【アニメ感想】僕のヒーローアカデミア 第33話「知れ!昔の話」

 ヒロアカの33話を見て感想を書きます。
 職場体験が終わり、新たな局面へと向かう前に重大なお話が挟まりました。
 続く戦いの因縁は、今の代で断ち切る必要があるのかもしれません。

【内容】
 職場体験を終え、グラントリノに礼を言う出久さん。
 散々ダメ出しされたものの、グラントリノは彼にオールマイトと同じ何かを感じていました。
 なお、世間では無名のグラントリノはそもそもヒーロー活動には興味がなかったとのこと。

 学校に戻ってきた出久たちはクラスメイトとの再会を果たします。
 七三分けにされたかっちゃんは怒りのあまり元の髪型に戻ってしまいます。
 ステインとの話も出ますが、世間に公表されたとおりエンデヴァーの手柄になっていました。

 クラスメイトの中にはステインの「信念」を評価する声もありました。
 その「信念」を評価しつつも、その果てに「粛清」を選んだ彼は間違いであったと語る飯田くん。
 すっかりいつもの委員長キャラに戻ったようで何よりです。

 オールマイトの担当する「ヒーロー基礎学」では救助レースが行われることに。
 クラスメイトは出久が本命と目されれる瀬呂くんと互角の勝負を繰り広げることに驚きを隠せません。
 その様子を見たオールマイトは「見ちがえたよ」と彼を褒め、「話さねばならないことがある」と呼び出します。

 覗きに徹する峰田君はさておき、オールマイトの元に向かった出久さん。
 オールマイトは出久がステインに血をなめられたことを指摘します。
 しかし、ワンフォーオールは本人が渡したい相手にしか渡すことが出来ないと聞いて安堵します。

 ワンフォーオールは、元々は個性を奪い・与える「オールフォーワン」の派生であると語るオールマイト。
 「超常黎明期」において、一人の男が個性を奪うことで日本の裏社会を支配していたとのこと。
 そしてその男は、正義感の強い無個性の弟に「個性を与える」個性を無理やり与えます。
 「個性を与える」個性は弟の「力をストックする個性」と混ざり合い「ワンフォーオール」のオリジンとなったとのこと。

 兄を倒すことが出来なかった弟は、後世に個性を託していきます。
 オールマイトの代でオールフォーワンは倒された……はずでした。
 しかし、生きていたオールフォーワンは、いまはヴィラン連合のブレーンとして活動しているとのこと。

 いつかは「オールフォーワン」と戦うことになるといわれた出久は、オールマイトの期待に応える為にそれと戦うことを宣言します。
 しかし、一方で、オールマイトはその時は自分が出久の側にいなくなることを察していたのです。

【考察等】
 今回の「昔の話」はお話の根幹をなす重要なお話だったと思います。
 ワンフォーオールの誕生とオールフォーワンとの因縁の歴史は重みのあるものでした。
 あと、少し本題と外れますが飯田くんが元に戻ってよかったと思います。

 オールフォーワンが弟さんに個性を与えた理由はよくわからなかったりします。
 それでもこれがなければオールマイトさんは生まれなかったわけですし、お話としてはなりたたなかったのですから重要です。
 その途中に挟まるであろう先代オールマイトさんのお話は今後の展開を待ちたいと思います。

 オールマイトさん退場があるとすればオールフォーワンと相打ち(ないしそれに近い状態)になるのでしょうか。
 次の世代では「ワンフォーオール」を受け継いだ出久さんと「ヴィラン連合」を率いる死柄木さんとが闘うことになるのかもしれません。
 その前に次回のタイトルにもある期末テストを乗り切ることが先決なのかもしれませんが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】僕のヒーローアカデミア 第32話「それぞれの職場体験」

 ヒロアカの32話を見て感想を書きます。
 まさかの梅雨ちゃん中心のお話でしたが、とてもよかったです。
 エンデヴァーさんの活躍といい、アニメでの追加がここまでうまくいっている例はあまりないかと。

【内容】
 ステインに受けた傷がもとで入院していた出久はニュースを見ていました。
 報道では、ステインを倒したのはエンデヴァーということになっており、実際に彼を倒した出久たちの名は公表されませんでした。
 なお、飯田くんは母親に連れられて実家に戻り、轟くんはお父さん(エンデヴァー)のところに戻ったようです。

 場面が変わって、3人以外の雄英生徒の職場体験の様子が流されます。
 ベストジーニストについてパトロールをしていたかっちゃんは子供たちを泣かしてしまい、お茶子はガンヘッドにマーシャルアーツの特訓を受けていました。
 また、ウワバミの付き人と化した八百万さんやゴミ拾いをする切島・鉄哲コンビなどなど……

 海難ヒーローのセルキーのところに来ていた梅雨ちゃんは、船の掃除にいそしんでいました。
 下積みだらけの現実の中で、先輩のシリウスは「ヒーローにとって大切なものを見つけた」と一言。
 そんな中、海上保安庁から密航者の話を聞いた一同は船を出して、それを確保すべく行動を開始します。

 セルキーはゴマフアザラシの個性を持ち、水中を自在に移動して敵の位置を捕捉します。
 梅雨ちゃんやシリウスは船に残り、セルキーは船の調査に出ますが、隙を見せて閉じ込められてしまいます。
 シリウスは「グッドイヤー」の個性でセルキーの意図を聞きだし、梅雨たちとともに別の船のもとへと移動します。

 梅雨は伸びる舌で見張りを確保し、残る敵は一人となりました。
 現れたヴィランにシリウスが人質に取られ、梅雨は無線に「誰もいなかったと言え」と脅されます。
 しかし、「ヒーローにとって大切なもの」が何かうすうす気づいた梅雨はヴィランがいたことをはっきりと告げるのでした。

 素早い動きで敵の動きをかわす梅雨ちゃんですが、敵の手に落ちてしまいます。
 その時助けに現れたのがセルキーであり、彼はあっさりと敵を倒して密航者全員の身柄を確保しました。
 そして、海上保安庁に密航者を渡す際に、セルキーは梅雨ちゃんを「もう立派なヒーローだ」と紹介するのでした。 

【考察等】
 先週までの展開とは打って変わって職場体験のお話へと戻ります。
 出久さんや轟くん、飯田くん以外の面々がどんな体験をしているのかという、かゆいところに手が届くお話といえそうです。
 原作で描かれていなかったエンデヴァーさんの活躍といい、関係者さんが原作を愛していることがわかることがわかるいいお話でした。

 前半はいろいろな職場体験を見ることで、いろいろと見えてきたものがありました。
 お茶子さんが修行らしいことをしていたところをはじめとしてそれぞれの皆さんが何をしていたのかは興味深いです。
 また、ヒーローという華やかなイメージの裏で、パトロールやゴミ拾いなど、地道な努力を移していたところもよかったと思います。
 
 後半のお話は、なんと梅雨ちゃんが中心のお話でした。
 あえて体育祭での最終戦進出者でない彼女にスポットを当てたという目の付け所がいいなと思います。
 面倒見のよさそうなシリウスさんもいいですし、シルキーさんのキャラクターもなかなか面白い人だと思いました。

 ヒーローにとって大切なものは何かということがおぼろげながらも見えてきたように思えます。
 それぞれが今回の体験で何かを得て、一回り大きくなって戻ってきてほしいところです。
 そのことが、オールマイトさんの負担をゆくゆくは軽減することになると信じています。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】僕のヒーローアカデミア 第31話「「ヒーロー殺しステイン」その余波」

 ヒロアカ31話を見て感想を書きます。
 敵ながら、ステインさんの「信念」は一貫しており色々と考えさせるものがありました。
 彼に感化された敵の出現、これから起こりうる新たな戦いの前には、彼すらもその序章に過ぎなかったのかもしれません。

【内容】
 保須市の暴動は鎮圧され、ステインや脳無は警察によって逮捕されました。
 一方で、ステイン逮捕の立役者である出久や轟くん、飯田くんは怪我のために入院を余儀なくされます。
 出久たちはステインの殺意を感じ、生きていたのは「奇跡」だと総括します。

 入院中の出久たちの前に現れたのは(犬の顔をした)面構警察署長でした。
 署長は、ヒーローが異能の力を使うことは、先人達がルールを守ってきたからであると主張し、ヒーローの卵である出久たちが保護観察外で個性を使ったことはれっきとした「規則違反」であると告げます。
 そのことに対して、轟くんは、飯田くんがいたから犠牲は出なかったとし、大人しく殺されればよかったのかと反論します。

 署長は建前での話を終えた後、本題へと入ります。
 このまま処分すれば出久たちの将来に傷が付く一方、今なら目撃者も少ないことから出久たちの処分を握りつぶすことも可能とのこと。
 握りつぶしたことで出久たちの本来得られるはずの賞賛は無くなったものの、署長は静に頭を下げるのでした。

 ステイン逮捕の一件はエンデヴァーの手柄ということで報道されました。
 脳無との関連から、ステインとヴィラン連合とのつながりも専門家によって指摘されることに。
 そのことから、少しずつ悪意が動き始めます。

 そのほかの雄英生徒の動向、プロヒーローのベストジーニストに七三分けを強いられたかっちゃんや極道ヒーローに殴られる切島・鉄哲コンビ、CM出演する羽目になった八百万さんなどなど……
 一方、出久はお茶子にことのてん末を電話で報告します。

 検査を受けた飯田くんの左腕には後遺症が残ることが判明します。
 手術によって回復することが可能とのことですが、彼はこの傷を自らへの戒めとし、本物のヒーローになるまで残すとのこと。
 一緒に強くなろうと意気込む出久に対して、轟くんは自分が関わると手を駄目にしてしまう「ハンドクラッシャー」ではないかと悩んでいるようです。

 師であるグラントリノから連絡を受けたオールマイトは、出久の行動について怒られます。
 同時に、ヒーロー殺しの強い思想がこれから報道などで拡散されていくと、その思想に感化される連中が出現し、ヴィラン連合がその受け皿になるのではないかと続けます。
 さらに、脳無に複数の個性が移植されたという事実から、かつて先代オールマイトを殺し、現オールマイトの腹部に穴を開けた男「オールフォーワン」がその黒幕ではないかと推察されるのでした。

 インターネット上では、ステインの来歴とその思想についての動画が削除・投稿を繰り返されていました。
 オールマイトにあこがれてヒーローを志した男(赤黒血染)は、私立のヒーロー科高校に入学するもその「構造的腐敗」を目の当たりにして退学し、「英雄回帰」を主張しするも言葉ではどうにもならなかったとのこと。
 彼にとってのヒーローとは、自己犠牲の果てに得られる称号であり、見返りを求めて活動する現代のヒーローはニセモノとして粛清を繰り返すことでその思想を世間に示していたのです。

 スナックらしく場所での会話によると、自分を含む多くの犯罪者が姿を表し、ヴィラン連合へと集結するとのこと。
 怒涛の展開の前には、ステインすらもその序章に過ぎないのでしょうか。

【考察等】
 前回のヒートアップした戦いとは違った意味で画面から目が離せませんでした。
 あふれる思想、そして情報や怒涛の展開に、いい意味で裏切られたとでもいえそうです。
 事件のてん末のみならず、飯田くんたちのけじめ、ステインさんの来歴、黒幕の正体等……情報量が多すぎてパンクしそうです。

 警察の人が出てきてルール違反と指摘してきました。
 そこで反論する轟くんの姿に、彼もすっかり熱くなったなとうれしく思いました。
 結局はエンデヴァーさんの手柄になったようですが、前回の活躍を見ていたらいいのではないかと思います。

 飯田くんが自分の腕の怪我を「戒め」として残すシーンがよかったです。
 復讐心に囚われていた彼が、敵の言葉とはいえ「正論」をしっかりと受け止める、その冷静さが戻ってきてよかったです。
 あと、ハンドクラッシャーと言い出す轟くんの姿も中々面白いです。

 グラントリノさんとオールマイトさんの会話では今後の流れと敵の黒幕が示されます。
 ステインさんの思想に感化された人間がヴィラン連合に次々と集まってくるというところに更なる激戦の予感がします。
 さらにはその黒幕が先代オールマイトを殺したという敵というのですから驚きです。

 ステインさんもまたヒーローへの憧れを持っていた存在ということが示されました。
 その憧れが現実を見て幻滅し、その思想を示す為に殺人を繰り返すというのですから恐ろしい話です。
 一方で、その信念を一貫させたところは大いに興味を引かれます。

 これまで姿を隠していたヴィランさん達が次々と「連合」へと集結しつつあるようです。
 一気に戦力を増強させることになったヴィラン連合の前に、戦いはますますヒートアップすることが予想されます。
 強烈な思想を持つステインさんですら、これから始まる戦いの序章に過ぎなかったのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】僕のヒーローアカデミア 第30話「決着」

 ヒロアカの30話を見て感想を書きます。
 見事な共闘に思わず画面の前で叫んでしまいそうになりました。
 飯田くんも闇堕ちから戻ってきたようで何よりです。

【内容】
 「ヒーロー殺し」のステインに対して、出久と轟くんは共闘して立ち向かうことに。
 そんな2人の姿を見て、飯田くんは尊敬する兄のことを思い出していました。
 兄の敵を討つという名目で、自分のことしか考えていなかった自分を「未熟者」と一言。

 「ここで立たなきゃ、兄さんに追いつけない!」
 飯田くんは持ち前のスピードでステインに迫られた轟くんを助け出します。
 ヒーローとして再起した飯田くんですが、ステインはその本質は変わらないと吐き捨てます。

 轟くんの個性で足を凍らせてもらった飯田くんは、そのスピードでステインに攻撃を仕掛けます。
 飯田くんの足と出久の拳の同時攻撃で、ステインに大ダメージを与えます。

 轟くんの父であるエンデヴァーは、グラントリノとともに複数の個性を持つ脳無と戦っていました。
 別行動を取った息子の様子から事態を把握した彼は、残る脳無との戦いは自分が引き受けることを決意。
 グラントリノには息子が目指した地点へと向かってほしいと依頼します。

 出久と飯田くんの一撃、さらには飯田くんと轟くんの追撃が、ついにステインを打ち破ります。
 一方、残った脳無を蹴散らしたエンデヴァーですが、空を飛ぶ個体を一体取り逃がしてしまいます。
 グラントリノは出久の勝手な行動を戒めつつ、俊典(オールマイトの本名)にそっくりだと一言。

 ステインを連行する途中で、空飛ぶ脳無が出久を掴んで連れ去ろうとします。
 その時、武器を隠し持っていたステインは「犯罪者も粛清対象」と脳無を倒してしまいます。
 自分を殺していいのはオールマイトだけと言い残し、気を失ったステインですが、その気迫にただただ圧倒されるヒーローたちなのでした。

【考察等】
 体育祭では互いに戦いあった出久さんや轟くんが共闘しているだけで胸が熱くなります。
 復讐に凝り固まって「殺してやる!」とまで言っていた飯田くんも、自分の原点を取り戻したようで何よりです。
 見事な連携でステインさんを最後は倒してしまったというのはすごくよかったと思います。

 ヒーローの卵である出久さんたちの一方で、プロヒーローの方を見てみます。
 グラントリノさんと並んで、エンデヴァー(轟くんのお父さん)の活躍がとにかくかっこよかったです。
 自分の子供でポケモンばりの「厳選」をしていた彼は人間的には問題があるのかもしれませんが、息子さんの言うとおりヒーローとしては目を見張るものがあるといわざるを得ません。

 ステインさんを打ち破った後、出久さんがさらわれそうになったのは驚きでした。
 さらにそれを助ける形になったステインさんも独自の考えを持っていたようです。
 彼は我々や出久さんたちとは違った形で「ヒーロー」に憧れを持っている存在なのかもしれません。

 飯田くんの一件が片付いた次は、「ステインさんの余波」なのだとか。
 彼がこの社会に投げかけようとしていたことは、一体なんだったのでしょうか。
 ヴィラン連合の動向と共に、しっかりと見届けようと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】僕のヒーローアカデミア 第29話「ヒーロー殺しステインVS雄英生徒」

 ヒロアカの29話を見て感想を書きます。
 ステインさんの行動を読んでいた出久さんの活躍が見事でした。
 そして、轟くんの最後の一言には胸を打たれました。

【内容】
 新幹線で保須市を通過するところで脳無に襲われた出久たち。
 グラントリノはそのまま社内から飛び出して戦闘を継続することになりました。
 取り残された出久もまた下車して、訓練の成果「ワンフォーオール・フルカウル」を発動して現場へと急行します。

 グラントリノは脳無に苦戦を強いられますが、ナンバー2ヒーローのエンデヴァーが現われ、あっさりと脳無を焼き払ってしまいます。
 一方、出久はプロヒーローのマニュアルの言葉から、飯田くんがどこかに行ってしまったことを知ります。
 彼と保須市を結ぶもの、それは「ヒーロー殺し」ステインの存在だったのです。

 兄の敵であるステインと対峙した飯田くんは、尊敬する兄の名「インゲニウム」を継ぎ、彼を止めようと挑みかかりますがあっさりと倒されてしまいます。
 復讐に燃える彼を見たステインは「ヒーローから最も遠い」と一言。
 それに対して、飯田くんは尊敬する兄の姿を思い浮かべ、相手を殺してやるとまで言ってのけます。

 飯田くんにとどめを刺そうとするステインの横っ面を殴りつける出久さん。
 彼は今までの脳無の出現とステインの行動に、敵が共闘した可能性、そして飯田くんがステインを発見したことを推測していました。
 なお、飯田くんはステインの個性により動くことが出来なくなっていました。

 ステインの「殺人者の目」に恐怖しつつも、プロヒーローがくるまでの間の時間を稼ごうとする出久さん。
 「関係ない」と言ってのける飯田くんに対して、「よけいなお世話がヒーローの本質」と一言。
 そのままステインの攻撃をかわして再び一撃を与えます。

 飯田くんと同じように動けなくなった出久は、その能力は「血」によって発動することを推測します。
 絶体絶命のピンチの前に現れたのは、雄英高校のクラスメイトである轟くんの姿でした。
 今まで執拗に使わなかった左の炎を使った彼は、そのままステインとの戦闘を開始します。

 飯田くんに「インゲニウムはそんな顔じゃなかった」と告げる轟くん。
 いち早く動けるようになった出久がステインに再び攻撃を仕掛けます。
 ステインの能力は血を吸うことで相手の動きを封じますが、血液型によって持続時間が異なるとのこと。

 出久と共闘することになった轟くんもまた、飯田くんのことを気にかけていました。
 憎しみに燃える瞳にかつての自分と同じものを感じていた彼ですが、お母さんとの再会を経て父の事務所を訪問したとのこと。
 許せない相手ではあっても、ステインの行動を読んで保須市に出動していたお父さんのヒーローとしての勘は本物だったのです。

 「なりてぇもん、ちゃんと見ろ!」と叫ぶ轟くんの言葉は、果たして飯田くんに届いたのでしょうか。
 そして、出久と轟くんの共闘は、ヒーロー殺しにどこまで通用するのか、わたし、気になります!

【考察等】
 今回も見所いっぱいのお話でいまだに興奮が冷めません。
 闇堕ちした飯田くんが心配でしたが、出久さんたちが助けに来たのはよかったです。
 そして前回まったく出番のなかった轟くんがすごくかっこよかったです。

 兄への復讐に燃える飯田くんは、ヒーローらしからぬ発言を含めて明らかに変でした。
 私欲を優先するのはヒーロー失格(意訳)と語るステインさんもその点だけ見ると正論に見えます。
 彼には独自の美学があるようですが、殺人を繰り返すことは正当化できないのは言うまでもないです。

 推測を的中させ、飯田くんを助けに入った出久さんはとにかくかっこよかったです。
 考えるよりもまず行動する、そんな彼らしさが出ていた登場だったと思います。
 しっかりと訓練の成果を自分のものに出来ていて、戦闘でも生かされていたのがよかったです。
 
 出久さんに続いて轟くんが登場したのはうれしいサプライズでした。
 自分が同じような状態だったことから飯田くんを気にかけていた、そんな彼なりの優しさが素敵です。
 「なりてぇもん、ちゃんと見ろ!」の一言はかつての出久さんの「君の!力じゃないか!」に匹敵する名言かもしれません。

 出久さんと轟くんの共闘に思わず胸が熱くなります。
 彼らはこのままステインさんを抑えきることができるのでしょうか。
 次回もしっかりと見届けたいと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム