【アニメ感想】おそ松さん 第2期 第25話(終)「地獄のおそ松さん」

 おそ松さんの最終回を見て感想を書きます。
 オリンピックネタが来るのではないかという予想はありましたが、いい意味で裏切られました。
 死んでも意外と冷静な彼らがある意味大物だと思います。

【内容】
 おそ松は弟を集めて「言っておきたいことがある」と一言。
 シリアスな雰囲気で語ろうとした矢先にイヤミの飛行機が落下してくるのでした。
 そして、気がついたら6人は死んでしまったようです。

 「最終回だから仕方がない」とあっさり自分の死を受け入れる弟をよそに、おそ松は言いたいことを忘れてしまいます。
 現世では6人の葬式が行われる一方、六つ子は「裁きの間」へとやってきていました。
 地獄の裁判官である閻魔大王はどう見ても聖澤庄之助さんでした。

 あっさりと地獄行きが決定した6つ子ですが、本人は果敢に抵抗を続けます。
 兄弟は自分だけが天国に行くのだと醜く争いを始めてしまいました。
 結局は全員を地獄に落とすということに結論づけられ、現世では6人の死体が(軽トラで)火葬場へと運ばれます。

 地獄に落ちた6人は色々と(野球や麻雀を含む)責め苦を受けることになりました。
 全裸で美術のモデルにされたり、中学校の卒業文集を読み上げられてしまいます。
 そして、1期1話でお蔵入りになったF6の皆さんも地獄に落ちていることが判明します。

 イヤミの姿におそ松は何かを思い出したかと思えば、それ以上にまだ全員童貞だったことが大切なようです。
 現世の皆さんを含めて赤塚先生(故人)に祈ると、空から蜘蛛の糸が降りてきました。
 鬼達に連れて行かれそうになった六つ子を助けに、チビ太やトト子ちゃん達が地獄まで助けにやってきました。

 チャントシター(巨大ロボ)に乗ったF6の皆さんが敵を粉砕し、六つ子はそのまま復活へと動き、さらには曹操やマイコマツ、実松までもが助けに来たりします。
 イヤミとの取っ組み合いのせいで蜘蛛の糸が切れてしまいますが、ファイナルチャントシターがホームランを放って7人を現世へと戻すのでした。
 そして、復活した6人は体が腐っていたというオチであり、さらにイヤミは白骨で復活してしまうのでした。

【感想等】
 1期最終回はセンバツで、2期最終回はオリンピックを想定していた私がいます。
 いきなり死んでしまってもあっさりと受け入れてしまうところはある意味では大物だと思います。
 その後で自分が天国だと争いを始めるところもある意味では彼ららしいのかもしれません。

 聖澤庄之助さんが閻魔さまということが一番の驚きだったのかもしれません。
 地獄での責め苦は色々と多岐にわたりますが、卒業アルバムの音読がなかなかシュールです。
 あと、封印指定にされた1期1話のネタを引っ張ってきたのも驚きました。

 仲間が助けに来るという熱い展開は普通によかったのですが、出てくる面々が笑いを誘います。
 蜘蛛の糸のお話は芥川さんのお話と同じなのですが、巨大ロボの合体演出が普通にかっこよかったです。
 体が腐っていたというのもある意味では彼ららしい最後だったのかもしれません。

 はじめは豪華キャストに惹かれて見始めた作品が、1話で度肝を抜かれたのは今ではいい思い出です。
 気がつけば作品の魅力にどっぷりとつかり、2期が決まったときは心の底で思いっきり喜んでしまいました。
 各方面に自重しないスタイルを貫いた関係者各位に感謝と3期への期待を述べつつ、いったんは筆を置こうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】おそ松さん 第2期 第24話「桜」

 おそ松さんの2期24話を見て感想を書きます。
 概ねいつもどおりの彼らかと思っていましたが、終盤だけに急展開となりました。
 いつになくシリアスな展開も、ある意味ではおそ松さんらしいのではないかと。

【内容】
 朝ごはんをいただき歯を磨く六つ子ですが、やっぱりけんかになってしまいます。
 外出した6人は釣りをしつつ、花見の季節になったのではないかと話し合います。
 しかし、トッティに電話が鳴り、お父さんが入院したことが告げられます。

 父親を心配する息子たちに「もう帰りなさい」と告げるお母さん。
 数日後、お父さんはしゃべれるようになったかと思えば、ビールを買ってきてくれと頼みますが拒否されます。
 息子たちの方は父親1人に責任を押しつけたことを反省し、就職や自立を考えます。

 就職や面接はめんどくさいし、できる自信はないという弟に、おそ松は「ちゃっちゃっちゃー」と意味深は言葉で返します。
 6人は「行くか!」と立ち上がり、カラ松をスルーして一念発起します。
 母親を支えようと家事の手伝いをする姿にお母さんは思わず感動してしまいます。

 六つ子は就職や資格を意識しはじめ、十四松はアルバイトをしていたようです。
 チビ太の屋台では一松がアルバイトをしており、カラ松はグラサンをつけてお酒を飲んでいました。
 トッティに至っては工場で働いているようです。

 仕事を終えたおそ松は桜の木の下でビールを飲み、初任給に感激していました。
 イヤミは10億円の宝探しに向かうとのことですが、おそ松はその誘いを断ります。
 帰宅したおそ松ですが、家の中には一松以外は誰もいませんでした。

 おそ松は一人で外出し、雨に濡れていたところをトト子に声をかけられます。
 父親が倒れたことから一生懸命に頑張ろうとしていることを告げますが、本当にこれでいいのでしょうか。
 トト子は「おそ松くんがかっこよかったことはない」と告げます。

 おそ松は自分のことを自分で決められていないのではないかと回顧し、トト子はその決断を促します。
 そしておそ松は弟たちをたたき起こして、言っておきたいことがあると告げるのでした。

【考察等】
 いつになくシリアスな展開は最終回近くにふさわしいお話といえるのかもしれません。
 実際、息子6人を1人で支えているお父さんは大変なのだろうなと思います。
 私自身も、父母が存命のうちに何かできないことはないかと真面目に考えてしまいました。

 1期では石油を掘りだそうとするくらいの人ですし、普通に働こうと思えばできた人なのではないかと。
 みんなバラバラになるという意味では1期の終盤にも似たようなことがあったような気がします。
 その1期の最終回はいきなり「センバツ」だと全員集合して野球のようなことをしていましたが。

 いつも大声で怒鳴っているトト子さんも今回は普通にヒロインしていたことに驚きます。
 おそ松さんが行き着いた結論というのは一体どんなことなのか、センバツという前例もあるので全く読めません。
 どんな展開になっても、最後まで私は彼らとともにありたいと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】おそ松さん 第2期 第23話「深夜の日松屋/ダヨーンとダヨーン/悩むイヤミさん」

 おそ松さんの2期23話を見て感想を書きます。
 いつもあまり考えていないようなイヤミさんもいろいろと悩んでいるようです。
 私はトッティさん主演の「キングダムハーツ2」で同じCV(鈴村健一氏)のデミックスさんに苦戦して悩んでいますが。

【内容】
 居酒屋と思しきお店にやってきたおそ松たちですが、このままでは帰れないとのこと。
 トッティは兄達に帰ろうと迫りますが、ほかのメンバーはまったく聞いていないようです。
 「一人で帰れば」と言われたら、いっしょにやりたくなったトッティですが、帰れと突っ込まれるのでした。

 ダヨーンは目を覚まし、テレビを見てシャワーを浴びて出勤します。
 仕事を終えたダヨーンは同僚に飲みに行かないかと誘われますが、お断りして帰宅することに。
 帰りの電車で、自分と同じ顔の人物が本を呼んでいて困惑してしまいます。

 ダヨーンは自分と同じダヨーンが妻帯子持ちであること、木村という名前であることを知ります。
 相手はダヨーンの存在に気づいており「話をしようじゃないか」と一言。
 「私は君だ」「君は私だ」といわれ、可能性のひとつなのだとか。

 ダヨーンは相手をドッペルゲンガーではないかと指摘しますが、怒られてしまいます。
 同じキャンディを取り出す2人はやはり同一人物なのでしょうか。
 歯磨きをどうしているのかと聞かれたダヨーンはすっかり意気投合してしまいます。

 気がつけば2人一緒にすごしたダヨーンは、次は飲みにいこうと言われます。
 次の日、同じようにテレビを見ていたのですが、例のダヨーンが盗撮容疑で逮捕されてしまうのでした。
 「わからないものだ」と結論付け、今日も仕事に向かうダヨーンなのでした。

 悩んだイヤミは首をつって自殺しようとし、見知らぬ男性(プロデューサー)がそれを止めようとします。
 どうやら彼は自分が浮いていないのかと悩んでいるようです。
 プロデューサーはイヤミがいないと番組が成り立たないと反論しますが……

 おそ松はイヤミは知名度があるし、超有名な「シェー」があると励まします。
 面白い歯があるといえば、自分くらいしかいないのではないかと反論されます。
 自分が古臭いキャラクターではないかという主張が延々と続いてしまいます。

 昭和時代には主人公だったものの、自分は「浮いている」ことが問題と考えるイヤミさん。
 チビ太は自分が昭和の人間だと主張しますが、それでも何とかなじめているとのこと。
 おそ松は好きになってもらうには「共感」が大切だと告げます。

 現状維持という結論を残して去っていくおそ松たちを呼び止めるイヤミさん。
 チビ太は「ざんす」という口調に問題があるのではないかと主張し、イヤミは話し方を変えることを考えます。
 いきなり普通のしゃべり方にしたら今度はただの社長になってしまいます。

 新しいギャグを考えるようにと迫られたイヤミですが、プロデューサーにあと放送が2回だとだめだしされます。
 追い込まれたイヤミは首をつろうとしておそ松たちに止められるのでした。

 Cパートでは居酒屋のお話が続き、自分達にはどんな仕事が合うのかというお話に。
 自分達の適職としてカリスマモデル、総理大臣、社長、医者、セレブ、金メダリストなどと互いをほめあいます。
 そして最後にため息をつくのでした。

【考察等】
 居酒屋のお話は導入部のみで、メインはダヨーンさんとイヤミさんでしょうか。
 ダヨーンさんのそっくりさんとはいいお話なのですが、最後のオチには驚きました。
 もしかしたら私にも彼とも同じように別の可能性があったのかもしれません。

 後半のお話はイヤミさんがメインのお話ですが、いきなり自殺しようとして驚きました。
 何も考えていないようで意外と深く考えている彼がなかなかシュールです。
 励ましているようで普通にクズとのたまうのはこの番組ならではかもしれません。

 主役を取られたという意味ではイヤミさんはガンダムSEED Destinyのシンさんとかぶるかもしれません。
 Cパートの居酒屋さんとのテンションの差がなんだか面白いです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】おそ松さん 第2期 第22話「海外旅行」

 おそ松さんの2期22話を見て感想を書きます。
 楽しい海外旅行のお話かと思いましたが、彼らがいて普通のお話になるわけがありませんでした。
 小学生の時に読んだ「十五少年漂流記」を思い出す今日この頃です。

【内容】
 一同は(金持ちのハタ坊のおかげで)ハワイに向かいますが、飛行機が壊れてしまいます。
 気がついたらみんなは無人島にいて、彼らはサバイバル生活を余儀なくされることになりました。

 トト子は「フルーツが食べたい」と言い、崖にあるものをわざわざ指名します。
 チビ太は木の枝でSOSを書かせようとしますが、六つ子にかかればOSOになってしまいます。
 ダヨーンがいなくなったとのことですが、死んでしまったのでしょうか。

 十四松たちはチビ太のはげ頭で火をともして殴られます。
 無意味な争いを繰り返してしまい、イヤミはどてっぱらに穴を開けてしまいます。
 しかし、この原因を作ったハタ坊を殺すという意思が彼らを突き動かします。

 せっかく出来上がったいかだですが、イヤミは1人で脱出しようとします。
 巨大なサメによって殺されかけるイヤミを見た一同はもう死ぬしかないのではないかと考えます。
 それでも一同は島での生活に順応して、物々交換を基盤とする生活に移行するのでした。

 共同生活を楽しむ一同ですが、カラ松はトイレットペーパーを発見して逃走します。
 お尻が限界になったみんなは互いにトイレットペーパーを奪い合い、ヨガに覚醒したイヤミも参戦します。
 火を吐いたりテレポートをしたりする彼はどう見てもダル○ムさんにしか見えません。

 チビ太は光り輝いて、色々試行錯誤しながらエイリアンのような姿になってしまいます。
 「あと2回の変身を残している」チビ太に続き、トト子も魔法少女(?)に変身し、エグい攻撃でチビ太を倒します。
 さらに十四松も覚醒して「ナイン」を呼び寄せて野球の試合を始めてしまいます。

 デカパンはダヨーンの顔をした大魔神とともに現れてトイレットペーパーを奪い取ります。
 六つ子は合体してパーフェクト松になり、股間からビームを出して全てをなぎ払います。
 一人だけハワイを楽しんでいたハタ坊もまたその餌食となってしまいます。

 死闘を制してトイレットペーパーを入手したトト子さん。
 しかし、それgシングルだったことに愕然として息を引き取るのでした。
 
【考察等】
 楽しい海外旅行が一変してサバイバル生活になってしまいました。
 独自の進化を遂げた皆さんを見て「アローラのすがた」という言葉が浮かんだのは私だけかもしれません。
 トト子さんの叫ぶ演技にクラシカロイドのチャイコさんと同じ声優さんだといまさら知りました。

 中盤はヨガの力を得たイヤミさんが登場しますが、どう見てもスト2のあの方にしか見えません。
 それだけで終わるかと思っていたらチビ太さんはフリーザ様になってしまいます。
 これだけいろいろやってしまうと1期1話のような封印指定にならないのか心配になるのですが……

 最終回かのようなテンションの高いお話がありましたが、お話はまだもう少し続くようです。
 次回の「悩むイヤミさん」というタイトルが妙に気になってしまいます。
 彼が一体どんな悩みを抱えて生きているのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】おそ松さん 第2期 第21話「深夜の日松屋/BANANA/ニート矯正施設」

 おそ松さん2期の21話を見て感想を書きます。
 カラ松さんや十四松さんみたいに自分らしく生きていけたら幸せだと思います。
 私はニートではないですが、矯正が必要ではないかと思う今日この頃です。

【内容】
 居酒屋のようなところで六つ子は食事をしていました。
 カラ松は相変わらずテンションが高く、十四松もいろんな意味で元気でした。
 お会計をするところになると互いに殴り合いをしますが、柄の悪そうな男に怒られるのでした。

 オープニングの後、トッティふんする女性が一発逆転の手段を考えていました。
 「BANANA」という怪しいトラックを見てお金に目がくらんだ彼女(?)は怪しいお店で働くことにしました。
 一松(店長?)との面接に臨みますが、白鳥の衣装や鼻メガネなど、イロモノ衣装を着ることが出来ないと反論しますが……
 気がつけばみんな一緒にダンスを踊って最後は武道館ライブにこぎつけるのでした。

 怪しい男性がおそ松の父母を訪ねてきて「ニート矯正施設」に入れるべきと勧誘してきました。
 就職率97%、さらには1人無料という声にお母さんの方はすっかり乗り気のようです。
 結局決め手になったのは「パウンドケーキ」ではなく、ああいう風になったのは自分のせいなのではないかと考えます。

 6人もいるから1人くらい減ってもうやむやになるのではないかと主張するお母さん。
 とはいえ、実際誰を施設に追いやるのかというところで悩み始めます。
 しかし、パチンコのお金やバイクのお金をせびる息子等に「いい息子」を期待できず、全員施設にぶち込むことを決断します。

 お母さんはチョロ松を呼び出し、矯正施設のお話をして協力を求めます。
 どれもひどすぎて駄目とのことですが、チョロ松はあっさりと長男のおそ松を指名します。
 対するお母さんはカラ松になるのではないかと思っていましたが、彼はむしろ無害なのだとか。

 一松、トッティは愛情が少ないのではないかと暴露するお母さん。
 なお、十四松は人様のところには預けられない存在なのだとか。
 お母さんはおそ松に決めようとしますが、結局は良心が痛むようです。

 お母さんには、結局息子を施設に送ることが出来なかったようです。
 今度はお父さんや自分が行けばいいのではないかとまで言い出します。
 結局は誰も選べず、お母さんが真っ白になってしまったのでした。

 お父さんが会社から帰宅し、誰かを2年施設にやることは駄目だと結論付けますが……
 今度は「家計のてこ入れ」のために3人を送り出すと言い出します。
 息子達はいっせいにお父さんに媚を売り始め、最後はお父さんを胴上げし、お母さんも息子を抱きしめるのでした。

【考察等】
 オープニングを見た後、トッティさんが女性になっていたのは驚きました。
 まあ、「じょし松さん」という前例があるといえばそこまでなのですが……
 よくわからないお話ながらも人生逆転できたらと思う今日この頃です。

 今回のメインは「ニート矯正施設」のお話なのですが、どう見ても怪しさ満点としかいいようがないかと。
 お兄さんをあっさりと売る一松さんが面白いです。
 親として息子を愛していることはわかりますが、本当にそれでいいのかと考えてしまいます。

 現実問題として、息子6人が働かないという意味では家計はかなり大変なのではないかと思います。
 それでも家族団らんというのは実に見ていていいなと思ったりします。
 その家計が厳しそうな中、次回は海外旅行のお話みたいですが、どうやってそこに行き着いたのかが気になります。 


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム