【アニメ感想】Fate/EXTRA Last Encore 第13話(終)「喝采の薔薇」

 エクストラアニメの最終回にあたる13話を視聴しました。
 UBW、Zero、アポクリファに続いて一応エクストラも完走できたことになります。
 この長い旅の果てに、ハクノさんは一体何を思うのでしょうか。

【内容】
 「地獄から、私は生まれた」と過去を語るトワイスさん。
 目の前で広がる戦火、戦争を前に、幼い彼にとってそれが現実であったとのこと。
 残酷な光景、無慈悲な世界、歪み、地獄……

 成長したトワイスは戦地での医療を志したものの、バイオテロによって全てに絶望します。
 トワイスの記憶を持った電脳体がセラフに配置されますが、それはサーヴァントのようなモノなのだとか。
 特殊なNPCになったトワイスは何百というリトライの末に「熾天(してん)の檻」へたどり着きます。

 NPCには聖杯へのアクセス権はないことから、自分の思想を体現する後継者を待つことになりました。
 誰も未来を望んでいないと語るトワイスはついにハクノ、ネロの2人と対峙します。
 かつてトワイスと対峙した白野は人生を否定できないと告げ、結末を選ぶのはその時代を生きる者の勤めとのこと。

 オープニングのあと、ハクノ、ネロ、リン、レオはトワイスの攻撃を受けます。
 レオはあくまで「中立」とのことで、残りの3人でトワイスと戦うことになりました。
 リンは重火器、さらにはロケットパンチで攻撃を仕掛け、ネロもそれに続きます。

 トワイスはハクノたちの健闘をたたえますが、それも意味のない戦いだと言ってのけます。
 彼はムーンセル中枢へと至ってセラフを消去するのだと言い出します。
 デッドフェイスであるトワイスはハクノの同類であると告げますが、ハクノは憎しみだけではないと反論します。

 ハクノは改めてムーンセルを正常に戻すと主張しますが、トワイスは地上に人類の生活圏は存在しないと一言。
 トワイスの見せる地上では1000年の間で人類は終焉しており、人の歴史は彼によって終わったとのこと。
 ハクノは「千年経っても滅ぼせなかった」と反論しますが、トワイスは成果が出せないのなら終わらせるのだと主張します。

 「人間はあらゆる生命に劣る」と主張するトワイスは攻撃を仕掛けますが、レオが助けに入ってきます。
 ハクノたちは難を逃れますが、どうやってチャクラ・ヴァルティンを止めるのでしょうか。
 トワイスは死人であり倒せないのならば、中枢にたどり着いてトワイスを消滅させるしかないと考えます。

 レオは自分が先陣を切ると言い出し、同時に第7階層でハクノがどうして名乗ったのかと問います。
 自分の限界を突き詰められたレオは一度死んだのですが、それでも顔を上げることができるのだとか。
 レオは最後の最後で共に戦うに足る人物を得たのだと告げ、あのとき得られなかった採決を果たすのだと主張します。

 ガウェインがやってきてレオと共に戦うことになり、刀身の折れた剣は再び復活します。
 その宝具はトワイスに一撃を与え、さらにその上にあるチャクラ・ヴァルティンに傷を与えます。
 しかし、同時にガウェインは消滅し、レオもまた炎に抱かれて消えてしまいます。

 ガウェインの最後の一撃を好機とし、ネロは自分に令呪を使うようにと迫ります。
 「マスターを勝利させるためにあらゆる恐怖を乗り越える」というネロに、全てを託すと令呪を発動させるハクノさん。
 ネロはヴァルティンに攻撃を仕掛け、ハクノの姿を見て立ち上がります。

 「命燃やさずしてなんとする」と全てを出し切ったネロさん。
 ハクノが語りかけてくる一方、ムーンセル中枢にはリンが向かったとのこと。
 聖杯戦争の唯一の勝者はハクノではなく1000年戦ってきたリンであるとのこと。

 「あんた、天然のたらしね」とリンは一直線にムーンセルの中枢へ向かいます。
 ネロはかつてのマスターとのことを思い出しますが、ネロには最後にはそばにいてほしいという望みがありました。
 自分の最後を悟ったネロは「もう一仕事だ」と剣を渡し、ハクノは空高く飛び上がります。

 トワイスは「その筐体、私が引き受けよう」と迫りますが、ハクノは彼を受け入れることはありませんでした。
 ハクノはムーンセルの中枢に至る中で、これまでの戦いを思い出します。
 「俺にはもったいない人生だった」とネロの剣を使って中枢にたどり着き、リンと対面します。

 リンによると、中枢に触れて思考を送り込むことでけっこうなことができるとのこと。
 ハクノは消えると言われていたことを思い出しつつも、リンに新しい世界を託します。
 「これ以上ない輝かしいアンコールだった」と結論づけ、ネロはハクノに「万蕾の喝采」を送ります。
 そして、地上では金髪のリンが野原を走り回るのでした。

【感想等】
 戦火が原点という意味ではトワイスさんは士郎さんとも(天草)四郎さんと共通でしょうか。
 ある者は正義の味方になろうとし、ある者は人類の救済を求めるということで人の考え方の多様さをつくづく感じます。
 今回のラスボスともいえるトワイスさんもまた、そんな過程で生まれた存在なのかもしれません。

 回想もほどほどに戦闘が始まるのは最終回らしいのですが、リンさんの重火器には驚かされました。
 サーヴァント不在の中でもあれだけの攻撃を仕掛けてくるトワイスさんはラスボスにふさわしい存在かと。
 いつの間にかレオさんと共闘することになっていたのはトワイスさんでなくても想定外でした。

 後半のお話はネロさんの見せ場ですが、同じ人が「はにゃーん」「ほえーっ」と言っているとは思えません。
 ハクノさんが出てきたところで彼が偽物ではないかと思ってました。
 「筐体」という言葉でゲームセンターのゲームかと思い出したのは私だけだと思いたいです。

 最後に人類に希望を託したという意味ではハクノさんとジークさんを重ねてしまいました。
 消滅するといいつつもどこかで生まれ変わって登場すると思っていたのですが、どうやらそれはなかったようです。
 人類の行く末がまだ残ったというだけで満足すべきなのかもしれませんが……

 日曜日の夜に少しみておけば良かったのですが、色々事情があって1日遅れてしまいました。
 平日に3話、さらに最終回は1時間枠ということで時間的に厳しかったのですが、見てよかったと思います。
 FGOの1~5章を飛ばしたアニメ化には色々思うところはありますが、それはまた次の機会に語ろうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】Fate/EXTRA Last Encore 第12話「天輪聖王」

 エクストラアニメの12話をみて感想を書きます。
 前回はいきなり最下層に落とされてしまい、魔界塔士サガをふと思い出しました。
 果たしてトワイスさんにはチェーンソーは通用するのでしょうか。

【内容】
 西欧財閥のレオはトワイスと対峙し、1970年の出来事について言及します。
 レオは聖杯を得て事態を打開しようとしますが、トワイスによると「失ったモノ」は取り戻せないとのこと。
 トワイスは「乗員の意識は変えられない」と告げ、それが「ハーウェイの呪い」だと一言。

 レオが優れた指導者であることを念頭に、人類の変革は夢物語だと告げるトワイスさん。
 トワイスの考えに賛同したレオは崩れていくがれきの中で「人類はここで終わります」と告げます。
 そして、ハクノ、ネロは第7階層から最下層に落下してしまいました。

 「栞」が光り輝き、ハクノは光をたどって「先に進もう」とネロと手をつなぐことに。
 ハクノはセイバーがいなければ勝てなかったと告げ、ネロは互いが互いを補っているのだと一言。
 リンは第7階層でレオに襲われて逃げるだけで精一杯であるとのこと。

 リンによるとチャクラ・ヴァルティンが早まっていてセラフの崩壊が近づいているとのこと。
 ハクノは目的がなくても生きていけるのかと問い、リンは目的を求めて人は生きているのだと応えます。
 栞を使って元の場所に戻ろうとするハクノは、やってみなくてはわからないのだと告げます。

 憎しみから生まれたというハクノに対し、ネロは「憎しみで戦うのはダメだが、怒りで戦うのは良い」と一言。
 トワイスは「君はついに己の命を獲得した」とつぶやきます。
 第7階層ではリンがガウェインに追い込まれていましたが、そこにハクノ、ネロが再び登場します。

 ネロはハクノに力を送ってほしいと告げ、ガウェインと打ち合うことに。
 レオはハクノの体にあるのは敗者の記憶でしかないと言いますが、ハクノの力を受けたネロはガウェインを圧倒します。
 「目的がない」と吐き捨てるレオに対し、ハクノはあくまでムーンセルを元に戻すのだと告げます。

 死者の願いから生まれたハクノは、ネロの言葉を受けて、たった一人の生者を送るために世界を開くのだと訴えます。
 かつてのマスターを念頭に置き「生きたいという願いは他の誰にも負けてはいない」というハクノさん。
 ネロは黄金劇場からの連続攻撃でついにガウェインに勝利し、「最後の男」の待つ次のステージへと進むことになりました。

【感想等】
 冒頭から人類の衰退について語られ、ふと「人類は衰退しました」というアニメを思い出します。
 いきなり難しいことを言われて困惑してしまったのは私だけではないはず。
 一方で、ハクノさんと手をつないで顔を赤くするネロさんがかわいらしいです。

 これまでみてきたものの、第4階層の栞がいまいち思い出せなかったのはここだけの話です。
 「憎しみで戦うのはダメだが、怒りで戦うのは良い」というネロさんの台詞とその前後のやりとりがすごくいいです。
 仲間のピンチで駆けつけるという「王道」展開もベタながらも嫌いではありません。

 前回もそうでしたが、戦闘シーンや背景を見るだけでも数ヶ月待った甲斐があったと思います。
 「生きることが願い」という言葉は生きられなかったからこそ意味深なものを感じてしまいます。
 うまくまとめられているか自信はありませんが、とりあえずあと1話、なんとかがんばってみようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】Fate/EXTRA Last Encore 第11話「転輪する勝利の剣」

 エクストラアニメの11話を見て感想を書きます。
 10話から時間が空いてしまい、登場人物を思い出すのに時間がかかりました。
 レオさんに至ってはたしか序盤でちょっと出てきただけだったような気がしますが……

【内容】
 様々な困難を経て第6階層まで突破したハクノ、ネロ、リンの3人。
 第7階層は最強の2人しかたどり着けないという場所で、レオという男と戦うことになるようです。

 オープニングのあとはかつてのマスター白野とレオの戦闘シーンが流れます。
 なんでもレオが白野に勝ちを譲ったとのことですが、ネロは実力で勝ったと反論します。
 絶対の王者があり得ない隙を見せたとのことですが……

 第7階層にやってきたハクノたちが対峙したのは、レオのサーヴァントであった「ガウェイン」でした。
 レオはトワイスの手によって一命を取り留め、その思想に感銘を受けて人類の敵になったようです。
 そのレオは眠りについたそうですが、どうやら時間はもう残されていないようです。

 ネロはかつてのマスターに花を捧げますが、その白野は聖杯を手にすることができなかったとのこと。
 トワイスが聖杯を独り占めしており、レオが勝ち残っていればこんなことにはならなかったかもしれないと続けます。
 白野が勝ったことが間違いであったのかと考えてしまうハクノですが、レオの唱える「現状維持」は無理なのだとか。

 リンによるとトワイスは過去の清算を求め、レオは現在にとどまる道を選択し、人類の未来を信用していなかったとのこと。
 今のセラフはおかしくなり、新しい指針が必要とのことですが……
 ガウェインは世界は可能性の枝に沿っているのならば、再定義で仕切り直せるかもしれないと言い出します。

 ハクノは死の総体として戦い、ムーンセルを元に戻すと宣言します。
 ガウェインによるともう一度鐘がなったときにはセラフが終わると告げ、最後の扉を開きます。
 目を覚ましたレオは人間はこれ以上生存しても有意義ではないと言い出します。

 人間の価値なんてわからないというハクノは、ムーンセルを元に戻せば人として生きていけると考えます。
 レオは物理的にも精神面でもハクノには不可能であり、消えてしまうのだと言い出します。
 ネロはガウェインに圧倒され、ハクノもまたレオに苦戦を強いられることとなりました。

 レオは足場ごと浮かび上がり、ガウェインは宝具「転輪する勝利の剣」を発動させます。
 ネロはすさまじい力に圧倒され、ハクノごと奈落の底へたたき落とされてしまいます。
 レオは「最下層からやり直してください」と告げつつも、時間が残されていないと続けるのでした。
 
【感想等】
 序盤に出たっきりのレオさんを覚えていた人はかなり少ないような気がします。
 チェスをしていたのはなんとなく覚えていましたが、当時は公式サイトにも名前が書いてなかったはず。
 改めて公式サイトを覗くとやけに情報が充実していて驚きました。

 今回登場したガウェインさんですが、円卓の騎士のサーヴァントはこれで何度目でしょうか。
 ランスロット(ゼロバーサーカー)さんやモーさん(赤のセイバー)に比べるとずいぶんと印象が違います。
 一方で、ネロさんが白野さんのお墓に花を供えるシーンにしんみりとしてしまいます。

 現状維持では続かないという言葉に、現在の世界を重ねてしまう私がいます。
 セラフが終わるといわれて「終わりのセラフ」を、レオさんのお声でハガレン(かメジャーの大河さん)を思い出してしまいます。
 とりあえずあと2話、時間が許す限りなんとかみて行ければと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】Fate/EXTRA Last Encor 第10話「無限の残骸」

 エクストラアニメの10話を見て感想を書きます。
 10話で最終回という表記に驚きましたが、分割2クールということで間違いないはず。
 ネロさんと会えなくなるのはさみしくなりますが、カードキャプターさくらを見て後半をまとうと思います。

【内容】
 リンとラニがいったん休戦を行い、お互いがんばることを誓います。
 彼女たちは互いに相容れない敵だったとのことですが……
 マスターを6層に押し上げるのは、彼女たちを生かすための生け贄であるとのこと。

 ハクノは第6層に上がる途中で場面が変わり、リンがかつてはテロリストであったと告げます。
 彼女は「未来を変えたかった」と告げ、21世紀は停滞する世の中になっていたとのこと。
 なお、ラニは師からの命令により、人として望みを探し出すという師の希望を叶えようとしているとのこと。

 ハクノにじゃれつくネロはかわいらしく、ハクノもまた全力を出したいと考えます。
 無数の引き出しがあるというハクノは、数百名分のコードキャストを手に入れたとのこと。
 「そなたはそなた一人」とのアドバイスを受けたハクノは専門家にも等しいスキルが手に入るとのこと。

 霧の立ちこめる森にやってきたハクノ、ネロは、生きていることの苦しみについて述べます。
 リンと思しき女性は槍を持って襲いかかってきて、さらには巨大なラニもまた襲いかかってきます。
 ラニはリンを握りつぶしたかと思えば、複数のリンが登場してラニを倒してしまいます。

 湖の底にはリンの「残骸」が何人も入っており、さらに複数のリンがハクノ達に襲いかかってきます。
 どうしてかつてのリンたちは自分たちを助けたのかと疑問を抱くハクノさん。
 ドーム周辺に2人の残骸がなかったことから、2人が中心部分には進めないのではないかと推測します。

 ハクノは複数のリンは等価値であり、自分たちの知っている2人とは変わらないとのこと。
 「量産型遠坂なんだ」と勝手に理解するハクノに対し、突っ込みをいれる今まで行動を共にしていたリンさん。
 彼女とラニはハクノたちを本気で殺そうとしており、ドームがゴールとのことですが……

 ドームにやってきたハクノ、ネロに「この先に答えがあるわ」と言い、消滅するリンさん。
 「私たちで最後にして」という言葉にこれまでの長さを感じさせられます。
 真っ黒なフロアを突き進むハクノたちに今度はラニが語りかけ、リンとラニは相打ちになったとのこと。

 6層を維持するためにリン、ラニはそのフロアの一部となり、量産型を生産することとなりました。
 夢を見るごとにアバターが作り出され、戦いを強いられますが、オリジナルにはすでに意識はないとのことです。
 リン、ラニのオリジナルと対峙したハクノたちは「勝者を選んで」と告げられます。

 ハクノは両方を選ぼうとしますが、その選択に失敗してラニを死なせてしまいます。
 消滅するラニを見て感慨深いものを感じるハクノさん。
 ラニは「これでいいのです」と告げて消えていき、残されたリンはハクノを支えることを選ぶのでした。

【感想等】
 4層カットから6層突入まで、色々なことがわかりかけてきたような気がします。
 リンさんがテロリストであったという言葉は驚かされましたが、この点はゲームでも同じらしいです。
 1話だけで出てきた西欧財閥の人は、後半戦で登場することは間違いないと思います。

 リンさんがいきなり襲ってきたのは驚きですが、その槍さばきにあの「兄貴」の姿が重なりました。
 そもそもリンさんやラニさんが複数存在するのはよくわからないです。
 「量産型遠坂なんだ」とあっさりと理解するハクノさんはある意味大物だと思います。

 リンさんとラニさんの争い、そしてラニさんの消滅に色々と思うところは多いです。
 多くの謎を残しつつ続きは3ヶ月後ということになるのかと思いますが……
 彼らの行く末に何があるのか、最後まで見届けられればいいなと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】Fate/EXTRA Last Encor 第9話「招き蕩う黄金劇場」

 エクストラアニメの9話を見て感想を書きます。
 公式サイトを確認した上で視聴しているのですが、それでもわからないところが多くて申し訳ないです。
 世界史の教科書でも暴君として書かれていたネロさんも、少し見方が変わってくるかもしれません。

【内容】
 ハクノは女性マスター(白野)から映像を見せられることとなりました。
 彼女はネロとともにユリウスと戦ったのですが……
 自分自身がNPCであることを告げられてショックを受けてしまいます。

 ネロは宇宙にあるものはいずれは消えるのだと告げます。
 サーヴァントとマスターは一心同体であると告げたネロは自分の真名を告げます。
 彼女のあり方は理解されず、無慈悲な暴君として人々に認識されてしまいます。

 ネロは誰の愛も知らないまま最終的に処刑されてしまうのでした。
 その割にはテンションの高いネロは白野に語りかけます。
 ハクノがネロを求めたことが、何事にも代えがたい呼び声だったようです。

 ハクノは目を覚ましますが、自分はマスターではないから戦う資格はないと言い出します。
 ネロはそんな彼のほおを張って、その根底にあるものは変わらないのだと告げます。
 ハクノは前のマスターとは性別の違う別人ではあるものの、同じ心を持った新しい誰かなのだと結論づけるのでした。

 ハクノはユリウス及びバーサーカー(李書文)と戦闘をすることを決意します。
 ネロは自分の真名を明かして宝具の使用を促し、ハクノは彼女の信頼に応えようとします。
 バーサーカーとネロが戦闘を始め、同時にユリウスとはハクノが戦うこととなりました。

 ネロは宝具の発動でバーサーカーを撃退します。
 ハクノを「何も変わらない」と吐き捨てるユリウスにたいし、ハクノはあくまで「人違い」だと告げます。
 もう一度奮い立ったのはネロのおかげであり、先に進むのだと(真っ黒になって)ユリウスに攻撃を仕掛けます。

 ユリウスは死に際に「おまえも俺になる」と一言。
 勝ち残ったハクノはネロと再開する一方で、リン、ラニは役目を終えたとのこと(ですがリンはついてくるようです)。
 この先、2人の行く末には一体何が待ち受けているのでしょうか。

【感想等】
 今回は、女性マスターという「前世」とネロさんのお話ということでよろしいのでしょうか。
 改めてウィキペディアで「ネロ」さんのことを調べて(参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8D%E3%83%AD)色々なことを考えたりもしました。
 若干お話からそれるような気がしますが、ローマの火災を沈めて黄金宮殿を作ったという業績があることもわかりました。

 シリアス展開になるかと思ったらネロさんのビンタ(?)に救われたような気がします。
 真名を明かす前に思いっきりネロとブログに書いてしまっていたのは今となってはなんだか申し訳ないです。
 とはいえ、赤セイバー(ネロ)と赤のセイバー(アポクリファのモーさん)ではややこしいという事実もあるのですが。

 バーサーカーさんとの戦闘は意外とあっさり終わったので驚きました。
 ユリウスさんとの戦闘については「少年誌」の決戦らしい殴り合いという感じがします。
 黒くなるメカニズムについてあまりよくわかっていないのはまた後で調べておこうと思います。

 ユリウスさんとの決着をつけ、つぎはいよいよ第6階層ということになりました。
 リンさんについてはまだついてくるようなので、注視しておきたいところです。
 前半が終わって、後半ではどのような戦いが繰り広げられるのか、知識不足ながらも(公式サイトやtypemoonwikiなどを参考に)最後まで見届けようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム