【アニメ感想】ナナマル サンバツ 第7話「……ふたりの過去問」

 ナナマルサンバツの7話を見て感想を書きます。
 ライバル関係にやる気になった識さんに胸が熱くなります。
 また、ヒロインの真理さんとお兄さんの関係も素敵だなと思います。

【内容】
 御来屋は去り際に「例会」を忘れるなと宣戦布告します。
 彼から「ライバル」と認められた識は、その事実に興奮を隠せません。

 笹島さんによると、6月に「麻ヶ丘女子高校」で例会が行われるとのこと。
 例会には関東近郊の強豪校が集結すると聞き、男性に飢えた女子高生は歓喜します。
 気合の入る一同は部内で対戦を行うことになりましたが、妹の体重という近似値問題に困惑します。

 識の44点の得点に「甘い」と語る越山先輩。
 御来屋と戦うためにと練習を重ねる識は、真理のアドバイスに少しずつ手ごたえを掴みつつありました。

 お兄さんとは違う道を進む迅子に疑問を抱く真理は、一年上の兄の影響でクイズを始めたとのこと。
 学園祭のクイズ大会に大人達の中で参加し、1問を答えたことが今も忘れられませんでした。
 なお、お兄さんは現在強豪の開城高校に通っているようですが、受験の為にクイズはやっていないようです。

 クイズで競い合うなんてくだらないと語るお兄さん。
 一方、中間試験前に決定しつつも余裕の表情を浮かべる御来屋さん。
 女子高の生徒が男性に飢えている一方で、男子校の生徒は女子に飢えているようです。
 
 兄の言葉が胸に刺さる真理の一方、旅行ガイドを読み込む識さん。
 笹島さんによると、関連付けて取り入れた知識は引き出しやすいとのこと。

 「好きなことをするのに理由が必要なのか」と語る先輩に勇気付けられる真理さん。
 その心意気に応えるように、迅子は自作の早押し機を完成させます。
 気の抜ける効果音ながらも得た知識を発動させる識さんは見事でした。

 自宅でエントリーを見守る女子校の主将。
 姉の制服を着た弟は、以前ゲームセンターで出会った男でした。 
 新たなライバルの登場なのでしょうか。

【考察等】
 御来屋さんのライバル宣言にヒロインの過去と、お話も大詰めになってきたような気がします。
 改めて例会に臨む識さんの姿は、お話の主人公にふさわしい顔だと思います。

 お兄さんの影響でクイズをはじめたという真理さんのお話も興味深いです。
 私自身が従兄の影響でアニメやゲームにのめりこんだことをふと思い出してしまいました。
 一方で、今はクイズを嫌っているお兄さんに一体何があったのかは今後明らかになることを期待します。

 エントリーが出揃う中、ゲームセンターで出会った彼が意外な形で登場します。
 彼もまた、識さんのライバルとして立ちはだかるのでしょうか。
 強豪ひしめく例会で、識さんがどのように戦うのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ナナマル サンバツ 第6話「A.メイド B.チュウサ C.コアクマ」

 ナナマルサンバツの6話を見て感想を書きます。
 御来屋君がメインかと思いきや、新たなキャラクターが気になります。
 ネコミミメイドの真理さんはいわゆる視聴者サービスなのでしょうか。

【内容】
 早押し機の資金を稼ぐため、真理は友人とともに秋葉原のメイド喫茶でアルバイトをしていました。
 一方、識はクイズ研究会の同僚である井上君と同じく秋葉原に来ていました。
 笹島先輩は妹の迅子とともに早押し機自作のため部品の見積もりをとっていました。

 識たちはゲームセンターのクイズゲームで特訓をすることになりました。
 ジャンルの限定をヒントにして正解を導き出す識さん。
 培われた知識量で見知らぬ相手と互角の勝負を繰り広げることになりました。

 識たちが戦っている相手(巨乳キャラ)は宮浦高校の御来屋君でした。
 初心者の識たちには宮浦高校の主将がセコンドに付くことになりました。
 井上君は暗算が得意という、意外な特技が判明します。

 わかっても御来屋君に早さでは勝てない状況ですが、識はルールの盲点を突いて勝負します。
 一同は乱入してきた男に引き下がろうとしますが、背中に翼をつけた女が乱入してきます。
 そして、女は男をあっさりとゲームでやっつけてしまいました。

 「ガチ勢」の一同を馬鹿にする女に思わず叫ぶ識さん。
 彼は先輩方とともに去っていきますが、名前を聞かれてしまいます。
 そして店を出た識たちは、チラシ配りをしていた真理と鉢合わせてしまいます。

 御来屋たちと別れ際に連絡先を交換する識さん。
 彼からは「ぬるい」と断られますが、同時に「例会」を忘れるなと言われます。
 どうやら彼は識をライバルと認識しているようですが……

【考察等】
 メイドさんのお話かと思いましたが、実態はそんなことはありませんでした。
 秋葉原にやって来てクイズの特訓をする識さんたちですが、またも御来屋さんが登場します。
 ゲームセンターくらいアキバでなくてもいいのではないかいうのはここでは伏せます。

 前回やりそこねた御来屋さんとの戦いは意外な形で実現することになりました。
 圧倒的な早押しの彼に、作戦で対応する識さんはやはり只者ではありません。
 知識量や早押しの技術を身につければ、いいライバルになると御来屋さん自身も感じているのかもしれません。

 後半では羽をつけた女の人が出てきますが、助けてくれたかと思えば「ガチ勢」の皆さんを馬鹿にし始めました。
 真っ先に反論した識さんの意外と熱いところが、主人公らしくていいなと思います。
 名前を聞かれたこともあり、この女性がいずれ識さんたちの前に立ちはだかる展開があるのでしょうか。

 最初と最後にはネコミミメイドな真理さん達が出てきてくれましたが、これは視聴者サービスなのでしょうか。
 ヒロインのお声が素人というのは以前からの批判ではありますが、少しずつ改善されていくと信じたいです。
 御来屋さんとの「例会」対決を含め、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ナナマル サンバツ 第5話「文蔵vs宮浦!ピコーン♪」

 ナナマルサンバツの5話を見て感想を書きます。
 練習試合のお話でしたが、クイズそのものを楽しんでいる様子が良かったです。
 なお、美少女(公式サイトに名前をかいてありました)の正体はおおむね予想通りでした。

【内容】
 図書室で出会った美少女が忘れていった本を眺める識さん。
 「早押しクイズランプ表示回路」というページに付箋をしてあるところをみれば、彼女もクイズ関係者なのでしょうか。
 そんなことを思いつつ授業を受けていたら、先生に怒られてしまいますが。

 本を探している美少女をよそに、他校との合同練習のお話になりました。
 御来屋とばったり出会った識は、とりあえず彼を部室に連れて行くことに。
 相手校が持参した「早押し機」に識たちは興奮を隠せません。

 宮浦高校とは1年生同士でのチーム戦をすることになりました。
 なお、問題の御来屋君は参加しないとのこと。
 勝利を目指して即答を連発する真理ですが、進学校の相手も負けてはいません。

 後輩達がクイズを楽しむ様子を見て、いつか本当の勝負をするときの糧になると一言。
 焦りからポイントを間違える真理に対し、井上くんや識が見事にカバーしてくれました。
 一方で、相手チームは仲間割れしていましたが、過去問の蓄積から少しずつ持ち直します。

 団体戦の一体感を覚えたものの、結局は敗北してしまった一同。
 負けても識たちはとても楽しそうな表情をしていたのが印象的です。
 同級生のふがいなさに怒った御来屋は今度は自分が戦うと言い出します。

 御来屋との勝負になると思ったその時、再び現われた美少女。
 彼女(迅子)はたちまちに早押し機をばらばらにしてしまいます。
 迅子は実は笹島先輩の妹であり、早押しボタンを自作できるのではないかと言い出すのでした。

【考察等】
 今回のメインは謎の美少女の正体ではなく、練習試合でした。
 真理さんの焦りから生じたミスを仲間がカバーするのはよかったと思います。
 結果は負けてしまいましたが、皆さんがクイズを楽しんでいたところも高評価です。 

 御来屋君との勝負を止めたのは、機械好きの迅子さんに阻まれてしまいました。
 彼女が先輩の妹というのはおおむね想像のとおりでした。
 早押し機の自作についても実は前回のコメントのお返事で想定はしていました。

 早押し機は迅子さんが作ってくれることで一段落しそうな気がします。
 前回、真理さんがバイトをすると言っていたお話はどうやら次回に続くようです。
 彼女がどんなアルバイトをしているのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ナナマル サンバツ 第4話「謎の美少女登場ですが、」

 ナナマルサンバツの4話を見て感想を書きます。
 前回に引き続き言うことがかっこいい先輩ですが、どうやら何か過去があるようです。
 私も美少女と言われてみたい今日この頃です。

【内容】
 クイズに興味を持ち始めた識は「新しい世界」を知ってしまったと一言。
 車に引かれかけながらも途中で真理と出会い、自転車を二人乗りすることに。
 登校途中の笹島先輩が自転車に美少女を乗せているのを目撃してしまいます。

 クイズに興味を持ったクラスメイトに対して「大ばか」にならなくちゃと真理さん。
 識はそんな彼女とともにクイズ研究会の門をたたくことに決定します。
 真理の「どうしたら勝つクイズが出来るか」という質問に対して、先輩は勝敗にこだわる必要がないと一言。

 勝つクイズよりも本質を学ぶべきと語る笹島先輩。
 先輩の答えに対して、クイズそのものに負けたくないと識なのでした。
 そんな彼に先輩は「ベタ問を解き、独特の前ふりに慣れる必要がある」とのこと。

 新入部員一同は、電卓を早押し機の代わりに使って練習を始めます。
 クイズの基本形は「ストレートとパラレル」であり、名数方、語源、書き出しなどさまざま。
 回答者をひきつける問題は皆が知っているから出題され、ベタ問が作られるとのこと。

 識たちがベタ問を練習している間、他の学校もそれぞれ何かをしていました。
 真理は違う学校にいった由貴と待ち合わせし、早押し機のお古はないかと一言。
 彼女はお金が無いことからアルバイトをすることを思いつきます。

 図書館でクイズ問題を解きながらお弁当を食べる識さん。
 彼の前に現れた女の子は先輩と一緒にいた美少女でした。
 果たして彼女の正体は何者なのか、わたし、気になります!
 (公式サイトに名前が書いてあったのは内緒です)

【考察等】
 タイトルの美少女の登場も気になりますが、本題はやはりクイズでした。
 先輩の言葉の一つ一つはかっこいいですし、色々な問題形式は聞いていてとても勉強になりました。
 なお、先輩の過去については公式サイトによると超名門校の開城(おそらく開成高校がモデルと思われます)から転校してきたと書いてありました。

 識さんが少しずつクイズに興味を持っていく様が見ていてほほえましいです。
 一方で彼にアプローチしてくる例の美少女に、どこかラブコメの波動を感じてしまいます。
 彼女と先輩との関係がどうなのか、次回もしっかりと見ていきたいです。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ナナマル サンバツ 第3話「解答権が欲しければ」

 ナナマルサンバツの3話を見て感想を書きます。
 御来屋さんの圧倒的な読みにクイズの奥深さを感じます。
 ヒロインのお声はそのうちに慣れると思いたいです。

【内容】
 何とか第一ラウンドを突破し、昼食の後で第二ラウンドが始まるとのこと。
 識たちは、真理の(母親の)手作り弁当をいただくこととなりました。

 クイズとは何かと考える識に語りかける笹島先輩。
 ベタ問はある意味では百人一首と同じとのこと。
 一方でベタ問は常に更新され、勝負は水物だとはげまされる識なのでした。

 第二ラウンドに挑む識は、御来屋の常軌を逸した早押しに呆然とします。
 なんでも出題者のアクセントから答えを読み取ったとのこと。
 次々と正解を積み重ねる御来屋に対して、問題の先読みが出来ない識は歯がゆい思いをします。

 出題者の読み方に気づき正解を導き出した識さん。
 ついには御来屋から先手を奪いボタンを押し、さらに正解を導き出すことに成功します。
 最終問題を思い切り外して決勝進出を逃したものの、クイズの楽しさが少しずつわかってきた識なのでした。
 
 決勝の風景を見て問題の先を読む識は、御来屋より先に正解を言ってしまいます。
 識は度重なるマナー違反を前に退場を強いられたものの、「解答権が欲しければクイズを学べ」と語る笹島先輩が素敵です。
 そして、電車の降り際には御来屋にクイズをやれと誘われる識なのでした。

【考察等】
 御来屋さんの圧倒的な強さとクイズの奥深さを感じるお話でした。
 試合結果は残念でしたが、それなりに見所を見せた識さんはさすがだと思います。
 余談ですがで、北欧神話は少しかじっていたので「ラグナロク」(決勝で識さんが導き出した答え)は私も一応わかりました。

 ルール違反はいただけないものの、笹島先輩のタイトル回収のところもよかったです。
 御来屋さんにもクイズをやれといわれましたし、次からは正式にクイズ研究会の活動が始まるのでしょうか。
 時期的に高校生クイズも近づいてきただけに、アニメもますます盛り上がることを期待したいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム