【アニメ感想】将国のアルタイル 第24話(終)「胎動」

 アルタイルさんの最終回を見て感想を書きます。
 実にスケールの大きなお話は私の想像をはるかに超えるものとなりました。
 一旦は戦いを終えつつも、まだまだ戦いはこれからだということに落ち着きそうです。

【内容】
 帝国との戦争が一旦終了を迎え、元首達は会議を開くことになりました。
 気づけばシエロは属州となり、マフムートがその総督として任命されることになりました。
 一方、帝国ではルイ大臣もまた何かを考えているようです。

 シエロはトルキエの支配下となり、営利施設を運営しつつその収益を福祉の財源にするのだとか。
 旧体制を壊すことに反論するザガノスは命・財産・誇りは壊すべきではないと語ります。
 彼はいずれはトルキエもまた「帝国」になりうる存在とのことです。

 民をないがしろにしては国に未来はないと語るマフムートさん。
 ルイ大臣は敗戦の責任を追及され、和平を結んで内政を充実すべきと告げられますが……
 彼によるとザガノスは帝国を滅ぼすまで戦いをやめない「絶望の星」なのだとか。

 ザガノスは帝国への進軍を考え、まだまだ戦いは続くようです。
 マフムートの頭にあったのは、カリルの復讐ではなく、彼の戦いを受け継ぐことだったのです。
 故郷を滅ぼした帝国は憎むものの、真に憎むべきは「戦争」ではないかと語ります。

 戦争を望む奴をつぶさねば戦争はなくならないと語るザガノスさん。
 悪しき帝国に対抗するためには「よき帝国」になる必要があるのだとか。
 マフムートは戦争を止めるようにと嘆願しますが、君は君の道を行けと告げられます。

 ルイ大臣は皇帝を巡幸させ、公共事業によって人身を掌握しようとしていました。
 彼は私財をなげうつとともに新たな領地からの税収を当てにしているようです。
 そして、予想通りザガノスによる帝国への遠征が了承されます。

 シエロの文化とトルキエの文化を融合させた施設に目を輝かせるマフムートさん。
 彼はスレイマンたちとは離れ、ひとまずはシエロの運営に専念することになりました。
 カルバハルは死してなお彼らの楽園を形成しようとしているのかもしれません。

 帝国に故郷を破壊された少年(バスコ)は新兵器の設計図をマフムートに託しますが、彼はその場で図面を燃やします。
 マフムートは「戦争が終わるまで技術を封印してもらいたい」と告げますが、バスコの涙は止まりません。
 一方で、ルイ大臣は帝国の延命のためには勝ち続けなければならないと語ります。

 トルキエの帝国への侵攻は開始されます。
 そしてマフムートは戦争をとめるために最善の選択を続けることを誓うのでした。

【考察等】
 ひとつの戦いが終わりますが、まだまだ戦いは続くようです。
 戦争はまだまだ続き、マフムートさんの苦悩はまだまだ続くように思えます。
 それぞれの思惑が続き、ますますお話は複雑なことになりそうです。

 戦争という側面だけでなく、都市建設や経済の側面を取り入れたお話は奥深いなと思います。
 シエロの再建に際して文化を融合させたり、ルイ大臣が帝国の延命のために私財をなげうったりといろいろと考えさせられます。
 フラグとなるかと思った設計図があっさりと燃やされたのは驚きました。

 戦いはまだまだ続きますが、それを止める手段は存在するのでしょうか。
 少女終末旅行のような戦争の果ての人類滅亡を見ていると、そう思わずにはいられません。
 マフムートさんは彼の信念を貫くことで、現代人にそのことを問いかけているのではないか。
 そんなことを考え、さらには2期放送を期待しつつ、ひとまずは筆をおこうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】将国のアルタイル 第23話「楽園の終焉」

 アルタイルさんの23話を見て感想を書きます。
 トルキエと帝国の戦いは一旦の決着を迎えようとしているようです。
 いろいろな作品に出てこられる悠木さんはすごい声優さんだと思います。

【内容】
 戦局はトルキエ有利のまま進み、少年はあるメモをその立役者に預けようとします。
 追い込まれた帝国軍を率いるピノーはエスパーダを占拠して反撃の拠点にしようとします。
 しかし、女性リーダーの元でエスパーダを守る傭兵たちはことのほか強く、帝国の進撃は止まってしまいます。

 マフムートが帝国軍への全面突撃を指示し、大将であるピノーを討ち取ります。
 シエロに残ったキュロスたちは「ディレクトル」であるカルバハル救出を目指します。
 戦利品をもらえると聞いた女性リーダーは思わず顔を赤らめて感激します。

 キュロスたちは塔をのぼってディレクトル救出を目指しますが、石をぶつけられてしまいます。
 痺れを切らした住民達はディレクトルを帝国に差し出すしかないと主張します。
 互いに争う住民を見たカサンドラはたんかを切り、ディレクトルは「天上の鍵」を持っていると告げ、人生に感謝して死ねると言い出します。

 ディレクトルは首を落とされて命を落とし、住民たちの声は収まります。
 帝国軍が退却していきますが、時はすでに遅かったようです。
 カサンドラはディレクトルの死は無益ではなかったと告げ、彼の言葉を胸にシエロ再興を目指すことに。

 シエロに統治能力がないことから、その統治は反帝同盟に預けられることになりました。
 一方で、ヴェネディックがやってこないことが気にかかります。
 

【考察等】
 これまで帝国の後塵を拝してきたトルキエの歴史的な一勝でした。
 一方でマフムートさん本人がおっしゃるように、戦いはまだ終わってはいないような気がします。
 ルイ大臣との決着はおそらく2期を待つことになりそうですが……

 シエロでは住民たちの醜い争いにある意味での人間の本性を見たような気がします。
 戦いに勝った後はディレクトルさんが助かると思っていただけに、彼が亡くなったのは正直ショックです。
 死んでもなお人々の心を動かす彼の遺志は、決しても無駄ではなかったと思いたいです。

 時期的には(3クール目がなければ)次回で最終回ではないかと思われます。
 一方で「胎動」というタイトル的にはまだまだ続きそうな気もします。
 原作ストックがあるのならばいっそ1年くらいやっていただけるとうれしいのですが……


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】将国のアルタイル 第22話「犬鷲の追撃」

 アルタイルさんの22話を見て感想を書きます。
 これまで後手に回っていたマフムートさんの反撃が始まります。
 一方で、これもまた新たな戦いのきっかけに過ぎないのかもしれませんが。

【内容】
 マフムートたち「反帝同盟」はは帝国兵を取り囲み、一斉攻撃を開始することに。
 帝国軍を率いるピノーは数で勝る状況から総攻撃を指示し、全面対決の様相を示します。
 対する同盟側は一旦退却して帝国軍を誘い寄せ、罠を仕掛けて戦況を互角に持ち込むことに。

 包囲網にあいた穴を突き、一気に勝負をつけようとするマフムートさん。
 帝国軍は次々と体制を崩し、名ありの帝国将校も数人が討ち死にしてしまいます。
 相手は撤退する一方でエスパーダを次の標的として選びます。

 シエロではマフムートの勝利を知り、改めてディレクトルの救出に熱が入ります。
 帝国は敗走を重ね、将兵達の首がことごとくさらされます。
 ろくな死に方をしないという言葉に、マフムートは覚悟の上と語ります。

 エスパーダにはクオーレ同盟の息のかかった傭兵団が守りを固めていました。
 マフムートは帝国を挟み撃ちにして降伏を勧告します。
 ピノーは「帝国の歴史は侵略の歴史」と告げ、エスパーダを落として反撃の拠点とすることを宣言します。

【考察等】
 今までは帝国の後手に回ることが多かったですが、今回ばかりはマフムートさんの作戦勝ちだと思います。
 カリルさんもあの世で喜んでいるのではないか、そんなことを考えつつ見ていたのは私だけではないかと。
 それでもピノーさんの傍らにいる女性をはじめとしてまだまだ強敵が残っているようですが。

 次回あたりでこの戦いに決着がつくような予感がします。
 一方で「楽園の終焉」というタイトルになにやら不穏な空気を感じてしまいますが……
 とりあえず最後までがんばって見届けられるようにがんばりたいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】将国のアルタイル 第21話「反帝の同盟」

 アルタイルさんの21話を見て感想を書きます。
 帝国との本格的な武力衝突が始まり、カリルさんも亡くなってしまいました。
 彼の死に報いるために、果たしてマフムートさんはどんな行動に出るのでしょうか。

【内容】
 マフムートはシエロでの篭城を決意し、同盟国に食料の供給を依頼します。
 ヴェネディックは一旦は帝国の包囲網を解除したようですが、嵐によって食料が1ヶ月も届かなかったようです。
 一方、マフムートは仲間とともにその場を離れ、残ったメンバーは混乱状態に陥ります。

 マフムートはカリルの残存兵と合流して帝国軍へと一気に攻め入ります。
 羊たちを暴れさせて帝国を混乱に落としいれ、そのまま食料を確保して撤退しました。

 シエロでは一部の住民によってカルバハルが捕らえられてしまいます。
 彼らは帝国に降伏することを考えていましたが、それはキュロスをはじめとする愉快な仲間達に阻まれます。
 食料を失った帝国軍は動き始め、決戦のときが近いことを予感させます。

 帝国を警戒しつつ、羊を伴って行軍するマフムートさん。
 草原でついに帝国に追い迫られてしまいます。
 対するマフムートは敵が全ていかだを降りたタイミングで同盟を動かして逆に帝国を陥れます。

【考察等】
 冒頭のあらすじからいきなりストーリーが進み、1話飛ばしたのかと本気で思いました。
 もう少し丁寧にやってほしいと思うところですが、終盤が近づいてきたのなら仕方ないのでしょうか。
 最悪、主要人物が次々と亡くなる展開ももしかしたらありえるのかもしれません。

 追い込まれたかに見えたマフムートさんでしたが、反撃は実に見事だと思います。
 帝国軍は動かざるを得なくなりましたが、単純な数の差をここからどうやって埋めるのかが気になるところ。
 このアニメには1人で大軍を蹴散らすような武将が出るわけでもありませんから。

 話数の上でも、いよいよ最後の戦いが始まったような、そんな予感がします。
 原作の中身はあまり存じませんが、おそらく帝国本国とはこう着状態のままで終わるのでしょうか。
 それまでにすこしはキャラクターを覚えられればよかったのですが、中々難しいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】将国のアルタイル 第20話「弔鐘遥かなり」

 アルタイルさんの20話を見て感想を書きます。
 キャラクターの多さ、キャストの豪華さと丁寧に作られた作品だと思います。
 ストーリーの進展の早さは魅力的ではありますが、展開が急すぎて混乱してしまいそうです。

【内容】
 帝国のルイ大臣は闘技場の試合を見つつ、少年に鉄の歴史を解説します。
 オープニングの後は、マフムートたちが帝国に対して篭城をすることになりました。
 兵糧が失われる中、帝国の将軍ピノーは大軍で後方のトルキエ軍を撃退して食料を確保しようとします。

 帝国軍が迫ることを知ったカリルはとりあえず逃走することに。
 対する帝国は副官である(?)リリーの入れ知恵によってトルキエよりも先回りされてしまいます。
 カリルは逃げても無駄だと考え、この場で13年前の決着をつけることを決意します。
 
 カリルは弓騎兵を前進させ、ピノーは兵に盾で防御させるよう指示します。
 槍騎兵と弓騎兵を交互に進ませ、さらにはがけを利用して相手の後ろを取り囲い込もうとしますが……
 敵の待ち伏せに会ったトルキエの皆さんは逆に包囲されてしまいます。

 大陸一の土木技術を応用した「第十三軍団」がトルキエを徐々に追い込みます。
 カリルは敵陣に攻め入りますが「ごめんね」の一言とともに命を落とします。
 帝国軍に首だけの姿にされたカリルを見てマフムートは動揺を隠せません。

 ザガノスは、カリルの敵を討とうとする同僚に苦言を呈します。
 戦争の技術を磨いた帝国が平和を模索してきたトルキエの軍では勝てないと主張します。
 そして、自分が延々と考えてきた策によって帝国を倒してみせると宣言します。

 カリルの死に愕然とするマフムートですが「できることをする」という彼の言葉を思い出します。
 果たして彼はこの状況をどのような手段で切り抜けるのでしょうか。
 わたし、気になります!

【考察等】
 それぞれの思惑が入り乱れ、キャラクターも次々と入れ替わる展開となりました。
 いつもひょうひょうとしたカリルさんですが、さすがの事態には本気を見せざるを得ないようです。
 「能ある鷹は爪を隠す」言葉を思い出す活躍は実によかったです。

 ピノーさんとの因縁の戦い、一進一退の攻防は見ごたえのある名勝負となりました。
 リリーさんもそうですが、この世界での女性は実に強いなと思います。
 そして、カリルさんの顔色ひとつ変えない死に様はいろんな意味で衝撃的でした。

 カリルさんの死を乗り越えて戦いを続けることを決意したマフムートさんが印象的でした。
 彼の「できること」とはいったいどんな戦い方なのでしょうか。
 2クールだとすればそろそろ終わりが近づきますが、帝国軍を撃退して終わりになるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム