【アニメ感想】ラーメン大好き小泉さん 第12話(終)「名古屋/再会」

 小泉さんの12話(最終回)を見て感想を書きます。
 名古屋という場所は東京、大阪の間ゆえに、人口規模ほどに話題になりにくいような気がします。
 そして、小泉さんは一体どこで誰と再会するのでしょうか。

【内容】
 大阪にいたはずの悠は、美沙や潤に名古屋で迷子になったと連絡をかけてきました。
 新幹線で東京に戻るはずだったのですが、外で小泉さんの姿を見て名古屋で下車したとのこと。
 美沙や潤は小泉さんに連絡を取ることにしましたが、悠は自分だけが連絡先を知らないことに困惑します。

 小泉さんを求めて名古屋じゅうをさまよう悠さん。
 おなかがすいたものの手持ちが500円しかありませんでした。
 そこでお店に入ると、ワンコインで食べられるラーメンが待っていました。

 れんげとフォークが同居したような不思議アイテムに困惑する悠さん。
 「別に好きなように食べればいいと思います」と小泉さんが登場します。
 ラーメンフォークと呼ばれる独自アイテムにうっとりする小泉さんなのでした。

 小泉さんによると名古屋に来てラーメンとソフトクリームを食べない選択肢はないとのこと。
 悠はラーメンとソフトクリームに思わず感激します。
 なお小泉さんは気がつけば名古屋の台湾ラーメン発祥の店の前にいたのだとか。

 とりあえずラーメン屋さんに入った2人は穴の開いたれんげで台湾ラーメンをいただきます。
 悠は「ラーメンに夢中な小泉さんに夢中」なのだと告げますが、小泉さんはあっさりとスルーします。
 その一方で、小泉さんからの(嫌ですの)メールを受け取って衝撃を受け、さらにお兄ちゃんに怒られるのでした。

 秋の深まるある日、小泉さんは風邪を引いてつらそうでした。
 次の日から小泉さんは学校に出てこなくなり、悠は先生に小泉さんの住所を教えろと迫ります。
 涙ながらに訴える悠をあざわらうかのように学校に出てきませんでした。

 2週間ぶりに登校した小泉さんですが、回復するまでほとんど何も食べていなかったのだとか。
 小泉さんは厳かな表情でラーメンとの「再会」を果たし、感動のあまり涙を流すのでした。
 そしていつもどおりストーカーをして小泉さんの回復を祝う悠は、そのまま小泉さんと合流し、美沙や潤とともにラーメンを食べに行くのでした。

【考察等】
 悠さんの小泉さんへの執念は危険水域に達したのかもしれません。
 一方でなにげに美沙さんと潤さんが小泉さんの連絡先を知っていることにちょっと驚きました。
 小泉さんは悠さんの危険性を察知してあえて距離を置いているのでしょうか。 

 大阪の後は名古屋を素通りしなかったことはいろんな意味で評価したいなと思ったりします。
 相変わらずあしらわれる悠さんがちょっとかわいそうに思えるのは私だけではないかと。
 あと、「再会」という言葉で誰か人物が出てくると思っていただけにいい意味で裏切られたような気がします。

 「ラーメン」というこの一点で30分アニメを、しかも12話続けたことがすごいなと思います。
 小泉さんを中心としたキャラクターも個性的で生き生きと動いていてよかったかと。
 食べ物の話題だけに「おなかいっぱい」になるお話でしたが、またいつか「おかわり(2期)」を期待しつつ、いったんは筆を置こうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ラーメン大好き小泉さん 第11話「おいしいラーメン/大阪」

 ラーメン大好き小泉さんの11話を見て感想を書きます。
 おいしいラーメンというタイトルですがひときわおいしい味ということなのでしょうか。
 そして大阪については出来れば一度行ってみたいなと思います。

【内容】
 悠はラーメンを作って美沙や潤に食べさせていました。
 しかし、彼女が幼少期に食べた大阪の「おいしいラーメン」とは程遠いようです。
 悠はおいしいラーメンを作ることで小泉さんを篭絡(ろうらく)しようとしていました。

 悠は兄に昔食べたラーメンについて連絡をすると「おいしいラーメン」だと一言。
 小泉さんが登場して悠のラーメンを食べ、元になったラーメンは「おいしいラーメン」と告げます。
 本店は大阪であったものの、東京にも支店があるのだとか。

 実際にお店にやってくるとメニューの名前が「おいしいラーメン」でした。
 もともとでもおいしい上に、ニラを入れてみるとより味わいが深くなるようです。
 小泉さんは丼の底にある「おおきに」という文字に気づき、大阪を目指すこととなりました。

 大阪にやってきた小泉さんはラーメンを食べ、次の日には謎の女性に連れて行かれます。
 植田さんのお声をした女性(絢音)は小泉さんをシャルロットと言いだす一方、小泉さんは大阪のラーメンは「来てます」と一言。
 絢音のなれなれしい態度に小泉さんは悠のことを思い出してしまいます。

 しょうゆ系のブラックは前日までに終わったようで、今回は2人でホワイト系の味を楽しむようです。
 パイタンもそうですが地鶏チャーシューも絶品でした。
 お昼だけで4杯も食べた上にたこ焼きもいただく小泉さんなのでした。

 絢音は自分が仕事をやめて、親戚のつてで東京で働くことになったのだとか。
 大学のときによく行った店が鶴見にあるとのことで、小泉さんは彼女に同行することになりました。
 場所は鶴見ではなかったのですが、現在は移転していたということだったようです。

 最後はオフィス街でブラックラーメンをいただくのですが、絢音は感傷的といいつつビールを飲みます。
 旅立ちの前にめっちゃええ気分という絢音ですが、働くことをやめたのは働きたかったということらしいです。

 絢音は最後に連絡先を渡し、小泉さんと同年代のいとこがいると告げます。
 その「いとこ」というのは悠だったのですが、小泉さんは彼女をスルーして去っていくのでした。

【考察等】
 はじめは調理実習かと思っていましたが、タイトル的にもラーメンから離れることはありません。
 「おいしいラーメン」という言葉がそのままの意味であることはさすがに気づきませんでした。
 悠さんの思いでよみがえったのはよかったと思いますが、小泉さん攻略はまだまだ先のようです。

 タイトルどおり後半には大阪に行くのですが、丼を見て思い立ったという流れが面白いです。
 今朝のヴァイオレットさんでは川澄さんのお声を聞きましたが、今夜は絢音さん役で(遠坂凛さんこと)植田さんが登場してFateを連想してしまいます。
 いろいろ食べまくっていて胃袋が大丈夫なのかと突っ込むのは私だけではないかもしれません。

 絢音さんのいとこが悠さんというオチは若干予想できたことではありました。
 お兄さんもそうでしたが、あの一族はみんな小泉さんに惹かれる傾向があるのかもしれません。
 そして、次回は「名古屋」のお話とのことですが、あちらにはどんなラーメンがあるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ラーメン大好き小泉さん 第10話「未知味の拉麺/まわるラーメン/挑戦受付中!!」

 小泉さんの10話を見て感想を書かせていただきます。
 前回出られなかった悠さんですがちょっと危険な領域に足を踏み入れつつあるようです。
 回るお寿司ならわかりますが、まわるラーメンというのはいったい何者なのでしょうか。

【内容】
 ラーメンとはなにかと考える悠に対し、お兄さんはテレビを見て大声で笑っていました。
 悠の日記によると小泉さんが水色のラーメンを食べていたとのことですが……

 オープニングの後、悠は小泉さんが毒々しい色のラーメンを食べているのを見ていました。
 途中でお酢を足すとスープがピンク色に変色します。
 小泉さんは終始幸せそうなご様子で、悠はココアラーメンをいただきます。

 土下座してお願いしてよかったと考える悠さん。
 さらにラーメンは宇宙と妙な方向へと進んでしまいます。
 お兄さんは妹が勉強熱心だと勘違いして、たまにはうまいものでも食べさせようと考えるのでした。

 お兄さんが給料日とのことで、悠は回転寿司のお店にやってきました。
 彼女がいないのかと煽る妹にキレそうになる悠さん。
 しかし、同じお寿司屋さんに小泉さんの姿を見かけ、運命を感じてしまいます。

 回転寿司のお店にやってきてもやっぱりラーメンを食べる小泉さん。
 小泉さんを見つめる悠ですが、兄もまた小泉さんを見つめていました。
 お兄さんはむしろラーメンの方に興味を持っているようで一安心します。

 ラーメンで至福を得る悠と小泉さん。
 お兄さんは小泉さんが女の子なのに3杯ラーメンを食べることに驚いていました。
 そして、お寿司屋さんのラーメンスープは魚介ベースなのだとか。

 別の日に、悠は相変わらず小泉さんに絡んでいました。
 潤は母親から連絡を受け、予約した特製料理をみんなで食べることになりました。
 小泉さんはラーメンを食べ放題だと考えてついてきたようで、まずたんたん麺を注文します。

 登場したのは餃子100個分の特大餃子でした。
 それでもやっぱりラーメンを注文する小泉さんはある意味さすがだと思います。
 悠は悠で始めての共同作業を狙いますが、芳しくなかったようです。

 いつも通りジャンボラーメンと餃子をいただく小泉さん。
 美沙や悠、潤は餃子をおいしくいただき、小泉さんはジャンボラーメンに続いて春菊味のラーメンをいただきます。
 意外と胃袋の大きな潤は最近小泉さんと一緒に食べに行っているのだとか。

 容赦なく次々とラーメンをいただく小泉さんですが、他のメンバーは一生懸命に餃子をいただくことになりました。
 大食いチャレンジをすればよかったという悠たちに対し、小泉さんは大食いには地震がないとのことでした。
 そして最後にマーボー麺を食べて店を出るのですが、他の餃子に目移りしてしまうのでした。

【考察等】
 前回出番のなかった悠さんがこれでもかというくらい目立つお話でした。
 小泉さんへの執着はますますすごいことになっていて、早く何とかしなくてはならないと思うのは私だけではないかと。
 それでもお兄さんとはけんかにならなくてよかったです。

 後半は潤さんのお母さんの計らいで巨大なギョーザーをいただくことになりました。
 巨大餃子を前にしてもやっぱりラーメンを食べる小泉さんですが、あの細い体であれだけ食べられるのが不思議です。
 次回予告のところでどうして太らないのかと突っ込まれるのはある意味必然だと思います。

 次回のタイトルは「おいしいラーメン」「大阪」とのことです。
 大阪は色々と食べるものがありそうな感じなのですが、どんなラーメンが出てくるのでしょうか。
 そして、悠さんの小泉さんへの愛が届く日はくるのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ラーメン大好き小泉さん 第9話「山/豚野郎/背脂」

 小泉さんの9話を見て感想を書きます。
 背脂はまだわかるにしても、豚野郎というタイトルがかなり異彩を放ちます。
 小泉さんが悠さんに「豚野郎」と言うところをちょっと想定してしまったのは内緒です。

【内容】
 山中をさまよう小泉さんですが、昼食もやっぱりラーメンでした。
 いつも通り顔を赤らめてラーメンを食べる小泉さんなのですが、他の登山者もラーメンに興味を持ちます。
 ラーメンをいただいた後は、他の登山者にあいさつをしつつ先に進んでいきました。

 色々ありながらも最後まで上りきった小泉さんに、老夫婦が写真を撮ってくれないかと声をかけてきました。
 老夫婦は小泉さんも写真はどうかと問いますが、彼女の目的は登頂ではないとのこと。
 山頂には飲食店があり、そこでお約束どおりラーメンを注文し、「そこにラーメンがあるからです」と結論付けるのでした。

 舞台は秋葉原に移り、坊主頭の少年がラーメン屋さんに入ります。
 「豚野郎」というのはどうやらラーメンの名称だったようです。
 彼はかつてここのお店でラーメンを完食できず、リベンジにやってきました。

 少年は、隣の席の小泉さんは食べきれないのではないかと考えますが……
 すさまじい勢いでラーメンを食べる小泉さんは隣の少年に「豚野郎」と叫びます。
 気がつけば2人ともラーメンを完食することに成功するのですが、実は少年は美沙の弟というオチなのでした。

 小泉さんは背脂を食べたいと考える一方、美沙は減量のため走っていました。
 食事制限で肌がぼろぼろの美沙はつやつやの肌を持つ小泉さんにジェラシーを感じてしまいます。
 特別なことをしているのではないかと迫ると、背脂多めのラーメンをいただいていたようです。

 背脂のぎとぎとした姿に困惑する美沙さん。
 どうやら小泉さんはその背脂を食べてつやつやになっているようです。
 そして背脂ラーメンが止められないまま2人とも完食してしまうのでした。

 背脂のラーメンの虜になった美沙は連日ラーメンをいただきます。
 なお、当たり前のお話ですが、背脂中毒は犯罪ではないとのことです。

【考察等】
 山中でいきなり料理をする小泉さんにふと「ゆるキャン」を思い出します。
 彼女が食べるのはラーメン一択なのはまあタイトルどおりかと。
 冷静にカロリーや経済的なことを考えるとけっこう突っ込みどころがありそうな気もします。
 
 突然秋葉原でラーメンを食べるお話では、美沙さんの弟さんが出てきました。
 豚野郎という言葉が小泉さんから飛び出したのはやっぱり驚いてしまいます。
 人によってはああいう言葉も喜びに変わるのかもしれませんが……

 最後の背脂のお話は美沙さんのお話なのですが、小泉さんのようにラーメンばかりではむしろ太りそうです。
 高校生のお小遣いであれだけラーメンを食べることが可能なのかと考えるときりがなさそうな気がします。
 アニメはアニメとして、純粋に楽しんだ方がいいということかもしれません。

 細くなるだけが美しさではないというのはおっしゃるとおりだと思います。
 一方で、悠さんがほとんど出ていなかったのは今回が初めてなのかもしれません。
 次のお話では悠さんの小泉さんへのアプローチが再開するのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ラーメン大好き小泉さん 第8話「ご当地袋麺」「家系」

 ラーメン大好き小泉さんの8話を見て感想を書きます。
 袋めんにはどんなご当地要素が秘められているのでしょうか。
 なお、「家系」と言っても別に家柄自慢が始まるわけではありません。

【内容】
 海にやってきた美沙は新しい水着をアピールしていました。
 悠は美沙の写真を撮りつつも小泉さんのことがどうしても気になってしまいます。
 本が大好きな潤は図書館で本を読みふけっているのではないかと想像します。

 図書館で勉強中の潤は小泉さんと目が合ってしまいます。
 将来のことを書けというレポートを出されたのですが、潤はなかなかに悩んでいるようです。
 小泉さんの将来は「秘密」とのことですが、どうせラーメン関係と思われます。

 居酒屋の看板のお店には、全国津々浦々のご当地麺が売られていました。
 小泉さんは自分で作ると失敗するということで、お店で作ってもらって食べて帰るとのこと。
 北海道のご当地麺はレベルが高く、動物園ラーメンもよろしいとのことです。

 各地のラーメンについてながながとうんちくを語りだす小泉さんを前に、潤は北海道の、小泉さんは鹿児島のラーメンをいただくことになりました。
 インスタントとは思えないおいしさに興奮する潤は、小泉さんはラーメン関係に就職するのかと問いますが、小泉さん本人は特に何も考えていない(考えられない)とのこと。
 一方、将来のことをあくまで「秘密」と言い、別の場所にいる悠はラーメンになりたいと言いだすのでした。

 後半では小泉さんがいつも通りラーメンをいただいていました。
 悠の兄は大学の知り合いたちとラーメンにごはんを入れることについて力説していました。
 そして、ごはんに最もあうという「家系(いえけい)」は「吉村家」から派生した(~家と付けている)店の総称とのことです。

 ラーメンののりは一体何のためにあるのか、そんなことを議論する一同。
 のりとごはんを一緒にいただくと「最高」で本領を発揮するようです。
 また、のりとめんを一緒にいただく食べ方もとてもおいしかったりします。

 お兄さんたちがラーメン談義をしていると、JKこと小泉さんが登場します。
 ごはん茶碗にスープを入れていただくそのさまを、男子大学生たちがじろじろ見つけていました。
 小泉さんの至福の表情を見た一同は「家系最高」と結論付け、見事家系男子に進化したのでした。

【考察等】
 いろいろな地域があり、いろいろなラーメンの形があるということでしょうか。
 前回のお店食べ歩きのお話も良かったですが、即席めんでも同じように旅行感覚が楽しめそうです。
 最近色々なアニメで話題になりますが、好きなことを一生懸命にやることは大切だと思います。

 後半のお話はもちろん、悠さんのお兄さんたちのキャストがやたら豪華なことに気付きます。
 もちろんラーメンそのものはすごくおいしそうでしたし、小泉さんのはしさばきもどこか上品な感じがしました。
 家系男子という用語は初めて聞きましたが、なにかすごいことになっていそうです。

 スタッフロールの中、実在のメーカーが協力者として名を連ねているのに驚きました。
 次回タイトルは3つほどありましたが「豚野郎」というワードがすごく気になります。
 論理的結論としては、豚骨ラーメンのお話になるのだと思われますが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム