【アニメ感想】潔癖男子!青山くん 第7話「小田切さんはなかなか入らない」

 青山くんの7話を見て感想を書きます。
 前回は漫画家さんでしたが、今回はバスケ部員が登場します。
 毎回とても面白いのは事実ですが、これは本当にサッカーのアニメなのでしょうか。

【内容】
 女子バスケ部の小田切さんはみんなのアイドルでしたが肝心のシュートが入りません。
 連続でシュートを決める青山くんは「感覚」でやっているとのこと。
 小田切さんは青山くんを「師匠」と呼んでそのテクニックを盗もうとし、アイドルを奪われそうになった男子部員は青山くんに対抗意識を燃やします。

 運動神経のいい小田切さんはボールを奪ってもシュートが入りません。
 彼女に対抗意識を燃やす2人は今は帰宅部でも中学時代はバスケ部で上手でした。
 果敢に得点を狙う小田切さんですが、途中で転んでしまいます。

 小田切さんの前に現れた青山くんは、先ほどと同じく「感覚」と一言。
 ボールを奪った彼女はその言葉を「本能」と解釈しダンクシュートを狙いますが失敗します。
 青山くんが蹴り返したことでシュートが決まったと歓喜し、彼女は自信を取り戻したようです。

 自信を取り戻した小田切さんは潔癖症の青山君に触ってしまいます。
 触られても反応のない青山くんの姿に、彼女が特別な存在ではないかと推察する一同。
 気づけば2人が付き合っているということになり、応援団の皆さんは意気消沈します。

 ほかの女子に握手を求める青山くんですが、小田切さんのときとは異なり倒れてしまいます。
 次の瞬間には小田切さんと腕相撲をはじめたり、弁当を渡したりします。
 周囲は2人が完全に付き合っていると解釈してしまいます。

 騒然とする中、校長室でお弁当をいただく青山くんと小田切さん。
 青山くんは次は自分の試合を見に来てほしいと伝えます。
 しかし、どうして触れられても平気なのか、彼自身もわからないようです。

 小田切さんにハイタッチする青山くん。
 その様子を見たもかは彼にもやりたいことがあったと理解します。
 また、青山君が小田切さんと付き合っていないことがわかると周辺も元気を取り戻すのでした。

【考察等】
 サッカーのお話はどこへ行ったのか、今回はバスケのお話になりました。
 前回の漫画家さんといい、このお話の多岐にわたるネタには驚きを隠せません。
 面白いから細かいことは気にしなくてもいいのかもしれませんが。

 なぜか触っても平気な小田切さんですが、なかなかいいカップルかもしれません。
 そしてその関係に変なオーラを出したり元に戻ったりという周辺の反応もなかなか面白いです。
 ところで、このお話は一体どこへ向かっているのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】潔癖男子!青山くん 第6話「尾崎くんにはプライドがある」

 青山くんの6話を見て感想を書きます。
 冒頭から別のアニメを見ているかと思ったのは私だけではないと思います。
 このアニメはもうサッカーアニメだと思ってはいけないのかもしれません。

【内容】
 よくわからないキャラの尾崎くんは実は人気漫画「僕がこの世界を救うんだ」の作者でした。
 そんな中、数学の先生はマンガを没収していきなり引き破ってしまいます。
 彼氏を取られてご機嫌斜めだった先生は、今度はもかのネコを通報しようとします。

 「人の大切にしているものを奪うな」とマンガのセリフで先生に反論する尾崎くん。
 彼はネコを保護して、編集者とともに仕事場に向かいます。
 学校生活をマンガの題材にしている尾崎くんは青山くんのことが気になっているようですが……

 尾崎くんは青山くんの生態を観察することにします。
 マンガの中では青山くんはどうやら悪役「青きウィザード」になってしまいます。
 そして、ウィザードは主人公よりも人気を獲得してしまったようです。

 主人公を差し置いてウィザードが人気を獲得したことに不満を感じる尾崎くん。
 さまざまな手段で主人公に人気を取り戻させようとしますが、うまくいきません。
 尾崎くんの青山くんを見つめる視線に怒りをあらわにしてしまいます。

 マンガそのものの人気が落ちたものの、ウィザードの人気が落ちたことに喜ぶ尾崎くん。
 そんな彼の態度に担当編集は苦言を呈します。
 今度はウィザードの人気を取り戻すために、彼と主人公の共闘展開を描きますがウケは悪かったようです。

 尾崎くんはさまざまな手段でてこ入れをしようとするものの、ことごとく外してしまいます。
 そしてファンはマンガを読み飛ばすところまで中身が堕ちてしまったようです。
 青山くんはそもそも絵が苦手なので読んでいなかったとのこと。

 怒り狂った尾崎くんはウィザードを再度悪役にすることに。
 すると、たちまちに読者の反応は上々になったようです。

【考察等】
 今回は尾崎くんというキャラクターが中心のお話でした。
 彼の青山くんの解釈が面白く、まさかの悪役になってしまったのは驚きです。
 作中のマンガの展開が語られるところがすごく面白かったです。

 お話そのものはすごく面白いですが、一方でサッカーアニメとはなんだったのでしょうか。
 もしかしたらもうサッカーマンガとしてみてはいけないのかもしれません。
 次回もぶっ飛んだお話が作られることを願うばかりです。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】潔癖男子!青山くん 第5話「塚本くんはウケが命」

 青山くんの5話を見て感想を書きます。
 今回はサッカーの試合をしているはずなのですが、あまりサッカー成分がないと思うのは私だけでしょうか。
 いずれにしても面白いからいいのかもしれませんが。

【内容】
 盛り上げに徹するメガネの塚本くん。
 一方、サッカー部キャプテンは彼女とともに青山ファンとして生きていくとのこと。
 今回の対戦相手である南田付属高校のキャプテン「門松」は塚本くんと知り合いのようです。

 青山くん中心のチームである富士美高校には穴があると門松さん。
 塚本くんは門松さんに抜かれて次々と得点を許してしまいます。
 地蔵と言われてすっかり意気消沈した塚本くんは中学時代に門松さんとなにかあったようですが……

 後半でも交代がなかった塚本くん。
 中学時代にボールをぶつけられていたことがトラウマだったようです。
 三バカの仲間にカバーされた彼は門松さんからボールを奪います。

 反撃に出る青山くんは三バカと共に前に出て、塚本くんのお尻で同点に追いつきます。
 そのまま青山くんの活躍で逆転勝利に終わったようです。
 塚本くんのためのプレイに徹した青山くんが素敵だと思います。

【考察等】
 ネタキャラと思われた塚本くんが、意外とシリアスな方向に進んだのは驚きです。
 試合は勝ったのですが、同点以降はスルーだったりとあまりサッカーしている気がしません。
 まあ、面白いからいいのかもしれませんが。

 登場人物が多くて時々誰かわからなくなってしまいます。
 毎回別のキャラクターに焦点が当てられていく、そんな感じのお話なのでしょうか。
 極論をいえば、もうサッカーでなくてもいいのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】潔癖男子!青山くん 第4話「成田くんは秘密にしている」

 青山くんの4話を見て感想を書きます。
 このアニメはいつから料理アニメになったのでしょうか。
 サッカーという題材をとりつつも、実はそれほど関係ないのではないかというのは内緒です。

【内容】
 もう一人の潔癖男子である成田くん。
 彼は現実世界で潔癖を隠しつつ、ネトゲでストレスを解消していました。
 「低俗」なクラスメイトとは極力関わらないことこそがスマートな生き方と成田くん。

 調理実習では見事な輪切りを披露する成田くん。
 見事な料理を作り上げる彼ですが青山くんもまた自家製の味噌を使って豚汁を作ります。
 さらにチャーハンを作る成田くんに、青山くんは対抗してかオムライスを作ります。

 成田くんによると、潔癖男子は他人の触れた料理が食べられないことから料理を作ることが上手になるのだとか。
 そんな彼にカフェラテを出す青山くんは、料理そのものが大好きなのでしょうか。
 さらに、ネトゲに加わった「青い山脈」は明らかに青山くんでした。

 いつもどおり掃除をする青山くんは女子の告白を顔色変えずに断ります。
 「公式ハンターキーホルダー」を持つ青山くんはかなりのやりこみをしているようです。
 ネトゲの中で告白を受けた「青い山脈」は女子の告白に顔を真っ赤にしていました。

 女子からノートを貸してほしいといわれた成田くんは明らかに嫌がっていました。
 ノートを汚したくない彼は職員室でノートをコピーして事なきを得ます。
 体育の時間に青山くんのキーホルダーを確認しようとする成田くんですが……

 女子の体操服がなくなるというトラブルが起こり、成田くんは犯人として疑われてしまいます。
 思わず逃げ出した成田くんは男子たちにのしかかられて捕獲されてしまいました。
 そんな中、なくなった体操服を見つけ出して身の潔白を証明する青山くんなのでした。

 「もっと自分を知ってもらったほうがいい」と青山くん。
 それでも潔癖を隠しとおすことがスマートだと宣言する成田くんなのでした。
 キーホルダーから青山くんが「青い山脈」だと判明しますがゲームでは綺麗好きではなかったようです。

【考察等】
 もう一人の潔癖男子からまさかの料理対決に草が生えます。
 料理対決、ネットゲームとサッカーの気配がまったくないと思うのは私だけではないかと。
 何はともあれ無実の成田くんの疑いも晴れて何よりでした。
 
 今回がまったくサッカーしていなかった分を取り戻すかのように、次回はちゃんと試合を行うようです。
 タイトルにある塚本くんと青山くんがどう試合を勝利に導くのかが気になるところです。
 もちろん時間が許す限り見続けようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】潔癖男子!青山くん 第3話「青山くんがいない理由」

 青山くんの3話を見て感想を書きます。
 まったく先を読めないストーリーが面白すぎます。
 子安さんの相変わらずのキャラクターが素敵です。

【内容】
 人ごみを避けるため電車に乗らないという青山くん。
 自転車で通学する彼を見て、「青山がいない理由を作れそう」とつぶやく女子は一体何者でしょうか。

 サッカー部一同は突然の雨もあってファミリーレストランに入ることになりました。
 変態フォワードの武智さんが登場して腹筋を見せて「ゴミクズ」とののしりますが他のお客さんへの迷惑です。
 食事に喉を通さない青山くんは、武智さんによると外食をしないのだとか。

 吉岡くんと武智さんが何故か大食い対決をすることになりました。
 「負けられない戦いがここにはある」という武智さんは果敢に大食いに挑みます。
 いちごパフェを指定された武智さんはついに気を失ってしまいます。

 相手校の女子の策略によって(潔癖症ゆえに)ロッカーに閉じ込められてしまった青山くん。
 閉所恐怖症の青山くんは倒れてしまい、青山くん不在で勝負をすることになったチームは苦戦を強いられてしまいます。

 もかによって救出された青山くんは試合に復帰することとなりました。
 ラフプレーに倒れながらも、何とか同点にまで追いつきます。
 汚れてしまった青山くんは戦力ダウンしてしまい、チームメイトがそれをカバーすることとなりました。

 残り5分なら我慢できると本気になった青山くん。
 果敢に逆転し「汚いものは嫌い」と全力で相手をつぶしにいきます。
 そして、相手校の部室は綺麗になり、彼女さんもすっかり彼の虜になるのでした。

【考察等】
 まったく先が読めない展開が、どことなく「坂本ですが」を思い出します。
 サッカーの試合もさるものながら、前半の子安さんと大食い勝負が面白かったです。
 久しぶりにイチゴパフェを食べたくなったのは私だけだろうと思います。
 
 サッカーパートについて、ラスト5分の展開はかっこよかったと思います。
 相手校の部室をきれいにしてあったのはおもわず笑ってしまいました。
 今後も彼の試合と潔癖症から目を離せません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム