【アニメ感想】俺が好きなのは妹だけど妹じゃない 第6話「俺と妹の白桜女学院文化祭」

 いもいもの6話を見て感想を書かせていただきます。
 タイトルは文化祭となっていますが、公式サイトのあらすじでは同人誌対決のようです。
 そろそろこの作品の独自要素が出てきてほしいなと思いますが……
 
【内容】
 蝉が鳴く季節になり、涼花がうれしそうな一方で、祐は浮かない顔をしていました。
 涼花は兄の告白を喜んでいましたが、祐はあれはあくまで演技だったと言い出します。
 「お兄ちゃんは永遠野誓になりきれていません!」と憤り、永遠に妹好きであることを求めていき……

 オープニングの後は同人誌即売会が行われ、祐と涼花は取材のためにと(コスプレをして)同人誌を売っていました。
 アヘ顔ダブルピース先生や桜、さらには舞までもがコスプレをしていました。
 そこに大手サークル「アンビバレンツ」の神坂姉妹がやってきてダブルピース先生にちょっかいをかけてきます。

 神坂姉妹はダブルピース先生だけでなくて永遠野誓のことも馬鹿にしてきます。
 憤った涼花は自分が永遠野誓……の妹だと名乗り出て、よくわからない流れで同人誌対決をすることになりました。
 そして涼花は自分が負けたら引退すると言い出すのですが……

 場面が変わり、祐は涼花とともにダブルピース先生の家にやってきました。
 アンビバレンツは強敵でしたが、彼女たちは元々はダブルピース先生のファンだったのだとか。
 有名になった2人とはだんだん折り合いが悪くなっていったようですが。

 先生に言われる形で祐は妹に踏まれて鞭を打たれ、先生はよだれを垂らして絵を描いていきます。
 祐は先生のやり方は「ないわ」と思いつつ、涼花は兄と妹が恋人同士になるお話はどうかと自分の願望を反映させます。
 取材として妹の学校の文化祭に行くことになり、それを見た生徒達は2人の関係をうらやましいですわと言い出します。

 2人がデートをしていたところ、文化祭の劇で代役を求めていると言われます。
 涼花は「やります」と即答し、2人は姫と王子として出演することになり、特別な関係になりたいと訴えます。
 祐は妹の告白を受け、自分も兄役としてこれからも一緒だと手を取り合い、劇は盛況のうちに終わります。

 そして、祐たちの前に神坂姉妹の秋乃(妹のほう)が登場するのですが……

【感想等】
 お兄ちゃん大好きな涼花さんですが、そのくるくる変わる表情が面白いなと思います。
 主人公については「ゆう」というお名前が色々なところで出まくっていることは以前言ったので省略します。
 さらに言えば「さくら」も(Fate、CCさくら他で)割とよくあるお名前ではありますが……

 文化祭はいつの間にコミケになったのかと突っ込みを入れたのは私だけではないはず。
 ライバルの2人以前にダブルピース先生の行動がなんとも言えませんでした。
 タイトルにある文化祭は後半出てきますが、女子校というシチュエーションはうらやましい限りですわ。おほほ

 劇というシチュエーションは割とよくありますが、ここまで実妹を好きでいる兄は珍しいかもしれません。
 最後に出てきた秋乃さんがどんなことを言うのかが気になりますが、おそらく先ほどの劇は見ていたはず。
 その結果によって大いに次回のお話が変わってくるように思えますが……
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】「エロマンガ先生」の原点かもしれない「俺の妹がこんなに可愛いわけがない(2期:全16話)」を見ました!

 昨年末に1期を見た「俺の妹がこんなに可愛いわけがない(以下「俺妹」)」の2期を見て感想を書きます。
 俺妹の1期が深夜アニメに入るきっかけというのは1期のところでお話ししたとおりですので、昔の純粋な気持ちに戻るためにも2期を見ておければと思います。

 ストーリーは平凡な男子高校生がよくできた(隠れオタクの)妹やその周辺に振り回されるラブコメといえばよろしいでしょうか。
 作者さんが「エロマンガ先生」と同じ人というのは以前も言わせていただきましたが、そう考えると妹を押し出す作品に違和感もあまりなくなるかもしれません。
 あちらの妹さんが沙「霧」さんで、こちらの妹の方が「桐」乃さんですが、この方は(妹という属性だけでなく)「きり」という言葉にも何らかの思い入れがあるのでしょうか。

 1期のところでは2、3人に触れた程度ですがここで主要キャストを書いてみます。

 京介さん(主人公?)…中村悠一さん
 (おそ松さんのカラ松さん等)
 桐乃さん(妹)…竹達さん
 (けいおんのあずにゃん等)
 黒猫さん(妹の友達)…花澤さん
 (ニセコイのちさきさん等)
 沙織さん(妹の友達)…生天目さん
 (プリヤのバゼットさん等)
 あやせさん(妹の親友)…早見さん
 (赤髪の白雪姫の白雪さん等)
 麻奈美さん(幼なじみ)…佐藤聡美さん
 (氷菓のえるさん、ごちうさの等)

 この中でも中村さんや花澤さん、早見さんのお名前を聞かない時はないような気がします。
 この3人のうち1人だけでも記事を1つ書ける自信がありますが、あまり本題に関係ないのでやめておこうと思います。

 基本的な人間関係は1期を踏襲しつつ、ますます賑やかに、そして騒がしくなっていったというのが第一印象かもしれません。
 私が京介さんなら真奈美さんが一番いいのではないかと思いますが、中二病満載の黒猫さんもおもしろい人だと思います。
 私自身は昔、感じが沙織さんに似ていると言われたことがありますが、さすがに180センチの身長はないです。

 正直に言えば、1期のところ結構書いたのでネタ切れになってきたような気がします。
 とりあえず全話を一通り見て「完走した感想」を書くことになると思います。
 なお、2期は13話までは(放送当時に)見ているのですが、ウェブ配信の14話以降は今回初見であることを申し添えます。

続きを読む

【アニメ感想】初心に返る意味で「俺の妹がこんなに可愛いわけがない(1期:全15話)」を見ました!

 「俺の妹がこんなに可愛いわけがない(以下「俺妹」)」の1期をみて感想を書き、今年を締めくくりたいと思います。
 この作品を選んだ理由は、同じ作者さんの「エロマンガ先生」のOVA制作決定というのもあるのですが、実を言うと「俺妹」が私の深夜アニメデビュー作品でもあったりします。
 地方在住ゆえに深夜アニメというものを知らなかった私に、その世界を教えてくれた「俺妹(と無料配信してくれたニコニコ動画さん)」に改めて感謝したいなと思う今日この頃です。

 アニメの内容を簡単に言えば、妹さんの人生相談につきあうお兄さんとその周辺のドタバタを描いたラブコメといったところでしょうか。
 後の「エロマンガ先生」でも(義理の)妹さんとの関係が描かれることから、作者さんはよほど妹というものに思い入れがあるのでしょうか。
 余談ですが、エロマンガ先生の作中で「俺妹」の登場人物が登場するシーン(参考:エロマンガ先生11話感想)があるなど、最低でも世界観は共通であることは確実かと思われます。

 主人公の京介さんを演じるのは中村悠一さんで、おそ松さんのカラ松さんなどいろいろな役で出ておられる方です。
 また、ヒロインについては、妹の桐乃さん役は「けいおん」の梓さんなどの竹達さんで、黒猫さん役は「恋と嘘」の美咲さんなどの花澤さんといった感じで、今も一線で活躍されている方が多いです。
 なお、中村さんと早見さん(あやせさん役)が近しい役で共演されるのはこの後やたらと多く見られます(例:魔法科高校の劣等生、終わりのセラフ等)が、俺妹がその先駆けなのかもしれません。

 京介さんは桐乃さんにとってはよきお兄さんであるとともに、他のヒロインに対しても模範的な男性として描かれているような気がします。
 「兄」に対する「妹」を見てみると、エロマンガ先生の沙霧さんは不登校で割と内向きな感じですが、こちらの桐乃さんは学校や部活動で活躍する(表向きは)模範的な生徒ですが、その内実とのギャップがおもしろいです。
 エロマンガ先生との相違としては、あちらは両親がほとんど出番がない一方で、こちらの方は同居しているからいろいろなところで絡み(衝突?)があったりします。

 このアニメを語る上で欠かすことができないのはインターネットの存在でしょうか。
 俺妹そのものがインターネットの口コミで広がったという経緯に加え、アニメ放送の時期はニコニコ動画さんがアニメの無料配信を始めた時期とちょうど重なります。
 これまで(放送してくれないから)深夜アニメに触れることができなかった地方民で、俺妹(とニコニコさん)のおかげでその世界に足を踏み入れたという人は(私を含めて)少なくないかもしれません。

 テレビでは12話まででしたが、インターネットでは15話まで配信されたというのは当時としては画期的だったような気がします。
 実は未見だった13~15話まで全部見て「完走した感想」を述べようと思いますが、昔のことなので記憶が曖昧であることをあらかじめお断りしておきます。

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム