【アニメ感想】ブラッククローバー 第97話「圧倒的劣勢」

 ブラクロの97話を見て感想を書かせていただきます。
 仲間が突然敵になり、優勢がいきなり圧倒的な劣勢になってしまいました。
 それでもメレオレオナさんならなんとかしてくれそうな気がします。

【内容】
 ヤミはエルフに転生したマルクスやオーヴェンの襲撃を受けます。
 なんとか2人を退けたヤミでしたが、今度はエルフになったシャーロットが出てきました。
 ヤミとシャーロットは激しい戦いを繰り広げ、ソルは姉さんのことが心配になります。

 シャーロットの体を使ったエルフは「人間を甘く見すぎたようだ」と一度引き下がることに。
 ヤミは瓦礫から「死ぬかと思った!」と言って出てきましたが……
 ソルはヤミから託されたもの(魔法帝の遺体?)を運び終え、ヤミに言われたとおり住民救助に動きます。

 紫苑の鯱団の元団長ゲルドルは脱走しようとしたら鎖魔法の使い手レブチが現れます。
 レブチはかつてゲルドルに責任を押しつけられた恨みがあったようです。
 2人はアスタに恨みを持っていましたが、そこにエルフが出てきて「人間は皆殺しだ」と言われます。

 レブチの鎖魔法はエルフを捉え、ゲルドルとともに汚名返上を目指します。
 一方、白夜の魔眼アジトではノエルやキルシュがエルフに転生したラック達と対峙します。
 キルシュは桜吹雪をまき散らして応戦しますが、ノエルは困惑を隠せませんでした。

 ライアは自分が生まれつき嘘つきだから人の嘘がわかるといい、アスタの言葉は嘘ではなかったと言ってきました。
 かつて人間を信じてエルフを殺されたと複数属性の魔法を放って来ますが……
 メレオレオナは本気で殺しにきている相手とはわかり合えないと言いますが、アスタはまた切り開いてやると言ってきます。

 ライアは空間魔法と光魔法でメレオレオナの攻撃をかわし、ゾラはこんな奴どうしろというのかと突っ込みます。
 エルフに転生したリルが「僕の名前はリラだよ」と言ってきて、ゾラはランギルスはエルフに転生する予兆だったと考えます。
 ゾラはトラップ魔法を発動させてきて、アスタはアンチ魔法の一撃で目を覚まさせようとしますが通用しませんでした。

 ライアはエルフの転生魔法はすでに完了していると言い、さらに3人も新手が出てきて圧倒的な劣勢になります。
 ゾラは仲間を戻すためにも一時撤退を進言し、メレオレオナは2人をつかんで外に放り出してきました。
 一人で残ったメレオレオナは「私は貴様ら全員を殺すつもりだ」とのたまい、その弟は病床で指をわずかに動かすのでした。

【感想等】
 100話の大台に近づいてきて、早くも感慨深い気持ちになってきました。
 実際、昔のジャンプ原作のアニメ(北斗の拳、聖闘士星矢等)は100話前後で一区切りついてたりしますし……
 最近はどの作品も連載が長期化する傾向があるので単純比較は出来ないとは思いますが。

 シャーロットさんやリルさんが敵になるのはさておき、元団長のゲルドルさんがまた出てくるのは想定外でした。
 さすがのメレオレオナさんでも同時に5人も相手にするのは厳しいかもしれません。
 次回は団長経験者の兄や姉を持つレオポルドさんがどんな形で奮起するのかすごく気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ブラッククローバー 第96話「黒の暴牛団長VS深紅の野薔薇」

 ブラクロの96話を見て感想を書かせていただきます。
 前回は相手の目的がわかり、その目的が着実に進められているように思えます。
 ヤミ団長はこの窮地を乗り切ることが出来るのでしょうか。

【内容】
 白夜の魔眼との戦いにおいて、アスタは敵とすらわかり合おうとします。
 リヒトもといパトリは人間に裏切られ、殺されたエルフの仲間を復活させるために活動していました。
 リルは敵の雑兵を一蹴しますが、彼らは魔力を奪われて干からびてしまいました。

 アスタの故郷であるハージ村近辺では魔神の髑髏が光り輝いて不安になってきます。
 マリー達のいる平界の町でも人々は不安におののき、ゴーシュの体がいきなり金色に光りはじめます。
 さらにマリーやラック、リルやプーリといったメンバーが光り輝きます。

 ライアは「眠りの時間は終わりだ」と言い、ミモザは目の前のユノやクラウスが光り輝いて困惑します。
 王都でもあちこちから悲鳴が聞こえてきて、マルクスや主治医のオーヴェンが自分達はエルフの民だと言い出します。
 ヤミはパワーアップしたマルクスに苦戦を強いられ、オーヴェンもまた治癒を飛び越して体をぶっ壊してきます。

 魔法帝の遺体とその遺志を守りながら、ヤミはマルクスやオーヴェンを峰打ちで倒してしまいます。
 団長の一人であるシャーロットもエルフになってしまったらしく、ヤミと激しい戦いを繰り広げることに。
 ヤミはシャーロットの気を感じ取って攻撃を加えたものの、従来のシャーロットとの違いに苦戦を強いられます。

 かつてシャーロットの薔薇は「呪い」として発動し、若き日のヤミが助け出したことがありました。
 「たまには誰かに頼ってもいいんじゃねえの?」とかっこいいことを言ってきました。
 シャーロットを慕うソルが出てきて自分達を攻撃したのは間違いではないのかと迫ってきました。

 ヤミはシャーロットが操られていると説明し、彼女の相手は自分がすると言ってきました。
 魔法帝の遺体を運ばせようとしたものの、ソルは「男の言うことは聞けない」と言ってシャーロットを攻撃してきます。
 自分の攻撃が全く通じていないならば命を捨てても助け出そうとしますが……

 ヤミはソルに「アイツのためにもてめえは生きなきゃならないんだよ!」と言い、シャーロットの心に呼びかけていきます。
 シャーロットのすさまじい魔法を前にしても、ヤミは彼女を殺さずに救い出そうと必殺技を放ちます。
 一方、白夜の魔眼アジトでは、ノエルが金色に光り輝くラック達と対峙し、キルシュは黄金の魔力に恍惚するのでした。

【感想等】
 殺されたから殺すことをを繰り返して世界は本当に平和になるのでしょうか。
 パトリさんを倒さなければならないのは話の流れから仕方ないと思いますが……
 本当のリヒトさんを倒した相手が誰なのかという疑問はどうしても残ります。

 仲間だと思っていた相手がいきなり敵になり、あのヤミさんもまたこれまでにないピンチを迎えます。
 エルフになった人間とそうでない人間との間には何らかの共通点があるのかもしれませんが……
 シャーロットさんはヤミさんにお任せするとして、追い込まれたアスタさん達はどう切り抜けるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ブラッククローバー 第95話「転生」

 ブラクロの95話を見て感想を書かせていただきます。
 なんでもリヒトさん達はエルフ族という人とは違う存在……らしいです。
 人間は自分達と異なるものを排除する生き物なのでしょうか。

【内容】
 白夜の魔眼頭首リヒトによって魔法帝ユリウスは深い傷を負ってしまいます。
 ヤミはリヒトを倒そうとしたものの逃げられ、リヒトは魔石をはめて計画を成就しようとしていました。
 果たしてリヒトの真の目的とは一体何なのでしょうか。

 新しいオープニングの後は回想シーンとなり、リヒトが四葉のグリモワールに選ばれます。
 パトリはリヒトに声をかけてきて、人間がエルフを襲ってくる可能性を聞いてきます。
 リヒトは人間は相手を知らないから恐れていると言い、わかり合えるはずだと言いますが……

 竜巻の中に一人の女性が閉じ込められ、リヒトともう一人の男が魔法で助け出します。
 女性は「テティア」といい、男性の方はその兄で、リヒトと同じ四葉のグリモワールを持っていました。
 リヒトはそれ以来彼らと行動を共にし、人間とエルフの協力を訴えていきました。

 テティアはリヒトの子を身ごもり、パトリは何か引っかかるものを感じていました。
 リヒトは「この子は人間とエルフの架け橋になってくれる」と言い、そのままテティアとの結婚式が行われます。
 パトリはリヒトを幸せにしたのは2人の人間であり、人間とわかり合えると考えはじめますが……
 
 突然、光魔法がエルフを攻撃してきて、魔力を封じられたエルフは次々と倒されていきます。
 目を覚ましたパトリは自分の体がリヒトに似た人間だと気づき、リヒトが死に際に転生魔法を使ったと考えます。
 転生魔法が人間に宿っていくものの、転生出来たのは現時点では一人しかいなかったようです。

 パトリは自分がエルフの仲間を蘇らせるために「リヒト」になろうとし、全てを奪った人間を滅ぼすことを決意します。
 「リヒト」は転生の後押しをすることでライアを復活させ、ファナやヴェットも同様に転生していました。
 彼らは同胞を全員復活・転生させるために「魔石」を集め、リヒトは人間をその復活の礎にすると宣言します。

 リヒトは目の前のヴァルトス、ラデス、サリーはあくまで「生け贄」としての位置づけであると言い放ちます。
 ヴァルトスから魂が抜けていったかと思えば、ユノの体が同様に光り輝きますが……
 そしてCパートでサリーはシリー、スリー、セロリー、ソリーと言ってくるのでした。

【感想等】
 とがった耳のエルフさんはファンタジー世界ではお約束の存在なのかも。
 エルフさんが差別されているという設定は、かつての「ゼロの使い魔」を連想しますが……
 もちろん「革命機ヴァルヴレイヴ」のエルエルフさんは関係ない……はず。

 今回はリヒトさんの過去が明らかになり、テティアさんがどこかミモザさんに似ているような気がします。
 光魔法でエルフの皆さんを攻撃したのはお兄さんなのかはこれだけではわかりません。
 あれだけのことがあったら、自分を保つには人間を憎むしかないのは仕方ないのかもしれません。

 ラデスさんは色々問題のある人でしたが、ヴァルトスさんはちょっとかわいそうな気もします。
 次回はエルフとして転生したシャーロットさんがヤミさんに襲いかかってくるそうですが……
 前回、今回と光り輝いてきたユノさんがどんな立ち位置なのか、そちらにも注目していけたらと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ブラッククローバー 第94話「新しい未来」

 ブラクロの94話を見て感想を書かせていただきます。
 ユリウスさんは最後まで魔法帝として生き、そしてその有り様を示してくれたと思います。
 その遺志を引き継ぐアスタさん達はどんな未来を示してくれるのでしょうか。

【内容】
 アスタ達ロイヤルナイツが白夜の魔眼のアジトに突入し、魔法帝ユリウスは敵将のリヒトと戦います。
 時間魔法を使うユリウスはリヒトを圧倒しますが、封印を解除したリヒトは全ての国民相手に攻撃を仕掛けようとします。
 ユリウスは全ての時間と魔力を使って国民を救いますが、その間にリヒトはユリウスに一撃を加えてきます。

 ヤミは目の前でユリウスがリヒトに貫かれたのを見て憤り、秘書のマルクスは信じられない事実に愕然とします。
 リヒトはユリウスが最後まで「魔法帝」として死んだことに敬意を表すると言いますが……
 「我々がお前とわかり合うことは二度とない」と言ってヴァルトスの次元魔法で逃げていきました。

 ユリウスは自分の思いは次の騎士達へと続いているといい、アジトではメレオレオナが最後の三魔眼のライアを圧倒します。
 ライアは自爆魔法でメレオレオナを道連れしようとしますが、アスタは「命を粗末にするな」と言って彼を殴り飛ばします。
 メレオレオナは白夜の魔眼とわかり合えることはないと言い、アスタは大切なものを傷つけられて怒るのは同じだとひと言。

 アスタは平民でも下民でも、仮に人間でなくても、差別や憎しみのない国を作りたいと訴えます。
 ライアは「人間がみんなお前達のような奴らだったら……」と言いますが、すでに彼らは止まらないそうです。
 アジトに戻ったリヒトは部下に囲まれながら「もう誰にも止めることは出来ない」と言っていました。

 ユリウスはリヒトには別の目的があると言い、魔石を奪われて済まなかったとつぶやきます。
 ヤミは異国の人間だとさげすまれていたのを当時の騎士団長だったユリウスが自ら魔法騎士にスカウトしたそうです。
 そのユリウスは「後のことは任せた」「色んな魔法を見られて楽しかった」と言って命を落とします。

 ヤミは「この国は俺達が守ってやる」と亡き魔法帝の前で宣言します。
 ユノは「今は誰が相手でも負ける気はしない」と強気の発言をしますが……
 あまりにも強大なマナを目の当たりにして驚きしかありませんでした。

 魔石をはめると「生命の樹」が発動するそうで、新たな国を作るために使うとのこと。
 白夜の魔眼のメンバーもまた、さげすまれていたのをリヒトにスカウトしてもらったそうです。
 リヒトは「真の姿に生まれ変わり、我々の国を作ろう」と言いますが……

 本性をあらわにしたリヒトは人間は愚かで醜い存在だと言い、お前らとはここでお別れだと言い放ちます。
 ライアの魔力が急に膨れ上がり、本当の姿を取り戻すとのことです。
 ミモザによると恐ろしい魔力は人間ではなく、ユノの耳もとがってくるのでした。

 Cパートではユリウスがヤミに文字を教えていました。
 ユリウスは「自分で限界を決めてはいけない」ともっともなことを言い出します。
 ヤミはユリウスの言葉に触発されますが最後は視力検査になるのでした。

【感想等】
 「魔法帝」としてのありようを示して亡くなられたユリウスさんに、ふとNARUTOの三代目火影さんが重なりました。
 空間を斬るというと人によると「幽遊白書」の桑原さんのことを思い出す……かもしれません。
 メレオレオナさんのような強靱な女性は数あるジャンプ漫画でも他にほとんど類例がないと思われます。

 敵であっても命を助けようとするアスタさんの器は魔法帝さんの遺志を継ぐ逸材だと思います。
 ユノさんの耳がとがったのを見て彼もまた人間ではないのかとつい考えてしまいます。
 リヒトさんと人間との間に何があったのか、次回のお話をしっかり見届けていこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ブラッククローバー 第93話「ユリウス・ノヴァクロノ」

 ブラクロの93話を見て感想を書かせていただきます。
 リヒトさんを追い込んでいく魔法帝ことユリウスさんですが……
 サブタイトル的に彼が倒されそうで心配になってきました。

【内容】
 ヤミはウィリアムのアジトで待機を強いられ、そのウィリアムは魔法帝ユリウスにもうひとつの顔をあらわにします。
 ウィリアムの体は白夜の魔眼頭首のリヒトとなり、ユリウスは先を見る魔法でリヒトを追い込みますが……
 オープニングの後、城下の人々は何が起こっているのかわからず、マルクスはユリウスがリヒトと戦っていると気づきます。

 マルクスは今こそ我々の力が試されていると言い、対処できるのは騎士団長クラスだけだと考えます。
 各魔法騎士団長に現状が報告され、団長は警護体制が整い次第、王都に集合せよと命令します。
 レオポルドは指示通りに敵の襲撃に備えると言い、ヤミはほうきに乗って「勘違いであってくれ」と言いながら空を飛びます。

 リヒトとユリウスの激しい戦いが続き、ユリウスは先を読んでリヒトの攻撃をかわしていきました。
 ユリウスは一瞬リヒトの後ろを取り、リヒトはこの男は一体何者だと考えますが……
 上空に漂う表紙のないグリモワールを持つユリウスは自分は何者かと問い続け、その道のりこそが自分だと確信します。

 リヒトはユリウスは運命が自分達を止めようと差し向けたと考え、だからこそ倒さなければならないと考えます。
 封印を解除したリヒトは膨大な魔力で無数の光の剣を作り出し、自分から全てを奪った人間を滅ぼそうとしますが……
 かつて、ユリウスは貴族達の差別感情を嫌悪し、自分の使命を探しながら魔法騎士として戦い続けたそうです。

 ユリウスは下民で初の魔法騎士になった「ザラ」という男と出会い、国民を最優先する彼こそが本当の魔法騎士だと確信します。
 しばらくしてザラは任務中に命を落とし、ザラのような魔法騎士になりたいと考えるユリウスでしたが……
 上が奢り、下が諦める様子を見て「もったいない」と感じたユリウスは、ひたすらに実績を積んで魔法帝にまで上り詰めます。

 ユリウスは「時間反転魔法」を発動させて全ての国民を救いますが、そのことで全ての力を使い果たします。
 遅れてやって来たヤミはユリウスがリヒトに貫かれている姿を目の当たりにします。
 リヒトは「魔法帝であることがお前の唯一の弱点だ」と言い、ヤミはかつての親友に刃を向けますが……

【感想等】
 主人公の理解者で圧倒的な実力者である魔法帝さんは本作の良心と言ってもいいと思います。
 少し前にライアさんがメレオレオナさんに追い込まれ、リヒトさんも押さえ込まれたらもうチェックメイトでしょうか。
 そんなことを思っていたら後半で流れが変わってしまいましたが……

 王国中に展開した魔法を防ぎきった魔法帝さんは試合に負けて勝負に勝ったという感じでしょうか。
 上が奢り、下が諦める……という作中の表現は、格差が拡大した現代社会も例外ではないのかもしれません。
 ユリウスさんのような人物が現実にも現われることを願って、次回以降もお話を見届けたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム