【アニメ感想】戦刻ナイトブラッド 第12話(終)「戦刻ナイトブラッド」

 ナイトブラッドの最終回を見て感想を書きます。
 厄魔という脅威を前に、各陣営が力を合わせて立ち向かうことになりました。
 果たして結月さんを助け出すことが出来るのでしょうか。

【内容】
 秀吉の抵抗もむなしく、巨大な厄魔は結月をさらっていってしまいました。
 それを倒せば厄魔を根絶やしにできるのではないかと考えますが……
 気がつけば信長も行方不明になっており、厄魔にさらわれたのかもしれません。

 厄魔を倒すことは信長の意思だと勝家たちの協力を得る秀吉さん。
 幸村たち真田軍も樹海を目指し戦闘をスタートさせます。
 秀吉たちは例の巨大厄魔の行方を追いますが……

 秀吉はぼろぼろの信長を回収し、結月が厄魔にさらわれたことを告げますが、信長は協力を拒否します。
 信長、秀吉は巨大厄魔と戦闘を始め、幸村たちもまた戦いを続けることに。
 「あんたを倒すのはこの俺だ」とお約束のせりふを吐き、一時的な共闘が成立します。

 「勘違いするなよ」と次々と助けに入るツンデレな皆さん。
 一気呵成に(ラスボスと思しき)巨大な敵に挑みかかり、中にとらわれた結月を救出します。
 結月は目を覚ましたのはよかったのですが、ラスボスはまだ倒れてはいませんでした。

 復活した巨大厄魔を前に再び戦闘を開始する秀吉たち。
 しかし、その圧倒的な力を前に、信長や秀吉はあっさりと倒されてしまいます。
 結月は厄魔を倒すために自分の血の力を使ってほしいと申し出ます。

 信長、秀吉は結月の血を吸ってパワーアップを果たし、厄魔を打ち果たすことに成功します。
 そのあと、世界に平和が戻ったようで何よりです。
 結月は療養することになり、武将たちは次の戦へとまい進するのでした。

 秀吉に手の甲をキスされてすっかり真っ赤になる結月さん。
 結月が元の世界に戻るのはまだまだ先のことになりそうです。

【考察等】
 強大な敵を前にしてライバルが手を組むという展開はベタながらいいなって思います。
 これだけのメンバーとなると撮影現場もすごいことになっていそうです。
 そして、釘宮さんでなくてツンデレなのは男性陣というのが中々シュールです。

 敵に捕らえられ、すっかりお姫様ポジションの結月さん。
 そのシチュエーションが素敵だと胸をときめかせるのは私だけではないかと。
 「勘違いするなよ」というツンデレや「やったか!?(→倒せてない)」というベタな王道も結構好きです。 

 血を吸うシーンが妙に色っぽく見えてちょっとどきどきしてしまった私がいます。
 金髪になるのはスーパーサイヤ人みたいでちょっといいかもしれません。
 戦いは一段落した一方で、結月さんと姫巫女との関係はうやむやなままでしたが。

 まだ戦いはこれからだともいえる終わり方はともかく、最後の手の甲へのキスはもう反則だと思います。
 2期は多分ないとおもいますが、全体的に丁寧に作られているような気がしました。
 最後までキャラクターを覚え切れなかったことをざんげしつつ、ここで一旦筆をおこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】戦刻ナイトブラッド 第11話「動乱マーチ」

 戦刻ナイトブラッドの11話を見て感想を書きます。
 厄魔という共通の敵を前に共闘する展開でまとまるのでしょうか。
 一瞬、コアラのマーチが頭に浮かんだのは私だけだと思いたいです。

【内容】
 信長からの厄魔討伐「命令」を断った無事もどってきた秀吉さん。
 あっさりと結月を返したことに疑問を抱く一同ですが……

 食事を終えた結月は自室に戻ると、半兵衛たちが心配だとやってきました。
 信長はいい人ではないかと考える結月ですが、その矢先に、城下町の周辺に厄魔が現れます。
 秀吉は結月に「ちゃっちゃ」と終わらせると告げ、利家たちと合流します。

 厄魔が結月を狙っていることを念頭にすると、秀吉は信長が結月を返したことも狙いがあったのではないかと考えます。
 その信長たちは武将達を率いて厄魔と戦闘を開始します。
 剣を突き立てると地中から巨大な厄魔が出現し、武将達を次々とやっつけてしまいます。

 信玄は各地で厄魔が出現していると知らせを受け、秀吉は信長が行方不明になったと聞かされます。
 秀吉は信長が厄魔の巣窟に行ったのではないかと推測し、樹海へ向かうことになりました。
 その前に秀吉は結月を強引に連れ出しますが、結月は自分がここにいてもいいのかと悩みます。

 秀吉に元気付けられた結月は、厄魔討伐に同行することを決意します。
 周囲が焼け野原になっているのを目の当たりにし、蘭丸や光秀が倒れているのを見つけます。
 そして巨大な厄魔が結月に襲い掛かるのでした。

【考察等】
 お話が終盤に迫り、戦うべき相手が誰か、少しずつ見えてきたような気がします。
 結月さんを心配する武将達の態度に思わずどきどきしてしまいました。
 その後は終盤らしく戦闘をはじめとするシリアスなシーンが多めだったように思われます。

 厄魔が各地に出てきて、予断を許さない状況になりました。
 秀吉さんが厄魔を倒すために出撃し、最後は信長さんと共闘する展開になるのでしょうか。
 そんな中でも恋愛に積極的な秀吉さんが素敵過ぎます。

 今回が決戦前夜で、次回には最終決戦といったところでしょうか。
 次々と他の軍勢が助けに入る展開になるのではないかと思うのは私だけではないかと。
 最後には姫巫女と結月さんの関係についても明かされたらいうことはありません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】戦刻ナイトブラッド 第10話「確執ターミナス」

 ナイトブラッドの10話を見て感想を書きます。
 こちらの世界でもやはり信長さんと秀吉さんの主従関係がありました。
 光秀さんの裏切りもまた同様のようですが、これはこれで意味があったことのようです。

【内容】
 秀吉は信長の首を狙おうと戦を仕掛けますが、冷静さを失ってその術中にはまってしまいました。
 しかし、突然の厄魔の出現によって決着はつかず、秀吉の城下町は壊滅状態になってしまいます。
 城下町の復興を終えた秀吉は、信長の元にいる結月を救出するため、単身で信長の城へと向かいます。

 信長の城にやってきた秀吉は「嫁」である結月を返すようにと突き進みます。
 その割には結月をスルーして信長のところに行ってしまいました。
 秀吉はかつては信長の臣下であり、ともに天下統一のため尽力していたものの、ある一件以来反目しあっているのだとか。

 海外製品を大好きな信長は「よりすぐれた者」を求めているようです。
 秀吉は信長の指示に従って農民の土地を接収し、光秀はその動きを危惧して信長をいさめたとのこと。
 今の秀吉は信長の民を犠牲にするやり方は受け入れられないと宣言します。

 実は、土地の接収は住民を避難させるためという意図があったとのこと。
 光秀はそのことを知らずに信長に反乱を起こしましたが、それでも処分されなかったようです。
 秀吉は光秀を「裏切り者」と責めますが、信長の攻撃を受けてしまいます。

 改めて結月を返すようにと告げる秀吉に対し、信長は天下を統一するのは最も優れたものであると告げます。
 秀吉は信長に銃を向ける一方、大きな城下町を築いた信長は彼の野心を見破っていたようです。
 結月と民を守るためにやってきた秀吉に対し、信長は厄魔の巣窟を見つけ出したと告げ、秀吉に力を貸すようにと告げますが、秀吉はそれを拒否します。

 秀吉は結月をつれて城に戻っていきました。
 一方、大量の厄魔が出現して周囲はどったんばったん大騒ぎです。
 信長はそれすらも予想通りだと考え、厄魔を征伐することを宣言します。

【考察等】
 いつもは血気盛んな秀吉さんは、終盤にさしかかって雰囲気が変わったような気がします。
 そして、こちらの世界でもまた、秀吉さんと信長さんの主従関係(や光秀さんの裏切り)があったことが示されます。
 一方で、結月さんを一旦スルーしつつ結月さんを返せというのは中々シュールです。

 信じていた相手だけに、裏切られたときのショックは大きかったのだと思います。
 信長さんや光秀さんとの再会はかつての自分に決着をつけることと同じなのかもしれません。
 あっさりと結月さんが返されたのはちょっと驚きですが、これだけでは終わらないような気がします。

 お話は終盤に差し掛かり、厄魔との本格的な戦いが始まるようです。
 姫巫女さんの居所(あるいはすでに亡くなったこと)もそろそろ明らかになるころでしょうか。
 結月さんが元の世界に戻れるかどうかも、ちょっと気になる今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】戦刻ナイトブラッド 第9話「厄魔コリドー」

 ナイトブラッドの9話を見て感想を書きます。
 厄魔というのがよくわからないまま来ましたが、ここからひとつの結論へと進むのかもしれません。
 結月さんと姫巫女との関係とは一体何なのでしょうか。

【内容】
 姫巫女の失踪をきっかけとして厄魔が出現し、それは結月を狙っているとのこと。
 信長は厄魔を討伐すべくその巣窟を探すよう部下に命じます。
 城下町が厄魔に襲われたと聞いた結月は信長やその部下とともに出立します。

 「これから貴様を使って確かめる」と信長さん。
 結月は信長とともに洞窟を進み、自分の血が厄魔を引き寄せていると聞かされます。
 その日は成果はなかったものの、どうしてもそのことが気になってしまいます。

 イマリは逃げ出す手を考えていたようですが、信長に知られたらただではすまないと結月さん。
 再び信長に呼ばれた結月は、長秀からはあまり気にする必要がないと言われます。
 信長は結月にこれから自分と一緒に生活してもらうと告げますが、とくに何かがあると言うわけでもないようです。

 結月は次の日も信長たちとともに厄魔と対峙することになりました。
 農民達は信長を襲撃しますが、あっさりと(峰打ちで)倒されてしまいます。
 道をふさぐ領民を蹴散らして先に進む信長に困惑する結月なのでした。

 秀吉は町の復興を続けつつも、幸村からは「助けが必要なときは呼べ」と言われます。
 蘭丸から干し柿をもらい、信長には崇高な目的があると聞かされます。
 厄魔を倒して天下を統一することが目的という信長は他の武将よりも先を目指しているとのこと。

 結月は信長に協力することを宣言し、彼と行動をともにし続けます。
 さしたる成果が見られない中、結月は自分の血を使うようにと勧めます。
 結月の血が厄魔をおびき寄せ、信長たちはそれを次々と倒していきます。

 長秀によると今までの厄魔とは異なる敵が出現したとのこと。
 新たな戦いの舞台が整いつつあるのかもしれません。
 一方で、秀吉たちは町の復興を完了させ、結月を奪還するために単身信長の元へと向かいます。

【考察等】
 イケメンさん攻略は一段落し、お話は確信へと進むのでしょうか。
 信長さんとの行軍はデートにしか見えなかったのは私だけかもしれません。
 道具扱いしているようで意外と優しい信長さんにどきどきしてしまいそうです。

 自分が厄魔のようなものを引き寄せている割にはあまり深刻さが感じられません。
 同じ部屋で眠ってくれと言われる展開は別の意味で危険かもしれませんが。
 ひとつ間違えると事案になりそうな中、その気配がまるでないところに紳士的なものを感じます。

 実際は、厄魔討伐というよりも信長さんのお話だったのかもしれません。
 いままでの厄魔とは違う敵の出現に本当の敵はあちらという流れになりそうな予感がします。
 敵の敵が味方ということで、これまで敵対していた武将達を仲間にする展開が来るのかもしれません。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】戦刻ナイトブラッド 第8話「織田プランダー」

 ナイトブラッドの8話を見て感想を書きます。
 前回が特番だったのでストーリーが飲み込めないのは私だけでしょうか。
 どこの世界でも信長さんはやっぱり大物のようです。

【内容】
 信長たち織田軍と対峙する結月たち。
 一方、秀吉は真田軍から結月が織田軍に捕らえられたことを聞かされます。
 意外にも「軍の建て直しが先」だと言い切る秀吉ですがやはり結月のことは気が気でありません。

 結月は信長と面会し、信長は光秀に彼女の「管理」を任せます。
 信長は結月の血が「姫巫女」と同等の力を発揮することを知っており、それを使うことにもちゅうちょはないようです。
 逃げようとすれば殺すという脅迫のおまけつきです。

 厄魔が結月を襲ったという事実から、姫巫女について調べることにした秀吉さん。
 鳴かぬ鳥は殺されると脅される結月ですが、光秀がイマリ(=茶釜)を持ってきてしまいます。
 結月が「茶釜が友達」と言って同情されるのが中々シュールです。

 いろいろありながらも結月は蘭丸の仕事(掃除など)を手伝うことになりました。
 金平糖をいただき、なんだか心が和む結月さん。
 荷物を運んでいると信長にぶつかってしまい、部屋に呼ばれて厄魔の分布図を見せられ、意味深な本(=直筆の写本)も渡されます。

 武将達によると信長の写本はかなりの重要アイテムのようです。
 結月が異世界からきたと知った武将達はおもわず涙を流してしまいます。
 イノシシを取りにいくと言い出す赤髪の武将さんが面白いです。

 豊臣軍が恋しいかといわれた結月ですが、実は結構優しい信長についてよく分からないようです。
 信長は従順なものには寛容だと念を押される結月さん。
 一方、秀吉は姫巫女と厄魔の関係、厄魔が結月を狙っていることに気づきます。

【考察等】
 ラスボスの風格漂う信長さんもまた攻略対象のようです。
 いまさらながら日本史の重要人物と同姓同名の人たちが多く出てくるのを結月さんがどう思っているのかが気になります。
 あまりその当たりはいまさら突っ込まないほうがいいのかもしれませんが。

 織田軍に拉致された結月さんですが一応ご無事なようで何よりです。
 イマリさんの絡みで同情されるのがなかなかシュールでした。
 蘭丸さんの女子力の高さにも驚かされますし、普通に楽しい人だと思います。

 いつも考えるより前に行動の秀吉さんですが、今回は意外にも冷静でした。
 姫巫女についての調べものは今後の状況を左右するお話のような気がします。
 厄魔さんの関係で、もしかしたら信長さんたちとも共闘する可能性もあるのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム