【アニメ感想】ようこそ実力至上主義の教室へ 第6話「嘘には二種類ある。過去に関する事実上の嘘と未来に関する権利上の嘘である。」

 よう実の6話を見て感想を書きます。
 鈴音さんも佐倉さんも可愛らしい一方で、桔梗さんの出番はすっかり少なくなってしまいました。
 冒頭の「偽りの仮面」と聞いてうたわれるものを思い出したのは内緒です。

【内容】
 人付き合いの出来ない佐倉さんは「偽りの仮面」を被っているとのこと。
 グラビアアイドルの雫として活動する彼女にはストーカーが付きまとっているようです。
 送られた大量の写真に愕然とする佐倉さんなのでした。

 佐倉さんの証言により審議を先延ばしにした清隆と鈴音。
 鈴音は「少し試したいことがある」と語ります。
 清隆に声をかけられた佐倉さんは少しずつ心を開きつつあるように思えます。

 桔梗の名前でCクラスの生徒を呼び出した清隆さん。
 清隆は彼らに監視カメラを突きつけて「退学だろうな」と一言。
 続いて鈴音は、訴えを取り下げることで事件を存在しないことにしてしまうことを提案します。

 訴えを取り下げさせたことでひとまず事件は解決します。
 ニセの監視カメラの出所は一ノ瀬さんのポイントだったようです。
 一方、佐倉さんはストーカーによって拘束されてしまいます。

 「本当の僕の愛を教えてあげるよ!」と迫るストーカーさん。
 実はその正体は家電量販店の店員さんでした。
 あっさりと捕らえられた男は「付きまとわないで」と言われて態度を一変させます。

 佐倉さんが清隆に心を開く一方、鈴音は先生に呼び出されていました。
 先生は彼女がAクラスに上がるためには清隆を把握すべきと提案します。
 不良品の集まるクラスで最も不良品なのが清隆なのだとか。

 生徒会長は清隆に書記の席を準備し、生徒会にスカウトします。
 「失望させるな」と去っていく会長をよそに、清隆は鈴音に出くわします。
 一方、Cクラスの龍円はAクラスと接触し、「王は一人で十分」と宣戦布告していました。

 鈴音は清隆の正体を探ろうとします。
 清隆はAクラスに上がる手助けをするという一方で、自分の詮索はするなと念を押します。


【考察等】
 須藤さんの一件も、佐倉さんの一件も一気に解決に向かいます。
 とはいえ、ストーカーさんの迫真の演技に須藤さんが半分くらい吹き飛んだのですが。
 一ノ瀬さんやAクラスの女の子が存在感を示す一方で、桔梗さんはまったく出番なしのようです。

 清隆さんは実力を隠している一方で、先生や生徒会長は清隆さんを意識しているようです。
 回想シーンでの彼は研究施設らしいところにいて、どうやら普通の人ではない予感がします。
 そして最後に鈴音さんを見る目が、少し恐かったです。

 A~Dクラスの登場人物が次々と出てきて、お話は混戦の予感がしてきました。
 1クールだとどこまで進むのかわかりませんが、「不良品」のDクラスはAクラスまでどこまで近づけるのでしょうか。
 わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ようこそ実力至上主義の教室へ 第5話「地獄、それは他人である。」

 よう実の5話を見て感想を書きます。
 女性陣との交流にいそしむ清隆さんに嫉妬のまなざしを向ける鈴音さんがある意味人間らしいです。
 比較的短いタイトルながらも、ある意味人間の一面を言い当てているように思えます。

【内容】
 須藤さんの事件について目撃したという佐倉さん。
 清隆と桔梗は、彼女のデジカメの修理に同行しますが店員さんの目が恐いです。
 携帯番号を書けといわれて震える佐倉さんに代わって、清隆が自分の電話番号を書きます。

 佐倉さんと2人きりになった清隆は、須藤さんの一件についてどうすればいいのかと相談を受けます。
 桔梗を信用しきれないのか、彼女の本性について直感で気づいているのでしょうか。
 清隆は「黙っていたら後悔する」というのなら、それだけでいいのではないかと続けます。

 佐倉さんと別れた清隆の部屋に、桔梗がやってきます。
 ネットで明らかになった佐倉さんのもう一つの一面に若干の驚きを覚えます。
 そんな彼女は、須藤さんの一件について協力することを決意します。

 清隆が他の女子と絡むことに嫉妬をあらわにする鈴音さん。
 その放課後には、須藤さんの暴行事件に生徒会の審議が行われるとのこと。
 生徒会長である鈴音の兄が立ち会うことは清隆の想定外でしたが。

 自らの潔白を主張する須藤さん。
 清隆は鈴音にセクハラすることによって彼女のポテンシャルを発揮することに。
 鈴音はCクラスの生徒に呼び出しの経緯を問いただします。

 「一部始終を目撃した生徒がいます」と鈴音に続き、現われた佐倉さんはCクラスの生徒が先に殴りかかったと主張します。
 Cクラス担任は佐倉さんは「強いられている」と反論しますが、彼女は証拠としてデジカメの画像データを出してきました。
 彼女の自撮り写真には、Cクラス生徒と須藤さんのとっくみあいが映されていました。

 Cクラスの担任は痛み分けで双方の停学を打診します。
 須藤さんの生活態度に原因があり、反省すべきと主張する鈴音ですが、一方で、彼の完全無罪を主張します。
 双方の状況を見て、生徒会長は再審することを宣言し、清隆に「証明できるのか」と壁ドンします。

【考察等】
 鈴音さん、桔梗さんに続く第三のヒロインの佐倉さんのお話でした。
 挙動不審な彼女と意気揚々と写真を取るギャップが魅力的に映ります。
 自撮りできるほどに容姿に自信があるのは正直うらやましい限りです。

 本題は須藤さんの審議でしたが、鈴音さんにセクハラする清隆さんに驚きました。
 その甲斐(や佐倉さんの奮闘)もあって相手の譲歩を引き出したのはある意味前進だと思いたいです。
 この後、どのように須藤さんの無罪を証明するのか、しっかりと見届けたいと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ようこそ実力至上主義の教室へ 第4話「他人が真実を隠蔽することに対して、我々は怒るべきでない。 なぜなら、我々も自身から真実を隠蔽するのであるから。」

 よう実の4話を見て感想を書きます。
 東山さんのお声もあって一ノ瀬さんのキャラクターが可愛らしいなと思います。
 一方で、桔梗さんの前例から一ノ瀬さんも裏があると思うのは私だけでしょうか。

【内容】
 すっかり酔っ払ったBクラスの先生はポイントの振り分けについて言及します。
 クラスの中心である一ノ瀬さんは他のメンバーとともにAクラスに上がることを決意するのでした。
 一方、清隆はエレベーターで桔梗と鉢合わせして呆然とします。

 先生によると「トラブル」があってポイントの支給が遅れているとのこと。
 一ノ瀬さんに呼び出された清隆は、告白されるみたいと叫ばれます。
 彼女はラブレターをもらっていて、断る為に「彼氏」のふりをしてほしいとお願いします。

 清隆は一ノ瀬さんに「必死な思いに答えないといけない」と告げて去っていきます。
 どうやら一ノ瀬さんは「彼女」の告白を断ったようです。

 須藤君がCクラスの生徒に暴行事件を起こしたことが発表されますが、彼は身の潔白を主張します。
 その頃Cクラスの龍円はクラスメイトをボコボコにして「計画通り」と一言。
 Dクラスのクラスメイトは須藤君が退学したほうが良かったのではないかと言い出しますが、清隆は退学者を出した際のペナルティーは未知数と考えているようです。

 須藤君の身の潔白を証明するために目撃者探しを始めます。
 ふと出会った一ノ瀬さんは協力を申し出ますが、清隆は裏があるのではないかと考えます。

 Bクラスの神崎君のおかげで、屈強なバスケ部員が須藤君を罠にはめたのではないかと推測します。
 一方で、一ノ瀬さんの持つ膨大なポイントが怪しいです。

 清隆は合鍵を作って自分の部屋に集まったクラスメイトに呆然とします。
 そんな中、現われた鈴音はクラスメイトの佐倉さんが目撃者であったと告げます。
 仮に正当防衛だとしても、須藤さんのイメージは最悪なので状況を変えるのは難しそうです。

 桔梗は改めて佐倉さんに迫ります。
 しかし彼女はデジカメを胸に、「巻き込まれたくない」と逃げてしまうのでした。

【考察等】
 トラブルメーカーの須藤さんがまた波乱を起こしてしまいました。
 まさに、一難去ってまた一難といった感じでしょうか。
 彼を退学させたほうがいいという声に説得力が出てきますが、実際退学にするとどうなるのかわからないのです。

 今回は一ノ瀬さんが本格的にお話に介入してきました。
 すごくいい子にも見えますが、桔梗さんの一件があるとどうしても怪しんでしまいます。
 そして佐倉さんもまた何かうらがあるのでしょうか。

 Dクラスは性格的に問題がある人が集まっているのではないか。
 須藤さんといい、桔梗さん(の正体)といい、そんな推測が働くのかもしれません。
 次回は、いろいろな意味で見所満載のお話になる、そんな気がします。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ようこそ実力至上主義の教室へ 第3話「人間は取引をする唯一の動物である。骨を交換する犬はいない」

 よう実の3話を見て感想を書きます。
 前回ラストのまさかの高得点の理由は実際の勉強において的を得ていると思います。
 そして、今回のラストもまたいろんな意味で衝撃的でした。

【内容】
 まさかの高得点に沸くクラス一同に対し、いぶかしげな表情を浮かべる鈴音さん。
 その裏には、桔梗と清隆の並々ならぬ努力がありました。

 ヤンキー同士の絡み合いに介入する一ノ瀬さん。
 清隆はけんか腰の須藤をなだめ、勉強会に誘いますが聞く耳を持ちません。
 須藤を呼び出して「バスケットできなくなってもいいの?」と鈴音はノートを渡します。

 桔梗を呼び出した清隆は、ポイントに困った先輩から過去問を入手することに。
 小テストもテストもどうやらほとんど同じ内容とのこと。
 前日に過去問を暗記させる「秘策」を考える清隆ですが、その手柄はすべて桔梗に任せることになりました。
 しかし、一方で、須藤「だけ」は赤点(=平均点未満)を取ってしまいます。

 先生は、退学を宣告される須藤さんに退学届けを出すようにと迫ります。
 先生と対峙した清隆は「この社会は平等なのか」と問い掛けます。
 ルールは平等に適応されているように「見えなければならない」とし、須藤さんに1点売るようにと迫ります。

 代金として10万ポイントを提示する先生に、鈴音もまたポイントを出すと一言。
 退学を取り消した一方で、Dクラスが上に上がったことはないと吐き捨てます。
 Aクラスに上がると豪語する秋音は「不良品は立った少しの変化で良品と変わる」とのこと。

 注目を浴びる鈴音に対して、若干黒さを見せる桔梗さん。
 帰り道でひたすらに物に当たる彼女が恐ろしいです。
 秘密を話すなと脅し、桔梗は清隆の手を胸に押し付けて「裏切ったら許さない」と告げます。

 「どっちが本物のお前なんだ」
 清隆の桔梗への疑問は、視聴者の疑問でもありました。

【考察等】
 まさかの高得点は緻密な計算によるものでした。
 過去問分析は実際の受験対策においても有効なお話かと。
 筆者の経験上、宿題や教科書をひたすら繰り返すのが一番のテスト対策かと思います。

 まさかの手段で退学を回避できたのはよかったと思います。
 一方で、何かあると思っていた桔梗さんの本性は前回のラスト以上の衝撃でした。
 まどマギのマミさんほどではないにしても、アニメは3話見るまでわからないのだと痛感した、そんなお話でした。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ようこそ実力至上主義の教室へ 第2話「才能を隠すのにも卓越した才能がいる。」

 よう実(略称)の2話を見て感想を書きます。
 冷徹な鈴音さんといい人な桔梗さんの2人が対照的です。
 後半はまさかのバトルアニメに驚きを隠せません。

【内容】
 プール授業ではしゃぐ一同を冷静に見つめる清隆と鈴音。
 なんでも彼らのクラスは「不良品」のDクラスとのこと。
 先生には次の中間テストで赤点を取ると即退学と告げられてしまいます。

 洋介はこのまま0ポイントのまま進むわけにはいかないと一言。
 しかし、須藤(ヤンキーのクラスメイト)にはやる気を感じさせません。
 一方で清隆は鈴音のおごりで昼食を食べることになりました。

 やる気を出す洋介はテストに向けて勉強を始める一方で、須藤たちは参加しないとのこと。
 Dクラスになったことに不満を述べ、必ずAクラスに上がると宣言する鈴音さん。
 清隆はやる気の無い男子生徒を彼女の勉強会に集めることを強いられてしまいます。

 桔梗を「親善大使」に任命して協力してもらう清隆さん。
 対して桔梗は勉強会への参加を要求し、連絡先を教えてもらいます。
 あっさりと3人の参加を取り付ける桔梗に対して、鈴音はどうやらお怒りのようです。

 勉強に参加したものの上から目線の鈴音に反発する須藤さん。
 足手まといは脱落したほうがいいと言ってのける鈴音に対して、桔梗は彼らを見捨てたくないと一言。
 一方、鈴音は兄である生徒会長に「学園を去れ」と言われてしまいます。

 鈴音を助ける為に生徒会長とのバトルを始める清隆さん。
 ピアノと茶道を習っていた清隆は狙って50点を取る程度の能力を持つようです。
 足手まといを切り捨てようとする鈴音に、その性格こそがDクラスの原因ではないかと告げます。

 絶望的な状況の中、中間テストが始まります。
 そしてDクラスの面々は信じられない高得点を獲得していたのでした。

【考察等】
 絵柄も背景も綺麗で、個性的なストーリーも興味深いです。
 Aクラス昇格を目指す鈴音さんのやる気とその背景もわかってよかったと思います。
 一方で、実力主義といいつつもどうして団体評価なのかと疑問に思うのは私だけでしょうか。

 後半では、お兄さんに対して女の子らしい鈴音さんが見られました。
 清隆さんとお兄さんとのまさかのバトルに驚きましたが、一番のサプライズはテスト結果でした。
 どんなメカニズムで高得点を乱発したのか、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム