【アニメ感想】ブラッククローバー 第117話「今 封を切る時」

 ブラクロの117話を見て感想を書かせていただきます。
 オープニングで出ている女の子は実はあのネロ(鳥)さんらしいです。
 想像力の限界を超えたような展開に混乱してきましたが……

【内容】
 フィンラルは目の前のネロがしゃべったことに驚きます。
 ネロは魔神の骨のところまで連れていけと言い出しますが……
 別の所ではヤミ、シャーロットが悪魔と戦闘を繰り広げていました。

 ヤミの攻撃はよけられ、眠っているリヒトもまた攻撃を仕掛けていきます。
 悪魔はおぞましい魔力を発揮し、黒くおぞましいものが出てきます。
 フィンラルはネロの言うとおり石版にはめられている魔石を抜き取って初代魔法帝に像にはめ込みます。

 悪魔は命をむさぼる魔法を使ってきたらしく、魔法そのものも通じていないようです。
 アスタは飲み込まれたものの魔力がないおかげなのか無事でした。
 ノゼルは仲間を助けにいくと言い、アスタ、ユノ、パトリが戦闘に介入することに。

 初代魔法帝のルミエルの封印が解かれたことで、ネロはセクレという女性になっていました。
 500年前、セクレはルミエルに仕えることになり、ルミエルはセクレの魔法を称賛します。
 ルミエルは王子でありながらも魔力がない人でも魔法を使えるような道具を作ろうとしていました。

 妹を伴ったルミエルはエルフの長であるリヒトと理想を語り合い、人間とエルフの共存が目指されていました。
 リヒトはルミエルの妹と結婚することになりましたが、ルミエルは悪魔によって捕まってしまいます。
 セクレは空間魔法でルミエルを救い出しますが、彼らがたどり着いたころにはエルフは全滅していました。

 リヒトはルミエルに「希望」を見出しながらも魔神に姿を変えられてしまいます。
 異形の姿になったリヒトはルミエルに殺してくれと嘆願しますが……

【感想等】
 エルフが人間に裏切られたと同情していた私ですがその前提は崩れてしまいました。
 黒くて気持ち悪いものが出てきてその生々しさに鳥肌が立ってきました。
 魔石をはめると初代魔法帝さんが出てきただけでなくて鳥のネロさんが人間になってしまうとは……

 500年前の人である初代魔法帝さんが復活するのは想定の限界を超えていました。
 「リヒト」も「ルミエル」も光を表すのは彼らの属性に関わることなのでしょうか。
 かつての盟友が再会した時こそ、長年の因縁に決着がつくことになるのかもしれません。

【アニメ感想】ブラッククローバー 第116話「最強の天敵」

 ブラクロの116話を見て感想を書かせていただきます。
 ラスボスがリヒトさんだと思ったら現実のお話は大きく動いてきました。
 アスタさん達はパトリさんを救うことが出来るのでしょうか。

【内容】
 黒幕である「悪魔」はパトリをダークエルフにしてアスタ達を攻撃させます。
 新しいオープニングの後、パトリは魔光魔法なるものを放ってきますが……
 アスタ、ユノはパトリの魔法をはじき返したものの体力を使ってしまいます。

 パトリは人間への憎しみでさらなる魔力を発揮し、そこに銀翼の大鷲団長のノゼルが割って入ります。
 魔法騎士の戦いは「属性」の相性によるものが大きく、光を反射出来る水銀魔法は光魔法と相性がいいそうです。
 ノゼルはパトリを水銀の監獄に閉じ込め、全ての攻撃をはじき返して「魔法帝になるのは私だ」とひと言。

 ミモザは力尽きそうになったライアを回復させ、ノゼルはパトリにとどめを刺そうとしますが……
 ユノはパトリの体はウィリアムのそれであり、アスタの剣で彼を元に戻せるのではないかと言ってきました。
 アスタは剣を突き立ててみたらパトリの記憶が流れ込んで魔法帝ユリウスが敗れたことを知ります。

 パトリと対面したアスタは「諦めてんじゃねえ!」とお説教をはじめます。
 戻ってきたパトリは「付き合ってもらえないか」といい、共に悪魔と戦うことを選びます。
 悪魔はリヒトと戦闘を繰り広げ、次はシャーロット、ヤミが悪魔と対峙するのでした。

【感想等】
 新しいオープニングになって最低でもあと1クールは戦えそうです。
 冒頭ナレーションの「魔神」と前回出てきた「悪魔」とは何か関係あるのでしょうか。
 オープニングで出ている女性キャラが今後の鍵を握るのかもしれません。

 ここにきて属性うんぬんと出てきて単純な力関係より戦いは複雑になってきました。
 プリキュアばりのお説教をはじめるアスタさんが素敵すぎてちょっと感動しました。
 次回はマスコットだと思われていたネロさんにスポットが当たるらしいですが……

【アニメ感想】ブラッククローバー 第115話「黒幕」

 ブラクロの115話を見て感想を書かせていただきます。
 このままパトリさん達を倒せば……と思っていたら、ことはそう単純ではないようです。
 この反乱の黒幕とは何なのか、わたし、気になります!

【内容】
 ライアは目の前のロンネが偽物だと見抜きますが、ライアはいきなり腹部を貫かれてしまいます。
 ロンネから黒い「悪魔」が現れたかと思えば、悪魔は人間をそそのかしてエルフを滅ぼしたと言い出します。
 アスタ、ミモザは悪魔と対峙しますが、パトリは目の前で悪魔に倒されてしまいます。

 「元凶」である悪魔に攻撃を仕掛けるアスタ、ユノですが、悪魔は2人を相手にしても全く引けを取りません。
 悪魔は自分がエルフを転生させたと言い出しますが、アスタ、ユノは「俺の夢は負けねえ!」と気合いを入れます。
 2人で「俺の邪魔をするならお前が壊れろ」と言って攻撃しますが、敵は再生能力を持っているようです。

 悪魔によると「四葉のグリモワールの所有者が深い絶望に包まれたとき、五つ葉のグリモワールが蘇る」とのこと。
 パトリのグリモワールを奪い取った悪魔は「面白かった」と言い、パトリは憎悪と絶望でダークエルフなるものに変貌します。
 アスタはパトリから何の気も感じられないと言い、そのパトリはアスタ、ユノに容赦なく襲いかかりますが……

【感想等】
 「白夜の魔眼」と戦っていたらエルフが敵になり、エルフと戦っていたらまた別の敵が出てきました。
 悪魔の存在よりもメジャーの吾郎さんと同じお声という事実の方が驚きかも。
 ライアさんが寿也さん、パトリさんが御幸さんでユノさんが降谷さんと、みんな野球アニメの主役級なのは偶然のはず。

 エルフが自分を裏切った人間を憎んでいたのは一理あったのですが、それが全部悪魔のせいになってしまいました。
 パトリさんがあっさり操られてしまったのはさすがにどうかと思いますが……
 闇墜ちしてダークエルフになったパトリさんですが、アスタさんの剣で彼を元に戻せないのでしょうか。

【アニメ感想】ブラッククローバー 第114話「最後の入城者」

 ブラクロの114話を見て感想を書かせていただきます。
 エルフとの戦いも大詰めを迎え、しばらく出番のなかったユノさんも参戦します。
 アスタさんとユノさんがリヒトさんを倒せばお話が終わるのでしょうか。

【内容】
 アスタ達は「影の王宮」へと突入し、アスタ、ミモザはリルと、ノエルはファナと対峙します。
 メレオレオナはヴェット、フレゴレオンはカイゼルと戦い、それを一蹴します。
 オープニングの後、ノエルはファナを翻弄し、水のドリルで攻撃して上半身を吹き飛ばしますが……

 ファナは「炎回復魔法」で回復してきて、アスタはブラックになる時間も与えられませんでした。
 城の外で「黒の暴牛」の仲間達が戦闘を繰り広げていて、そこにユノがエルフに転生していない魔法騎士を連れてきます。
 チャーミーは集まった魔法騎士に食べ物を与え、すごいと言われたチャーミーは思わず歓喜します。

 ユノのペンダントが光ったかと思えば(チャーミー同伴で)影の王宮への道を開いてきました。
 リルは思ったものが書けないと憤っていたらチャーミーが食事を振る舞いますが……
 チャーミーは食べ物を跳ね飛ばされて憤り、吹き飛ばされたかと思えば急に体が大きくなってきます。

 なんでもチャーミーは人間とドワーフのハーフらしいですが、本人ですらその事実を知りませんでした。
 羊が変形(?)した狼はリルの魔法を食べ、チャーミーはその力を吸収してますますパワーアップします。
 チャーミーはタンパク質の分、脂質の分……とリルを殴りつけていき、アスタ、ミモザは先に行きます。
 
 ノエルはファナの攻撃に苦戦しますが、そこにアスタ……ではなくジャックが乱入してきました。
 エルフになった金色の夜明け団員が倒れていたのが気になりますが……
 ユノはパトリ、ライアを圧倒しますが、ペンダントを奪った「ロンネ」はライアの体に穴を開けるのでした。

【感想等】
 同じ声のユージオさんが亡くなって降谷さんが調子を崩す中、ユノさんの活躍は一つの希望かも。
 メレオレオナさんやフレゴレオンさんは規格外でしたが、他のメンバーはそう簡単に勝たせてくれそうにありません。
 ユノさんは只者ではないと思いますし、彼は人間ではないと言われても違和感がないかも。

 アスタさんではリルさんは厳しいと思っていましたが、チャーミーさんがここまで強いとは思いませんでした。
 タンパク質の分、ビタミンの分……と殴っていくところは笑ってしまいました。
 「ロンネって誰?」と疑問を抱く私ですが、次回タイトルの「黒幕」というのは彼のことなのでしょうか。

【アニメ感想】ブラッククローバー 第113話「突入 影の王宮」

 ブラクロの113話を見て感想を書かせていただきます。
 ゴーシュ先輩が元に戻って黒の暴牛の皆さんもほぼ勢揃いしたようです。
 影の王宮が決戦のバトルフィールド……なのでしょうか。

【内容】
 バネッサ達はエルフに転生したドロシーを倒し、アスタ達もエルフになったゴーシュ達を元に戻します。
 集結した「黒の暴牛」メンバーは食事で回復し次第、上司のヤミを追いかけることに。
 ツンデレのノエルはアスタを意識して赤面し、サリーがさりげなくアスタの服を着ていることに憤ります。

 「この戦いが終わったら、アスタの体を好きにしてもいいって約束したんだ……」と変なフラグを立てるサリーさん。
 エルフが攻めてきたかと思ったらフエゴレオンとメレオレオナの2人が復活してきました。
 バネッサ達は「黒の暴牛」がエルフを食い止めると言い、その間にアスタやフエゴレオン達を先に進ませます。

 ノエルの兄・ソリドは五日は妹を超えると言って彼女を先に進ませてきました。
 影の王宮はあの世とこの世の境という位置づけらしいですが……
 アスタの上にミモザが落ちてきて、他の皆さんは別のところに飛ばされたようです。

 敵を倒さなければ「てっぺん」には行けないらしく、アスタ、ミモザの前にエルフになったリルが出てきます。
 リルは新しい世界を描くと言ってきて、さらにファナやヴェット、王国最強の盾のカイゼルも出てきました。
 フレゴレオンはサラマンダーの炎でカイゼルを攻撃したものの、彼の「渦」魔法に阻まれてしまいました。
 
 メレオレオナはヴェットと戦いますがどこか楽しそうで、フエゴレオンはカイゼルの強さに姉の姿を重ねます。
 姉は自由奔放な人間で、魔法騎士にはならずに各地を旅するのだとか。
 フレゴレオンとメレオレオナは互いを意識して強くあろうとして相手を殴り倒してくるのでした。

【感想等】
 前置きで魔法帝うんぬんと言われているものの、今はその魔法帝が不在という事実が悲しいです。
 戦いのさなかでもしっかり食事を取ることが出来るのは大物の証なのかもしれません。
 ノエルさんのツンデレぶりもサリーさんのあからさまなフラグも中々に興味深いなと思います。

 パワーアップしたフレゴレオンさんはかっこいいですが、それでもお姉さんの方が強いのでしょうか。
 仲間が血路を切り開いて先に進むのは少年誌らしい展開で素敵だと思います。
 フレゴレオンさんがケモナーマスクさんだったのはさておき、ユノさんは今頃何をしているのでしょうか。

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム