【アニメ感想】UQ HOLDER!~魔法先生ネギま!2~ 放送後振り返り特番「UQTV ネギまHOLDER!2」

 UQホルダーの総集編(?)を見て感想を書かせていただこうと思います。
 原作者先生のナレーションということで、いろいろな裏話を聞くことが出来るのかもしれません。
 私自身もコメントを交えつつ振り返ってみようと思います。

【内容】
 改めてオープニングを見るといろいろなキャラクターが出てきて楽しそうです。
 そして、1話では刀太さんがいきなり血まみれになってピンチが訪れます。
 雪姫先生の血を舐めて復活した刀太は悪い先生とバトルを繰り広げました。

 最終回では雪姫先生に告白する刀太さんのシーンがありました。
 あっさり断られますが、雪姫先生が明らかにほれているとしか見えません。
 そして女性陣に追いかけられるラストでまだまだ先が続きそうです。

 2話では九郎丸さんとの出会いが語られますが、今思えばどう見ても女の子です。
 紆余曲折を経て九郎丸とは「友達」になった刀太さん。
 そうかと思えば6話では九郎丸が金髪の女の子に女装してデートを楽しむことになりました。

 4話では夏凛さんたちと修道院に行くお話であり、刺客との戦いでした。
 主人公顔負けのバトルシーンは原作者先生のお気に入りのシーンらしいです。
 結局は急所攻撃によって刺客は倒されてしまいましたが……

 7話ではキリエさんの登場で、人生をやり直しできる能力はうらやましい限りです。
 担当声優の茅野さんの演技の幅を思い知らされるお話なのかもしれません。

 9話にはみぞれさんが登場し、いきなりの(恋愛的な)バトルが始まってしまいます。
 あっさりと落ちてしまうみぞれさんが可愛いです。

 そして温泉では女性陣がバトルを繰り広げ、九郎丸が刀太を助け出します。
 「50回こすられれば終わりだ!」というせりふが中々シュールです。
 原作者さん曰く、お風呂が多いのは「ラブひな」からの伝統らしいです。

 前作主人公のネギさん(大人)は10話、11話に登場しました。
 そして女性を全裸にするのは中々シュールです。
 最終回では旧作メンバーの総出演は(キャスト的にも)とてもよかったと思います。

【考察等】
 改めてお話を見ると、展開が早く、おもわず見入ってしまう展開でした。
 初回からいきなり最終回に飛んだのは驚いてしまいました。
 九郎丸さんの初登場シーンが、今思えばどう見ても女の子にしか見えません。

 戦闘シーンは迫力がありましたし、よく見れば裸のシーンが多かったです。
 えっちな展開の一方で、女の子でも見れるという声優さんの言葉はまちがいないと思います。
 茅野さんに限らずキャストも豪華で、全体的に丁寧に作られているような気がします。

 ラストバトルの全員総出演はよかったと思いますが、一方でフェイトさんはカットでした。
 そして綺麗な形で終わり、まだまだ先が続きそうな、そんなお話で締めくくられました。
 原作ストックがたまったら2期ということもあるのかと思いつつ、UQさんについての記事を一旦終えようと思います。
 関係者の皆様、そして毎回のコメント本当にありがとうございました!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】UQ HOLDER!~魔法先生ネギま!2~ 第12話(終)「来れ(アデアット)!尽きせぬ想い」

 UQホルダーの最終回を見て感想を書きます。
 前作を知らないまま進んだお話も気がつけば最終回になってしまいました。
 今思えばフェイトさんが黒幕だと思っていた頃が懐かしいです。

【内容】
 前作キャラとUQキャラ、新旧入り混じった戦いが続きます。
 刀太はネギと対峙し、さらにはフェイトや雪姫先生も参戦することになりました。
 気がつけばネギ、フェイト、雪姫先生(=エヴァンジェリン)が幼少期の姿になって天高く打ちあがります。

 フェイトは人類を進化させて苦しみをなくし、ヨルダから解放すると主張します。
 それでもネギは自分はヨルダ自身であり、殺さなければならないと告げるのでした。
 エヴァンジェリンはネギを抱きしめますが、どうやら交渉は決裂したようです。

 フェイトの石化も、雪姫先生の凍結も、ネギには通用しませんでした。
 仲間達も旧作のキャラにボコボコにされてしまいます。
 刀太はネギと打ち合いますが、その圧倒的な実力に打ちのめされてしまいます。

 無関係な人々を巻き込むネギに迫る刀太ですが、ラカンさんの一撃を受けてしまいます。
 キリエが刀太をかばいますが、好きなのかといわれて顔を赤くしてしまい、そのまま倒されてしまいます。
 カトラスはキリエの歯を抜き、ネギは怒り狂いますが、キリエの能力によって時間が巻き戻ります。

 かつての生徒達が具現化して次々に能力を使ってネギと戦い、刀太はネギを刺されて体力を回復します。
 ネギは注射を打たれて状態異常になりますが、ネギは女子生徒を裸にしてしまいます。
 なんでも刀太はネギと生徒たちの子供のようなものであり、このむちゃくちゃが守りたい世界とのこと。

 ドレス姿になった明日菜はネギに抱きつき、後はよろしくねと一言。
 ネギは塔の頂点で待つといって消えていきました。
 こんな事態でも死傷者0に済ませるUQホルダーの皆さんは素敵です。

 女性陣(九郎丸を含む)が語り合い、周囲はすっかり平和になったようです。
 刀太は雪姫に「好きだ」と告白して殴られてしまいます。
 結婚してくれといいますが、あっさりと断られてしまい、他の女性陣に怒られてしまうのでした。

【考察等】
 前作主人公を(一時的にしろ)救ったのは、彼の教え子達ということでよかったのでしょうか。
 何よりのファンサービスにファン感涙かもしれませんが、前作を見てなくて申し訳ないです。
 今後時間的に余裕が出てきたらネギまさんのアニメを見てみるかもしれません。

 フェイトさんや雪姫先生だけでなく、旧作キャラそろい踏みの豪華仕様でした。
 「ネギま2」のタイトルは伊達ではなかったといわざるを得ません。
 旧作キャラだけでなく、新作キャラもしっかり見せ場があってよかったと思います。

 連載中作品ゆえに途中終了なのでしょうが、それでもしっかり一段落ついたのはよかったかと。
 原作ストックがたまったころ、2期放送があることを期待します。
 そしてそのときには少しでも旧作にふれておければ言うことはないかもしれません。

 
※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】UQ HOLDER!~魔法先生ネギま!2~ 第11話「彼女の恋の物語」

 UQホルダーの11話を見て感想を書きます。
 突然の前作キャラとの戦闘(と女性陣の裸)は旧作ファンへのサービスでしょうか。
 次々と登場する能力と展開にますます驚きを隠せません。

【内容】
 突然の前作キャラの猛襲にさすがの雪姫先生も困惑を隠せません。
 彼らを従えるネギはくしゃみだけで女性陣を全裸にするだけの魔力の持ち主でした。
 キリエは時間を稼ごうとしますが、心を読まれてしまいどうしようもありません。

 いきなり男性の声が聞こえたと思ったら、刀太はブラックホールのようなものに引きずり込まれてしまいました。
 クーネルを名乗る男は刀太の刀を作った男で、雪姫も逃げ出すほどの鬼畜外道なのだとか。
 彼は刀太を説得するために、雪姫ことエヴァンジェリンとナギ(ネギの父親)との過去を語り始めます。

 エヴァはナギと出会い、そのあとネギの属する学園にやってきたようです。
 ネギは強くなりたいと教えを請い、修行を通じて2人の絆が深まっていきました。
 刀太は雪姫先生のうれしそうな姿に喜びを感じますが、雪姫は黒い影に捕らえられ、刀太はクーネルに捕らえられます。

 始まりの魔法使いが刀太の前に姿を現し、雪姫が幸福になることはありえないと告げます。
 雪姫は一緒に歩いてくれる人が欲しかったと涙を流してしまいます。
 刀太は彼女に抱きつき自分がずっと一緒についているのだと宣言しますが……

 始まりの魔法使いの攻撃を、雪姫先生をお姫様抱っこして回避する刀太さん。
 雪姫は魔法を展開して、ここで敵の精神を破壊すれば勝てるのではないかと告げます。
 精神攻撃に注意と告げた雪姫ですが、ナギとネギに迫られて思わず鼻血を出してしまいます。

 始まりの魔法使いの圧倒的な実力は刀太をも精神攻撃で取り込んでしまいます。
 絶体絶命のピンチで現れた謎の女子高生(明日菜)は魔法を打ち消してしまいます。
 気がつけば夏凛やキリエ、九郎丸たちが助けられたようで何よりです。

 明日菜は始まりの魔法使いを倒すには37秒必要だと刀太に告げます。
 元に戻った刀太たちは最強の剣士であるラカンさんをも打ち破り、九郎丸は2人を抑え、残り1人は雪姫が凍らせてしまいます。
 刀太はネギに一撃を加え、彼を救い出そうとしますが……

【考察等】
 ネギ先生が出てきただけでもそうですが、女性陣を全裸にしたのはさすがに驚きました。
 次々と登場するキャラクター、能力とその展開には驚きしかありません。
 キャラクターが誰だかわからなくなってきたのは私だけではないと思いたいです。

 雪姫先生ことエヴァンジェリンさんの恋物語が今回の中心でした。
 始まりの魔法使いさんがどうやらラスボスでまちがいないようですが、敵はあまりにも強すぎました。
 人間はどれだけ強くなっても心だけは鍛えぬくことは出来ないのかもしれません。

 明日菜さんの登場については、コメントであらかじめお名前を聞いていたのですんなり受け入れられました。
 最強の敵たちをいきなり抑えて一対一の決闘に持ち込んだ展開に思わず胸が熱くなります。
 残りが少なくなってきましたが、次回はネギさんを元に戻してハッピーエンドという流れになることを願うばかりです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】UQ HOLDER!~魔法先生ネギま!2~ 第10話「麻帆良学園へようこそ」

 UQホルダーの10話を見て感想を書きます。
 刀太さんがクローンという衝撃の事実の後は前作の舞台探訪でした。
 武道大会は少年誌の王道ということかもしれません。

【内容】
 自分がクローンであることを告げられた刀太は少なからず動揺しているようです。
 もっと気にしているのは雪姫先生がおじいさん(ネギ)のことが好きということでしょうか。
 恋に積極的なみぞれは「麻帆良武道会」に行くと言い出します。

 武道会は1年後に「天の御柱」で開かれると聞き、刀太は興奮を隠せません。
 しかし、棄権者が出ない限りは事前に通知していなければ今回の予選には出られなかったようです。
 ひいおばあさんのあやか達が登場し、ネギが麻帆良学園で教員をしていたこと(と彼女達が教え子だったこと)を聞かされます。

 雪姫先生は昔なじみの人間に会うと外に出て、夏凛も一緒についていくことに。
 10歳で先生をやっていたというネギのお話に驚きを隠せません。
 なお、セーラー服姿の幽霊さんもネギさんの教え子のようです。

 あやかは刀太が「クローン」ということを知っており、そんなことは関係ないと告げます。
 ネギの血を引いていることを誇りに思うべきと語るあやかはいきなり女子高生の姿に戻って抱きつきます。
 次々と女性陣に抱きつかれるさまは祖父の血がなせる技なのかもしれません。

 刀太は突然の欠場者が出たことから大会に出場することになり、九郎丸達が応援に入ります。
 対戦相手の「カトラス」という方はどこかで見たことがあるようです。
 欠場者の男性はカトラスに襲われたとのことで、この戦いは仕組まれていたようです。

 刀太を「劣化コピー」と言ってのけるカトラスは圧倒的な力で刀太を切り裂きます。
 闇の魔法を発動させた刀太ですが、あっさりと抑えられてしまいます。
 カトラスに散々に悪態を突かれますが、刀太は自分には仲間がいるのだと立ち上がります。

 カトラスは自分を「前座」といい、さらにネギが登場して周囲は騒然とします。
 ネギは刀太が世界を救えると告げ、塔に来るようにと告げますが、刀太はもっと早く来ればよかったと反論します。
 雪姫先生はいきなり登場しますがあっさりと拘束され、さらに敵らしい男が登場して最終決戦の予感がします。

【考察等】
 前回は日常回の一方で衝撃の事実が明らかになりました。
 今回は前回の舞台にやってきて、前作ファン歓喜の展開……なのかもしれません。
 夏凛さんは麻帆良学園の制服を着ているようですが、同校の関係者なのでしょうか。

 学校訪問だけかと思いきや、後半では迫力の戦闘シーンが待ち受けていました。
 天下一武道会の例もあるように、ああいった大会は少年誌のお約束なのかもしれません。
 そしてどう見ても怪しいカトラスさんは刀太さんの力を見に来たのでしょうか。

 最後の最後に、ネギ先生のまさかの登場はまったく想定していませんでした。
 なんだか最終決戦の流れになったのですが、一方で次回は「彼女の恋の物語」とのこと。
 来週は雪姫先生の過去が明らかになるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】UQ HOLDER!~魔法先生ネギま!2~ 第9話「恋とお風呂の反復運動」

 UQホルダーの9話を見て感想を書きます。
 前回までのシリアスな流れから一転して和やかな雰囲気となりました。
 ヒロインの皆さんは可愛らしいですし、忍さんは癒しだと思います。

【内容】
 不機嫌なキリエによると、フェイトは結局逃がされたとのこと。
 刀太はフェイトと祖父(ネギ)のどちらを信じるべきかと雪姫に詰め寄りますが、彼女は答えてくれませんでした。
 見知らぬおばあさんと女の子は雪姫と刀太を出すようにとアジトに現れますが……

 みぞれを名乗る金髪ツインテールは刀太を「女殺しの一族」の末裔だと言い出します。
 刀太は反射的に彼女を投げ飛ばしてしまいますが、みぞれはその後の「お姫様だっこ」に顔を赤らめてしまいます。
 「私のお婿さんになりなさい!」というみぞれですがあっさりと断られます。

 ネギと(女子)生徒達との絡みが回想される一方、みぞれは衣装を変えて刀太にお弁当を準備してきます。
 腕の絆創膏は彼女の努力の証であり、手作りをアピールしない彼女はいい子だと実感する九郎丸たち。
 キリエは一応は否定しますが、やはり刀太のことが好きなのでしょうか。 

 一空は女性陣の前に現れ、積極的な彼女達を見守ることに。
 雪姫はネギとであったことを語りますが、20年前には一体何があったのでしょうか。
 刀太を因縁に巻き込むわけにはいかないと語る雪姫に、おばあさんはいつかは彼を手放す勇気を持つべきと語ります。

 一緒に温泉に入る一空は実は13歳でこん睡状態になったと重たいお話を始めます。
 背中をごしごし50回すると結ばれるといううわさを聞いた女性陣が先を争って刀太の背中を流そうとします。
 九郎丸は刀太を逃がそうとしますが、気がつけば女の子同士でのバトルが始まり、そうかと思えば雪姫がすっかり50回ごしごししていました。

 刀太のことは譲らないと語るみぞれと忍、そして顔を赤らめるキリエさん。
 一方、刀太は(小さな姿の)雪姫先生と2人きりになります。
 刀太は先生がネギのことを好きだったのかと問い、先生はそれを肯定します。

 雪姫先生は先日現れたネギは本人ではないと告げます。
 なんでもネギは20年前に「はじまりの魔法使い」を倒して憑依されたのだとか。
 フェイトとはのっとられかけた彼を助け出そうと対立しているとのこと。

 雪姫によると、刀太が孤独になった原因はフェイトにある一方で、当時亡くなったのは両親ではないようです。
 そして刀太はネギの遺伝子から作られたクローンだと告げられるのでした。

【考察等】
 フェイトさんのお話が一段落して和やかな(?)日常が戻ったということなのでしょうか。
 強気かと思われたみぞれさんは実際は可愛く、中々楽しいお方のようです。
 一方で、刀太さんを観察する(九郎丸さんを含む)女性陣や一空さんも面白いです。

 前作未見ですが、ネギ先生が女子生徒と仲良くしていたことは事実のようです。
 刀太さんもやはりその血を引くからか、女の子たちにモテモテなのは間違いないかと。
 女性陣のたくましさを見るにつれてマール王国シリーズの「女は行動力」という歌をふと思いだいます。

 最後の最後に刀太さんの出生の秘密が語られますが、急展開に驚きが止まりません。
 日常のお話は今回で終わり、お話は終盤に、そしてシリアス方面へと進みつつあるのでしょうか。
 次回の「まほら学園」は前作の舞台らしいのですが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム