【アニメ感想】キノの旅 -the Beautiful World- 第12話(終)「羊たちの草原」

 キノさんの最終回を見て感想を書きます。
 放送直前に旧作を見たりもしましたが、その哲学的ともいえる内容は他のラノベとは一線を画すかと。
 電撃文庫さんのラインナップの多さに感嘆するとともに、担当編集さんの実力を感じずにはいられません。

【内容】
 エルメスに乗って草原を進むキノは、羊の群れを発見します。
 突然羊が起き上がってキノたちを追いかけてきました。
 キノは「無駄な殺しはしたくない」と逃げることを選択しますが、目の前には(地割れによる)崖が広がります。

 迫る羊を前に、キノはエルメスを下りて崖の下へと逃げていくことになりました。
 そのまま水の流れる方向に進むキノはエルメスを迎えに行くと誓いますが、余り切迫感を感じられません。
 崖の下を歩くキノですが、その上では羊がついてきていました。

 ひとまず眠って目を覚ましたキノは、羊達に襲われた人間(男性)の死骸を発見します。
 とりあえず彼が残した銃をいただき、さらに車を運転してエルメスのもとへ戻ってきました。
 次々と車で羊を轢くさまは見ていてシュールです。

 エルメスは次の国で助けを求めるようにと忠告しますが、キノはそんな人は来ないだろうと反論します。
 キノは羊を崖に突き落としたり、ガソリンで取り囲んで火であぶったり狙撃したりとやりたい放題です。
 さらに即席のジャンプ台を作ってエルメスに乗って地割れを飛び越えることになりましたが……

 「これはあの人の分だ」と立ちはだかる羊を男性の銃で射殺するキノさん。
 崖を突破したキノでしたが、今度は体制を崩して岩に激突してしまいます。
 それでもなんとか羊を突破して新しい国に到着します。

 門番の人からすればキノの方面からやってきたのは珍しいとのこと。
 羊はもともと「闘羊」として飼われていた存在らしいです。
 動物愛護の精神から草原に逃がされたというのがどうやら真相のようですが……

 ハンモックで眠るキノは、ここで寝ると言い出します。
 彼女によると人の状況は考え方次第でどうにでもなるのだとか。
 そして、目を覚ましたキノは再び旅を始めることになりました。

【考察等】
 直前に見た旧作を含めてキノさんのお話はここで一段落ということになりました。
 旧アニメ最終回のゲストキャラだった悠木さんが主人公ということに時代を感じるのは私だけではないかと。
 10年以上の歳月で変わったのはキャストだけではなく、絵柄も現代風にアレンジされているような気がします。

 いきなり羊さんが追いかけてきて、一体何があったのかと驚きました。
 かと思えば終盤ではキノさんが車を運転して羊さんを轢いたり、崖に突き落としたりと容赦なしで驚きました。
 動物愛護の精神で逃がされた羊さんが全滅したなんて多分国の人には言えそうもないです。

 旅が終わりだと思えば終わりになるという言葉はいろいろ考えさせられます。
 アニメは終わりましたが、原作はアニメ化されていないお話もかなりたくさんあるらしいです。
 年末にかけて本屋さんをのぞいて、何冊か手にとることもあるのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】キノの旅 -the Beautiful World- 第11話「大人の国」

 キノさんの11話を見て感想を書きます。
 前回に引き続き今回も旧作でもアニメ化されたお話だったりします。
 仕事はつらいものという言葉はある意味真理を突いていると思います。

【内容】
 オープニングもなしにお花畑で横になるキノとエルメス。
 今回のお話はキノが先代のキノ(男性)と出会うお話でした。
 当時11歳の彼女は花の名前だったようですが、今は覚えていないようです。

 キノと名乗る男性は後にキノとなる少女に宿を案内してもらいます。
 少女は宿屋の娘であり、自分の家を宿泊場所として提供します。
 女の子が目を覚ました頃、キノは古いモトラドを直していました。

 キノは少女に、モトラドを復活させるには彼と「契約」しなければならないと告げます。
 モトラドは「エルメス」と名づけられることになりました。
 少女は「大人は仕事をしなければならない」のではないかと問いますが、キノは「旅」をしていると告げます。

 仕事はつらいものだと告げるキノは、旅は仕事ではないと一言。
 この国では12歳の少年少女は「手術」を受けて、嫌なことを耐えられる「大人」になるのだとか。
 その直前は好き勝手に過ごすことが出来、「特別なお菓子」を食べられるとのことです。

 キノは自分は「大人」ではないと告げますが、一方で子供でもなく、自分は「キノ」という男であり、好きなことをやっている人間だと告げます。
 少女は歌を歌うことが好きとのことで、素敵な歌を披露することになりました。
 歌手になればいいのではないかというキノに対し、少女は自分の親は歌手ではないと告げます。
 
 少女は大人の手術を受けたくないといいますが、父親と母親がすごい形相で怒りだします。
 父親は娘をかどわかしたキノに「謝罪しろ」と叫び続け、神父らしき男性はこの国の「しきたり」があると告げます。
 キノはこのままここにいれば「殺される」と告げてその場を立ち去ろうとしますが……

 父親は「失敗作」である少女を「処分」しようとしますが、キノが彼女をかばって命を落とします。
 少女は人が死んでも罪がないというこの国のあり方に恐怖をおびえます。
 「死にたくはない」という少女はエルメスの声にしたがって、そのままその国を脱走することになりました。

 国を脱出した少女はとりあえず倒れてきたエルメスを起こします。
 エルメスは少女を「キノ」と呼び、以降は2人で旅を続けることとなりました。
 果たして彼女達の行く手には何が待っているのでしょうか。

【考察等】
 旧作でもアニメ化されている、キノさんと先代キノさんとの出会いのお話でした。
 前のアニメではキノさん(男性の方)は青年ではなくてもっと大人な外見(30代くらい)だったような気がします。
 回想での女の子と今のキノさん(女性の方)との演じ分けに声優さんのすごさを感じます。

 おおむね旧アニメと同じ一方で、演出がいろいろ強化されているように思えます。
 キノさんの歌は旧アニメではなかったかもしれません。
 あと大人の怒りもたぶんあそこまで激しくなかったのではないかと。
 
 仕事はつらいものであり、つらいことを耐えるのが大人という言葉はある意味真理をついていると思います。
 とはいえそのやり方は明らかに洗脳であり、それを疑問に思わないのは明らかに異常です。
 こんなのなら大人になりたくないと思ったのはいうまでもありません。

 次回のタイトルは「羊たちの草原」とのこと。
 これだけのタイトルでは全く何をやるのかが予測できません。
 とりあえず未見なので、どんなお話になるのか楽しみです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】キノの旅 -the Beautiful World- 第10話「優しい国」

 キノの旅の10話を見て感想を書きます。
 実はこのお話は旧アニメの13話(最終回)と同じお話だったりします。
 そのときはサクラさんを演じていた悠木さんが今ではキノさんなのですから驚きです。

【内容】
 旅人の中でも評判の悪い国にやってきたキノさん。
 しかし、そこでは特に入国審査もなく、国民総出での歓迎を受けます。
 サクラという旅館の娘に案内されるキノは、その子の愚痴をいろいろと聞かされることに。

 サクラは両親の後をついで観光案内人になろうとしていました。
 安いホテルを選んだはずがお部屋もすごくいいところでした。
 サクラはキノに国を案内したいと願い出て、キノはとりあえず銃を直してもらうことになりました。

 住民によって朗読される劇は、この国の成り立ちを語っているのだとか。
 キノが来たことで住民たちはお話をはじめからやり直してくれました。
 遥か昔、迫害されて追われた人たちは、森の中で国を作り上げることになったのです。

 バーベキューを焼くキノですがエルメスは味付け禁止だと念を押します。
 エプロンをつけてもらってお喜びのようでなによりです。
 銃を直してもらったキノは師匠について聞かれるとともに、自分が旅をしていたときに使っていた銃を託されます。

 サクラは「お連れしたいところがある」と綺麗な景色を見せ、父や母の後をついでホテルの支配人兼観光案内人になりたいと告げます。
 キノは旅にはつらいことがあるものの、自分がやりたいことだから旅を続けるのだと一言。
 サクラの両親は娘に旅に出てもいいと告げますが、サクラはこの国にとどまることを選びます。

 3日目には、結婚式の現場を見せてもらったキノさん。
 警官たちは出国を求め、キノはもう一日滞在したいと告げますが、ルールだからと出発を促されます。
 住民総出の見送りの中、素敵な思い出が出来たと告げるキノはその国を後にするのでした。

 キノが旅立ってまもなく、火砕流がその国を覆ってしまいますが、彼女には何も出来ませんでした。
 サクラの母親からの手紙には、彼女たちが火砕流のことを知っていたことが書かれていました。
 大人達は国にとどまることを選び、これまで旅人に対する非礼を後悔するとともに旅人に良い思い出を残そうと考えていたようです。

 キノはサクラが預けられなくて助かったと告げる一方で、それはエゴだと語ります。
 もうひとつの手紙の中で、サクラは自分が亡くなることを知っていたことを知るのでした。
 そして、キノは素敵な思い出を胸に、次の国へと旅立つのでした。

【考察等】
 キノさんが3日以上滞在しようとまで考える「優しい国」のお話でした。
 実際あそこまで歓迎されたら悪い気持ちはしないでしょうし、見ていてとてもほほえましいです。
 銃を託すおじいさんのテンションの高さに圧倒されたのは私だけではないかと。

 素敵な国、素敵な思い出のままで終わればよかったのですが、お話はそう単純ではありませんでした。
 オチは旧アニメの段階で知っていたのですが、分かっているとその優しさに別の意味で涙が出そうです。
 サクラさんを連れ出すという展開や滅びを回避する手段がなかったのかと思ったのは私だけではないかと。
 
 次回のお話は「大人の国」とのこと。
 人間は成長すれば体は大人になるのでしょうが、精神的に成長するとは限らないような気がします。
 キノさんはもしかしたらもう立派な大人なのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】キノの旅 -the Beautiful World- 第9話「いろいろな国」

 キノさんの9話を見て感想を書きます。
 人生色々という言葉もありますし、国も色々あるのかもしれません。
 暴走から物騒なお話が続きますが、結構殺伐とした世界観なのかもしれません。

【内容】
 シズとティーが車で移動していましたが、長老と呼ばれる老人とその弟子が狙っていたようです。
 子供が手榴弾を持っていることもあり彼らを襲うことは断念され、続いて登場したキノ彼女もまた「一人で旅ができる」凄腕だとやっぱり断念します。
 長老は自分よりも強い相手に向かっていく人間を獲物にすべきと説きますが、昔のトラウマを思い出して頭を抱えてしまいます。

 「徳を積む国」にやってきたキノは、老人は素晴らしいことをすると「徳」のポイントがたまると説明を受けます。
 寄付については単純計算だとお金持ち有利になるからと、所得との比率で計算されるとのこと。
 人の役にたったことは、大きなことから小さなことまでポイントが掲載される一方、悪いことをするとポイントがなくなってマイナスになると投獄されるのだとか。

 いいことをし続けた人はポイントの相殺により犯罪をしても無罪になることがあるとのこと。
 実はお話をしてきた男性はかつては実業家であり大統領でもあったようで、人を殺せるくらいポイントを稼いだようです。
 もうすぐ死ぬという彼は殺す人が思いつかないと悩んでいました。
 
 ずっと人を殺したいと願ってきた老人はキノを殺そうと近づいてきたようです。
 一方で、そのことに気づいていたキノはリボルバーを握り締めて警戒を崩しません。
 赤ちゃんを抱いてほしいといわれたその老人は「私のようにはなるな」と告げるのでした。

 料理の国では正体を隠した「料理人」が来るのだと議論が重ねられていました。
 キノは到着するなり料理を作ってほしいといわれ困惑してしまいます。
 なお、キノが作った辛いメニューを食べた人は倒れてしまい、エルメスは突っ込みを隠せません。

 あちらの国ではキノの料理については名物料理となったようです。
 別の人が工夫したものが普通においしかったので、もうひとつの名物料理となったようです。
 やってきたシズは「キノ焼き」という言葉に困惑してしまいます。

 シズとティーは像に願いを書くという国にやってきていました。
 ティーは「ここにあるみんなの願いがかないますように」と優しい願いを書きました。
 周囲が誉めそやす中、本人は「どうせこんなの役に立たない」といっていましたが。

 師匠から教えられなかった国に入ろうとしたキノは気づけば通り過ぎたようですが、エルメスは3日間すっかり滞在したと主張します。
 覚えのない封筒には自分からの手紙が書かれており、入国の条件は滞在中の記憶を消すというものだったのです。
 国内の様子を知らせたくないというかの国の要請のようで、キノは記憶を失いましたが、モトラドは人間ではないので記憶があるとのこと。

 キノの絵には滞在中の楽しそうな様子が描かれていました。
 しかし彼女の記憶には国の様子はまったく残っていなかったのです。
 いろいろなことを思いつつも、キノは今日も旅を続けるのでした。

【考察等】
 いろいろな国があり、いろいろな人との出会いがあるのだと思います。
 善行のポイントはある意味理にかなっていますが、人を殺したくて仕方ないというのは突っ込みどころ満載です。
 目的があってがんばることそれ自体はいいことだと思いますが……

 お料理のお話は、キノ焼きというネーミングが面白いです。
 ティーさんのお願いは皮肉に混じっていてかんがえさせられました。
 最後の、記憶を消す国というのはさすがに想定はしていませんでした。

 次のお話は「優しい国」とのことでした。
 皆に優しくできればとそんなことを思いつつも、中々出来ない私がいます。
 そもそも優しさとは何かというのも中々定義が難しいのですが。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】キノの旅 -the Beautiful World- 第8話「電波の国」

 キノの旅の8話を見て感想を書きます。
 今回もまた数話ぶりにシズさんが中心のお話なのでしょうか。
 電波というとテレビやラジオみたいな感じなのでしょうか。

【内容】
 ティーにつけられた傷を癒すシズは、彼女とともに旅をすることに。
 ある国についた、彼はティーに自分が落ち着いて住むことができる国を探していることを告げます。
 いきなり人を傷つける言動は控えるべきと念を押して食事を終えます。

 道行く人にトマトをもらい、国の感触を探るシズさん。
 平和そうなこの国は労働さえしてくれれば移民も受け入れてくれるのだとか。
 シズは「普通の国」が普通に成り立つのには多くの人の努力が必要だと語ります。

 ガソリンスタンドで給油していると、人の首を持った怪しい男が現れます。
 周囲がパニックに陥る中、シズは殺人犯を倒して警察に引き渡します。
 警察の男性によると、数年に一度「このような事件」が起こるようで、それは電波が悪いのだとか。

 この国は奴隷たちが作った国であり、機械を埋め込まれた彼らには電波が送られて操られていたそうです。
 数百年前には奴隷が解放され現代に至るのだとか。
 運悪く電波を受信してしまった人が本人の意思にかかわりなく問題行動を起こしてしまうのだとか。

 電波基地を破壊すべきと主張するシズですが、近づけば近づくほど電波が強くなるとのこと。
 シズは電波を信じていない一方で、電波基地の破壊を申し出ます。
 しかし、たどり着いた先ではすでに基地らしき場所は廃墟となっていました。

 戻ってきたシズは電波基地はすでに壊れていたことを告げ、警察の人たちは愕然とします。
 今までの事件は電波のせいではなく個人の犯罪ではないかと告げるシズですが、思い切り反論されてしまいます。
 シズは電波の影響を受けたと言われて捕まりますが、ティーが手榴弾を持ち出して住民に抵抗します。

 シズは電波の影響を受けたと言い出し、自分は出国すると言い出します。
 警察署長を人質にしてとりあえず国を脱出し、あちらからは二度と来るなといわれてしまいます。
 そんな彼に対して、シズは新しい装置が作動していたと嘘をつきます。

 電波のように(人の気持ちが)簡単に伝わればいいのにと語るシズさん。
 彼が次にたどり着いたのは「治安の悪い」国でした。
 シズは仕事に出かけ、ティーは陸(犬)と2人きりで一日を過ごすことになりました。

 食事を終えたティーは出かけることにしますが、手榴弾は置いていくようにと念を押されます。
 影を踏んできた彼女は「もう大丈夫」と何度も繰り返します。
 その夜もマーマレードをつけたパンを2人でいただき一日を終えます。

 陸から状況報告を受けたティーは、自分がしっかりしようとしていたのではないかと推測します。
 影ふみは自分は大丈夫だと確認していたのであり、食事では仲間に食べ物を与えることを実践していたようです。
 そんな彼女の思いを前に、陸はあの時ティーを殺してもシズを守ろうとしていたことを告げるのでした。

【考察等】
 2度目のシズさん中心のお話は、ティーさんとの旅のお話でした。
 一見平和な国ではありましたが、どうやら問題を抱えていたようです。
 人の話を聞けと突っ込みたくなるのは私だけではないかと。

 何でも電波の影響と言い出す彼らは思考停止状態にあるのかもしれません。
 シズさんはそんな彼らに付き合ってあげることで彼らのプライドを守ったのでしょうか。
 自分自身でものを考えなければいけないという教訓が込められているのかもしれません。

 最後のティーさんのお話はなんだかすごく癒されるお話で、もふもふがとても尊いです。
 次回はきっとキノさんがメインのお話に戻るのだと思われます。
 「いろいろな国」というタイトルからはまったく内容が想像できませんが。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム