【感想】僕のヒーローアカデミア(13話:最終回)「各々の胸に」

 ラブライブのあと、すぐにヒロアカを見ます。
 よくまとめられてはいますが、1クールではすこし物足りなく感じてしまいます。

【内容】
 圧倒的なパワーを持つ魔獣を全力以上の力で叩き伏せたオールマイト先生。
 敵をして「チート」と言わしめるその圧倒的な力ですが、実は活動限界は超えていました。
 それでもオールマイトはヴィラン連合に対して虚勢をはります。

 オールマイトは無傷ではなくまだ正気はあると踏んだヴィランはオールマイトに攻撃を仕掛けてきます。
 活動限界のことを唯一知っている出久は、オールマイトを守るためにヴィランに攻撃を仕掛けますが、それは完全に読まれていたもようです。
 敵の個性でチリにされそうになった出久ですが、そこに飯田君の連れてきた増援が到着し、ヒーローの反撃が開始されます。
 相手の大将は両手両足を銃で撃ちぬかれながらも、ワープ能力により逃走してしまいました。

 オールマイトは出久に対して、「また助けられたな」と一言。
 逃げたヴィラン連合は、「話が違うぞ!」と黒幕らしい人物に文句を言いつつも、「あの邪魔さえなければ……」と出久の行動を意識していました。

 学校に場面は戻り、相澤先生や13号先生は幸いにも命に別状はなく、オールマイトと出久は保健室で横になっていました。
 ボロボロになった師弟の下にやって来た警察の人は、オールマイトの知り合いらしいです。
 「三人のヒーローが戦ったおかげ」とする警察に対して、オールマイトは生徒の健闘をたたえ、入学間もない時期に実戦をいきぬいた彼らは将来良いヒーローになるだろうと確信します。 

 そして、出久のナレーションで「この事件は始まりにすぎなかったことを今の僕たちは知る由もなかった」と2期を匂わせる発言で全13話は幕を閉じます。 

【感想】
 毎回出久さんの奮闘に心を動かされる13回でしたが、それは最終回でも変わりませんでした。
 圧倒的なパワーを持つオールマイト先生の弱点を知る出久さん、彼の奮闘が師を救うところがよかったです。
 いい師弟関係に、今後も期待できるところです。

 13話では物足りないと思っていた私ですが、最後の2期決定のお知らせには驚きました。
 アルスラーン戦記→七つの大罪→オルフェンズ→ヒロアカ(2期)となるのでしょうか?
 2期決定の後は、肝心の放送予定が気になるところです。
 週刊連載である以上、原作のストックはそれまでにはたまってきそうな感じがしますので、今度は2クール以上を期待したいところです。

【感想】僕のヒーローアカデミア(12話)「オールマイト」

 リアルタイムでヒロアカを見たので感想を書きます。
 ヒーローを体現するオールマイト先生の戦いが熱いです。

【内容】
 雄英高校を襲撃してきた「ヴィラン連合」により先生方ですら倒されてしまい、出久たちは絶体絶命のピンチに陥ります。
 そんな中、「私が来た!」の決め台詞とともに、「平和の象徴」オールマイトが颯爽と登場します。

 オールマイトは敵の雑兵を倒し、倒れた相澤(イレイザー)先生を回収し、彼を連れて逃げるよう生徒に指示します。
 しかし、魔獣のショック吸収能力にはオールマイトの一撃は通用しません。
 ならば、動きを封じようとバックドロップを仕掛けますが、黒霧によって阻まれてしまいます。

 一旦は先生を連れて逃げる出久ですが、オールマイトの活動限界を知っているからこそ、彼が心配でたまりません。
 あなたに教わることはまだまだある、と敵地に戻り、彼を援護しに行きます。
 そして、同様にかっちゃんや轟君なども駆けつけ、彼らのおかげでオールマイトはピンチを脱することに成功します。

 魔獣は轟君が体半分を凍らせ、黒霧はかっちゃんが抑えたことで残る敵は1人です。
 しかし、魔獣は圧倒的な超回復により万全の状態に戻り、さらに黒霧を奪還するためかっちゃんに全力で殴りかかってきます。
 その速さが全く見えなかったかっちゃんですが、オールマイトがかばったことにより無傷でした。

 活動限界がもう来ているのではないかと心配する出久に対して、オールマイトは親指をたてて「心配ない」とサインを送ります。
 時間は残り少ない中で、全力以上の攻撃を連続して繰り出し相手の再生能力の上をいったオールマイトは、「ピンチをぶち壊してゆく」必殺の拳で敵を空高くまで吹き飛ばします。
 これで、残る敵は2人となりました。

【感想】
 「平和の象徴」たるオールマイト先生の戦い方、まさにヒーローそのものでした。
 仲間を助けるところは、サイヤ人と相対したときの悟空(ドラゴンボール)さんを思い出します。
 相手が星になるのも、ヒーローものの王道だろうと思われます。

 一方で、出久さんを初めとした生徒たちの見せ場も用意されているところがよかったです。
 彼らもきっといいヒーローになれるのだろうと思います。

 次回は最終回ということは、敵が引き下がって終わりでしょうか。
 原作のストックがたまってからでも、2期をやってほしいところです。

【感想】僕のヒーローアカデミア(11話)「ゲームオーバー」

 諸事情が合って遅れましたが、ヒロアカ(11話)を見たので感想を書きます。
 ヴィラン連合……恐ろしい子です。

【内容】
 平和の象徴であるオールマイトを抹殺するため、突然雄英高校に侵入した「ヴィラン連合」の皆さん。
 イレイザー先生が敵を引きつけるものの、ワープゲートを使う敵のおかげで生徒はばらばらに分散してしまいます。
 13号先生は飯田君に、外に出て助けを呼ぶよう指示を出し、彼はクラスメイトの助力を背に走り出します。
 一方出久は、梅雨ちゃんたちとともに水上でヴィランに囲まれた状態からの脱出に成功します。

 脱出に成功した出久は、無理をして敵を引きつけているイレイザー先生の負担を少しでも減らせないかと考えます。
 一方他の場所では、轟君が敵を圧倒的な力で倒し、また別の所では上鳴君の雷攻撃がヴィランを丸焦げにしています。
 しかし、先生の所にいた敵は、生徒が相手をしている連中よりも一団も二段も上手の連中でした。
 イレイザー先生は長期戦の疲れもあり敵にひじを砕かれ、圧倒的なパワーを持つ魔獣にぼろぼろにされ、13号先生はワープゲートを真後ろに作られたことで自分のブラックホールで自滅してしまいます。

 かっちゃん達他の生徒が敵の数を減らしているうちに、飯田君は敵の攻撃をかいくぐり外に出ようと走り出します。
 ゲートの男はそれを阻止しようとしますが、お茶子たちの助力もあり、飯田君はUSJ脱出に成功し、外に救援を呼びに行くことに成功します。
 それを見たゲートの男は、救援が来ては勝ち目がないことを悟り、「(自分たちが)ゲームオーバーだ」とつぶやきます。

 イレイザー先生を追い詰めるヴィランにも、もうすぐ救援が来ることが知らされ、この男も「ゲームオーバーだ」と口にしつつ、勝てないから「帰るか」と言い出します。
 しかしその前にと梅雨ちゃん達に襲い掛かりますが、イレイザー先生の個性封じが発動して梅雨ちゃんはちりにされなくてすみました。
 出久は梅雨ちゃんを助けるため全力で敵に殴りかかりますが、魔獣には通じません。

 万策が尽き、絶体絶命のピンチの中、「私が来た!」の決め台詞とともにオールマイトが颯爽と現れます。
 それを見たヴィランは「コンティニューだ」と小声でつぶやきます。

【感想】
 タイトルを見たとき、主人公側が絶体絶命の危機に陥って「ゲームオーバー」になるのかと思っていたので、敵がゲームオーバーと言い出したときは、驚きました。
 生徒を守ろうとするイレイザー先生や13号先生は教育者の鑑だと思いますし、飯田君や他の生徒が力を合わせるところもよかったと思います。
 そして、絶体絶命のピンチの中現れるオールマイト先生、これ以上ない、ヒーローらしい登場の仕方でよかったと思います。

 次回は圧倒的な力で敵をねじ伏せるオールマイト先生が見られるのか、それとも先生が途中で力尽きて、主人公達が戦うことになるのか、私、気になります!

【感想】僕のヒーローアカデミア(10話)「未知との遭遇」

 リアルタイムでヒロアカを見たので感想を書きます。
 文字通り「個性」的なキャラクターをあまり把握していないので、正確性はあまり保障できないです。

【内容】
 ヒーロー基礎学の授業中に現れた大量のヴィラン(敵)の目的は、「平和の象徴」オールマイトの抹殺でした。
 「一芸だけではヒーローは務まらん」とイレイザー先生が次々とヴィランを倒してゆき、その間にその場を脱出しようとする13号先生と生徒達ですが、首領と目される黒い影がたちはだかります。

 黒い空間から、水中に投げ出された出久(主人公)は、カエルの子(つゆちゃん)に助けられ、船の上に避難します。
 他の生徒もそれぞればらばらに飛ばされたもようです。
 出久は、こちらのカリキュラムを敵が知っていたことから相手が用意周到にこのときを狙っていたこと、そしてオールマイトを抹殺できるという算段があることが推測します。
 でも、そんな理由よりも、今は戦うしかありません。

 一方オールマイトは職員室(?)にいて、出て行こうとしますが、校長先生(ネズミさん?)にとめられてしまいます。

 13号先生は、委員長の飯田君に高速移動で助けを呼ぶよう指示を出し、他の生徒とともに、その間の足止めをします。

 船上の出久たちは、カエルの個性のつゆちゃんを水上に送ったことから、敵が生徒の個性を把握していないことを見抜きます。
 痺れを切らした敵は、船を一撃で叩き割りますが、「敵が勝ちを確信したときがチャンスだ」と出久はジャンプして2本の指で水上を攻撃して渦を起こして敵を一網打尽にし、その間に脱出に成功します。

【感想】
 序盤から大量の敵が攻めてくるとは恐ろしい展開だと思います。
 色々とピンチの状況ですが、ここからどう切り抜けていくか、またオールマイトさんの動向にも注目が集まります。
 さらなる出久さんの見せ場にも期待してます。

【感想】僕のヒーローアカデミア(9話)「いいぞガンバレ飯田くん!」

 リアルタイムでヒロアカ9話を見たので感想を書きます。
 飯田君の委員長就任、やっぱり来るところに来たという感じがします。

【内容】
 オールマイトの雄英高校の教員就任は人々に知られることになり、学校の前にはマスコミがたむろして取材を求めていきます。
 しかし、学校には関係者以外立ち入れない仕掛けがなされており、マスコミはシャットアウトされてしまいます。

 学校の中では、学級委員長をどうするか話し合いがもたれていました。
 ヒーローを目指す生徒にとっては委員長は誰もがやりたいポジションとのことで、出久を含めて皆さん元気に立候補します。
 飯田君の「投票で決めよう」との一言で各自投票すると、出久が3票を取り委員長に就任することになりました。

 学食で話をする出久、お茶子、飯田君ほかの皆さん。
 飯田君は自分はやりたかったが、あえて出久がふさわしいと思って投票したとのことでした。
 その飯田君の実家は代々ヒーローを輩出している名門で、彼はそのお兄さんにあこがれているようです。

 突然サイレンが鳴り、侵入者が学校に侵入したとのことで生徒はパニックに陥ります。
 侵入者がマスコミだと気づいた飯田君は、お茶子に個性で体をうかせてもらい、ブーストして出口の前に立ち、騒ぎを収めます。
 その光景を見た出久は、自分よりも飯田君が委員長にふさわしい人だと指名し、飯田君がはれて委員長に就任します。
 しかし、気になるのはマスコミ自体にバリケードを破る力はなく、何者かが手引きしたという事実です。

 次の日、出勤中にヴィランを倒したオールマイトですが、出久に個性を渡した影響などでこれまでより活動限界が短くなっていることを自覚します。

 今日のヒーロー基礎学は「救助訓練」とのことで、生徒はバスに乗って演習場に移動します(飯田君が早速引率に張り切っているもようです)。
 バスの中では活発な議論がもたれ、あのかっちゃんがいじられているところに、雄英のすごさを実感する出久なのでした。

 たどり着いたのは巨大なドームで、中にはさまざまな災害に対応した研修施設「USJ」が広がっていました。
 今回の演習を担当する13号先生は、災害救助に長けた有名な方らしいです。
 先生がいうには、ヒーローの個性は一つ間違えば人を殺しかねない力であり、その力を人命を救うためにどう使うのか考えてほしいとのことです。

 いよいよ演習が始まるといったその時、演習場に、ヴィランの大群が現れます。

【感想】
 出久さんが委員長就任というのは中々斬新な感じでしたが、結局それらしい人に納まったといった感じです。
 飯田君、第一印象は余りよくなかった気がしますが、真面目な感じで、学級委員長に典型的なキャラクターだという印象を受けます。
 出久さんを評価していたところもかなりポイントが高いです。
 そこに気づくとは、やはり天才なのでしょうか。

 最後のヴィラン襲撃について。
 マスコミに手引きしたもの、きっと今回のヴィランの仕業なのだろうと思われます。
 先生も強いのでしょうが、次回は先生があっけなくヴィランを全滅させる展開ではなく、おそらく生徒の誰かが人質にでも取られてしまって、出久さんや他の生徒にも見せ場があるのかもしれません。

 余談ですが、研修施設の名称「USJ」とは、大阪にある某テーマパークさんには怒られないのでしょうか?
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム