【アニメ感想】ようこそ実力至上主義の教室へ 第12話(終)「天才とは、狂気よりも1階層分だけ上に住んでいる者のことである。」

 よう実の最終回を見て感想を書きます。
 一応区切りのいい所で終わってはいますが、何だか消化不良な気がするのは私だけでしょうか。
 桔梗さんが犯人だと疑っていてごめんなさい。

【内容】
 Dクラスのカードキーを奪ったのはCクラスの伊吹さんでした。
 鈴音は彼女との交戦の果てに倒れ、伊吹さんは何者かと連絡を取ります。
 その相手はAクラスの葛城さんで、自分のポイント計算を「妥当」だと判断します。

 倒れた鈴音の前に立った清隆はリタイヤをすすめます。
 兄に認められるためにAクラスを目指す彼女は、仲間がいなかったことを反省します。
 清隆は鈴音はそれほど強くないと指摘しつつ、2人で戦えばいいと手を貸します。

 伊吹さんにカードキーを見られたことに、リーダーを当てられるマイナスポイントを意識する一同。
 平田くんは、責任の擦り付け合いが起こることで、Dクラスは終わりかもしれないと言い出します。
 そして、試験最終日において他クラスのリーダーの指名が行われることとなりました。

 特別試験の終了を宣言する中、龍円さんが現われて「面白いものが見られる」と一言。
 試験初日、龍円さんはAクラスと契約をし、ポイントとひきかえにリーダーの情報を葛城さんに渡すこととなっていたのです。
 ポイントで豪遊しつつクラスメイトをリタイヤさせて、龍円は有栖の派閥とも接触をしていたとのこと。

 「努力は嫌い」と語る龍円ではありますが、ボロボロの姿には勝利への執念がうかがえます。
 各クラスのリーダーを当てたことでCクラスの勝利を確信しますが、まさかの0点に愕然とします。
 最終的にDクラスが他のクラスを抑えて1位になったことに本人たちも驚きを隠せません。

 体調不良とは思えない高円寺さんはクラスメイトに思い切り突っ込まれます。
 有栖は対立する葛城さんの失墜によりAクラスの主導権を握ることを計算していたのです。
 Bクラスの一ノ瀬さんは大量のポイントを保留して、好きなクラスに上がる権利を買えると言い出します。

 実は鈴音はリーダーではなかったと語る清隆は、試験終了直前に彼女のリタイヤという「正当な理由」でリーダーを自分に変えていたのでした。
 伊吹さんのデジカメを壊し、彼女の行動を誘発しつつ、Aクラスのリーダーは葛城さんのそばの男であり、龍円さんが島に残っていたことも突き止めます。
 行動理念は何かと問う鈴音ですが、クラスメイトに手柄を自分のものとされて困惑してしまいます。
 裏表がない彼女は嫌いだと語る桔梗は、清隆にどちらの味方をするのかと問われます。

 担任の先生に呼ばれた清隆は、「あの男(父親)」が自分の退学を要求したことについて問います。
 イカロスの翼は自らの意志で飛んだわけではないとする彼女に対し、イカロスはダイダロスに背いたのだと反論します。
 そして、鈴音は若干のデレを見せてくれましたが、清隆は彼女も誰もかも仲間だと思ったことはないとのこと。
 彼の言うとおり、最後に勝ち残ることが出来るのか、わたし、気になります!
 
【考察等】
 絵の綺麗さに興味を持ち見始めた作品ですが、最後まで二転三転する展開が面白かったです。
 同性でありながらも、色々なヒロインについても見るところが多かったと思います。
 なお、従妹も同じようによう実を見ていて、私が佐倉さんに似ているといっていたらしいですが、なんとなくわかる気がします。

 1クールならキャンプで終わりではないかという予想は正解でした。
 伊吹さんと通じていたのは桔梗さんではないかと思ったのは私以外にも結構いたらしいです。
 しかし、現実には内通者はどうやらいなかったようで、何だか彼女には申し訳ない気がします。

 龍円さんとAクラスが通じていたことには驚きました。
 しかしそれすらも利用していた有栖さんが今後の最大の敵だと思います。
 一方で、大量のポイントを保有している一ノ瀬さんについてはまだまだ謎が多いです。

 毎回ながら相手の全てを出し抜く清隆さんの手腕は見事としかいいようがありません。
 ヒロインも次々と攻略し、鈴音さんも最後にはデレてしまったようです。
 それでもなお誰も信用していないという彼ですが、これからの展開で少しずつ変わっていくのでしょうか。

 お話は合宿終了という綺麗な形で終わり、2期があれば2学期から始まるのでしょうか。
 連載中作品ならば一区切りは仕方ないとは思いますが、できることならばもっと先まで見たいと思うのが人情かもしれません。
 2期に至る作品は少ないながらも、できることなら2学期以降を期待して、お話を締めくくろうと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ようこそ実力至上主義の教室へ 第11話「しかし、概して人々が運命と呼ぶものは、大半が自分の愚行にすぎない。」

 よう実の11話を見て感想を書きます。
 前回から一気に風向きが悪くなってしまい、心配が絶えません。
 1クールならばキャンプのお話で一区切りということで落ち着きそうな予感がします。

【内容】
 男女の対立が決定的なものとなり、気が付けば別々の場所で生活することに。
 テント設営を手伝う平田くんだけでは信用ならないと、鈴音はもう一人の男子として「消去法」で清隆を指名します。
 下着盗難の事件について「同じ女子として許せない」と伊吹さんですが、別のクラスである彼女を信用するという清隆なのでした。

 鈴音は平田くんは信用できないと告げ、人間は信用しないことにしていると一言。
 対する清隆は彼女が38度近い熱で体調を崩していることを見抜きます。
 「ここでギブアップしたら無駄になる」と鈴音はそのまま隠しとおすことを宣言します。

 試験開始から6日目、池さんの号令で食料の確保へと向かいます。
 キーカードは更新していると告げる鈴音に、清隆はカードを見せてほしいと一言。
 クラスによってカードの配色が違うかもしれないとのことですが……

 クラスメイトに泥をかけられた鈴音は、相手をあっさりと投げ飛ばします。
 「殺す気か」との言葉にも動揺することなく、鈴音は滝で体を洗い流します。
 女性陣が先にシャワーを使うことから男性陣の水浴びはまだまだ先になりそうです。

 その夜、鈴音は清隆を呼び出し、何者かにキーカードが盗まれたことを告げます。
 彼女は軽井沢さんと伊吹さんの2人を犯人と疑いますが、清隆は軽井沢さんの可能性は低いと告げます。
 そんな中、キャンプでは勢いよく火が燃え上がり、おどろく伊吹さんの表情から彼女が犯人の線も消えたのでしょうか。
 そして、「裏切り者がいるのではないか」とクラスの分裂が決定的になってしまいます。

 伊吹さんの姿がいないことから彼女が犯人だと疑われます。
 そして、これまで耐えてきた平田くんにも限界が近づいているようです。
 平田くんをフォローした清隆は、自分の過去を思い出しつつもどこかへと向かいます。

 雨の中、伊吹さんを追いかける鈴音は、彼女を犯人と疑います。
 暴力に訴える伊吹さんに体調不良もあって苦戦を強いられてしまいます。
 伊吹さんはカードを盗んだのは自分だと認め、鈴音を倒して何者かにキーカードを渡します。

【考察等】
 前回の盗難事件からすっかり男女は分裂してしまいました。
 その上、鈴音さんが体調を崩してしまったことに自分のことのように心配がたえません。
 色々と混迷を深めるがゆえに、最後もそれだけ近いのではないかと実感する今日この頃です。

 カードキーの盗難についてあっさりと犯人と認めた伊吹さんでした。
 しかし、彼女が最後にカードを渡した相手、本当の黒幕らしいキャラがどうやら別にいるようです。
 清隆さんが全部仕組んでいたのか、それとも意外なところで桔梗さんあたりが出てくるのでしょうか。

 2クールというお話は聞いていないので、おそらく来週で最終回でしょうか。
 連載中の作品だと、どうしても中途半端にせざるを得ないのは仕方ないのかもしれません。
 それでも、ある程度綺麗な形、次につながる形で秋のアニメへとバトンをつないでほしいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ようこそ実力至上主義の教室へ 第10話「裏切者の中で最も危険なる裏切者は何かといえば、すべての人間が己れ自身の内部にかくしているところのものである。」

 よう実の10話を見て感想を書きます。
 すっかり仲良しになったDクラスだからこそ、早々に逃げ出した(?)高円寺さんの真意がますます気になります。
 龍円さんや一ノ瀬さんに比べると、葛城さんが若干地味な感じが否めません。

【内容】
 サバイバルの試験が始まって2日目となり、クラスの皆さんにはまとまりが出てきたようです。
 清隆は鈴音とともに歩きつつ、Cクラスの龍円が彼女をねらっていることを意識していました。
 そして、Bクラスの一ノ瀬さん達は友好的な態度を見せてくれました。

 「隠れていても進展がない」とAクラスに飛び込む清隆たち。
 内部に入ろうとする鈴音の前に(上半身裸の)葛城さんが現われます。
 清隆たちは取り囲まれ「戦争が起きる」と脅されます。

 豪遊しすっかり羽振りのいいCクラスに対し、トップが無能だと吐き捨てる鈴音さん。
 伊吹さんに制裁を加えたという龍円は、既に全てのポイントを使いきったとのこと。
 鈴音は「最高の気分を味わわせてやる」と語る彼を切って捨てますが、清隆は彼らが何らかの理由をつけて離脱するのではないかと考えます。

 試験は3日目となり、清隆は平田くんの苦労をしのびます。
 さらには、4日目には清隆が佐倉さんと一緒に探索を楽しみますが、Cクラスのキャンプの跡地で一ノ瀬さんとばったり出会います。
 「葛城は頭がいい男」とのことですが、彼と有栖は方針が対立しているのだとか。

 伊吹さんに食って掛かる須藤さんをよそに、試験は5日目に入ります。
 どうやら軽井沢さんの下着がなくなったとのことで、女子たちが一斉に怒り出し、男子全員の荷物検査を要求します。
 池さんのリュックの中に女性用の下着が入っていましたが、彼は無実だと言い出し、清隆は下着を押し付けられてしまいます。

 荷物検査に続き、身体検査を要求する女性陣に憤りを覚える男性陣。
 清隆は「終わったな」と心の中でつぶやきますが、平田くんにかばってもらう形となりました。
 平田くんが下着を預かり、清隆は犯人ではないと信じると告げつつも彼に真犯人を探してほしいと言い出します。

【考察等】
 それぞれのクラスの出方に、キャラクターの個性が出ているように思えます。
 仲良しの一ノ瀬さんや豪遊の龍円さんが印象に残る一方で、有栖さんを欠く葛城さんが若干地味に映ります。
 また、佐倉さんとの探索を見て、実は彼女がメインヒロインじゃないかと思ったのは私だけかもしれません。

 後半では軽井沢さんの下着がなくなったというお話が浮上します。
 デリケートな問題ですし、女子たちの憤りはわからなくもありませんが、頭ごなしに疑うところには若干疑問を感じます。
 平田くんの人間が出来ているからか、清隆さんが助かったようで何よりです。

 下着を盗んだ犯人を捜すという、若干推理小説寄りな結論に至った10話でした。
 部外者の伊吹さんが真っ先に疑われるのかもしれませんが、もしかしたらDクラス内部に内通者がいるのかもしれません。
 お話が1クールだとしたら、やはりキャンプのお話で終わりということになるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ようこそ実力至上主義の教室へ 第9話「人間は自由の刑に処されている。」

 よう実の9話を見て感想を書きます。
 本編を差し置いて高円寺さんのキャラクターに驚いたのは私だけではないかと。
 もう佐倉さんがメインヒロインでもいいのかもしれません。

【内容】
 突然の無人島サバイバルに状況を整理するDクラスの一同。
 トイレという切実な問題に、与えられたポイントを使うべきか男女の意見がゆれます。
 20人以上のクラスで簡易トイレ1つというのは中々に難しい問題です。

 ベースキャンプをどこにするのかという話題に、めずらしく清隆が志願します。
 人間離れした動きをする高円寺さんが面白すぎます。
 清隆は佐倉さんと2人きりになり、洞窟を発見しますが……

 スポットの占有はポイント獲得にもつながりますが、それはリーダーの特権とのこと。
 そして相手のリーダーを当てることでボーナスポイントが獲得される一方で、当て損ねたらマイナスになるとのこと。
 Aクラスの葛城さんがリーダーの証を持っていたところを見た清隆は佐倉さんと共に姿を隠します。

 水辺のスポットを発見したという話を聞き、Dクラスはその場をベースキャンプにすることが決定します。
 リーダーを誰にするのかという議題に、責任感のある人は鈴音だと推薦する桔梗さん。
 鈴音がリーダーを引き受けることになり、スポットの占有が行われます。

 佐倉さんと一緒に枝を拾うことになった清隆さん。
 優しさを演出して佐倉さんを誘惑する男子生徒の一方で、Cクラスの伊吹さんが倒れているのを発見します。

 Dクラスは火を起こして食事の準備をすることになりました。
 池くんは相手の気持ちを汲み取り、冷静になって軽井沢さんと和解します。
 ポイントを使用しつつ、最終的に120Sポイントを確保する計画を立てることとなりました。

 伊吹さんを受け入れようと会議するDクラスの皆さん。
 しかし、高円寺さんが体調不良により勝手に船に戻り、30Sポイントをマイナスになってしまいました。
 どう見ても元気にしか見えない彼の突然の行動の真意は一体何なのでしょうか。

【考察等】
 突然のサバイバルに新たな試練の予感がします。
 人間的に問題のある人物が集まるというDクラスで、どのように団結を図るのかは難しいところ。
 食事の後のお話はなかなかうまく行きつつあるような感じだったのですが……

 高円寺さんのキャラは良くも悪くも印象に残る人だと思います。
 単独行動の多さに不安があると思ったら、それが最後には見事に適中してしまいます。
 彼が何も考えていないのか、それとも何か考えがあってのことなのかまったく先が読めません。

 Cクラスの伊吹さんと合流を図る形になったDクラスの皆さんですが、まだまだ先が思いやられそうです。
 高円寺さんのスタンドプレーにクラスの団結が早速乱れそうな、そんないやな予感がします。
 果たして、彼らがどのようにこのサバイバルを生き残るのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ようこそ実力至上主義の教室へ 第8話「汝等ここに入るもの、一切の望みを捨てよ。」

 よう実の8話を見て感想を書きます。
 豪華客船の旅を楽しむ一同を前に、ちょっと転校してもよろしいでしょうか。
 登場人物の多さに誰が何を考えているのか想像がつきません。

【内容】
 演劇をよそに先生は清隆を退学させようとする何者かがいたことを告げます。
 Aクラスを目指すことに協力するという先生を拒否する清隆は、退学になるだろうと告げます。
 彼は、自由を守るために自由を捨てることを選択することになりました。

 豪華客船でバカンスに連れて行ってくれる素敵な学園生活を満喫する一同。
 桔梗に告白することを決意する男子ですが、下の名前で呼ぶだけで感動してしまいます。
 そして須藤さんもまた鈴音を下の名前で読んで感動してしまいます。

 食事をしようとしてけんかになった須藤さんですが、Aクラスの葛城さんにたしなめられます。
 一方、Bクラスの一ノ瀬さんは先生とマッサージを楽しんでいました。
 ぼっちな清隆はクラスメイトの平田くんに、Aクラスを目指す為に自分と鈴音の橋渡しをしてほしいと依頼します。

 平田くんは軽井沢さんに呼び出されてその場を立ち去ることに。
 体を拭かないまま部屋を歩く高円寺さんはもうネタ要員なのかもしれません。
 龍円さんは鈴音に絡んで盗撮にいそしみ、同じCクラスの伊吹と口論になります。

 衝突を目の当たりにして「Cクラスの崩壊は近い」と鈴音さん。
 一方、何者かと連絡を取っている有栖さんは何を考えているのでしょうか。
 そして佐倉さんは清隆と絡んでいましたが、突然の桔梗の来襲に立ち去ってしまいます。

 あざとい表情を浮かべる桔梗に彼女の本性を思い出す清隆さん。
 そんな彼に何かを言いかけた桔梗は一体何を考えているのでしょうか。

 船は南の島に上陸しますが、家らしいものが何もないのが気になります。
 先生によって、学生証が没収されて代わりに腕時計を与えられることに。
 そして、「特別試験」と称し無人島で集団生活を強いられてしまいます。

【考察等】
 豪華客船の旅にうらやましさを感じていましたが、当然そのままで終わるわけはありませんでした。
 お話が半分以上進んだ段階にもかかわらず、お名前を覚え切れていないのは私だけではないかと。
 特に、清隆さんを除くDクラスの男子が誰が誰だかいまだに頭に入ってきません。

 前回に続いて、キャラクターの顔見せという側面が大きかったような気がします。
 そして次回からは無人島でのサバイバルが始まるのだとか。
 人間的に問題を抱える人が多いDクラスでちゃんと協力しあうことが出来るのかどうか、しっかりと見届けられればと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム