【アニメ感想】かつての約束を果たすため「トリニティセブン(全12話)」を見ました!

 今年映画公開もされた「トリニティセブン」を全話見たので感想を書きます。
 作品のテーマが「七つの大罪」なのですが、もちろん来年(2018年)1月から2期が放送される同名のアニメとは関係ありません。
 たまたま昔おすすめされたことを思い出したこともあり、時間のある今のうちに見ておこうと思い視聴を決意しました。

 ストーリーは「魔王候補」とされた主人公が従妹を救出する為に魔道師になることを決意し、トリニティセブンと呼ばれる7人の女の子と協力して戦うというものです。
 男性1人に女性7人というハーレム的な色彩が強く、主人公も若干スケベな点は散見されますが、いざというときにやってくれるというそんな心強さを併せ持つ人物だと思います。
 女性陣7人もそれぞれ個性的なキャラクターで、中でも忍者も魔道師の類という作中の世界観がいろんな意味ですごいです。

 主人公のアラタさんを演じるのは、この手の作品ではおなじみの松岡さんで、SAOキリトさんやさえかのの倫也さん、ノゲノラの空さん等が直ぐに浮かびます。
 人気声優さんだから主演作が多いというのは事実でしょうが、この方の(特にラノベ原作のアニメでの)主人公率の高さというのはある意味異常かもしれません。
 アラタさんの相方ともいえるトリニティセブンの皆さんもどこかで聞いたことのあるお声で、ラブライブのことりさん役の内田彩さんやごちうさのカレンさんでおなじみの東山さんを初めとしてキャスト的には申し分のない方が揃っているとおもわれます。
 
 作品の魅力は主人公の大胆不敵な性格であり、独自の設定によって構築される思わず引きこまれるような、力強いストーリーでしょうか。
 前述の「忍者も魔道師」という発想は序の口であり、魔法、錬金術といったキーワードがふんだんに盛り込まれたり、どう考えても読めないタイトルは(偶然にも同じ松岡さん主演の)アブソリュートデュオをふと思い出します。
 若干ネタバレにはなりますが、1話から「崩壊現象」などと言われていきなり街が廃墟になるのですから驚かないわけにはいきません。

 ネタバレをなるべく書かずに作品の魅力を表現するというのは難しいのかも知れません。
 ここからは全話の内容をまとめた上で、最後に「完走した感想」を延べようと思います。
 うまくまとまっているかは不安ですが、最後までお付き合いいただけると幸いです。

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム