【アニメ感想】賭ケグルイ 第12話(終)「賭ケグルイの女」

 賭ケグルイの最終回を見て感想を書きます。
 同類のキラリ(生徒会長)さんとのギャンブルに冒頭からドキドキが止まりません。
 果たして夢子さんはキラリさんとの勝負をつけることはできるのでしょうか?

【内容】
 同類である生徒会長のキラリと全てをかけたギャンブルをすることになった夢子さん。
 涼太は夢子を心配しますが、彼女の賭ケグルイはとどまることを知りません。
 メアリや伊月は「このくらいやらなきゃいけない」とイカサマを提案しますが、夢子は「不純物は必要ない」と一言。
 改めて自分についてきてくれる涼太、メアリ、伊月に「ありがとう」と告げます。

 キラリと対峙する夢子は「この日を夢見てきた」と恍惚の表情を浮かべます。
 ギャンブルが全ての学園を「理想郷」だと述べる夢子さん。
 かける「全て」の条件は、負けたら学園の土を二度と踏まないことに決定されます。

 ギャンブルは「運命のタロットカード」で勝負をつけることとなりました。
 3人がカードをめくり、合計が「正」であれば夢子の勝ちとのこと。
 カードを引くのは夢子、キラリ、そしてずっと夢子を見守ってきた涼太が指名されます。

 キラリは「運命論は信じる?」と夢子にといかけ、どんな事象も起こりえないものはないと続けます。
 逆位置の世界を引き当てたキラリは夢子を完全に追い込んでしまいます。
 夢子が勝利するには涼太が愚者を正位置で引くしかないことになりました。

 絶体絶命のピンチに、涼太は「夢子ともっといっしょにいたい」とプロポーズします。
 会長がしるしをつけた愚者のカードの位置が特定され、あとは正位置で引き当てるだけになりました。
 しかし、涼太はその愚者のカードだけはだめだと突っぱね、自分が負うリスクは自分で決めるのだと決意し、その決意に夢子の興奮が止まりません。

 涼太は引き分けを引き当て、2人は学園を去らなくても良くなったようです。
 ますます学園が楽しそうになりそうなお話で幕を閉じることとなりました。
 果たして今後の夢子さんが学園にどんな波乱を巻き起こすのか、わたし、気になります!

【考察等】
 しっかり生徒会長にたどり着き、一区切りついた形での最終回となりました。
 内容はただカードを引くだけなのですが、緊張とドキドキが止まらないのを感じます。
 そして最後の最後まで安定の顔芸が素敵過ぎます。

 連載中作品の宿命か、会長との勝負は引き分けに終わりました。
 戦いはまだまだ続くような感じですが、果たしてどんな展開がまっているのでしょうか。
 2期があるのなら見てみたいです。

 初めはスルーしようとしていたこの作品ですが、気が付けばすっかりのめりこんでしまいました。
 作品のテーマと同じギャンブルのような中毒性のある作品といえるのかもしれません。
 来期も意外な良作に出会えることを期待して、ここは一旦筆を置こうと思います。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】賭ケグルイ 第11話「人生を賭ける女」

 賭ケグルイの11話を見て感想を書きます。
 顔芸はもちろんストーリーもますます白熱したお話に驚きを隠せません。
 夢子さんの笑顔がいろんな意味で素敵過ぎます。

【内容】
 夢子の言葉に触発されて豆生田を倒すことを選択した伊月さん。
 10億円の資金を援助された夢子は全額をレイズして勝負に出ますが、豆生田は更なる資金を投入します。
 さらに伊月が巨額のレイズで積みあいを演じ、夢子はその光景に恍惚の表情を浮かべます。

 豆生田は多額の資金を投入し、伊月は資金が尽きてしまいます。
 そんな彼女に文字通り「人生をかけよう」と言い出す夢子さん。
 「その程度の覚悟」と言われた伊月は自分の爪を歯を噛み切って人生をかけることに。

 人生という金額で換算できないものは無効だという豆生田に対し、副会長は伊月の人生に100億があると一言。
 そして仮面の下に隠された姿は生徒会長という事実に驚きです。
 120億円という用意できない額に驚愕する豆生田は、自分も人生を賭けると言い出します。

 生徒会を支配すると宣言し、強さの順を指定して勝負に出る豆生田さん。
 対する夢子は伊月はギャンブラーとして対峙していると告げ、ジャックのスリーカードで彼を打ち破ります。
 伊月はあっさりとクビになって真っ白になった豆生田さんに一礼します。

 豆生田を打ち破った後、生徒会長と対峙する夢子さん。
 燃え尽きるときのきらめきが素敵だと言い出す会長に、夢子はやがて消える自分が望みではないかと反論します。
 そして似たもの同士の2人はそのままギャンブルへとなだれ込むようです。

【考察等】
 お話と顔芸はますます白熱し、ますます画面に釘付けになってしまいます。
 伊月さんの覚悟も、それを促す夢子さんの話術もすさまじいです。
 さらには生徒会長さんのまさかの登場に驚きを隠せません。

 生徒会長の座を狙う豆生田さんの背景も少し見えてきました。
 父親から財務省事務次官になるようにと強いられていた彼ですが、一公務員に大手企業と同等の価値があるのかは若干の疑問が残ります。
 そして、伊月さんはそんな彼のことを好きだったのでしょうか。

 生徒会メンバーを次々と打ち破った夢子さんはついに生徒会長とのギャンブルに挑みます。
 話数的にもあと1、2話というところですが、綺麗に彼女との決着をつけてお話は終わるということでしょうか。
 生徒会長さんがどんな顔芸をするのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】賭ケグルイ 第10話「選択する女」

 賭ケグルイの10話を見て感想を書きます。
 毎回目を輝かせる夢子さんを見ていると、なにから胸がときめくのを感じます。
 素敵なお声でかなり恐いことを言っているのが面白いです。

【内容】
 生徒会長が怪しげな連中と会っているころ、夢子は生徒会会計の豆生田に「公式戦」を提示し、ギャンブルそのものの虜である彼女の勝負を受けて立つ豆生田さん。
 そんな彼らの前に現れたのは仮面をつけた女子生徒(副会長)で、トランプを使った「選択ポーカー」を提案します。

 お金で手札の強弱を操る勝負に、メアリは資金力の差から夢子が圧倒的に不利だと一言。
 夢子の3億1000万に対して、いきなり10億円を提示する豆生田に周囲は騒然とします。
 そんな中、物怖じしない夢子さんがいろんな意味で素敵です。
 
 夢子が狂っていることを他の生徒会メンバーの戦いで知っていた豆生田は不敵な笑みを浮かべます。
 延々と解説する彼は勝率を常に計算に入れて、夢子に挑戦上を突きつけてきます。
 彼女は一気に全額をかけてあっさりと負けてしまった夢子に伊月は(顔芸で)愕然としてしまいます。
 
 全財産がなくなった夢子は伊月を呼び出してお金を求めます。
 豆生田は「分不相応」という言葉を吐き、野心を諦めて生徒会へ戻って来いと提案します。
 狂ったまなざしで選択を迫る夢子に、伊月は豆生田との昔のことを思い出します。

 全てを賭けて頂点を目指すという伊月に、豆生田は自分と同じものを感じていました。
 自分が彼に見下されていたことを痛感していた伊月は、夢子の側につくことに。
 10億円の大金を提示して、ギャンブルは更なる勝負へと続きます。

【考察等】
 連続しての生徒会との戦いに、お話は最終局面に近づくのを感じます。
 夢子さんよりも、今回は豆生田さんや伊月さんがメインのお話だったようです。
 生徒会長を目指すという野心で意気投合する彼らがちょっと意外でしたが色々と考えさせられました。

 今回は、顔芸は控えめながらも夢子さんの「人身掌握」に驚くお話でもありました。
 10億円を手にした夢子さんは果たして勝負に勝つことが出来るのでしょか。
 ギャンブルの決着と、更なる顔芸に期待しつつ、来週を待とうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】賭ケグルイ 第9話「夢見る女」

 賭ケグルイの9話を見て感想を書きます。
 これはギャンブルかと突っ込んだのは私だけではないはず。
 「赤髪の白雪姫」の白雪さんのような上品なお声と行動とのギャップが素晴らしいです。

【内容】
 ユメミからギャンブルの誘いを受けた夢子さん。
 夢子は彼女のスカウトに対して、本音を録音して同様にリスクを負わせます。
 バラエティーのように展開される対決の初戦は「歌唱力対決」とのこと。

 アイドルソングに対して「あおげば尊し」を歌う夢子にメアリは呆然とします。
 初戦で本職アイドルを打ち破った夢子ですが、残り9種目は夢子に勝ち目はないとユメミさん。
 「お前の人生しぼりつくしてやる」と安定の顔芸を見せてくれます。

 2種目目の「極限ババ抜き」に勝利を確信するユメミさん。
 しかし彼女の思惑ははずれて夢子が連勝してそのまま王手をかけてしまいます。
 そこでCMが入ります。

 CMの後の「お色直し」で制服に身を包んだ夢子はサイコロを振って次の種目へ。
 誕生日を当てるゲームに「ファンクラブメンバー全員の誕生日を覚えている」と豪語するユメミさん。
 夢子はファンクラブでもないメアリを引き当てられ「お察しします」とキラキラと目を輝かせます。

 夢子の手の動きを深読みして9月と考えたユメミさん。
 しかし、裏の裏をかいた夢子は6月を選び、正解に近づいた彼女が勝利をもぎ取ります。
 夢子はアイドルの仮面がはがれたユメミに「楽しいギャンブルでした」と一言。

 録音データを出さないでと嘆願するマネージャーに対して、潔く負けを認めるユメミさん。
 テープの「何でお前らが一番汗かいてるんだよ!」という言葉が本音だと語ります。
 「終わった……」と感じたユメミですが、ファンの応援によって立ち上がります。

 ユメミはファンのアンコールに対して夢子とのデュエットで応えます。
 全て丸く収まったかと思いきや、夢子は彼女を落としいれた「犯人」を指摘します。
 犯人と断罪された豆生田は潔白を証明すると宣言し、夢子は彼に「公式戦」でギャンブル勝負を仕掛けます。

【考察等】
 ユメミさんとの勝負は意外とあっさりと決着を見てしまいました。
 特に1戦目の歌のところはどこがギャンブルだと突っ込みどころ満載でした。
 そして、終始白雪さんに近いお声だった夢子さんが逆に恐いです。

 負けた後、意外と潔かったユメミさんはかっこいいと思います。
 その後のシンフォギアばりのライブ、会計の人との勝負の流れに思わず目が釘付けになりました。
 次回、豆生田さんは(中の人的に)ウェル博士ばりの顔芸を見せてくれるのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】賭ケグルイ 第8話「愛踊る女」

 賭ケグルイの8話を見て感想を書きます。
 どんな可愛いキャラも顔芸はやっぱりお約束でした。
 生徒会の権力争いに巻き込まれた夢子さんですが楽しそうで何よりです。

【内容】
 涼太はアイドルで生徒会メンバーでもあるユメミさんに興味があるようです。
 絶対的権威を持つ会長は「用事が出来た」とどこかにいってしまい、生徒会内部でいざこざが起こります。
 夢子のべた惚れの妄は相変わらずですが、ユメミが夢子と戦うことを宣言し、豆生田がそのサポートをすることになりました。

 夢子の前に、爪の人こと伊月がやってきます。
 家畜でい続けるのは生徒会長の座を狙っているのかといううわさが学園に流れているようです。
 自分が生徒会に返り咲く為にと伊月は夢子の仲間に加わろうとし、お花畑の夢子さんは二つ返事で引き受けます。

 ファンに迫られつつもその裏で嘔吐と顔芸を披露するユメミさん。
 豆生田は2年生が生徒会の実験を握るために暗躍しているようです。
 そして、ユメミは自分が勝ったら同じ「夢」の名前が入っている夢子をアイドルにしようとします。

 「ファンが嫌いなんでしょう?」と破いたファンレターで精神攻撃を仕掛ける夢子さん。
 なんでもユメミは「アカデミー賞」がほしいのだとか。
 学園の後ろ盾があればハリウッド進出も不可能ではないとのこと。

 実は、ユメミの本性を録音していた夢子さん。
 互いの人生をかけようと迫る夢子さんがいろんな意味で素敵過ぎます。
 彼女に手紙を渡したのは一体何者なのでしょうか。

【考察等】
 アイドル対決は顔芸対決で幕を開けます。
 夢子さんの鬼畜ぶりがいろんな意味で素敵過ぎました。
 杉田さんがお声を当てている書記さんもかなり怪しいです。

 夢子さんとの対決は次回への持ち越しになってしまいました。
 2人が今回以上の顔芸を見せ付けてくれることを期待せずにはいられません。
 一方で、負けたほうのアイドルユニットも見てみたい気もしますが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム