【アニメ感想】DIVE!! 第12話(終)「CONCRETE DRAGON」

 DIVEの最終回を見て感想を書きます。
 飛び込みと同じく綺麗な形で終わったと思います。
 登場人物が男性ばかりでBLっぽいと勘違いしていたころが今では懐かしいです。

【内容】
 練習のし過ぎで不調を起こし倒れてしまった要一に困惑する皆さん。
 知季たちは夏陽子がアメリカに行くことを告げ、コーチに残ってほしいと告げます。
 しかし、夏陽子はアメリカに行くわけではないと反論し、飛沫に治療のためにアメリカに行くべきと一言。
 そのためには日水連の会長を唸らせる演技が必要とのことですが。

 ジンクスで決勝にまでやってきたレイジはハイテンションに「自分の壁を破ろう」と覚醒します。
 次々と選手が渾身の演技を見せる中、要一はいまだに不調が続くようです。
 逆転は不可能ではないと演技に挑む要一を父親であるコーチは懐かしい様子で見つめます。

 「息子が飛ぶんだ」と親ばかぶりを見せるコーチ。
 絶体絶命のピンチに要一は渾身の演技を見せつけ、続く飛沫は豪快な飛び込みで会場を沸かせます。
 夏陽子や要一のことばを思い出した知季は覚醒し、限界を超える演技を見せつけます。

 要一の「コンクリートドラゴン」に魅せられて飛込みを始めた知季は今日も練習へと向かいます。
 なお、要一はライバルの山田さんと一緒に(シンクロの)代表に選ばれたようです。
 そして最後に、好きなことはダイブだと勢いよく飛び込む知季なのでした。

【考察等】
 それぞれが全力の演技を見せる、最終回にふさわしいお話でした。
 ちょっとしたところでは、弟さんに取られた(元)彼女さんが出てきたことが懐かしいです。
 何気に髪形を変えてましたが、前よりも可愛らしく映ったのは私だけでしょうか。

 先が読めないストーリー、迫力のある飛び込み、そして豪華キャストに最後まで楽しませていただきました。
 知季さんの結果が良くわからなかったものの、一応クラブは存続し、コーチも残留したようで何よりです。
 次のノイタミナ枠はまだ見るかわかりませんが、この続きを脳内で再生しつつ、一旦は筆を置くことにしようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】DIVE!! 第11話「FINAL STAGE」

 DIVEの11話を見て感想を書きます。
 タイトルどおりの最終決戦がいよいよ始まるようです。
 要一さんの必死な練習に、代表というものの重みを感じずにはいられません。

【内容】
 夏陽子と一緒に食事をする要一は、どうやら調子を取り戻したようです。
 何が何でも代表を取り戻そうとする彼は「52552」という新技の教えを請います。
 代表の返上について「自分で決めたことですから」と語る要一さんが素敵です。

 要一は夏陽子がアメリカに戻ることを聞いたものの、今は大会に専念することに。
 かつての同輩である陵と再会した知季は、彼がバスケを始めたことを知ります。
 陵は夏陽子に対して感謝していると語り、はげまされた知季は再び気合を入れます。

 神戸での観光を楽しんだ後、一同は大会に備えて休むことに。
 飛沫は祖父の映像を見て夏陽子との過去を思い出します。
 要一は父親が責任をとろうとしていることを知り、更なる練習へと臨みます。

 大会本番、ピンキーな山田さんは地味なパンツで宣戦布告します。
 そして予選が始まり、それぞれの選手の飛込みが会場を沸かせます。
 要一の「らしくない」不調が気になるところですが……

【考察等】
 要一さんが代表を返上し、いよいよ最終決戦の火蓋が切って落とされます。
 憧れの要一さんに対してすっかり「ライバル」と意識する知季さんが素敵です。
 バレエ特訓をしていた飛沫さんがどんな技を見せてくれるのかも期待せずにはいられません。

 メインの3人がどんな演技をするのかも、コーチさんのアメリカ行きの方も気になります。
 できれば誰かがオリンピック代表の切符を手にいれてクラブを存続してほしいところですが。
 そして、できればコーチも日本に残ってほしいところですが……

 お話の流れとしては、次回で決着かつ最終回だと思われます。
 ライバルの要一さんが明らかに不調なのですが本当に大丈夫なのかが心配です。
 最後は全力での対決を見たいところですが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】DIVE!! 第10話「MEET THE MONSTER」

 DIVEの10話を見て感想を書きます。
 めでたく代表となった要一さんではありますが、色々と思うところがあるようです。
 これでクラブ存続のお話もまた白紙になってしまったのでしょうか。

【内容】
 日水連の会長の連絡先を聞く要一は、どうしても話をしたいことがあるとのこと。
 一方、夏陽子は謎の男性から英語で引き抜きを受けているようなのですが……
 そして、知季は度重なる練習によって怪我をしてしまいます。

 要一は知季をお見舞いに行くと、そこには飛沫たちの姿もありました。
 知季と二人きりになった要一は「焦ってなかったか」と一言。
 それに対して彼は、自分の知らないところで決まるオリンピックも大人の枠であり「僕達のオリンピック」ではないと一言。

 4回半を自分だけの枠にしたいという知季の姿に目を覚ました要一さん。
 「いつだって一番は俺だ」とお見舞いのお花をお持ち帰りします。
 自分よりもクラブの存続を優先する父親に「あんた達のオリンピックではない」と反発します。

 会長と面会した要一は、自分の代表枠を白紙に戻してもう一度試合で決めなおしてほしいと求めます。
 目の前の親善試合に出ないことで、代表内定を白紙にさせようとします。
 一方、会長は「メダルがほしい」という執念を燃やし、宙に浮いた代表権をかけてもう一度試合をすることを提案します。

 「一度捨てたことを取り戻すのは容易ではない」と言い残す会長さん。
 親善試合は正式な代表となった寺本さん以外は水準を超えることが出来ませんでした。
 あとは、代表選考会でオリンピック代表を掴むことを宣言する一同なのでした。

【考察等】
 苦悩の末に代表権を白紙に戻した要一さんが印象的なお話でした。
 クラブ存続も白紙になったのかどうかもちょっと気になります。
 最終的に、主要メンバーが代表入りすれば問題ないのかもしれませんが……

 最終決戦の火蓋が切って落とされた、そんな感じの終わり方だったと思います。
 代表選考で3人が持てる力を出し切って、連盟の基準を上回るかどうかが気になるところ。
 とりあえず残り少ないお話を、しっかり見届けていくつもりです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】DIVE!! 第9話「NEXT STAGE COMING」

 DIVEの9話を見て感想を書きます。
 要一さんの代表入りによりクラブの存続は約束され、当初の目的は達成されたように思えます。
 一方で、新たな挑戦を始める飛沫さん達の今後が気になります。

【内容】
 スポーツドリンクのCMに出ることになった要一さん。
 要一は自分が五輪代表になったことでクラブの存続を約束させ、マットの古さを指摘します。
 なお、代表の決定を早めたのはメダル獲得を狙ってとのこと。

 要一は、自分の内定にCMが絡んでいるのではないかと考えます。
 彼は知季の様子がおかしいことを聞きます。
 一方で、違和感を感じた要一が練習に来なくなってしまいます。

 自分が戻ってきたことについて「飛込みを面白いと思えた」と語る飛沫さん。
 練習に出なくなった要一は、その原因が自分自身もよくわからないようです。
 知季からお花が届き、彼に練習にくるようにと言われますが、まだやる気はないようです。

 親善試合が行われるものの、一方で要一の代表は決定事項とのこと。
 飛沫はトレーニングの一環としてバレエのレッスンをしているようです。
 そして、知季が新たな技の練習をしている一方で、要一は勘が狂って失敗を繰り返します。

 目的を達したのにいまだに努力を続けるのかと問う要一さん。
 夏陽子は飛沫や知季の努力に触発されたと応える一方で、要一の焦りの原因は、選考に納得していないことではないかと指摘されます。
 「やりたいことをやるしかない」と言われた要一は一体何を思うのでしょうか。

【考察等】
 どうやら主人公がいないところで当初の目的は達成されたようです。
 それだけに、代表選考に疑問を持った要一さんがスランプに陥るのはまったく想像していませんでした。
 このままだと親善時代での結果が危ぶまれるかもしれません。

 要一さんが立ち止まる一方で、知季さんや飛沫さんは新たな挑戦を始めます。
 親善時代で彼らがどこまで躍進できるのか、そして要一さんはスランプを脱することが出来るのか。
 そのあたりに注目しながら次回以降を見ていければいいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】DIVE!! 第8話「SO I ENVY YOU!」

 DIVEの8話を見て感想を書きます。
 故郷に戻ってきた飛沫さんは何を思うのでしょうか。
 一方で、要一さんが彼女がいないとネタにされるとは思わなかったです。

【内容】
 故郷である津軽に戻ってきた飛沫さん。
 代表を外された自分は祖父と同じ運命をたどるのかとつぶやきます。
 彼女と思しき恭子には、そんな姿を見たことがないと言われてしまいます。

 飛沫が帰宅すると、北京での合宿を終えた要一、知季の2人が上がりこんでいました。
 知季は飛沫の妹に「彼女がいるのか」と聞かれ、弟に彼女を取られた話をする羽目になりました。
 そして、要一は彼女いない暦=年齢であることを暴露されます。

 彼女がいることについて、飛沫に迫る要一さん。
 合宿では中国の選手との差には相当参ってしまったようです。
 一方で、飛沫は「波の音が聞こえる」「海に行きたい」と言い出します。

 翌日、飛沫は要一、知季らを伴い海へとやってきました。
 もともとのしきたりで15歳で崖から飛び込むところをおじいさんが14歳で、さらに飛沫は13歳から飛び込んでいたとのこと。
 恭子に飛び込みを促され、要一はいきなり崖から飛び込み、知季も対抗して飛び込みます。

 気づけば3人とも海に飛び込んでしまっていました。
 その夜は花火をして楽しく一日を終えることになりました。
 一方、要一は飛沫に「戻ってくるのか」と問われるも、飛沫はまだ何かをつかめていないようです。

 「俺はお前と一緒に飛びたい」と要一さん。
 夏陽子からの封筒を渡された飛沫は何を思うのでしょうか。
 そして、要一と知季は先に東京に戻ってしまいます。

 夏陽子からの手紙には見るもの全てを圧倒したおじいさんのことが記されていました。
 過酷な飛込みを続けて腰に爆弾を抱えていたおじいさんはオリンピックに出ることがなく引退したとのこと。
 その一方で飛沫にはダイバーとしての未来があると続けます。

 祖父の「スワンダイブ」を見た飛沫は自分の飛込みを見つめなおします。
 一方、代表選手には要一を含む2名が選ばれたことが明らかになります。

【考察等】
 今回は、飛沫さんが自分を見つめなおすお話でした。
 一方で北京合宿のお話があっさりと終わったこと、そして飛沫さんに彼女がいたことが意外でした。
 彼女がらみで要一さんがギャグ要員になるというのも意外でしたが、飛込みばかりの生活ではそんな時間もないのかもしれません。

 流れ的に、飛沫さんが東京に戻る流れになるのだろうなと思います。
 要一さんは代表に内定したのはまあ順当ではないかと。
 残る知季さんがどんな位置づけになるのかが、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム