【アニメ感想】僕のヒーローアカデミア 第50話「終わりの始まり 始まりの終わり」

 ヒロアカの50話を見て感想を書かせていただきます。
 タイトル的に最終回なのかなと思っていましたがそんなことはありませんでした。
 出久さんのお母さんの発言については親としては当然だと思われます。

【内容】
 ワン・フォー・オールの残り火を使い果たしたオールマイトは出久へ「次はキミだ」とメッセージを送ります。
 オープニングの後、警察では今回の事件を踏まえた会議が行われていました。
 オールマイトの引退と死柄木の「成長」を前に、警察もまた改革が必要だと結論づけます。

 入院中のオールマイトは引退を確定させつつも、死柄木のことが気になってしまいます。
 師匠であった志村菜奈は夫を殺されていたことから子供を里子に出していて、関わらないでほしいと言い残していました。
 それでも死柄木を探そうと考えるオールマイトですが、グラントリノに思いっきり反対されます。

 出久は轟くん達と合流した上でかっちゃんを警察に引き渡し、それぞれ帰路につきます。
 エンデヴァーはオールマイトの引退によってナンバーワンとなりますが、そんなことは認めんぞと暴れていました。
 出久は帰宅したものの、オールマイトに呼び出されて公園へと向かいます。

 言いつけを守らない出久を殴ったオールマイトでしたが、出久がはじめて怪我をしないで戻ってきたことがうれしいと告げます。
 校長先生はオールマイトたちに感謝をしつつ、生徒を守るためにかつてより考えていた「全寮制」への移行を決意します。
 オールマイトと相澤先生は保護者を回って説得するのですが、耳郎さんのご両親もかっちゃんの母親もあっさりと了承します。

 かっちゃんはオールマイトに「デクはあんたにとって何なんだ」と問いかけます。
 オールマイトは「生徒だよ」と事実を隠しますが、かっちゃんは察して「言いたくないならいいわ」と一言。
 続いてオールマイトは出久の家にやってきて雄英高校が全寮制になることを説明するのですが……

 出久の母(引子)は雄英に入ってから息子がボロボロになるのを見て、無個性の方がよかったのではないかと言い出します。
 今の雄英に息子を通わせたくないと言い出す母親に、出久は「雄英でなくてもいい」と言いつつ、洸汰からの手紙を見せます。
 出久の決意を見たオールマイトは土下座して頭を下げ、出久は自分の後継者であると告げます。

 これからの雄英高校を見てほしい、命に代えても出久を守ってみせると訴えるオールマイト。
 引子は「生きて守ってください」と告げ、出久が引き続き雄英に通うことを許可するのでした。
 一方、師であるオール・フォー・ワンを失った死柄木は一体何を思うのでしょうか。

【感想等】
 最終回ではないものの、一つの締めくくりともいえるお話でした。
 敵味方ともに「師」から「弟子」への世代交代を意識するお話で間違いないはず。
 オールマイトさんのあのムキムキを見られないと思うとちょっと寂しさを感じます。

 思わぬ形でナンバーワンとなったエンデヴァーさんの心中は複雑なのだと思います。
 轟くんのお姉さんが出てきますが、彼女は普通に育っている感じだったのでよかったかと。
 あと、かっちゃんのお母さんが息子にそっくりだった一方でお父さんの立場が危うい感じでした。

 生徒の安全のために全寮制にするとのことですが、序盤はあっさりと了解されたところに信頼が残っていたのだと考えます。
 出久さんのお母さんは反対しますが、子供を心配する親ならばむしろこの反応の方が普通だと思います。
 一瞬、出久さんが別の学校に転入するのかと心配しましたが、そんなことはなくてよかったです。

 次回は入寮するお話のようですが、時期的に見ると3期の最終回なのでしょうか。
 2期3期と順調に進んでいるだけに4期も期待したいですが、原作ストックがたまるまで時間がかかるのかもしれません。
 今度放送があるときには死柄木さんの過去が明らかになることを期待したいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】僕のヒーローアカデミア 第49話「ワン・フォー・オール」

 ヒロアカの49話を見て感想を書かせていただきます。
 最強の敵と我らがヒーローとの壮絶な戦いが続きます。
 彼ならどんなピンチも乗り越えられると思いますが……

【内容】
 高校時代の俊典はこの国には精神的な「柱」がいないことを憂いで、自分がその「柱」になることを決意します。
 オープニングの後は現代に戻り、出久たちはかっちゃんを救って無事脱出した模様です。
 「これでよかったんですよね」とつぶやく出久はオールマイトの戦いの行く末を案じていました。

 最悪の敵であるワン・フォー・オールはオールマイトの師である菜奈を殺した「敵」でもありました。
 師匠を侮辱されたオールマイトは憤りますが、グラントリノに冷静になるように怒られてしまいます。
 ワン・フォー・オールは「君が守ってきたモノを奪う」と執拗に攻撃を仕掛け、オールマイトはひょろひょろの姿をさらけ出すことに。

 力を使い果たしても立ち上がるオールマイトですが、死柄木が菜奈の孫であることを聞かされてしまいます。
 悲痛な叫びを上げるオールマイトですが、そんな中、町の人々や出久たちの応援する声が聞こえてきます。
 「ヒーローは守るモノが多い。だから負けない」と右手に全ての力を込めて勝負に出ます。

 ボロボロになったオールマイトの姿を見てナンバー2のエンデヴァーは「なんだその姿は?」と憤ります。
 ずっとオールマイトを超えようと研鑽を重ねてきた彼の叫びに続き、他のヒーローたちが現われて救助活動を続けます。
 一方で、ワン・フォー・オールはありったけの個性で右腕を強化して最後の一撃を繰り出そうとしていました。

 ワン・フォー・オールはオールマイトがすでに出久に力を継承した「残り火」であることを知っていました。
 先生としても私の勝ちだと勝利を確信するワン・フォー・オールに対し、オールマイトは「まだ死ねんのだ!」と踏みとどまります。
 右腕で相手の攻撃を止めて左でなぐり、さらに限界を超えた右腕でついにワン・フォー・オールを倒すのでした。

 オールマイトの勝利に町の人々の歓声はやむことはありませんでした。
 そしてオールマイトは左腕を出久の方向に向けて「次は、君だ!」とメッセージを送ります。
 全てを燃やし尽くした男の遺志を継ぐ彼は一体何を思うのでしょうか。

【感想等】
 高校生の時から「柱」になろうという意識の高さがやっぱり大器の片鱗を感じさせます。
 先代のオール・フォー・ワン継承者が女性であったことはちょっと驚きだったりします。
 また、死柄木さんが菜奈さんの孫だとはっきり言われましたが、彼が闇墜ちした理由は一体何なのでしょうか。

 活動限界を迎えてひょろひょろの姿をさらけ出したオールマイトさんですが、それでも引くことのない心はまさに平和の象徴かと。
 周囲の応援に力をもらうのはありきたりの展開ではありますが、やっぱりこういう王道はいいなと思います。
 エンデヴァーさんが研鑽を重ねた結果がかつての轟くんだと思うと複雑な心境になりますが……

 土壇場での勝利は出久さんと共通で、最後まで彼らしい見事な戦いぶりに涙が止まらなくなりました。
 今後はオールマイトさんの意志を受け継いだ出久さんと、ヴィラン連合を率いる死柄木さんとの戦いになるのは間違いないかと。
 次回タイトルの「終わりの始まり」の言葉のとおり、これからが本当の戦いの始まりなのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】僕のヒーローアカデミア 第48話「平和の象徴」

 ヒロアカの48話を見て感想を書きます。
 「先生」ことオール・フォー・ワンさんが出てきたことで流れが悪い方向に向かっているのかと。
 さすがのオールマイトさんも相手が相手だけになかなか楽に勝たせてくれないような気がします。

【内容】
 ヒーロー達がヴィランを抑えたかと思いきや、突然のワープで形勢が逆転します。
 かっちゃんや死柄木たちは姿を消し、周囲には大量の脳無が襲いかかってきました。
 そして「先生」ことオール・フォー・ワンはナンバー4のベストジーニストを圧倒します。

 オール・フォー・ワンのあまりの威圧感に、その場に居合わせた出久たちは動くことができません。
 突然、死柄木とヴィラン連合の皆さんを放出したオール・フォー・ワンは「いくらでもやり直せ」と死柄木を激励します。
 そこに「全てを返してもらうぞ!」と平和の象徴であるオールマイトが到着しますが……

 オール・フォー・ワンは黒霧の個性を強制的に発動させ、死柄木にかっちゃんを連れて逃げるように促します。
 オールマイトはオール・フォー・ワンと戦うことになりますが、近くにかっちゃんがいて全力を出し切れません。
 そのかっちゃんもヴィラン連合6人を相手に距離を保ちつつ戦うことになりました。

 「戦うことが許されない」出久は戦わずにかっちゃんを救い出す方法を考えます。
 飯田くんと出久が切島くんを持って噴射して壁を壊し、轟くんの氷の道で上空からヴィランたちを横断します。
 そしてかっちゃんと対等な関係を築いてきた切島くんが「来い!」と声をかけ、かっちゃんはその手を取ることに。

 ヴィラン連合の1人であるマグネは仲間を磁力で吹き飛ばしてかっちゃんを奪還しようとします。
 マウントレディやグラントリノが出てきて出久たちを逃がしていきました。
 一気に形勢を逆転されたオールフォーワンは強制的に死柄木達をワープで逃がすことに。

 オール・フォー・ワンに憤ったオールマイトは「許せない!」と強力な一撃を加えます。
 しかし、オールマイトには活動限界が近づいていました。
 そしてさらにオール・フォー・ワンは先代のワン・フォー・オール継承者である志村菜奈の名を出しますが……

【感想等】
 前回中盤までの流れを一気にひっくり返すその威圧に驚きを隠せません。
 仲間を助けに行ったら大ボスが現われたという意味ではドラクエ5をふと思い出します。
 実際のところはオール・フォー・ワンさんはゲマさんどころはラスボス扱いと思われます。

 ラスボス相手ではオールマイトさんが出張るしかなかったのは想定内かと。
 かっちゃんを救出するところで切島くんが少しでも活躍したのはよかったです。
 八百万さんは変装道具を購入しただけなのかもしれませんが……

 死柄木さんがオール・フォー・ワンさんを「先生」と呼ぶところを含め、出久さん達とは違った師弟関係があるようです。
 ちょっと前に洸汰くんのお話がありましたが、死柄木さんもまたヒーロー(例えば志村菜奈さん)の関係者なのかもしれません。
 それはそれとして、活動限界が迫る中でオールマイトさんがどうオール・フォー・ワンさんと戦うのかが気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】僕のヒーローアカデミア 第47話「オール・フォー・ワン」

 ヒロアカの47話を見て感想を書かせていただきます。
 かっちゃんを救出するためにオールマイトさんがついに強行突入を試みたようです。
 時期的にもタイトル的にも「ラスボス登場」といったところなのでしょうか。

【内容】
 一連の事件についてマスコミの取材を受ける相澤先生たちは、生徒に犠牲が出なかったことを「不幸中の幸い」と考えます。
 マスコミはかっちゃんの素行の悪さをあげて彼が悪に染まっていたらと挑発的な質問をぶつけてきました。
 相澤先生はただ頭を下げて、かっちゃんの乱暴は彼の描くヒーロー像に起因すると説明するのでした。

 かっちゃんはヴィラン連合のスカウトを一蹴し、そのまま2、3人を殺して脱出しようと考えます。
 手のパーツを飛ばされた死柄木は「お父さん……」とつぶやきつつ「先生」に力を貸せと叫びます。
 一方で、変装した出久たちは今自分にできることを考えようとぶつぶつ言い始めるのでした。

 警察はオールマイトやエンデヴァーといったプロヒーローを集結させていました。
 オールマイトは今回の事件で必ず「奴」が動くと考えているようです。
 校長先生は手をこまねいているような答弁をし、その隙を突いて彼らが強行突入することとなりました。

 ヒーローが動き始めるちょっと前に、出久たちは相手アジトの裏側から潜入を試みます。
 暗視鏡を自腹で準備していた切島くんが様子を見てみると、中には大量の脳無が配備されていました。
 そして別の場所ではかっちゃんを救出すべくオールマイトをはじめとしたヒーローが突撃し、相手の動きを完全に封じます。

 死柄木は脳無を出させようとしますが、黒霧は気絶させられ、さらに脳無も別のヒーローによって拘束されていました。
 構成員の素性もばらされて勝負あったかと思ったのですが……
 突然、脳無が出現して、かっちゃんはどこかに拉致され、さらに外を含めてどったんばったん大騒ぎになります。
 
 プロヒーローの活躍を見た出久たちは自分たちが出る幕ではないと帰ることに。
 しかし、そこに現われてヒーロー達を一蹴したのは「先生」ことオール・フォー・ワンだったのです。

【感想等】
 緊急事態ということもあり警察の対処もスピード感をもって進められていました。
 オールマイトさんが出てこれで勝利確定だと思ったのは私だけではないはず。
 とはいえ、タイトルの時点でそれだけで済まないのはお察しなのですが……

 前々回あたりから男を見せた切島くんですが、今回も暗視鏡を自腹購入など覚悟を感じさせます。
 また、出久さんのブツブツという言葉は久しぶりに聞いたような気がします。
 性質上戦闘が少なめだったので轟くんの出番があまりなかったのは仕方ないのかと。

 タイトルどおり「先生」ことオールフォーワンさんが出てきて、ラストバトルが近づいているのでしょうか。
 全盛期の力を出せないオールマイトさんがどう彼を退けるのか、いろんな意味で気になるところです。
 そして出久さんたちももしかしたら戦うことになる可能性も否定できないように思えます。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】僕のヒーローアカデミア 第46話「飯田から緑谷へ」

 ヒロアカの46話を見て感想を書かせていただきます。
 出久さんの性格を考えると行くしかないと思いますが、飯田くんはどう声をかけるのでしょうか。
 そして窮地に立たされたかっちゃんの運命が、わたし、気になります!

【内容】
 自分がかっちゃんを助けられなかったことを悔やむ出久に、そんな彼に、切島くんは「今度は助けよう」と告げます。
 轟くんも「俺と切島は行く」と言えば、飯田くんの「馬鹿者!」と反論します。
 医師が診察の時間と言ってきたので、切島くんは「行くなら今夜だ」とだけ告げて去って行きます。

 出久は医師の診断を受ける中で今回の怪我は本来はセーブされるべき火事場の馬鹿力の使いすぎだと説明します。
 骨や筋肉だけでなく靱帯(じんたい)にも大きなダメージを受け、腕が使えなくなるかもしれないと言われます。
 無茶な戦いを医師にとがめられる一方で、洸汰は出久に対して感謝の手紙を出していました。

 出久は母親から電話を受け心配のあまり「雄英、行かなきゃだめ?」と言われてしまいます。
 一方、警察はエンデヴァーをはじめとするプロヒーローたちに出動要請を行います。
 気がつけば夜になり、病院の前では切島くんと轟くんが出久や八百万さんを待っていました。

 八百万さんに続いて出久がやってきて、さらに飯田くんがやってきて出久を殴ります。
 飯田くんは出久の怪我した姿を兄に重ね、自分が出久を強く心配していたことを力一杯訴えます。
 切島くんはあくまで今回は救出であり、轟くんも今回は戦闘をしないと念を押すことに。

 八百万さんは切島くんたちを監視する意味でついて行くことになり、飯田くんもまた彼らに同行します。
 ヴィラン連合はかっちゃんを自分の陣営にスカウトしようとしますが、かっちゃんは「寝言は寝て死ね」と一言。
 CMの後は飯田くんが出久に暴力を振るったことを謝罪しつつ一路現地へと向かいます。

 長野から新幹線で神野区(神奈川)に移動した出久たちですが、このままでは目立ってしまいます。
 八百万さんは「提案」と称して全員をドンキにつれていき、変装させることとなりました。
 轟くんからは「想像」の個性で出せばよかったのではないかと突っ込まれますが……

 出久たちはスクリーンで相澤先生たちが謝罪会見をしている風景を目の当たりにし、やりきれない思いを抱きます。
 ヴィラン連合の死柄木はヒーロー達の置かれた状況を見せつけ、自分たちは正義とは何かを問う存在だと一言。
 改めてかっちゃんを勧誘しますが、オールマイトの勝つ姿に憧れたかっちゃんは果敢に攻撃を仕掛けるのでした。

【感想等】
 無個性の状態でもかっちゃんを助けようとした出久さんが助けに行かないという選択肢はありませんでした。
 とはいえ、お医者さんの心配するように身体の負担が気になるところですが……
 オールマイトさんの力をもっと使いこなせれば、そのあたりはなんとかなるのでしょうか。

 いつも熱い飯田くんですが、今回は今までの経緯もあって強い思いがにじみ出ていました。
 尊敬するお兄さんと同じように出久さんを心配していたというところが彼らの友情を示す意味でよかったのかと。
 戦闘をしないと説得する切島くんたちですが、実際には戦闘は避けられないような気がします。

 対応のまずさがあったとはいえ、今まで一生懸命やっていただけに、先生の謝罪会見は胸が痛みます。
 かっちゃんについては予想どおりすがすがしいほど攻撃的な姿を見せ、無事なことがわかってよかったです。
 次回以降は本格的な衝突が続きますが、活動限界がますます短くなっているオールマイトさんのお体は大丈夫なのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム