【アニメ感想】ブラッククローバー 第104話「怒りの雷VS仲間」

 ブラクロの104話を見て感想を書かせていただきます。
 修行中のマグナ先輩のところにエルフに転生したラックさんが現われます。
 ロイヤルナイツに選ばれなかった雪辱を晴らすことができるのでしょうか。

【内容】
 リヒト達は王都に進撃を開始し、魔法騎士達もまた王都を目指すことに。
 アスタ、ユノはエルフになった魔法騎士から故郷・ハージ村を守るために一時的に別行動を取ります。
 新たな剣の力で転生魔法を打ち消したアスタは仲間を救い出すことができると確信しますが……

 エルフとなったラックは付近の町を襲い、マグナ、バネッサは相乗りで現地へと移動します。
 アスタは2箇所でエルフの襲撃があるのを見てユノと手分けして対処することに。
 マグナ、バネッサは目の前の敵がラックであり、仲間に容赦なく攻撃を加えてくることに驚きます。

 ラックの体は今は「転生魔法」によって「ルフル」というエルフのものになっているそうです。
 ルフルはロイヤルナイツは壊滅したと言い、マグナ達を殺そうとしたものの「運命の赤い糸」が仲間と認識します。
 マグナは仲間の目を覚まさせてやると言って炎の「消える魔球」を投げつけますが通用しませんでした。

 バネッサとマグナはコンビネーションで攻撃しますが、ルフルには全く当たっていませんでした。
 マグナは背後を取ったものの見抜かれ、それでも自分ごと炎で攻撃し、最後は炎で包んでルフルの動きを封じますが……
 ルフルは「勝てない」という言葉に反応して炎を打ち破り、バネッサの魔法も魔力をかなり消費するするようです。

 マグナはとどめを刺されそうになりながらも「俺の相手はあのバカだ」と言い、バネッサはラックは弟だと言ってきました。
 エルフの転生魔法は絶対に解けないというものの、ラックの体からは涙が止まりませんでした。
 バネッサは糸で動きを封じながら縁は切らないと言い、アスタが飛んできて窮地のマグナを助け出してきました。

 アスタは自分を仲間だと認めたのが「黒の暴牛」だと言い、仲間は誰一人失わないと言い放ちます。
 ルフルのスピードに対応したアスタは怒りにかられた相手なら動きを読みやすいとひと言。
 アスタの動きは完全に読まれたかに思われましたが、糸でタイミングを外し、ラックに剣を突き刺そうとしますが……

【感想等】
 仲間を戻せる可能性が少しでもあるのなら、真っ直ぐに突き進むしかないと思います。
 直前に野球のアニメを放送していただけにマグナ先輩の野球ネタに違和感がないのが面白いです。
 さすがに野球の試合になることはありませんが、オリジナルで野球回というのもいいかも。

 ただでさえ強いラックさんがエルフになって強くなったはずが、アスタさんのインフレはそれ以上でしょうか。
 特にバネッサさんの「縁を切ってやらない」と言うところがすごくよかったと思います。 
 おそらく次回でラックさんが元に戻るとして、クラウスさん達も近いうちに元に戻ることを願います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ブラッククローバー 第103話「因果解放」

 ブラクロの103話を見て感想を書かせていただきます。
 先週は総集編で今回から改めてお話が動き出すようですが……
 リヒトさんの使った剣は果たしてどんな効果を持つのでしょうか。

【内容】
 リヒト達はエルフに転生した仲間を引き連れて王都へと向かいます。
 魔法騎士達もまた王都を目指すものの、途中で故郷の危機を知って急行しますが……
 神父は毒草魔法で衰弱し、アスタはリヒトが手にしていた剣を握ってきました。

 アスタの剣は神父の毒を消し去り、アスタはこれなら仲間を元に戻せるのではないかと考えます。
 突然回想シーンになってリヒトはエルフと人間は互いを知らないから憎しみ合うと言っていましたが……
 人間とわかり合おうとしたエルフは最悪の形で裏切られ、その憎悪が暴走して助けを求めているようです。

 アスタは目の前の相手に剣を突き立てると、彼の狙いどおり転生魔法を打ち消してきました。
 アスタはシスターに求婚してお仕置きされ、神父が心配するのを見たアスタはこの国を絶対に守ると宣言します。
 国王は王都各地で襲撃が起こっていると報告を受け、ユリウスの所在が不明だと聞いて愕然とします。

 「いよいよ余の出番ということだ」とやる気になった国王は魔法騎士団に緊急召集をかけさせます。
 魔法騎士が集まらず、ランギルスが反乱を先導していると聞いた国王は愕然とします。
 ライアは「あいつらもじきに目覚める」と意味深なことを言い、アスタ、ユノは故郷で食事を取っていました。

 元に戻った「ジギト」はいつの間にか意識がなくなって村を襲っていたと言い出します。
 エルフの魂は争いを求めていなかったと聞いたアスタ、ユノは人間だけでなくエルフをも助けることを決意します。
 幼い頃の彼らを知る神父は涙を流し、アスタ、ユノは手分けしてエルフと戦闘を開始するのでした。

【感想等】
 10月の始まりとともに新しいオープニングになったのであと半年くらいは安泰でしょうか。
 大先輩である北斗の拳(109話)、聖闘士星矢(114話)という数字は確実に上回ってくるわけですが……
 ヒロアカ、鬼滅、Drストーン、ぼく勉とともにジャンプ漫画を引っ張っていく存在なのは間違いないかと。

 レイヴで実体のないものを斬る剣があったので、ブラクロでもそういうのがあるのかなと思ってました。
 どんな原理なのかよくわからないものの仲間を元に戻せる可能性が出てきたのはよかったです。
 この戦いを通じて人間とエルフがわかり合う日が来ることを願いつつ、来週も再来週も見続けていきたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ブラッククローバー 第102話「2つのキセキ」

 ブラクロの102話を見て感想を書かせていただきます。
 思わぬ形で故郷に戻ってきたアスタさんとユノさんですが……
 キセキの世代とも夏色キセキとも関係ない……はず。

【内容】
 目を覚ました真のリヒトはアスタ、ユノの2人を前にしても圧倒的な実力を発揮します。
 ライアはエルフに転生した仲間を引き連れて移動し、アスタ達は他の魔法騎士とともに王都を目指しますが……
 故郷のハージ村が襲われていることを知ったアスタ、ユノはナッシュのピンチに颯爽と現われます。

 エルフに転生した魔法騎士は「毒草魔法」を使いますが、アスタ、ユノに圧倒されているようです。
 神父は同じ日に拾われたアスタ、ユノが村を救っていることに感激していました。
 シスターはアスタやユノが魔法騎士になり、彼らからの手紙を楽しみにして生きてきたようです。

 アスタからの手紙という名目でマグナとの初任務のお話を振り返ることに。
 村人全員を守れなかったアスタはまだまだ諦めていなくて、ついでにシスターとの結婚も諦めてませんでした。
 ユノの手紙には魔法帝に会ったとだけ書かれていましたが、アスタの手紙には詳細に書かれていました。

 アスタは初対面の魔法帝(ユリウス)を「派手なおっさん」だと言って周囲の失笑を買います。
 ユリウスは魔法帝になるには「実績」だと言い、実績を積まなければ頂点に立つことはできないと言ってきます。
 一方で、海底神殿のお話からアスタの手紙が途絶えてしまったそうです。
 
 大量の手紙が届いたときは喜びましたが、その中にはアスタが両手に呪術魔法がかけられたことが記されていました。
 アスタの両腕は魔女王によって回復し、ダイヤモンド王国の八輝将ラドロスを退けるに至ります。
 その後は聖果祭でアスタ、ユノが高い戦闘能力を見せつけてギャラリーの疑念をあっという間に吹き飛ばします。

 回想シーンが終わり、アスタ、ユノは絶対に魔法帝になると言って戦闘を続けます。
 しかし、神父は毒でダウンしてしまい、最後にたくましく成長したアスタ達を見て満足したと言い出します。
 神父はアスタに後を託して倒れますが、アスタはこれからも俺達の姿を見届けてくれと叫び出します。

 突然、リヒトが使ってきた剣がアスタのグリモワールから現われます。
 アスタは一か八か、剣を握ってみましたが……

【感想等】
 冒頭で人間が魔人に滅ぼされそうになったと言っていますが、いつか魔人がラスボスになるのでしょうか。
 神父さんやシスターさんが2人のことを思っている描写が見られたのは微笑ましいです。
 アスタさんが手紙を書き、子供達が普通に読んでいるのを見ると、意外と識字率が高い世界なのかも。

 総集編は長期連載の常ですが、今は亡きユリウスさんの「実績」という言葉は改めて聞くと重みを感じました。
 最後に出てきた剣は普通に切れないものが切れる剣で神父さんや村人の命が助かるのかなと思いますが……
 次回のタイトルが因果解放なのですが、人間とエルフの間の因縁はいつかは晴らされることになるのでしょうか。 


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ブラッククローバー 第101話「最果ての村の命」

 ブラクロの101話を見て感想を書かせていただきます。
 あちこちで復活したエルフさんが大きな騒ぎを起こしているようです。
 わざわざ辺境の村にまでやってきた彼らの目的は何なのでしょうか。

【内容】
 アスタ、ユノは負けたくないという意地でクラウス、ハモンを退けるも本物のリヒトが立ちはだかります。
 ユノはマナゾーンでリヒトに攻撃を仕掛け、アスタと合体攻撃を放ちますが……
 リヒトはすさまじい魔力を濃縮して2人を吹き飛ばして大きな穴を開けてきました。

 ミモザはユノ、アスタを運び、向こうにはゾラだけでなくノゼルもいるのだとか。
 魔法騎士の体を奪ったエルフ達は仲間を迎えに、そして人間を滅ぼしに行くといってどこかに行ってしまいました。
 目を覚ましたアスタは目の前のアジトが消えていて驚き、ゾラによると王都に向かっているそうです。

 キノコの人はノゼルとともに脱出したそうで、メレオレオナは気を失って眠っていました。
 アスタは雑草を食べて体力を回復させますが、ノゼルが出てきて肉体の自然治癒力を増す魔道具を出してくれました。
 ノエルはボロボロになったキルシュを連れてきて、キルシュは美しいと連呼するのは相変わらずでした。

 王都の魔法騎士からは我々では手に負えないと連絡が入り、ノゼルは同胞を殺しても国を救わねばならないと言ってきます。
 ラックの攻撃はノエルには当たらなかったそうで、ラックがそうさせたのではないかと考えますが……
 ノエルは仲間を元に戻す方法があるのではないかと訴え、ノゼルもどこか安心したような表情を浮かべます。

 アスタ、ユノの故郷である「ハージ村」にエルフとなった魔法騎士が現われます。
 彼らは人間の間の差別を嘆くとともに「僕らは差別しない」と言って全員に平等な死を与えようとします。
 アスタは半裸でいてノエルに怒られ、キルシュはまたも美しいと言っていて妹に悪態をつかれます。

 故郷がピンチであることに困惑するアスタ、ユノですが、ノゼルは片付けてすぐに王都に来いとひと言。
 ノエルはアスタについていこうとしたものの、兄に認められたこともあって王都を目指すことに。
 エルフは毒草を作って村人を苦しめ、シスターが魔法で対抗しますが、人間は等しく無力だと言われます。

 シスターは村の人々が懸命に生きていると訴え、ナッシュはアスタが「可能性は誰にだってある」と言ってたことを思い出します。
 アスタ、ユノがナッシュやシスターのピンチを救い、後は任せろと戦闘態勢になりますが……
 そしてCパートではキルシュが「美しい」と連呼し、妹に「サクラのように散ればいい」と言われるのでした。

【感想等】
 本物のリヒトさんとかパトリさんとか時々ちょっとわからなくなるのは私だけでしょうか。
 叫び声が印象的だったアスタさんが名実ともに切り込み隊長になったことに隔世の感を覚えます。
 王族がエルフにならないのはわかっていたものの、キノコの人が助かっていたことに驚きです。

 ノエルさんが仲間を救うと張り切っているところ、そしてお兄さんに認められたことがうれしかったです。
 シスターさんの奮闘がうれしい誤算でしたし、ナッシュさんの初期のエピソードが拾われていたことも興味深いです。
 意外な形で故郷に凱旋(?)したアスタさん達は見事に人々を救うことが出来るのでしょうか。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ブラッククローバー 第100話「オマエには負けない」

 ブラクロの100話を見て感想を書かせていただきます。
 はじめはアスタさんの声に慣れないと言いながらもついに100話の大台にやってきました。
 アスタさんはライバルのユノさんをどのように説得するのでしょうか。

【内容】
 ヤミは病み上がりのフィンラルに「金色の夜明け」団長のウィリアムが「白夜の魔眼」頭首のリヒトだと伝えます。
 おかしくなったのはウィリアムだけでなくマルクス、オーヴェン、シャーロットたちもまた同様でした。
 ヤミはフィンラルが乗っ取られなくてよかったと言い、フィンラルは弟のランギルスが乗っ取られていたのではと考えます。

 マグナは炎のボールを投げて特訓をしていて、バネッサがその様子を見守っていました。
 アスタ、ラック、ノエルに対して先輩として恥ずかしくない姿でありたいというマグナでしたが転
 ゾラはメレオレオナを連れて脱出に成功し、アスタはクラウスやユノを説得しようとしますが……

 アスタはクラウスやハモンの攻撃を受けても俺はまだ死なねえ、仲間に仲間を殺させねえ、そして魔法帝になるとのたまいます。
 ユノは志を同じくするアスタの叫びを受けて正気に戻り、魔法帝になるのは俺だと言ってきました。
 風の精霊シルフはしかとされたことに憤りますが、ユノはクラウスやハモン、さらには自分も眠らされているとひと言。

 ユノは「お前らは出ていけ」とクラウス達を圧倒し、下がっていろと言われたアスタは言うことを聞きませんでした。
 クラウス、ユノは戦車のようなものを作ってきましたが、アスタ、ユノは協力して2人を打ち破ってきます。
 アスタ達の前に現れたリヒトはアンチ魔法の剣を取り戻し、一気に振り下ろして怒濤の勢いで攻撃してきます。

 ユノがリヒトを拘束してアスタが攻撃しても通用せず、アスタはたちまちに水の底へと沈められます。
 風精霊魔法はリヒトの剣に取り込まれ、ミモザはアスタを回復させようにも魔力が残っていませんでした。
 ユノはマナゾーンで強化した魔法を放ち、アスタが限界を超えた一撃を放ちますが……

【感想等】
 北斗の拳も聖闘士星矢も100話前後だったので、それらの名作と同じくらい続いたと思うと感慨深いです。
 そんな節目も関係ないと言わんばかりのマイペースなヤミさんは色々な意味で大物かと。
 アスタさんの「魔法帝になる」に呼応してユノさんが「魔法帝になるのは俺だ」と正気を取り戻したのがよかったです。

 同じパワーアップでも精霊の力を借りたり限界を超えたりと、それぞれの個性が出ているのがとても興味深いです。
 次回は遠い故郷の村にもエルフの魔の手が迫ってくるようですが……
 ファナさんの例もありますし、クローバー王国以外の国でもエルフさんが出てきたりするのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム