【アニメ感想】異世界はスマートフォンとともに。第6話「引っ越し、そしてドラゴン。」

 いせスマの6話を見て感想を書きます。
 テンポよく進むストーリーと強すぎる主人公もここまで来るとある意味心地よく感じられます。
 どっちつかずの主人公に対する女性陣の理解の早さがある意味すごいなと思います。

【内容】
 爵位の代わりにと王様から大きなお屋敷をもらうことになった冬夜さん。
 彼の「5人で暮らすには中々大変」という言葉にユミナを除く女性陣(エルゼ、リンゼ、八重)は思わず赤面します。
 一方で、4人とも好きという言葉にも独占するつもりはないと語るお姫様も大物かもしれません。

 大きなお屋敷には執事のレイムやメイドさん、警備を担当する人など多くの人がやってきました。
 なお、レイムはスーシィの家の執事をやっていた人でした。
 そんな中、スーシィとその父親の公爵がやってきて、公爵は娘をもらってくれと冗談交じりで言い出します。

 公爵によるとミスミド公国との同盟が決定され近いうちに会談が行われるとのこと。
 冬夜は国王を「ゲート」で移送するため、ミスミドの人たちと先方の都へとへ行くことになりました。
 ゲートは一度行ったことがある場所しか移動できないことから、彼が王様を運ぶには一度現地に赴く必要があったのです。

 途中で夜盗に囲まれた冬夜ですが、あっさりと麻痺魔法でやっつけてしまいます。
 オリガ(獣人の女性)とリオン(男性騎士)関係を推察する冬夜は、思わせぶりな態度を取ることを女性陣にとがめられます。
 現地ではオリガの妹にブローチを買ってあげつつ、リオンをさりげなくオリガへと誘導します。
 一方で、ユミナはプレゼントを買ってくれなかったことに言及しつつも、いずれは左指に指輪がほしいと言い出します。

 何者の気配を感じつつも先に進む冬夜たち。
 空からはドラゴンが現われ、スマホでそれは村へと向かっていることを知った冬夜さん。
 火の海になった村を舞台に、ドラゴンとの戦闘を開始します。

 ドラゴンを叩き落したものの、反撃を受けた冬夜はリンゼをお姫様抱っこで救出します。
 堅い装甲に苦戦する冬夜ですが、リンゼの氷の壁をレンズ代わりにして魔法を一点集中して撃破します。
 もう一体出現したドラゴンは暴走した同胞を聖域に連れ戻しに来たようです。

 ドラゴンは去り、村での救助活動を終えた冬夜はしばしの眠りにつきます。
 ユミナの膝枕で目を覚ましたですが、他の3人の視線が厳しいです。
 冬夜にとってはドラゴンよりも女の子の方が強敵かもしれません。

【考察等】
 うまく行き過ぎたストーリーはここまで来ると心地よいです。
 他の女性との関係を黙認しつつも積極攻勢に出るお姫様がある意味すごいなと思います。
 また、スーシィさんも少しだけですが登場してうれしかったです。

 お話の本題はミスミドへの旅でしたが、ドラゴンさんが立ちはだかります。 
 堅い装甲を持つドラゴンさんもあっさり倒すのはある意味お約束でしょうか。
 次回は、今の4人の女の子に加えて、また新たな女の子が登場するかもしれないと思う今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】異世界はスマートフォンとともに。第5話「スライムキャッスル、そして新機能。」

 いせスマの5話を見て感想を書きます。
 男性視点からすればいわゆるサービス回なのでしょうか。 
 後半ではそれぞれのヒロインに焦点が当てられていて面白かったです。

【内容】
 女の子たちを引き連れて依頼に臨む冬夜たち。
 しかし、スライムに関する依頼ということで女性陣は嫌がっているようです。
 一方で男性である冬夜さんは下心があるのか妙にやる気を出していましたが。

 お屋敷に足を踏み入れたものの、タライの一撃を受けた冬夜さん。
 とりあえずスライム研究家の「研究資料」をあさりますが、エルゼと八重は「帰りたい」と涙ながらに語ります。
 彼らを取り囲むスライムは「ローションスライム」と呼ばれる失敗作なのだとか。

 女性陣の服を溶かすスライムを前に、冬夜はスライムにそれぞれのテリトリーがあることを見抜きます。
 彼は殴られてしまいますが、なんだかうれしそうなのは気のせいでしょうか。
 怒った女性陣は屋敷ごと焼き払うべきと物騒な会話を始めます。

 像の胸を触ると感触があり、どうやらこちらも失敗作のスライムだったようです。
 「成長期ですから」とスライムをやっつけるお姫様が恐いです。
 今度は別のスライムが女性の裸の姿になってしまい、結局屋敷は女性陣に「浄化」されてしまいます。

 町で迷子の女の子を見つけた八重と冬夜さん。
 サーチの有効範囲内には女の子の家族はいないようですが、スマホは有能でした。
 あっさりと家族を見つけることが出来るほか、世界中どこでも検索できるのだとか。

 八重は、自分の兄について検索してほしいと願います。
 情報によるとお兄さんは試合中のようです。
 強くてやさしく、人のいいお兄さんが大好きという八重ですが、冬夜も兄に似ていると思わず顔を赤らめる八重なのでした。

 冬夜がスマホの機能を使ったら、リンゼの着替えが見えてしまい動揺します。
 リンゼは色々な魔法を覚えようとしていましたが、古い文字は読めませんでした。
 冬夜が出しためがねで解読できたその内容は、どうやら水属性の攻撃魔法だったようです。

 練習を繰り返すリンゼは魔力を使い果たして倒れてしまいます。
 一生懸命なリンゼに自分の魔力を与える冬夜さん。
 イメージがつかめない彼女に的確なアドバイスを与え、あっさりと成功に導きます。

 エルゼとともに王都でお買い物をする冬夜さん。
 思わずドレスに目が移るエルゼはまさに女の子でした。
 冬夜はどちらも可愛いといわれて顔を赤くするエルゼの手を引き、ドレスを試着させてプレゼントします。
 しかし冬夜は他の女の子にも服を買わされそうになりますが……

 ユミナに届けられた手紙で王宮に呼び出されることになった冬夜さん。
 なんでも彼に「爵位」を与えたいのだとか。
 辞退するにしてもいずれにしても、理由が必要とのことで冬夜たちは王宮に向かうことになりました。

【考察等】
 スムーズに進むお話は、すんなりと頭に入っていきます。
 前半のスライムのお話はドタバタが面白かったと思います。
 男性の夢については、いまいち理解は出来なかったのですが……

 後半ではそれぞれのヒロインに視点が当てられ、それぞれのよさが出ていたと思います。
 中でもエルゼさんのドレス姿が女の子らしくていいなと思います。
 一方で、スーシィさんの出番が最近殆ど無いことが気がかりですが。

 次回は、どうやら再び王宮に向かうことになったようです。
 前回のように王様が毒を盛られたというわけでもないので安心だと思いますが。
 できればスーシィさんの再登場に期待したいです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】異世界はスマートフォンとともに。第4話「婚約、そして押し掛け。」

 いせスマの4話を見て感想を書きます。
 王様が毒を盛られたという物騒なスタートに驚きますが、やっぱりご都合主義は強かったのです。
 中田さんのお声に某マーボー(Fateの言峰綺礼)さんを連想したのは私だけではないかと。

【内容】
 王様が毒を盛られたと聞いて、馬車に乗って王宮へと向かう冬夜さん。
 公爵によると獣人の国である「ミスミド王国」との交流に反対する貴族たちの仕業とのこと。
 冬夜は果たして王様を救い出すことが出来るのでしょうか。

 王宮に来て早々登場したバルス伯爵は、ミスミドの大使が犯人と主張します。
 伯爵を「スリップ」させて王様の前に立った冬夜はあっさりと王様を回復させます。
 父親を助けた冬夜にユミナは一目惚れ下というのですから驚きです。

 ミスミドの大使「オリガ」はかつて(3話で)冬夜迷子の妹を助けた女性でした。
 毒物をサーチした冬夜はあっさりと犯人の目星をつけ、一同を集めて名探偵の真似事を始めることに。
 たちまちに顔色を変える伯爵はあっさりと自分が犯人と認めてしまうことになりました(なお、ワイングラスの中に毒が塗られていたとのこと)。

 冬夜にすっかり一目惚れしたユミナは、彼との結婚を父に嘆願します。
 王様は反対することも無くあっさりと了承するものですから、冬夜は突っ込まずにはいられません。
 さすがに12歳のお姫様と結婚するのは(民法上は)無理だといいますが、この世界の王族は大体15までには結婚するようです。

 お姫様と婚約が決定した冬夜に、軽々しい神様が連絡をよこします。
 どうやらこの世界では「一夫多妻」が通常で、いくらでも女性と結婚してもいいらしいのですが。
 とはいえ、パーティーメンバーの皆さんは困惑を隠せません。

 ユミナを伴ってクエストに出ることになった冬夜たち。
 彼女の召喚魔法で敵をおびき寄せ、あっさりと戦闘は終了してしまいます。
 冬夜さんがいうには男一人のパーティーだと他のギルドメンバーのやっかみの視線が色々大変なようです。
 一方で、「可愛い」と言われて顔を赤らめる女性陣が素敵です。

 召喚魔法に成功した冬夜は、最高クラスの「神獣」を呼び出してしまったようです。
 あっさりと神獣との契約を成功した彼は「琥珀」と名づけ、獣はたちまち可愛い姿に変身します。
 琥珀を抱きしめる女性陣の笑顔にあふれた姿が素敵過ぎるのでした。

【考察等】
 王様に毒を盛られたという事態も、ご都合主義の前には無力でした。
 前回の姉妹のお姉さんが大使だったこととお姫様が一目惚れする展開まではさすがに想像していませんでしたが。
 さらに神様から発せられた「一夫多妻」という言葉には言葉もありません。

 後半ではお姫様を伴ってクエストへと向かいますがこちらもあっさり終了します。
 そしていえることは、女の子も琥珀さんもとにかく可愛らしいことでしょうか。
 この充実したメンバーに、さらにメンバーが増えると思うとますます楽しみになる今日この頃です。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】異世界はスマートフォンとともに。第3話「将棋盤、そして地下遺跡。」

 いせスマの3話を見て感想を書きます。
 今回も順調に人助けをする冬夜さんの姿は心地よく映ります。
 オープニングを見る限りまだ何人も女の子が出てくるようなので楽しみです。

【内容】
 王都にきた冬夜たちはとりあえず買い物をすることになりました。
 困っている亜人に声をかけ、あっさりとスマホで姉妹を再会させます。
 そして、待ち合わせに遅刻した冬夜は白いコートに身を包んでいました。

 モデリングの魔法を覚えて将棋盤を作り出す冬夜さん。
 エルゼと八重は彼が作ったロールケーキを買ってきて、一つは公爵にお届けすることに鳴りました。
 すっかりその味の虜になり、さらに将棋に興味を持つ公爵はすっかりとのめりこんでしまいます。
 自分も(将棋を)やりたいとだだをこねるスーシィさんが可愛いです。

 王都のギルドにやって来た冬夜たちですが、スライムとの戦いは女性陣にはNGとのこと。
 昔の都であっさりとデュラハンを倒した一同。
 近くは財宝がないようですが、どうやら地下には貴重なものが眠っているようです。

 地下の遺跡を突き進む冬夜たちは、古代の文字らしい壁画を見つけてスマホで写真を撮ることに。
 土属性の魔法を使うと先への進路が開きますが、どうやら光の魔力が吸収されていたようです。
 一同は、復活した敵からひとまず退散することになりました。

 魔法を吸収し、直接攻撃の通じない敵に苦戦する一同。
 再生した敵にエルゼが致命傷を受けてしまいますが冬夜があっさりと回復させます。
 将棋を思い出した冬夜は「王をとる」と核の部分を魔法で取り出し、それを破壊することで事なきを得ます。

 冬夜たちは事情を公爵に説明し、スマホに映し出された壁画を見せます。
 なんでも遷都の謎が明らかになるかもしれないのですが。
 再び公爵を尋ねた冬夜は、彼の兄である王様が毒を盛られたことを知ることになりました。

【考察等】
 相変わらずご都合主義で強い主人公たちは見ていて安心です。
 いずれ再登場すると思っていたスーシィさんもあっさり再登場してくれたのはうれしいところ。
 そして、今回はスマホもちゃんと活用できているようで何よりです。
 
 後半では再生する敵が出てきますが、あっさりと倒してしまう冬夜さんが頼もしいです。
 いろんなことに目を輝かせる公爵さんがいいキャラしているなと思います。
 一方で、王様が毒を盛られたというのがすごく気になりますが、次回にあっさりと解決するのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】異世界はスマートフォンとともに。第2話「初旅、そしてサムライ。」

 いせスマ(公式略称)の2話を見て感想を書きます。
 とんとん拍子で進むお話にナイツ&マジックにも似たようなテンポの良さを感じます。
 スマホの出番がないのではないかと突っ込んでしまったのは内緒です。

【内容】
 スマートフォンをもって異世界転生した冬夜は双子の姉妹とともに王都を目指します。
 スライムは服を溶かすからと嫌がる双子に変な想像を浮かべる冬夜さん。
 「瞬間移動すればよくね?」という冬夜に対して、知らない街でお泊りするのが楽しみだという双子さんが可愛らしいです。

 町では侍の女の子(八重)がならず者をあっさりと蹴散らしていました。
 冬夜が彼女を助け、双子もまたそれに続いて加勢します。
 イーシェンの「江戸」から来たという八重は「同郷」の冬夜と意気投合したようです。

 修行中の八重は修行の旅に出ていたとのこと。
 行き先が同じということから彼女と同行することになりましたが、一方で食費が心配な冬夜なのでした。
 無属性魔法は効果を知るだけで覚えられるという冬夜ですが、多くはあまり役に立たないようです。

 ものを引き寄せる魔法を使おうとする冬夜は、八重のリボンを引き寄せてしまいます。
 下着を引き寄せることが出来るのかと言い出す彼は、カズマさんの後継者でしょうか。

 感覚拡張の魔法を使った冬夜は、血のにおいがするといきなりシリアス展開に。
 リザードマンの群れと戦い、それを召喚する敵はスリップであっさりと撃退します。
 胸に矢を受けた男性は移動魔法で矢を抜き出し、回復することで一命を取り留めて何よりです。

 冬夜が助け出したスーシィは公爵家の令嬢で王家の縁戚とのこと。
 行き先が同じ王都ということもあり、引き続き彼女らを護衛することになりました。

 スーシィの父に頭を下げる公爵は気さくで感じのいい人でした。
 なお、公爵の妻であるエレンは視力を失っているとのこと。
 無属性魔法を使う冬夜のおかげで、エレンにあっさりと光が戻ります。

 公爵から与えられた大量の金貨に困惑する冬夜さん。
 さらには身分証明となるメダルまでいただき、至れり尽くせりでした。
 依頼の手紙も渡すことが出来、そのまま八重も仲間に加わることになりました。

【考察等】
 とんとん拍子で進むストーリーがスムーズでいいなと思います。
 ご都合主義という突っ込みはあると思いますが、基本的にいい方向に進んでいるのはいいと思います。
 しかし、タイトルにあるスマホは息をしていないかもしれませんが。

 和風美人の八重さんもいいですが、お姫様キャラのスーシィさんも可愛らしいです。
 お父さんの公爵さんも偉ぶらないいい人だと思いますし、エレンさんも助かって何よりです。
 一方で、スーシィと聞くと「リトルウィッチアカデミア」が浮かぶのは私だけでしょうか。

 順調に仲間を増やす冬夜さんは見ていて基本的に安心です。
 次回もまた人助けをしつつも新しい女の子が増えるのでしょうか。
 わたし、気になります!
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム