【アニメ感想】2期放送の直前に「血界戦線(全12話)」を見ました!

 10月に2期放送ということを聞いて「血界戦線」を最後まで見て感想を書きます。
 画面の綺麗さ、独自の世界観、キャストの豪華さ、そして3ヶ月ずれこんだ最終回といろいろな意味で度肝を抜いた作品でした。

 お話の舞台はかつてニューヨークであった「ヘルサレムズロット」。
 なんでも「大崩落」によって異界の住民があふれる何でもありの世界になってしまったのだとか。
 昔は「ニューヨークへ行きたいか!」と叫ぶクイズ番組があったそうですが、そんなことは多分関係ないと思います。

 お話を簡単に言えば、何でもありの舞台で主人公のレオナルド(以下レオ)さんが属する「ライブラ」という組織が色々な事件を解決したりする(基本的に1話完結の)お話です。
 ライブラの構成員の皆さんにしてもゲストキャラにしても、いずれも傑物揃いかつキャストも非常に豪華で見所の一つです。
 また、お話の鍵を握るブラックさんやホワイトさん(注:ポケモンではありません)はアニメオリジナルキャラクターですが違和感なく入り込んでいるのが驚きです。

 作者さんが「技名を叫んでから殴る漫画」をコンセプトにしているとおり、その技というのがとても個性的かつかっこよくてついつい惹かれてしまいます。
 また、架空の異世界をゼロから構築するのではなく、現実の大都市の中に「異界」というものを混ぜ込んだところで、現実の延長線上にあるというところも夢があっていいなという風に思えます。
 一方で、その複雑な設定や用語は若干難しいのも事実であり、私を含む原作未見
だとなかなか1度で理解することは困難かもしれません。

 それでは、全話のストーリーを出来る限りまとめつつ、最後に「完走した感想」をまとめようと思います。

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 どうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム