【アニメ感想】 18if 第13話(終)「イブの吐息」

 18ifの最終回を見て感想を書きます。
 毎回毎回の作画の違いに困惑しつつも、何とか最後まで完走することができました。
 ラストバトルかと思ったら本音トークになったのは驚きましたが。

【考察等】
 遥人は、カツミ、リリィとともにイブの元へと向かいます。
 その頃、現実の世界では白百合の花が咲き、現実にも影響を及ぼしているようです。
 人々の困惑に対して、エヘイエさんの興奮が止まりません。

 優子から、遥人は自分が事故の後遺症でこん睡状態にあることを知ります。
 時間が止まった彼は永遠に夢世界をさまようことになっていたとのこと。
 イブを殺すしかないと主張するイブは、自分が知恵の実を食べる前の、もう一人のイブであると主張します。

 3人の前にイブがその姿を現しますが、想像との違いに戸惑います。
 世界を破壊しつくすと宣言するイブはリリィを殺そうと攻撃を仕掛けてきますが、ユリナたち魔女によって阻まれます。
 イブは「女は男に従う」と定められているらしいですが、その理屈はアイドルであるユリナたちには通用しません。

 お茶とお菓子が出てきて、イブを交えた女の子同士のトークが始まります。
 執事をさせられる男性陣の姿に喜びを感じるイブなのでした。
 彼女は禁断の実を食べた責任を感じて、世の中を破壊することがけじめだと主張します。

 イブは色々と呼び方を変えられつつも、視点を変えるようにと説得されます。
 夢世界は最高ではありますが、それは一種の毒であり、それを遥人に救われたと主張します。
 相次ぐ説得により毒気が抜けたイブはすっかり大人しくなり、地上の混乱は収まったようです。

 魔女たちに説得されたイブはリリィとの会話(と口づけ)を重ねます。
 1つになったリリィは「私を殺して」と迫りますが、その意味はキスで彼女の純潔を汚すことのようです。
 一方で遥人はイブとともに違う夢の世界へと旅立ってしまうのでした。

【考察等】
 魔女とはなにかと興味を持って見始めたアニメでした。
 毎回の世界観の違いに毎回驚きつつ、気づけば最後まで突き進んでしまいました。
 終盤の急展開からラストバトルかと思えば、まさかの本音トークが来るとは思いませんでした。

 遥人さんが魔女たちを説得したように、魔女たちがイブさんを説得する展開はよかったかと。
 トークのないよう男性が女性に従うべきかどうかというのは若干の違和感を覚えましたが。
 あと、イブさんのお声が川澄さんだったのですが、セイバー(アルトリア)さんとはまったく印象が違ったので気づかなかったです。

 イブがいるならばアダムがいるのならば、遥人さんがアダムなのかはよくわからなかったです。
 シンフォギアにアダムさんがいますが、あれはまったくの別物でしょうし。
 少し残った謎は2期へと続くのかどうかわかりませんが、ここで一旦筆を置こうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】18if 第12話「魔女大戦」

 18ifの12話を見て感想を書きます。
 めまぐるしく作画が移り変わる作品ですが、ついに落ち着くところに落ち着くような気がします。
 元魔女の女性達の和気藹々した雰囲気が何だかいいなと思います。

【内容】
 リリィに伴われて「イブ」を守る、純潔の魔女の元へと向かう遥人さん。
 一方、魔女であった女性が集い、遥人の行方を探していたようです。
 彼女たちによると、遥人は時間の感覚(オーラのようなもの)が違うのだとか。

 魔女の扉を前にした遥人はカツミを呼び出し、エヘイエはイブの復活を待望します。
 元魔女たちは感覚で現実の遥人を探しますが……
 カツミは、扉には「棘十字会」の紋章が掲げられていること、今までの相手とは違うと指摘します。

 「会ってから考える」と扉を開く遥人さん。
 その先には大砲だらけの世界があり、立ちはだかる魔女はカツミの妹「ユリナ」だったのです。
 リリィによると彼女達のいる世界は魔女の世界ではなくイブの世界なのだとか。

 病院にやってきたアイリたちはこん睡状態にある患者、「月城遥人」の病室を発見します。
 一方、カツミはアイドルに疲れ果てたというユリナを説得しますが、彼女は聞く耳を持たないようです。
 さらには、亡くなった佳世からのメッセージや幽霊までもが現われます。

 大ピンチの遥人の前に「アイドルの魔女」が現われ、ユリナと戦いを始めます。
 遥人は兄の前にユリナのキスを奪い「白百合を散らす」と一言。
 アイドル2人が歌いだし大砲や触手との戦闘を繰り広げることになりました。

 ユリナが目を覚まし、佳代はこん睡状態にある遥人の姿を元魔女へと見せ付けます。
 女神「イブ」の目覚めの時が迫り、医師は「終わりのはじまり」と一言。
 そして、遥人たちはイブの元へと突き進むのでした。

【考察等】
 前回の怪しい教団の出現から、怒涛の勢いで最後まで突き進みます。
 カツミさんの妹さんは出てくると思いましたが、実はアイドルだったとは驚きです。
 元魔女の出現や遥人さんのキスにはさらに驚き、その後急に歌う展開になるとはシンフォギアでしょうか。

 妹さんを前にしたカツミさんの感情豊かなところは、声優さんの演技もあり見ていて面白かったです。
 遥人さんについては一時は女性説や老人説もあったのですがどちらもはずれだったようです。
 ずっと目を覚まさない彼もまた(男性ではありますが)「眠り姫病」なのでしょうか。
 
 ラスボス扱いと思われるイブさんが復活し、次回は最終決戦が始まるのでしょうか。
 ここまで二転三転してくると、どんな展開になるのかがまったく読めません。
 とりあえずここまできたのですから、最後まで見続けたいと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】18if 第11話「棘十字会」

 18ifの11話を見て感想を書きます。
 終盤に差し掛かりレクリエイターズばりに説明ばかりになってきました。
 冒頭から出てきました怪しい男がいわゆる「ラスボス」なのでしょうか。

【内容】
 眠り姫病になった女性たちを「女神イブの祝福を受けた」と街頭演説する変な男が登場します。
 カツミは「ユリナ(妹)」の手がかりがつかめたと遥人に伝えますが、遥人は自分が目を覚まさないことにいらだちます。
 そして、カツミは前述の変な男こと棘十字会の代表「エヘイエ」と対面します。

 リリィは、遥人が目を覚まさないことについて自分が絡んでいると一言。
 なんでも、イブの目覚めを止めることが出来るのは遥人だけなのだとか。
 そしてイブが目覚めるとみんな死んでしまうらしいのですが、エヘイエはそれを「人類の救済」と説きます。

 知恵の実を食べたことにより人類は罰を受けたと説くエヘイエさん。
 彼がいうには、夢の中で目覚めることこそが人類の救済なのだとか。
 イブが目覚めれば苦しみから解放され、争いも貧しさもない楽園へと至るのだとか。

 今まで出会った魔女たちのことを思い出す遥人さん。
 カツミ曰く「相手を知ること、人の声に耳を傾けること」が大切とのこと。
 魔女はわけありの女の子で、楔(くさび)を外したとき、イブの元へといたるようです。

 イブを倒さないと「世界は終わる」と語るリリィさん。
 そしてエヘイエは遥人のことを楔を外す「悪しき者」と言い出します。
 彼がいうには、「怒り」ではなく「愛」で目覚めることが必要とのこと。

 「世界は眠り姫と発つ」と語るエヘイエさん。
 そして「奴等を信じるな」と言ってのける謎の男性がカツミに声をかけます。
 カツミに元魔女から連絡が入る中、遥人は扉の先へと進みます。

【考察等】
 冒頭から怪しい人が出てきて、お話はいやおうなく終盤だということを感じさせます。
 回想シーンが多いと、それぞれの世界の絵柄の違いに改めて驚きを感じます。
 余談ですが、今まで出てきた魔女さんの中では(3話の)佳世さんが一番好きでした。

 イブさんの目覚めがお話の鍵を握ることは間違いないかと。
 今まで目を覚まさない遥人さん自体がイブという解釈もありなのかもしれません。
 それ以前にエヘイエさんがあまりにも怪しいですが。

 次々とでてくる新キャラにお話はますますわからなくなってきました。
 あと2人の魔女を目覚めさせてイブが復活する流れになるのでしょうか。
 とりあえずあとは完走目指して突き進むだけです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】18if 第10話「α夢次元」

 18ifの10話を見て感想を書きます。
 毎回違った作風の世界を渡り歩くこのお話は一体どこに向かっているのでしょうか。
 舞台設定が次々に変わる中で、お話についていけないときがあるのは内緒です。

【内容】
 眠りに落ちた花子の部屋を観察するカツミさん。
 一方、遥人は夢の世界で花子とであい、そのまま彼女についていくことになりました。
 海を泳いでいると思えば電車にひかれて「快感」と言ってどこかに行ってしまう彼女に、遥人はすっかりほんろうされてしまいます。

 カツミと合流した遥人の前に、さらにリリが現れます。
 「女の子の気持ちは女の子」と主張するリリを連れてさらに先に向かう遥人さん。
 突然コウモリに囲まれてしまい、気がつけば今度は虫のようなロボットに乗っていました。

 奥で花子が眠っていると思えば、いきなりリリやカツミが踊り出します。
 ギターを引き鳴らす花子に呆然と立ちつくす遥人たち。
 今度は遥人と花子が互いに剣を持って戦いを始め、映像の撮影を始めることに。
 一方、現実では花子のパソコンを見て何かに気づいたカツミなのでした。

 遥人が花子を説得するも、連続でビンタをうけてしまいます。
 今度は花子が彼に演技指導を始めてしまったかと思えば、自分で決めると一言。
 くしゃみと称して炎を吐く花子に、今度はカツミが話を伺うことになりました。
 
 煙たそうにしながらタバコを吸う花子は、自分語りを始めます。
 病弱で外に出られなかった彼女は1匹のヘビと出会いますが、それを捨てるようにと強いられたようです。
 彼女は夢の中でブログを書いていて、カツミはずっとそれを読んでいたとのこと。

 遥人にビンタしたことについては「言葉が苦手」だと一言。
 遥人がどうしてまだ起きていないのかという問いに、カツミは「いつか」協力してほしいと続けます。

【考察等】
 冒頭から花子さんの行動に困惑してしまう私がいます。
 タイトルどおり、こちらとは次元の違うアニメのように思えてきます。
 遥人さんはひたすらに振り回されましたが、最後はカツミさんが彼女を目覚めさせたという解釈でいいのでしょうか。

 いろいろとぶっ飛んでいた花子さんでしたが、夢の中でブログを書いていたという発想には驚きました。
 彼女は目を覚ましたとして、遥人さんはまだ夢の中で眠り続けているようです。
 最後は彼が目を覚ます展開になるのだと思いますが、実際はどうなるのか、最後まで見届けようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】18if 第9話「アイドルはトイレにいかない!」

 18ifの9話を見て感想を書きます。
 今度はアイドルさんが登場して、何のアニメなんだろうかとつくづく思います。
 あと、所々のピー音は放送してはいけない言葉なのでしょうか。

【内容】
 冒頭からアイドルのライブが始まり観客は熱狂します。
 センターをつとめる美咲は週刊誌の報道や変な男たちとの接待、ストーカーの襲撃などに悩んでいるようです。
 気がついたら金髪の魔女になり、男たちや同僚のアイドルがレオタードを着てレッスンを強いられます。

 ムチをふるい相手を服従させ、レッスンを強いる魔女さん。
 生徒たちは排泄物にされたり、一流のアイドルはトイレに行かないとお漏らしを強いられて思わず泣いたりします。
 果たしてこのアニメは何を言いたいのでしょうか。

 主人公の出番がみられないまま「まずは体力から」と厳しい特訓が続きます。
 一生懸命についていくナナは美咲が「恋をしない」「トイレに行かない」無敵のアイドルだと一言。
 教官はそんなアイドルが存在するのかとつぶやき、さらなる特訓へと続きます。

 久しぶりのリリィは、ナナの正体が遥人であることに気づきます。
 変態なお兄ちゃんはいきなり正体を見破られ、捕らえられてしまいます。
 かつての同僚に迫られた遥人は恐怖の表情を浮かべる一方、教官は彼に攻撃することにためらいを見せます。

 突然走り去った教官は泣き出し、素っ裸の遥人は不思議な力で難を逃れます。
 自分は無敵のアイドルではないと言い出す教官に、遥人は「我慢してきたのは自分のためではないか」と一言。
 そして、正気を取り戻した教官は改めて夢を追いかけることを決意します。

【考察等】
 タイトルもストーリー展開もいろんな意味で突っ込みどころ満載です。
 必死に練習を続けるアイドルの中に、男性が混じっているのが中々シュールです。
 このアニメが一体何を言いたいのか、正直わからなくなってきてしまいます。

 主人公がなかなか出番がないと思えばまさかの女装には驚きました。
 いいお話ではありますが、裸で何を言っているのかと思うのは私だけでしょうか。
 次回は一体どんなお話で視聴者を驚かせてくれるか、いろんな意味で気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム