【アニメ感想】Carnival Phantasm 第3話「「FINAL DEAD LANCER」、「Fate/Prototype」」

 カーファンのセレクション放送の3話を見て感想を書きます。
 猫アルクさんの冒頭もなれてきて、なんだか名残惜しい気がするのは私だけでしょうか。
 ランサーさんの作中の死にぶりはある意味愛されている証拠なのかもしれません。

1 「FINAL DEAD LANCER」
 黒ひげ危機一髪をはじめ、ろくな目にあっていないランサーさん。
 そんな彼に話しかけるのは冬木市のマスコットキャラでもある「聖杯くん」でした。
 彼(?)によるとランサーが見る「死の夢」は予知夢なのだとか。

 物語に殺されるといわれたランサーは、突然鉄骨が降ってきてびっくりしてしまいます。
 次の日、レースに出場したランサーは夢にあったとおり激突しつつも何とか生き残ります。
 その後はセイバーライオンの前に投げ出されますが、逆になつかせてその死を回避します。

 ランサーは自分の死を回避する一方で、見ず知らずの少年を交通事故から救います。
 チキチキ聖杯戦争が綺礼とイリヤの司会で開催されますが、早々に黒ひげ危機一髪にされてしまいます。
 ギル様の攻撃をかいくぐったランサーは終盤まで勝ち残り、ついに聖杯の姿を目の当たりにします。

 ランサーは絶対に死なないと宣言し、聖杯を求めて宇宙にまで飛び出します。
 ロケットは無人島に不時着して、ランサーはようやく死の運命に買ったと安どの表情を浮かべます。
 しかし、油断していたら突然の襲撃を受けてランサーは結局亡くなってしまった……のでしょうか?

2 「Fate/Prototype」
 セイバーとアーチャーが対峙し戦闘を開始します。
 本作ヒロインの綾香は自己評価の低い人で、魔術に使う鳥を殺すことが出来ずに自分の血を使うことに。
 父親の墓前に立った綾香は自分は聖杯にはかかわりたくないと告げますが……

 姉のようには出来ないと語る綾香はランサーの襲撃を受け、セイバーを召還することになりました。
 セイバーはランサーを一蹴し、ついに聖杯戦争が本格的にスタートします。
 綾香は紆余曲折を経て自ら戦うことを決意します。

 綾香の姉である愛歌は、かつてセイバーを召還して前の聖杯戦争を戦っていたようです。
 セイバーはアーチャーの攻撃をかいくぐり、最後にはエクスカリバーで反撃します。
 そしてセイバーは綾香に、自分が彼女を守るサーヴァントであることを宣言します。

3 考察等
 最終回ではランサーさんがネタにされ彼の愛されぶりを改めて実感します。
 本編のかっこよさを考えるとなんだか複雑な思いがしてきます。
 専用のエンドロールがいろいろと考えさせられるものになっていたような気がします。

 後半のお話はプロトタイプのPVで、テレビ初登場とのこと。
 私は一度見たことがあるのですが、改めてその豪華キャストに驚きです。
 PVをまとめようとしてもほとんどうまく出来なかったのはここだけの話です。

 このままセイバーさんが男性のままFateが発売されたら女性向け作品になっていたのかもしれません。
 そう考えると、セイバーさんを女性にすべきと提案した武内さんに先見の明があったことは明白かと。
 そんなことを考えつつ、来週からのエクストラアニメもしっかり見届けたいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】Carnival Phantasm 第2話「はたらくセイバー /SEIHAI GRANDPRIX」

 カーニバルファンタズム(カーファン)の2話を見て感想を書きます。
 セイバーさんが働くと聞きましたが果たしてどんなことになるのでしょうか。
 そして、またもルール変更になった聖杯戦争はどんな展開を見せるのか、わたし、気になります!

【内容】
 冒頭のネコアルクたちがくつろいでいたかと思えば、今回もお祭りが始まるようです。
 型月キャラが総出のオープニングの後は、セイバーライオンの生態についてのお話が流れます。
 司会は衛宮士郎さん、解説は騎士王のセイバーさんでしたが、セイバーライオンは(ランサーを捕食するだけで)働くこともなく終わりました。

 セイバーがカフェでアルバイトをすることになりました。
 凛が客としてやってきますが、セイバーのメイド服姿に困惑を隠せません。
 接客ではなくてしつけになってしまい、売り上げもかなり上昇したもようです。

 もう一人の王様であるギル様が来客し、酒をもってこいと言い出します。
 スマイルを要求するギル様は喜んで宝石を撒き散らします。
 さらにはおじいさまがやってきたり、バーサーカーは室内に入れずに暴走します。

 ギル様はお会計をすると同時にセイバーをお持ち帰りしようとします。
 アホ毛を引きちぎったセイバーは黒化してセイバーオルタになり、ギル様をも調教してしまいます。
 セイバーはおなかがすいたからとスタミナどんぶりをいっぱいいただきます。
 ギル様を従え、さらにはお客さんも黒に染まってすっかり乗り気になってしまいました。

 酔っ払って戻ってきたセイバーですが、士郎の前では普通の姿になりました。
 セイバーは誕生日プレゼントとしておなべを送り、士郎が喜んでくれたようでなによりです。
 そうかと思えば赤セイバーがタイガー道場に登場します。

 後半では藤村先生と綺礼の解説で、レースが行われることになりました。
 どうやら聖杯戦争のルールが再び変更になったようです。
 ぶりっこな凛さんやラブラブなキャスターさんなどは平常運転ですが、セイバーの乗り物はデパートの乗り物で、バーサーカーは車に変形します。

 まずはランサーがトップに躍り出ますが、事故を起こしてリタイヤします。
 つづいてキャスターたちは結婚と言う意味でゴールインしてしまいました。
 アサシンはトラックで迫り、セイバーはそのままはねられてしまいます。

 トラックの荷台がお寺というアサシンはノリノリで凛たちに迫ります。
 しかし死亡フラグを立ててしまい、イリヤの砲撃を受けて崖に転落してしまいます。
 「パンツァーフォー」と叫びつつ砲撃するのは別のアニメなのでしょうか。

 金ぴかことギル様はぴかぴかのバイクでバーサーカーを自爆させてしまいます。
 ルールを守らない彼は元々レースには呼ばれていなかったようです。
 アーチャーはギル様を打ち落とそうとしますが、そこにさらに(ママチャリで)ライダーが迫ります。

 ライダーと慎二は転落し、凛・アーチャーとギル様が優勝争いをします。
 そうかと思えば(定期預金を解約してきた)セイバーのライオン号が迫ります。
 三つ巴の戦いは、さいごは士郎のトレース・オンによる剣の差でセイバー組の勝利となりました。

 出現した聖杯に対し、士郎たちは「お金返してください」と一言。
 そして慎二は「聖杯くん」に頼んで「ナカヨクナール(=包丁)」を出してもらうのでした。

【考察等】
 型月には色々なキャラがいるのだと、そんなことを実感しつつお話を見ていきました。
 セイバーさんがアルバイトをするお話がいろんな意味でぶっ飛んでいて面白かったです。
 士郎さんの主夫ぶりが違和感なく見ることが出来るのは私だけでしょうか。

 中盤では赤セイバーさんが登場したのは驚きました。
 ちょうどエクストラがアニメ化するということを考えれば、ちょうどいいことように思えます。
 発売延期というのも当時の世相を反映しているのかもしれません。

 後半ではまたも聖杯戦争のルールが変更になりました。
 お寺から出られないアサシンさんがこんな風に出てくるとは思いませんでした。
 そのほかもいろいろと原作の要素を反映しているのがすごいです。

 お祭りらしく色々なキャラクターが出てくるのは、それだけでもかなりの価値があるように思えます。
 とはいえ、ここまではほとんどFateのキャラしか出ていないのですが……
 次回はプロトタイプのPVも放送されるとのことなので、しっかり見ていければと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】Carnival Phantasm 第1話「第5次魔術師大激突チキチキ聖杯戦争/型月連続テレビ小説 さくら」

 カーニバルファンタズムの1話を見て感想を書きます。
 型月についてはそれほど詳しくないのですが、Fate関係なら何とかわかるような気がします。
 お祭りとはいえ、いろんな意味でぶっとんだお話が素敵過ぎました。

1 「第5次魔術師大激突チキチキ聖杯戦争」
 聖杯戦争のルールが変更になり、市民体育館で行われるクイズ大会になりました。
 司会は綺礼が行い、カルタやテニスが行われることになりました。
 ランサーが黒ひげ危機一髪をすることになり、最後はギル様のゲートオブバビロンを受けてしまいました。

 いろいろな激闘があり、その果てには廃墟だけが残ってしまいます。
 聖杯を目の前にした士郎はハンマーで聖杯を叩き割ると、猫のような生き物に迫られてしまいます。
 さらにロケットに飛ばされてしまう士郎を見て、綺礼たちは聖杯は人類には早すぎたと結論付けるのでした。

2 「型月連続テレビ小説 さくら」
 ワカメこと慎二に虐待を受ける桜さん。
 大量の雪が降り、慎二は桜に雪かきをさせつつネットサーフィンにいそしみます。
 雪かきだけではなく雑誌を買いに行かせるなどの雑用をさせられる桜なのでした。

 桜を見守るライダーは竿で慎二を殴りつけたり自転車でひいたりします。
 ライダーはついには慎二に止めを刺そうとします。
 桜は兄はもっと優しかったと告げますが、ライダーを殴り飛ばしてしまいます。

 キャスターはスーパーで大量の食材を買いつけ、ライダーがルールブレイカーを拾います。
 桜はルールブレイカーを慎二に突き刺し、彼の邪悪な心が浄化されますが、引き立て役にならないと怒ってしまいます。
 彼女が言うには慎二がおかしくなったのは社会と自分の美貌とのことですが……

3 考察等
 昨年末には「聖杯大戦」を見ていた身としてはルール変更はいろんな意味で衝撃的でした。
 ちゃんとキャストも原作のままですがストーリーのあまりの違いに別の作品かと思ってしまいます。
 そんな中でもしっかり各キャラクターの特長を生かしているのが素敵です。

 後半は桜さんと慎二さんのお話でしたが、おおむね原作でもあんな関係なのかもしれません。
 慎二さんのうざさが短い時間の間によく出ていたと思います。
 そして桜さんのぼやきに彼女の不遇さが際立ちますが、HF映画公開は彼女の地位を向上させたのでしょうか。

 次回は「働くセイバー」とのこと。
 今までの流れから普通には終わらないような気がしてきました。
 王様である彼女がどんな風に働くのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム