【アニメ感想】URAHARA 第12話(終)「グッバイパフェ」

 うらはらの最終回を見て感想を書きます。
 エビフリャーさんがラスボスですが、なんだかコミカルに映るのは私だけではないかと。
 最後は希望を持たせる終わりかたでよかったと思います。

【内容】
 ラスボスとして立ちはだかるエビフリャーさん。
 みさは戦えないりとたちを守ろうとすると、突然アマツマラが反応しだします。
 空からビーズが落下してエビフリャーは下敷きになってしまいます。

 ビーズしか作れなかったと落ち込むみさですが、りとたちに励まされて勇気を取り戻します。
 たくさんのビーズでクリエイティブすることになりました。
 4人はビーズでねこをつくり、エビをやっつけることを考えます。

 大量のビーズが集まってねこちゃんになり、エビフリャーと決戦を開始します。
 エビの尻尾による不意打ちを受けたねこちゃんはピンチに陥ってしまいます。
 落ち込むみさですが、りとたちに励まされて気合を取り戻し、ねこちゃんもまた立ち上がり、ついにエビを撃退します。

 エビフリャーは敗北を認め、みさは改めて彼と会話を始めることになりました。
 その後は大きなパフェを作ることになりました。
 上空のパフェのようなものも4人で破壊して、妄想が全て消え去り、一同の前には廃墟が姿を現します。

 ねこさんを回収し、改めてクリエイティブを追求することにしたりとたち。
 みさは自分の星をクリエイティブしたいという夢をもって、お別れすることとなりました。
 突然のお別れに涙を流しつつ、みさはエビと一緒にロケットで宇宙に戻ってきました。

 いろいろむちゃくちゃになってしまった世界ですが、気がつけば人たちが戻ってきました。
 さゆみんも再登場し、りとたちも改めて自分のクリエイティブを追求することになりました。
 そして自分が好きなものを楽しくクリエイティブし続けることを誓い、皆さんのお店が始まるのでした。

【考察等】
 最終回でラストバトルのはずが、敵が微妙だからかあまり決戦という感じがしませんでした。
 みささんの明るそうなお声に従妹の小さな頃を思い出し、なんだか心が癒される気がします。
 彼女をサポートするりとさん達のお姉さんぶりもほほえましいなって思います。

 4人が変身するわけでもなく、ビーズがねこちゃんになって代わりに戦うというのは想定外でした。
 決戦もまたどこかほほえましい内容で、敵の命をとるわけでもないところも見ていて安心かもしれません。
 最後のパフェもすごくおいしそうで、料理アニメかと思ったのは私だけではないかもしれません。

 可愛らしい色合いと世界観で見始めた作品も、ついにはお別れのときが近づきます。
 中盤のシリアスな展開もまたいろいろ考えることが多く、単純に可愛いだけの作品ではなかったように思えます。
 最後は廃墟の中での出発ですが、それでも希望を持たせる終わり方でよかったです。

 みささんともエビさんとも最後は分かり合えたようでよかったと思います。
 最後はいろいろな人が戻ってきてさゆみんさんも再登場したのはすごくうれしかったりします。
 いつか(続編による)みささんとの再会を夢見て、一旦筆をおくことにしようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】URAHARA 第11話「エビフライランナウェイ」

 うらはらの11話を見て感想を書きます。
 衝撃の事実の発覚に、お話はついに終盤へと向かいます。
 初めの頃のほんわかとしたお話が今では懐かしく思えてくる今日この頃です。

【内容】
 実は、りとたちが暮らしていた周りの風景はイメージによって作り出したものでした。
 自分たちがずっと妄想の中にいたと聞かされた彼女たちはショックを隠せません。
 現実ではないから意味はないと語るりとたちですが、これまでのことが全部ウソとは思えないと結論付けます。

 悲しい思いをさせたことを謝るみさですが、エビフリャーは妄想で楽しくやっていけばいいと反論します。
 みさたちはスクーパーズの星に帰ると言い出しますが、りとは自分達のショックを理解したみさを許すことに。
 一緒にクリエイティブを作っていこうとみさを受け入れることになりました。

 孤立したエビフリャーはみさを「異物」と言い出し、怒ってしゃちほこのような姿に変身してしまいます。
 みさは自分達が作ろうとしなかったのではないかと反論しますが、彼は聞く耳を持ちません。
 とりあえずりとたちは逃げ出すことになりますが……

 この町が妄想ならば自分達の好き勝手に変えられるのではないかと考えるりと達。
 町をちゃんと見ていなかったエビはぐるぐる回ってしまい、りとたちを見失ってしまいました。
 さらに反撃を開始するりとたちですが、エビはますます怒って巨大化してしまいます。

 みさはりとたちを守ろうとエビの前に立ちはだかります。
 エビは彼女を倒して自分がスクーパーズの頂点に立とうとします。
 そのとき、みさのアマツマラが突然光を放つのでした。

【考察等】
 「全ては妄想」という事実はいろんな意味で困惑してしまいました。
 一方で、これまでいろいろとやってきた彼女たちの気持ちにはうそはなかったと信じたいです。
 そして、みささんもいろいろありながら仲間になったようでなんだかうれしいです。

 エビフリャーさんに追われるりとさんが中々シュールです。
 戦う力がないはずが、妄想で戦いをするという発想はよかったと思います。
 しかし、それだけで相手を倒すには至らなかったようです。

 ピンチが続くもののみささんが力に目覚め、反撃の手立てが生まれたような気がします。
 全てが妄想ならば、りとさん達も新たな戦闘能力を得ることも可能なのかもしれません。
 とりあえず次でエビさんを倒すのでしょうが、その後りとさんたちがどんな結論に至るのかを見届けたいです。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】URAHARA 第10話「マルノミクイーン」

 うらはらの10話を見て感想を書きます。
 エビフライの人が敵だったのは予想どおりでしたが、お話は単純ではないようです。
 みささんは意外にもまともな人だったようでよかったです。

【内容】
 怒ってしまったエビフリャーはりと達を無理やり連れ去ろうとします。
 一方で、みさはもう奪うことはやめようと主張してりと達をかばいます。
 奪わなければ滅ぶばかりと語るエビさんに思わずドン引きしてしまいます。

 いろいろな星の文明を奪い取るみさをはじめとするスクーパーズの皆さん。
 しかし、奪ったアマツマラ(玉のようなもの)の使い方は分かりませんでした。
 そんな中、みさやエビの人は(今の姿になって)地球にやってきたようです。

 地球の風景に目を輝かせるみささん。
 素敵なものを全てを手に入れようとしますが、そんな中登場したのがりと達でした。
 りと達が楽しそうにいろいろなものを作っていく姿に自分も何かを作れるようになりたいと願います。

 りとは自分も素敵になりたかったのが、まりとことことの出会いによって目的を果たしたと語ります。
 自分達の生み出したものが受け入れられるのかと不安になるりとさん。
 自信に満ち溢れたまりさんがいろんな意味で素敵ですが、ことこさんのうんちくもいいなと思います。

 3人ならば自分でも出来ることを知ったりと達は、みさを自分達の側に引き入れます。
 みさは「壊れてしまった」町、「誰もいない」町と告げます。
 実は、今りと達がいるこの町は、守りたいという町をイメージで作られたものとのことですが……

【考察等】
 エビフライの人は敵の一方で、子供のみささんは意外と物分りがよかったようです。
 みささんが実はお姫様ポジションだったのは驚きました。
 本来ならばうらやましい展開のはずが正体が異形だと思うと複雑です。

 目を輝かせて町を練り歩くみささんは実際、とても可愛らしいです。
 憧れの人を目指すその感情は、ある意味では純粋で素敵なものだと思います。
 一方で、エビの人だけがますます悪役ポジションになりましたが。

 全部で12話とすれば、そろそろ終わりが見えてくるころかもしれません。
 エビの人がラスボスではいささかインパクトに欠けるような気がします。
 3人の友情が全てを救うと信じて、最後まで突き進むことが出来ればと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】URAHARA 第9話「ビターキャンディー」

 うらはらの9話を見て感想を書きます。
 前々回あたりからだんだん雲行きが怪しくなり、見ていてかなりつらいです。
 イーブルオアライブの例といい、最近は主人公の闇墜ちがブームなのでしょうか。

【内容】
 一心不乱にスクーパーズを食べ続けるりとを見て周囲は賞賛を惜しみません。
 ことこはさらに食べるようにと促し、3人が一緒にいられると安心します。
 しかし、スクーパーズ化が急激に進んだりとは突然苦しみだしてしまいます。

 スクーパーズに成り果てたりとは暴走し、周囲を破壊し始めます。
 模写や真似から生まれるクリエイティブもあるのだと主張するりとさん。
 誰にも見てもらえないのは嫌だと自分の気持ちを吐き出しつつ、まりとことこがほめてくれたのはウソだったのかと責めます。

 評価を求めて暴走するりとに困惑するまりとことこ。
 2人はりとに呼びかけますが、彼女は聞く耳を持ちません。
 りとが絵を破壊するのを止めるために、まり、ことこは武器を取って立ち向かいます。

 絵を破壊しようとしたりとは猫のイラストを見て手を止めます。
 キャンディを取り出すまりとことことはいろいろと思い出があるようです。
 かつて、りとはまり、ことこと一緒にアルバイトをしていたのです。

 好きなイラストを描いてほしいといわれたりとは猫のようなものを描きます。
 まりにほめられたりとは次々と絵を描いていきます。
 りとにとってはまりとことこにほめられたことがひとつの原点でした。

 互いにアドレスを交換した3人は、おそろいのキャンディをいただきます。
 交流を進めて最後は3人のブランドを作って売るのだというお話になりました。
 春休みの間だけお店を借りて運営することになり、胸がときめいてしまいます。

 昔を思い出したりとは、2人のアイデアを元に創作することが楽しかったと涙を流します。
 3人は仲直りして変身アイテムを破壊して戦うことを拒否することを宣言します。
 なにはともあれ3人は元の体に戻れたようで何よりでした。

【考察等】
 3人とも承認欲求が肥大化して暴走したという感じなのでしょうか。
 創作においても人生においても評価を求めるのはある意味まちがいないような気がします。
 承認欲求で敵対する展開はさすがに想定していませんでしたが。

 暴走シーンは胸が痛みますが、3人の出会いは普通によかったです。
 何気にりとさんたちのフルネームが出てきたのは今回が初めてかもしれません。
 高校生くらいでお店を切り盛りするってすごいなとつくづく思います。

 いろいろありながらも最終的には元に戻れたようでよかったです。
 残りのお話で黒幕っぽいエビフライの人とバトルすることになるのでしょうか。
 もしかしたら別のラスボスが登場するのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】URAHARA 第8話「ファビュラスクレープ」

 うらはらの8話を見て感想を書きます。
 前回から不穏な空気が流れ、すっかりお話の傾向が変わったような気がします。
 いい人だと思っていたさゆみんさんもまた、普通の人ではなかったのでしょうか。

【内容】
 まり、ことこと仲直りしようとするりとですが、2人はむさぼるようにお菓子を食べていました。
 友達の変化に呆然とするりとの前に現れたのは、クレープ屋さんのさゆみんでした。
 3人に食べて欲しいと持ってきたクレープもまた、スクーパーズのお菓子だったようです。

 人気を取り戻すのだとりとを拒否するまり、一緒にいたいということこもつらいのかもしれません。
 りとはこれまでと一緒にパークを続けようと主張しますが、まりは「もう遅い」と一蹴します。
 2人にさらにお菓子を食べさせるさゆみんは急に巨大化します。

 食べれば元通りになるのだといわれたりとですが、さゆみんの巨大化に信じられない表情です。
 さゆみんはスクーパーズになった方が楽になるといい、まり、ことこもそれに同調します。
 りとは2人を説得しますが、さゆみはパークを壊そうとし、戦闘態勢に入ります。

 一人ぼっちになったら誰が絵を見てくれるのかと精神攻撃をするさゆみんさん。
 それでもりとはパークを壊そうとするさゆみんの前に立ちはだかります。
 1人きりになってもパークを守ろうとするりとですが、さゆみんの力の前にはなすすべもありません。

 りとがさゆみんを一突きすると、彼女はがらがらと崩れていきました。
 しかし、まり、ことこや周辺に責められて涙を流します。
 2人に理解されないりとは「できることをすればいい」という声にしたがって自分もスクーパーズになると言い出します。

【考察等】
 承認欲求も、孤独を嫌う感情も、ある意味では人間らしい感情かと思います。
 スクーパーズになったらうまくいくという流れがよく分からないのですが、うまくいくならば私もちょっと考えてしまいます。
 フォロワーさんが増えて、さらに皆さんと一緒にいられるのならばそれもいいかもしれないと思ったのは問題でしょうか。

 みささん達が黒幕っぽかったと思ったら、今度はさゆみんさんが敵として立ちはだかるようです。
 彼女の甘いささやきの一つ一つが胸に突き刺さるのは私だけでしょうか。
 それでも最後まであきらめないりとさんは、立派な主人公だと思いたかったのですが……

 可愛らしい絵に反して心を折ってくる展開は見ていて心が痛いです。
 前回からの展開は、ある意味ではまどマギやゆゆゆに続く衝撃なのかもしれません。
 これから見続けることに不安を感じつつも、最後まで何とか見続けられればと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム