【アニメ感想】ブラッククローバー 第89話「黒の暴牛アジト」

 ブラクロの89話を見て感想を書かせていただきます。
 アスタさん達が敵陣に突入した頃、敵もまたこちらのアジトに攻撃を仕掛けてきました。
 留守を守るゴーシュさん達はこのピンチをどう切り抜けるのでしょうか。

【内容】
 メレオレオナ率いるロイヤルナイツは5組に分かれて「白夜の魔眼」のアジトへ突入します。
 アスタはメレオレオナの圧倒的な強さを見て「俺達いらなくない?」と突っ込みを入れますが……
 ヤミはウィリアムから呼び出しを受けて金色の夜明けアジトへと向かい、マグナやバネッサ、チャーミーも外に出ていきます。

 オープニングの後、黒の暴牛アジトにはゴーシュ、ゴードン、グレイの3人が残っていました。
 ゴードンは仲間と絆を深められないと言っていましたが、ゴーシュは部屋で女神(妹)の人形を作ると言い出します。
 「ようやく僕のコレクションを見せるときが来た」とゴードンは仲間の人形を出してきました。

 ゴーシュはバネッサやチャーミーが幽霊の噂をしていたことを思い出します。
 いきなり外からゾンビが入り込んできてどったんばったん大騒ぎです。
 グレイは恐怖を抱く一方で、ゴードンは友達になりに来たと言い出しますが……

 白夜の魔眼のラデス、サリー、ヴァルトスの3人が黒の暴牛のアジトを襲撃してきました。
 妹のフィギュアを壊されたゴーシュは憤りますが、サリーのべとべとの魔法には通用しませんでした。
 サリーによるとリヒトがゴーシュを殺すなと言っていたそうで、そういえばリヒト本人もそんなことを言っていました。

 ゾンビもとい死霊はサリーに注射を打たれてパワーアップして向かってきました。
 ゴードンは毒呪詛魔法を使いますが、サリーのゲルで中和されてしまいました。
 グレイは変身魔法でゲル魔法を結晶魔法に変身させ、ゴーシュは鏡魔法でそれを打ち砕きます。

 ラデスは「ミカエル・カエサル」と呼ばれる強力な死霊を召喚してきました。
 なんでもこの死霊は2人の元魔法騎士団長から出来ているとのことですが……
 ボロボロにされたゴードンやグレイは自分がヤミ団長に拾われたことを思い出します。

 グレイやゴードンは立ち上がり、ゴーシュもまた守りたいものがあると言って立ち上がります。
 そのとき、アジトが急に動きはじめ、謎の男がその中から出てきましたが……

【感想等】
 向こうではメレオレオナさんが猛威を振るいますが、相手もただ見ているだけではありませんでした。
 ヤミさんが戦わないのは本人が強すぎるというのもありますが、部下の成長を促すためという可能性も……
 ゴーシュさんは割と活躍している印象がありますが、他の二人の実力はいまいちよくわかりません。

 ゴーシュさんは悪い人ではないと思いますが、怖い人というのもまた事実でした。
 ゾンビの群れを見て「お友達になりにきた」と言ってきたゴーシュさんには不覚ながらも笑いました。
 恥ずかしがり屋のグレイさんが相手の性質を変化させてきたのは見事としか言いようがないです。

 大切なもののために戦うゴーシュさん達はかっこいいですが、最後の人は一体誰なのでしょうか。
 Cパートではゴードンさんとグレイさんが漫才コンビを結成することになりました。
 次回予告を見る限りだと最後の方が「黒の暴牛」メンバーなのは明らかなようですが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ブラッククローバー 第88話「白夜の魔眼アジト 突入!!!」

 ブラクロの88話を見て感想を書かせていただきます。
 ロイヤルナイツの皆さんが勢揃いして、いよいよ白夜の魔眼との決戦が始まります。
 3人の団長を含むメンバーで何処まで彼らと渡り合うことが出来るのでしょうか。

【内容】
 選抜試験の合格者を中心とした総勢20名のロイヤルナイツが集結します。
 団長のメレオレオナはグラビド岩石帯に「白夜の魔眼」のアジトがあると断言します。
 オープニングの後、紅蓮の獅子王の本拠地ではフエゴレオンが眠っていました。

 王都へのテロ攻撃の後、フエゴレオンはずっと眠っているままのようです。
 レオポルドはすぐにアスタ達に追いつくと言い、アスタはフエゴレオンの仇を討つと断言します。
 アスタ、ノエルは改めてそれぞれフエゴレオンに恩義があったことを思い出します。

 負傷したフィンラルやフエゴレオンが心配な一方で、ランギルスのことがどうしても気になります。
 アスタは過去に戦った敵が自分達を恨んでいたことを思い出しますが、すぐにわからなくなって腹筋運動を始めます。
 クラウスやユノ、ミモザが出てきて騎士団の中には敵のスパイがいるのではないかと言ってきます。

 アスタ達はクラウスの乗り物に乗せて貰って王都の宿舎まで移動しますが、怪しい影がついてきていました。
 王都の食べ物がおいしいと言って大量に食べるアスタに、ミモザはわざわざ口を拭いてきました。
 クラウスはロイヤルナイツの実力は申し分ないと思いながらも性格に難がある連中が多いと突っ込みを入れていました。

 リルはゾラに声をかけようとして気絶させられ、キルシュは食事をしていたらエンのキノコに翻弄されます。
 プーリは突然に歌い出し、怪しい影はそのうるささに逃げていきました。
 メレオレオナとノゼルはスパイをあっさり捕まえ、3日後の予定を繰り上げて明朝に敵アジトに行くと言い出します。

 アスタは故郷のシスター達を思い出して、白夜の魔眼の暴走を止めると改めて宣言します。
 後半ではロイヤルナイツがグラビト岩石帯の前に集結し、岩石創成魔法でダンジョンの構造を明らかにします。
 メレオレオナは分散して突入するのが王道だと言い、5つのチームに分かれて突入することにしました。

 アスタやゾラといった問題児はメレオレオナが連れていき、カメムシの匂いも彼女には通じません。
 メレオレオナは身分よりも強さという単純は指標で動いているようです。
 他のチーム分けも決まり、それぞれが敵アジトへ突入することになりましたが……

 捕まっていた女性を尋問する男はリヒトに「新たな名」を与えられたと言っていました。
 ラックは男を一蹴してノエルが女性を救出し、メレオレオナは負けなければ何をしてもいいと言っていました。
 ノゼル、メレオレオナはそれぞれ敵をあっさり倒し、自分が大将首を取ると宣言します。

 三魔瞳最後の一人であるライアは第3の瞳を光らせて迎撃に向かいます。
 そしてCパートでは何もかも面倒だと言っていましたが……

【感想等】
 冒頭の「魔人(神かも?)」と白夜の魔眼は関係があったりするのでしょうか。
 ずっと眠ったままのフレゴレオンさんが心配ですが、プーリさんの歌を聞かせたら動き出すかも。
 スパイが暗躍するかと思ったらあっさりと捕まえてしまうメレオレオナさんが素敵です。

 決戦前夜で1話使うかと思ったら、思ったより早くアジトに突入してきました。
 フレゴレオンさんやノゼルさんが強すぎて、ほとんどの敵は相手にならないと思います。
 次回予告を見ると逆に黒の暴牛アジトに敵が攻めてくるようですが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ブラッククローバー 第87話「王撰騎士団(ロイヤルナイツ)結成」

 ブラクロの8687話を見て感想を書かせていただきます。
 内容はサブタイトルどおりなのでこれ以上言うこともないかと。
 アスタさん以外のメンバーが誰なのか、わたし、気になります!

【内容】
 ヤミの昔話は落ち込んでいたアスタに再び闘志をともしてきました。
 そこにやってきたのは紅蓮の獅子王団長のアネゴレオンことメレオレオナでした。
 ヤミは猛獣が侵入したと言ってメレオレオナに容赦なく殴られます。

 メレオレオナは弟の見舞いの礼だとお酒を持ってきたようです。
 ついでにとアスタ、ノエル、ラックが連行されていきますが、ヤミはそのまま彼らを送りだします。
 なお、連れていく3人はロイヤルナイツ選抜試験の合格者であるとのことですが……

 メレオレオナはもう一人の合格者がいるといいますが、マグナ先輩ではありませんでした。
 マグナは不合格の悔しさを胸に特訓をはじめ、アスタ達を気持ちよく送りだしてきました。
 そして任命式が行われ、キルシュ、プーリ、エン、リル、フラギルといった皆さんが出てきます。

 金色の夜明けはハモン、クラウス、ミモザ、ユノと4人もの合格者を出していました。
 黒の暴牛もまたアスタ、ノエル、ラック……そして、メレオレオナがロイヤルナイツの団長であるとのこと。
 王族で団長のメレオレオナに異議を申し立てる人間はいませんでしたが……

 遅れてやって来たゾラはメレオレオナに攻撃をかけてきた一方、自分が黒の暴牛の一員だと言ってきました。
 かつて魔法騎士を相手に襲撃を繰り返していたゾラはヤミに返り討ちにされ、そのまま(裏口)入団したのだとか。
 全員には「ロイヤルナイツローブ」なるものが支給されますがアスタのローブは短かったです。

 追加招集されたメンバーは岩の魔法を使うシレンと空間魔法を使うコブ、銀翼の大鷲団長のノゼルでした。
 王様が出てきて王族の団長が必要だと言ってきましたが、同じ王族のメレオレオナに完全にかき消されてしまいました。
 メレオレオナは「白夜の魔眼」を倒さなければクローバー王国に平和は来ないと言っていましたが……

 アスタ達の活躍によってサードアイのうち2人は倒されたものの、残りの敵は強敵に間違いありませんでした。
 白夜の魔眼のアジトは強魔地帯の浮遊ダンジョンの中であるとのことです。
 サードアイ最後の一人であるライアは夢を見ていて、リヒトは数ヶ月後に父親になると笑顔を見せていましたが……

【感想等】
 久しぶりのご登場となったお姉さんは相変わらず豪快で素敵な人だと思います。
 アスタさんやノエルさんの合格は当然として、マグナ先輩が落ちたのは属性的にかぶったからでしょうか。
 「黒の暴牛」を「金色の夜明け」と同じ4人にするために落とされたのかもしれませんが……

 ゾラさんが「黒の暴牛」なのはいいとしても裏口入団というのがヤミさんらしいです。
 威厳を示そうとした王様すら抑えてしまうメレオレオナさんは色々な意味で大物だと思います。
 実力者で人格者のフエゴレオンさんが愚弟と言われるのはちょっとかわいそうです。

 最後の夢はリヒトさん達が人間を憎む原因へと繋がっているのだろうと推測します。
 Cパートでは色々なローブが出てきますが、制服やお医者さんの恰好になるのは面白かったです。
 そして、次回からは白夜の魔眼との最終決戦ということになるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ブラッククローバー 第86話「ヤミとヴァンジャンス」

 ブラクロの86話を見て感想を書かせていただきます。
 前回に続いて今回もまたヤミさんとウィリアムさんとのお話が続きます。
 彼らの関係を聞いたアスタさんは一体何を思うのでしょうか。

【内容】
 若き日のヤミは盗賊団との戦いの中でウィリアム・ヴァンジャンスという男に出会います。
 数年後、ユリウスが魔法帝になり、ヤミとウィリアムは副隊長に抜擢されることになりました。
 ユリウスは2人の副団長の戦績を評価しつつも盗賊団の討伐を依頼しますが……

 盗賊団の力が強いことから盗賊団の背後には魔法騎士がいる疑惑がかけられていました。
 地図を見てみると警備が手薄な場所が狙われているようですが、範囲が広いとなかなか難しそうです。
 ウィリアムは襲われた場所の近くを除外しつつ、豊作の場所が襲われると推測します。

 敵が騎士団のいないところを優先的に狙っているのなら、逆に相手の裏をかくこととなりました。
 ゾコダニー村の近くでは魔道具が村長の家に保管されているそうですが、それを知るのは騎士団の中でも限られているとのこと。
 アイマヤの村は豊作ということでこちらにも敵がやってくる可能性がありました。

 ヤミは敵を目の当たりにしつつも、通信が遮断されるのを見るとマナの流れが邪魔されていることに気づきます。
 ボスと思しき男は数年前に村を襲っていた男でしたがヤミにあっさりと倒されてしまいました。
 敵は村人を人質に取ってきて、さらに魔法騎士団員のゴートやラーモという裏切り者がヤミを拘束してきました。

 ヤミは「限界など超えてやる」と意気込み、そこにウィリアムが助けにやって来ました。
 2人はこのままゴートやラーモを倒し、ユリウスは残りの敵を一網打尽にしてしまいました。
 ユリウスはこれまでの実績を評価してヤミ達を団長へと抜擢するのでした。

 ヤミは血筋や境遇に関係なく、はぐれ者の居場所を作りたいと「黒の暴牛」を結成します。
 ウィリアムは最強の団を作ることこそがユリウスへの恩義を返すことだと言ってきました。
 そしてヤミはどんな状況でも諦めるなと結論づけ、アスタも元気を取り戻して何よりでした。

 そろそろロイヤルナイツの選抜が終わるころになっていました。
 突然現われたアネゴレオンことフエゴレオナは一体何をしに来たのでしょうか。
 そしてCパートではウィリアムがヘンテコ仮面呼ばわりされるのでした。

【感想等】
 人前で堂々とたばこを吸うヤミさんの自由なキャラクターが素敵だと思います。
 ウィリアムさんの計算高いところと勘で動きそうなヤミさんと、うまく組み合わせられているのが面白いです。
 魔法騎士の中に裏切り者がいる現状を見るに、まだまだ組織の課題は多いように思えます。

 同じ時を生きた2人がそれぞれのカラーを反映させて団を作るのがよかったと思います。
 Cパートでネタにされるウィリアムさんですが、彼の真意は何処にあるのかが気になるところです。
 ロイヤルナイツのメンバーが気になりますが、まあアスタさんが落ちることはない……はず。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ブラッククローバー 第85話「裸の付き合い」

 ブラクロの85話を見て感想を書かせていただきます。
 ロイヤルナイツ選抜試験が終わったので、お風呂に入って疲れを癒すのでしょうか。
 ゾラさんはどのタイミングで黒の暴牛に入るのか気になりますが……

【内容】
 ロイヤルナイツ選抜試験はリルの自爆によってユノ達の優勝に終わります。
 魔法帝は「ザクス」と名乗っていた男のゾラという名を知っていて、本来のローブをまとってはと助言します。
 オープニングの後、アスタは優勝できなかったショックで呆然としていましたが……

 ラックは戦闘を仕掛ければ元気になるのではないかと考え、マグナは死んでしまうと突っ込みを入れます。
 お酒が入ったバネッサは下着姿でアスタに抱きつき、ラックは蹴りを入れつつそろそろ結果発表だとひと言。
 マグナは「合格したらあのクールイケメンに追いつく」と彼なりに励ましていました。

 チャーミーはユノのことを思うとごはんが喉を通らないと言いつつも大量に食べていました。
 ヤミは裸で出てきてお風呂に入ると言い出し、唐突に昔のことを思い出すと言い出しますが……
 ユリウス(後の魔法帝)率いる「灰色」の団に所属していたというヤミは武者修行の旅に出ていたそうです。

 ヤミが釣りをしていたところに老人が食事を持ってきて頼みを聞いてほしいと言ってきました。
 今年は豊作になりそうなのですが、盗賊団が出てきて作物を奪っていくのだとか。
 魔法騎士も辺境の村までは手が回らないそうで、ヤミは昼寝つきという条件で老人の頼みを聞き入れます。

 ヤミは盗賊達を次々とやっつけていきますが、相手は数が多すぎました。
 突然出てきた変な仮面をかぶった男(ウィリアム・ヴァンジャンス)はどう見ても怪しい人でしたがヤミとは「気」が合うようです。
 ボスには逃げられたものの、部下は一網打尽にしたので村が襲われる心配はなくなりました。

 ウィリアムはヤミのことを知っていて、自分もヤミと同じ「灰色」の一員だと説明してきました。
 「きっと同じ道を歩くことになる」と意味深なことを言うウィリアムなのですが……
 この後2人はライバルとして切磋琢磨することになり、互いに隊長になって現在に至るのでした。

【感想等】
 冒頭の「魔人」という単語と白夜の魔眼の第3の目とは何か関係があるのでしょうか。
 いつも元気なアスタさんがめずらしく叫ばないのを見ると、黒の暴牛の団員でなくても心配になってきました。
 ヤミさんも中の人が同じベルクーリさんもお風呂が大好きなのは妙な偶然でしょうか。

 アスタさんを励ますお話のはずがヤミさんの過去のお話になってちょっと驚きました。
 ヤミさんとウィリアムさんとの関係がアスタさんとユノさんとの関係に通じるのは間違いないと思います。
 次回予告でヤミさんが28歳だと聞いて驚きつつも、彼らの活躍を最期まで見届けていきたいです。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム