【アニメ感想】秋からの「新章」放送を前に「Wake Up,Girls!(全12話)」を見ました!

 9月が終わりに近づく中、10月から「Wake Up,Girls!(以下WUG)」の新しいアニメが始まることがわかりました。
 時間的にはぎりぎりになりましたが、ちょうどアニメの入れ替えの時期で時間が空いたので一通り見て感想を書こうと思います。

 この作品はいわゆるアイドル系のアニメの一つなのですが、舞台が東京ではなく地方(仙台)というご当地要素を含んだ作品でもあります。
 ラブライブサンシャインが静岡を舞台にしていることから、今ではあまり珍しくはないのかもしれませんが、東京やその周辺以外を舞台にした作品は当時はあまりなかったように思われます。
 また、仮設住宅が出てくるところからもわかるように、東日本大震災の復興支援とも密接に関わる作品でもあります。

 本作はアニメ1期ではありますが、実は劇場版がこの前に一つ公開れており、その続編という位置づけになっています。
 ゆえに他の作品のようにメンバー集めから入るのではなく、すでに全員が揃った状態で始まり、映画を見ていない視聴者にとっては2期を見ているような感覚に襲われるかもしれません。
 劇場版では仲間を集めて初めてのライブを行ったくらいなので未見でも理解できないわけではないのですが、できればメンバー一人ひとりに字幕が入っていればもう少しわかりやすかったのではないかと思います。

 主要登場人物の7人を演じる声優さんたちは、実際に一から選んだ人達で構成されていて、デザインやお名前を役者さん本人をモデルに作られているとのこと。
 実在のモデルがいる関係もあってか、他の作品のように性格が尖った人があまりおらず、濃いキャラクターが多いプリパラやサンシャインと比較すると、若干地味な感じもするかもしれません。
 また、彼女たちのライバルとして登場するアイワンクラブはAKBをモデルにしており、これがまたいやがおうにも現実味を感じさせてくれます。

 一旦全話をまとめた後、完走した感想を書きたいと思います。
 果たして7人のアイドルがどのような苦難を乗り越えていくのか、わたし、気になります!

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム