【アニメ感想】citrus 第12話(終)「my love goes on and on」

 シトラスの最終回を見て感想を書きます。
 女の子同士の友情と恋の物語もこれでひとまずは終焉でしょうか。
 柚子さんの決意に心打たれるお話だったと思います。

【内容】
 サラは芽衣にキスを願い出て、芽衣はあっさりと了承します。
 一方、柚子はサラの妹であるニナに「柚子はお姉の運命の人」と迫ります。
 偶然であった知り合いが好きな人が自分の妹であったという事実に柚子は困惑を隠せません。

 柚子はニナを突っぱね「大事な人だから全力じゃなじゃダサいじゃん」と一言。
 ニナはサラのデートを守るために柚子を押し倒して、姉の幸せのためにと涙を流します。
 そのとき、サラからは「渡したいモノがある」と連絡が入ります。

 「伝えないまま終わったら後悔する」とサラと再会する柚子さん。
 サラは生徒手帳を渡して同じ相手が好きだったことを告げますが、それでも気持ちを受け取らないのではないかと一言。
 芽衣はまじめな一方で傷つきやすい心を隠しており、互いのことをわかり合う努力が必要と告げます。

 サラは芽衣だけでなく柚子との出会いもまた運命であったと告げます。
 ニナは姉が自分の幸せを放棄していると告げますが、サラは一連の行動はすべて自分の意志で行ったとのこと。
 そして「妹に愛されて幸せでない姉はいない」と結論づけます。

 まつりの言葉を思い出し、芽衣に必要なモノは何かと考える柚子さん。
 クリスマスでの一幕に、自分が芽衣の気持ちを受け取れなかったことを考え出します。
 もしかしたら、お互いに伝えられないモノが存在するのかもしれません。

 まつりは柚子を思い、姫子は「周りが見えないほど夢中になるモノがあるのはうらやましい」と一言。
 その姫子ははるみんと一緒に観光を続けることになりました。
 そして、柚子はついに芽衣と再会しますが……

 「もう貴女から聞きたいことはない」と突き放す芽衣さん。
 柚子は芽衣を追いかけてそのまま押し倒し、芽衣の気持ちを聞かなかったから受け入れられなかったことを告げます。
 それでもなお芽衣が好きであり、同じ気持ちならキスしてほしいと告げます。

 芽衣は柚子にキスをして、柚子もまた「おかわり」とキスを続けます。
 サラは柚子、芽衣と再会してニナは柚子と2人きりになりたいと迫って無理矢理連れて行きます。
 そしてサラの方も芽衣と2人きりでお話をすることとなりました。

 芽衣は「ごめんなさい」と告げますが、サラは自分を犠牲にしてはいけないと反論します。
 サラ、ニナはその場を去り、芽衣は柚子の手を握って「ホテルまで帰るわよ」と一言。
 柚子は顔を真っ赤にしてドキドキし、またニナも新幹線の中で姉の手を握ります。

 柚子と芽衣は幸せなキスをして、お付き合いすることになったようです。
 2人で学校に向かい、途中で姫子やはるみんと合流しつつ登校するのでした。

【感想等】
 百合というやや特殊なジャンルの作品ながら人間関係全般として考えさせられるところが多かったです。
 「大切な人だからこそ全力」という言葉に、SAOのユウキさんの言葉をふと思い出します。
 筆者の経験上、全力でぶつかったら玉砕してお別れになってしまうのが大体のオチなのですが。

 最終回ということもありまつりさんもちらっとでてきているのがよかったと思います。
 柚子さんと芽衣さん、サラさんとニナさんに続き、はるみんさんと姫子さんという組み合わせもありなのかもしれません。
 そうなるとまつりさんが若干あふれてしまうような気もしますが。

 最後の告白に若干ドキドキし、キスシーンに心から「よかった」と思えてしまう私がいます。
 これまでの強引なキスではなく自然なキスだったと言うべきかもしれません。
 このハッピーエンドに際しては、サラさんの後押しは大きかったと思います。

 まつりさんが若干暴走気味だったこともあり、サラさんの聖人君子ぶりが際立ったのかもしれません。
 はじめは30分枠で大丈夫かとも思いましたが、何度もいい意味で裏切られたお話ではないかと思います。
 百合に興味を持ったきっかけである「桜トリック」も近いうちに見て比較してみようかと思う今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】citrus 第11話「love you only」

 シトラスの11話を見て感想を書きます。
 サラさんの運命の相手が芽衣さんだったのは想定の範囲内でした。
 キャラクターをいまいち覚え切れていないことはここだけの話ですが。

【内容】
 妹との不仲(?)に心を痛める柚子さん。
 負のオーラをまき散らす柚子を成敗するとスキンシップを取ってくるはるみんさん。
 明日はあいにく天気が悪いのですが、行き先は縁結びの神社のようです。

 ニナは姫子に声をかけ、サラをつれてその縁結びの神社へと向かいます。
 姫子や柚子は長々と芽衣についての願いをするとため息をこぼしてしまいます。
 そこにサラが乱入してきて進捗の報告とともに告白しようと思っていることを告げられます。

 「柚子もがんばって!」と去って行くサラに対し、自分を追い詰めていく柚子さん。
 本気の言葉を芽衣に伝えようとする柚子に、はるみんと姫子がおそろいのお守りをくれました。
 その後、ニナは姉が芽衣のことを好きであることを告げ、検討を促します。

 サラはニナを追いかけてきて芽衣と出会い、続いて一目惚れしたと告白します。
 芽衣はサラが自分を必要としてくれるのかと問い、そちらに傾く流れとなりました。
 柚子は芽衣を姉妹として大切にしたいと告げた上で告白しようとしますが……

 芽衣はある人(サラ)に告白したからお付き合いすることにしたと告げます。
 柚子はすっかりふてくされてジュースを飲んでやさぐれていました。
 ニナは姉が愛の告白に成功したことを告げ、恋を応援してほしいとお願いしてハグします。

 お風呂に入ろうとする柚子の前に芽衣が現れて決められた時間に入浴するようにと促します。
 妹との不仲に悩む柚子ですが、お風呂にはサラが入っていることに気づきます。
 告白に失敗した柚子に、サラは(相手が芽衣であることを知らずに)積極的な行動を促します。

 サラは柚子の生徒手帳から彼女が芽衣のことを好きであることに気づきます。
 柚子は芽衣の部屋に潜入しますが「用があるなら明日にしなさい」と突っぱねられます。
 姫子が戻ってきたので電気を消して一緒の布団に入ることで事なきを得ます。

 姫子が寝入ったら出て行くようにと促す芽衣に、ドキドキする柚子さん。
 そのまま積極攻勢を仕掛けますが、出て行ってほしいとあっさり突っぱねられます。
 それでも芽衣のことを好きな気持ちは負けられないと意気込む柚子なのでした。

 はるみん、姫子に芽衣が京都駅にいることを教えてもらった柚子は現地へと向かいます。
 その場に現れたニナは「芽衣ならお姉と一緒だよ」と告げて迫ってきます。
 一方、芽衣はサラと一緒にいましたが、サラからはキスしてもいいかと問われるのでした。

【考察等】
 不調(?)な柚子さんに対してニナさんの行動力が対照的でした。
 「女は行動力」を地でいく積極性は私も見習うべきところが多いと思います。
 お姉さんが大好きなサラさんのお膳立ても手際の良さを感じます。

 はるみんさんが支えになるのは予想どおりですが、姫子さんとも意外と仲良しなようです。
 芽衣さんがサラさんに傾いたのは驚きましたが、これが彼女の本心なのでしょうか。
 本命の柚子さんから確かな答えがないから、サラさんをその代わりにしようとしているように見受けられます。

 柚子さんとサラさんの関係がいいなと思いますが、互いの相手が柚子さんと知れば流れは変わるかと。
 互いに恋敵だと認識したときには骨肉の争いが勃発するのでしょうか。
 お話の尺的にはサラさんと決着をつけて終わりそうな気がします。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】citrus 第10話「winter of love」

 シトラスの10話を見て感想を書きます。
 積極的な行動に出る芽衣さんに眠かった目は思いっきり覚めてしまいます。
 さすがに私にはこういうことをする相手はいませんが。

【内容】
 芽衣の積極的なアプローチに困惑する柚子さん。
 「貴女の望むまま」にするという芽衣をそのまま受け入れることはできませんでした。
 芽衣は「おやすみなさい」と一言だけ告げて去っていきます。

 次の日、まつりが柚子の部屋を訪ねてきてちとせあめを持ってきました。
 彼女は芽衣に勉強を教えてもらおうとしていましたが、芽衣は生徒会で不在とのこと。
 「クリスマスにはエッチした?」といいつつ、隠しアイテムの百合漫画を発見し、相手の気持ちを考えるべきと一言。

 修学旅行中のニナたちは、親切な人に出会えたのだと興奮します。
 一方、柚子の方も修学旅行なのですが、遅刻しそうな流れになっています。
 はるみんに電話して、とりあえず先生に説明しておいてもらうことになりました。

 結局間に合わなかった柚子は「ゆずぼっち」というキャラクターに目がいきます。
 修学旅行中のサラと出会い、行き先が同じということで合流することになりました。
 「よくできた妹」であるニナとは双子の関係らしいのですが、いろいろと比較されるのがたまらないようです。
 
 運命の出会いについて、男でも女でも関係ないというサラに感化される柚子さん。
 なんとか京都に到着した彼女ははるみんに連絡を取り、芽衣について問いますが特に何もなかったとのこと。
 どうやら行き先もサラとかぶってしまい、しばらくは2人の修学旅行となりました。

 柚子は女の子に片思いしていることをサラに告白します。
 クリスマス以来ほとんど芽衣は口を聞いてくれないと涙を流します。
 サラは「その日は調子がよくなかった」とフォローして、柚子の優しさは届いていると告げます。

 柚子はホテルに到着し、サラはニナと合流しますが、ニナの大きさに困惑します。
 そして、サラの運命の人が芽衣だったことが判明します。
 柚子は姫子に怒られていましたが、どうしても芽衣の方が気になってしまいます。

 柚子は芽衣と話をしようとしますが、やっぱりスルーされてしまいました。
 同じようにサラも先生に怒られたようですが、ニナがゆずぼっちをなくしたと涙を流します。
 柚子は前述の行動について姉妹のスキンシップとしてやりすぎだといいますが……

 芽衣は自分のことをどう思っているのかと問いかけます。
 そして、サラは柚子の告白を聞いてしまいます。
 さらに、芽衣は「あの日のことは忘れて」と拒絶する態度を示すのでした。

【考察等】
 まつりさんの毒が抜けて、ちょっと安心してみることができるようになりました。
 そうかと思えば柚子さんと芽衣さんはなかなか素直になれない関係なのかもしれません。
 冒頭からいきなり一線を越えられても困惑の度合いが増すだけかもしれませんが。

 最後の登場人物が登場し、お話も終盤に差し掛かったような気がします。
 サラさんの(制服と)積極的なキャラクターはいろんな意味でうらやましいです。
 なお、修学旅行先は京都というのは(筆者の中学時代とも同じですし)ある意味定番だと思います。
 
 サラさんの初恋の相手が芽衣さんということで、新たな三角関係の予感でしょうか。
 芽衣さんとの関係が冷めてしまったところで涙が止まらなくなりました。
 女の子同士の恋愛は普通ではないのかもしれませんが、最終的に2人が両思いになってほしいなと思う今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】citrus 第9話「love is」

 シトラスの9話を見て感想を書きます。
 積極果敢に攻めてくるまつりさんに芽衣さんはどう対処するのでしょうか。
 個人的には姫子さんももう少し前に出たらいいんじゃないかと思ったりします。

【内容】
 芽衣の前に現れたまつりはいきなり体を触ってセクハラをしてきます。
 さらに芽衣とまつりのキス写真を突きつけて柚子に近づくなと脅してきます。
 「別の人を用意してきた」と怪しいアドレスまでプレゼントして、従えないなら写真を送りつけると言い出します。

 柚子は思い通りにはならないと反論する芽衣に、まつりは柚子はお姉ちゃんだからと主張します。
 その柚子はケーキを手作りしていましたが、何度やっても綺麗にスポンジが焼けません。
 その様子を見たお母さんは「今年のクリスマスは楽しくなりそう」とつぶやくのでした。

 いろいろがんばってケーキを作った柚子に対し、芽衣は生徒会の仕事があるからパーティーに出られないと告げます。
 続いてまつりは柚子にデートを申し込み、芽衣は「あの子には貴女が必要」と念を押します。
 うかない表情の柚子にタックルを仕掛けるはるみんは置き去りにしていたことを怒っていたようです。

 クリスマスも生徒会業務という芽衣に、はるみんは柚子が手伝うと見越して先に帰ります。
 そこに精いっぱいのハグで立ちはだかったまつりさん。
 柚子は強引に連れて行かれましたが、生徒会室には芽衣の姿はありませんでした。

 まつりは柚子との「デート」とケーキの味もろもろを楽しみます。
 柚子は自分がケーキを手作りしていたというお話を聞き、まつりは「私のときは手作りじゃなかった」と一言。
 昔は柚子とまつりは一緒にクリスマスを過ごしていたようです。

 まつりの両親が「仕事が恋人」でいまだに忙しいとのこと。
 柚子はまつりとも一緒にパーティーをしようとしますが、同時に芽衣の名前が出てきてしまいます。
 怒ったまつりは「芽衣は知らない男と会っている」「ビッチ」「ひどい人」だと告げます。

 柚子は芽衣に「謝りに行こう」といい、彼女がまつりを気にかけていたことを告げます。
 さらにまつりに「勝ち負けでくくるな」と頭突きして移動し、芽衣に抱きつきます。
 その様子を見ていたまつりは柚子に嫌われたのではないかと告げます。

 芽衣はまつりの姿にかつての自分と同じものを感じていました。
 まつりはキス写真を消して、芽衣は柚子のことを好きなのだと言い残して去っていきました。
 お姉ちゃん「達」にお別れを告げるその姿は以前には見られないものでした。

 柚子が帰宅するとお母さんは仕事でおらず、芽衣はとりあえずケーキをいただきます。
 涙目の柚子は芽衣に抱きついて、自分を傷つけないでと迫ります。
 「ちょっとだけ素直になろうかしら」と柚子の手を自分の胸を押し付けて迫る芽衣なのでした。

【考察等】
 一人で背負い込む芽衣さんには、今回はあまりにも厳しすぎる展開でした。
 積極的に攻勢を仕掛けてくるまつりさんに若干ドン引きの私がいます。
 同日放送のエクストラの影響か、植田さんのお声でどうしてもFateの遠坂凛さんが浮かぶのは私だけではないはず。

 柚子さんが芽衣さんのために一生懸命ケーキを作るところはほほえましいです。
 小さい頃のまつりさんと柚子さんの2人のやりとりも見ていてすごく可愛らしいです。
 心の広い柚子さんなら、2人を「妹」に出来るのではないかと思います。

 いろいろありながらもまつりさんとの関係も一段落してよかったかと。
 2人きりのクリスマスパーティーも姉妹仲良くしている感じが出ていてよかったです。
 次回は柚子さんが自分の気持ちを整理して、最終的に両思いになる展開なのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】citrus 第8話「war of love」

 シトラスの8話を見て感想を書きます。
 タイトルの時点で修羅場の予感しかしないのですが、一体どうなのでしょうか。
 一度でもいいから「私をめぐって争わないで!」と言ってみたいなと思う今日この頃です。

【内容】
 まつりは柚子を呼び出して2人きりのデートをしようとしますが、妹の芽衣もついてきてしまいます。
 とりあえずいろいろなもの(百合漫画を含む)を見たり買い物を楽しんだりすることになりました。
 くまさんのキーホルダーを「可愛い」という柚子にジェラシーを抱きつつ積極的に迫ろうとします。

 まつりは「あの子(芽衣)が好きなんだ」「こういうことしたいの?」と自分の胸に柚子の手を押し付けます。
 性欲のない女の子の恋って友達っていいじゃんと告げた上で、自分はエッチも出来ると言い出します。
 そうかと思えば「柚子ちゃんひどい」と言ってどこかに行ってしまいました。

 柚子はとりあえず1人でまつりを探すことにし、まつりは怒りのあまりチンアナゴたたきにいそしみます。
 それを見ていた男の子2人を捕まえて「パンツ見てたでしょ?」と一言。
 まつりは芽衣を別の場所に連れて行き、ビッチな芽衣だと言い出します。

 「同性にでも依存する女」と言われた芽衣はまつりにキスをして反撃し、「柚子の唇は返してもらった」と一言。
 男の子たちにキスの写真を撮ってもらい、一体何に使うのでしょうか。
 一方、芽衣は柚子に呼び出され、まつりの一件について謝罪されます。

 柚子の携帯にまつりから電話が鳴り……気がつけば外は雪になっていました。
 まつりを大切にしているのだといわれた柚子は、まつりとの出会いを思い出します。
 同じような境遇のまつりとは姉妹のようになれたらと考えていました。

 雪で電車が止まってしまい、芽衣はまつりが帰っていったのは自分のせいだと言い出します。
 柚子はまつりに何か埋め合わせをしようとし、芽衣はますます責任を感じてしまいます。
 「姉妹なら普通」と互いに手を重ねあって温まる柚子なのでした。

 歩きながら「今年のクリスマスパーティーは芽衣も一緒」と告げる柚子さん。
 その様子を見ているまつりはため息をもらし、何かを考えていました。
 一方、姫子は生徒会の仕事をしながら修学旅行を楽しむために芽衣の隣をキープすることを決意します。

 芽衣はクリスマスパーティーのために23日までに生徒会の雑務を終わらせようとします。
 姫子は「家族だから仕方ない」と芽衣にぎゅっと抱きつくのでした。
 はるみんは鼻メガネをつけて柚子に絡み、パーティーに行きたいと言い出します。
 ショートケーキを手作りすることで「いい嫁」になれるといわれた柚子は「そうなれればいい」とつぶやきます。

 「こんな時間までご苦労様です」
 芽衣の前に再び立ちはだかったまつりは一体何を考えているのでしょうか。
 わたし、気になります!

【考察等】
 一生懸命に一人の人を思い続けることって素晴らしいことだと思います。
 今回も積極攻勢をしかけるまつりさんですが、芽衣さんに対する言い方がちょっと怖いです。
 キスされたことまではさすがに読みきれませんでしたが、ある意味ではこの作品らしいのかもしれません。

 雪の影響で電車が止まるというある意味時事的な内容にちょっと驚いてしまいます。
 一人っ子だから妹や姉がほしかったというのはなんとなくわかる気がします。
 いまはそのまつりさんよりも義妹の芽衣さんがメインになっているのでしょうか。

 芽衣さんも柚子さんという姉にまんざらでもないご様子で、姫子さんのツンデレぶりもいいなと思います。
 花嫁修業ではないのですが、手作りのショートケーキは一度作ってみたいなと思ったりします。
 お話の終盤は修学旅行でオープニングに出ている双子さんが出てくるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム