」と言い、大声で笑ってしまいます。
 西片くんはその顔を写真に撮ろうとしますが、ピースサインを出されてしまいます。

 「写真恥ずかしいから」といって高木さんは去っていきます。
 一度消そうとしますが、何かの取引に使えるかもしれないと残しておく西片くんなのでした。

【考察等】
 ケータイを入手した西片くんですが、高木さんにからかわれるのはいつも通りでした。
 家でも外でもからかわれる彼が浮かびますが、意外にまんざらでもないのかもしれません。
 ケータイやメルアドの「ゲット」という表現でポケモンゲットを想定するのは私だけだと思いますが。

 高木さんにいろいろと画策する西片くんの動向がやっぱり面白いです。
 なんだかんだ言って毎日会話している2人を見るともう付き合っているようにも見えてきてしまいます。
 もちろん、高木さんの方もなんだかんだいって色々と表情があっていいなと思います。

 写真一つで西片くんを翻弄する高木さんもまたすごいなと思います。
 「なんでもしてくれたら」という彼女の言葉の裏にも何らかの意図があるのかもしれません。
 そんなことを考えつつも、残り少ないお話を楽しめたらいいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】からかい上手の高木さん 第8話「台風」「マラソン」「わき腹」「未練」

 高木さんの8話を見て感想を書きます。
 結局夏休みでも学校でも高木さんとはずっと一緒ということではないかと。
 西片くんのういういしい顔になんだかときめきを感じる今日この頃です。

【内容】
 高木さんと自転車の練習をする西片くんは相変わらず誘惑されていました。
 彼女に体を触られてついつい意識してしまいます。
 そしてさまざまな苦難を乗り越えていまや2人乗りをマスターしたのですが、これで終わりと言われてしまいます。

 夏休みが終わり、2学期が始まるところで台風の話題となりました。
 台風が来てテンションが高まる西片くんは、自分が風を起こしているのではないかと言い出します。
 しかし、その一部始終を高木さんに見られてしまい、言い訳にいそしむ西片くんなのでした。

 爆裂魔法使いのように風を起こしている気がするとジェスチャーする高木さん。
 「いつもと違うことない?」と問いかける彼女は、今日は自転車ではなかったとのこと。
 その理由がわかったら風ではしゃいでいることを秘密にすると言い出しますが……

 スカートに鍵があると考えたものの、西方くんは言い出すことが出来ませんでした。
 結局は単純に台風だと自転車では危ないというオチなのですが。
 とりあえず2人で一緒に登校することになりますが、風で妙なテンションを上げる高木さんが素敵です。

 マラソン大会で例の3人娘に続き、西片くんは高木さんと付き合っているのではないかと指摘されます。
 負けた方が勝った方の言うことを聞くという条件らしいのですが……
 中井くんの方は完全にいちゃいちゃという感じなのでした。

 ひそかにトレーニングしていた西片くんは勝利を確信していました。
 しかし、高木さんは「ハンデ」を与えていたと主張し、高速で走り去っていきました。
 追いかけっこをする西片くんですが、思いっきりペースを乱されてしまいます。

 50m引き離されたら勝ちでいいとペースを狂わせようとする西片くん。
 男女の距離の差もあり、あっさりと敗北してしまう西片くんなのでした。

 わき腹という弱点を攻撃された西片くんは同じようにわき腹を攻撃しようとします。
 高木さんに不意打ちを受けて西片くんは見事に耐え切りますが、高木さんにわき腹への攻撃は効かないとのこと。
 「セクハラになるのではないか」と考え、引き分けに持ち込もうとしますが、高木さんの変顔で笑ってしまいます。

 色々な命令を言われて困惑する西片くんですが、わき腹をつついてみてと言われます。
 西片くんはいつも通り深読みしつつもなんとかわき腹を触りますが……
 わきの下は弱いといわれたものの、そんなところ触れるわけがないと反論する西片くんなのでした。

 3人娘に話題が移ると、肝試しをやっていなかったということでトンネルに向かいます。
 ハイテンションで突き進んでどうやら満足できたようでよかったと思います。
 しかし、夏休みは帰ってこないのだとテンションが急に下がるのでした。

【考察等】
 台風で興奮する高木さん(と西片くん)がとにかく可愛らしいお話でした。
 あの勢いだと「我が名はめぐみん!」「エクスプロージョン!」とでも言い出しかねません。
 SAO、とあるに続き、このすば3期がないかとそんなことを考えるのは私だけではないはず。

 マラソン大会では西片くんと高木さんの勝負になりました。
 いつも通り高木さんにほんろうされる西片くんですが見ているとなんだかほほえましいです。
 わき腹のところで「セクハラでないのか」というところがなんだか面白いです。

 西片くんを下した高木さんの「変顔」というのがどんなものなのかが妙に気になったりします。
 準レギュラーともいえる3人娘さんもまた毎日楽しそうな雰囲気が伝わってきます。
 残りのお話が少なくなってくると寂しくなりますが、最後までしっかり楽しめたらいいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム