【アニメ感想】魔法陣グルグル 第24話(終)「発動!恋するハート!」

 魔法陣グルグルの最終回を見て感想を書きます。
 これまでの敵味方が次々と登場しますますカオスな状況になりました。
 仲間が来てくれるのはうれしいはずが、メンバーがメンバーだけにちょっと複雑な心境です。

【内容】
 突然現れたルンルン(と総裁)によって、魔王ギリの本体が影にあることを突き止めたニケたち。
 立ちはだかる魔物の中で踊り狂うおやじさんは一体何を考えているのでしょうか。
 かつて戦ったカセギをはじめとしてこれまでに戦った敵が次々と登場します。

 ラスボスの魔王ギリが登場し、ニケたちは次々と魔物を撃退していきますが、きりがありません。
 敵の反撃を受けたニケたちは徐々に追い込まれてしまいます。
 そんなところに出てきたのはおじいさんたちや盗賊のお兄さん(スライ)、さらには花の王女やクルジェたち(ゴチ○コ含む)でした。

 駆けつけた仲間たちが魔物をひきつけ、ニケとククリはギリと戦うことになりましたが、火の剣も風の剣もギリには通用しません。
 ニケは4人の王に突っ込みを入れつつ「勇者の剣」を作り出し、ククリとの初めての共同作業(ケーキ入刀?)でギリの中へと飛び込みます。
 ギリの本体に迫ったニケとククリはその圧倒的な力に追い込まれてしまいますが、ククリの涙で精製された「水の剣」で脱出に成功します。

 ニケは真の力によってギリを圧倒しますが、早くう○こに行きたいだけのようです。
 ククリは「恋するハート」を発動させると、今までの旅の思い出が思い返されます。
 まばゆい光に包まれたギリは「何度でもよみがえる」とお約束のせりふを吐きつつ(キタキタ踊りを見せつけられながら)封印されます。

 世界は光に包まれ、ククリは改めてニケに告白しようとしますが勇者の「便意」に阻まれます。
 告白に失敗したかと思えばギリが封印を破ろうとしていました。
 さっぱり王子の出現でおなかがさっぱりしたニケはククリの告白を受けますが、自分はもう勇者ではないとその手をとります。

 ニケとククリがたどり着いた天界(アナスタシア)ではリアルワンチンやククリの両親も登場します。
 再建したアラハビカではジュジュがうかない表情をしていましたが、ニケやククリがこっそり戻ってきました。
 好奇心旺盛なミグミグ族は3日と持たずに地上に降りてきたようです。

 旅の思い出をいつまでも忘れないのだと決意するククリたち。
 Cパートでは(2週間後に)新たな魔王が出現し、ニケは父母に無理やり立ち上がらせられます。
 そして、再びククリとともに旅立つことになるのでした。

【考察等】
 半年間の長きに渡る戦いも、ついに決着のときを迎えたようです。
 敵味方が入り混じるその光景はいろんな意味ですさまじい光景でした。
 こうしてみていると、つくづくいろんな(変な)人に出会ったのだとある意味感心します。

 4つの剣の合体や恋するハートの発動など、全ての複線をちゃんと回収できてよかったかと。
 戦闘ではギリさんを封印し、恋愛方面ではククリさんも告白してすごく可愛らしかったです。
 ニケさんとククリさんは今季アニメ最高のカップルかもしれません。

 ギリさんの封印で締めくくりつつも、まだまだ先があるような終わり方でした。
 現在連載中の「グルグル2(未読)」への複線なのかもしれないと思ったのは私だけではないかと。
 ひとまずはお疲れさまといいつつも、いつかアニメ化されることを期待する今日この頃です。

 
※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】魔法陣グルグル 第23話「決戦!ギリの城!」

 魔法陣グルグルの23話を見て感想を書きます。
 タイトルにもあるように、ついに最終決戦の火蓋が切って落とされたようです。
 基本はギャグであるはずのお話も、ちょっとだけシリアスが混じってきたような気がします。

【内容】
 ギリはレイドとカヤを呼び出し、勇者達を抹殺するようにと命令を出します。
 一方、ニケたちは「最後の大陸」であるザン大陸に上陸しますが、ニケのやる気のないのは相変わらずです。
 チクリ魔はニケたちの来襲を魔物たちに告げ、ニケたちは魔物の大群に追われることとなりました。

 ニケの突っ込みは力を弱めるものの、ククリは「妖精の迷路」で魔物たち(及びおやじ)をやり過ごします。
 クルジェは(有料で)ニケたちの乗り物を提供し、ついに、ニケたちはギリの城の前にたどり着きました。
 おやじはキタキタ踊りで魔物をひきつけ、その間にニケたちが入り口にまでたどり着きますが、どう見てもトイレにしか見えません。

 男女に分裂して潜入すると、ニケたちの前にはレイドが、ククリたちの前にはカヤが立ちはだかります。
 カヤの魔法の前にククリは杖を折られ、ニケはいつになくシリアスなレイドに圧倒されます。
 レイドは彼なりにククリを助けようとしますが、それでも何でも切り裂く地の剣には通用しませんでした。

 ドラゴンに変身したレイドですが、ニケに弱点を突かれてしまいます。
 ククリは思い出の杖をへし折られたことで戦意を喪失しますが、ジュジュが彼女をハグして励まします。
 ジュジュの思いが通じたのか、ククリは杖を使わずにグルグルを発動させますが、失敗してしまいました。

 ククリは次々とグルグルを発動させ、カヤもまた数々の闇魔法で応酬します。
 カヤは最強の暗黒魔法である「暗黒太陽」を放ち、レイドは「闇の剣」を出して勝負に出ます。
 ニケはゴチ○コとの修行にヒントを得た「真ひきょう剣」でレイドを撃退し、先に進みます。

 ククリを倒したと豪語するカヤに飛びかかるカヤさん。
 しかし、ククリはリコの髪飾りによって一命を取り留めたようです。
 そして実はカヤと戦っていたククリはグルグルで出した彼女だったようです。

 一応グルグルに勝ったカヤは去り、ギリの城が大きな音を出して崩れだします。
 ニケたちはギリの元へと向かい、レイドはククリに握手されて心なしかうれしそうです。
 レイドはニケにククリを守るようにと告げてニケたちを送り出しますが、カヤの前では涙を流します。

 巨大な球体から魔王ギリが現れたかと思えば、巨大なキタキタおやじさんでした。
 出てきた悪魔は、魔王ギリは勇者と冒険したいと願ったククリが無意識で生み出した魔法であると説明します。
 大切な「思い出」という宝物を得た一同はそのまま立ち去ろうとしますが、そこにルンルンが出てきて全ては嘘っぱちだと言い出します。

【考察等】
 最後の大陸に到達し、もともとのハイペースもますます早まったような気がします。
 タイトルのとおり最終決戦の火蓋が切って落とされ、お話も若干シリアス気味になりました。
 それでも相変わらずレイドさんの闇魔法はどこか面白いですし、ゴチ○コさんの修行が複線になるとは思いませんでした。

 基本はギャグをやりつつも、普通に感動できるお話というのもすごいなと思います。
 ククリさんが倒されたと思って涙を流すニケさんにもらい泣きしてしまったのは私だけではないかもしれません。
 レイドさんがニケさんにククリさんを託して、その後涙を流すシーンもよかったです。

 ギリさんがククリさんの生み出した魔法といわれてちょっと納得してしまった私がいます。
 しかし、最後に出てきたルンルンさんによると戦いはまだ終わってはいないようです。
 次回でギリさんを倒すか封印するかして最終回なのかもしれませんが、ニケさんが集めた4本の剣は1つにならないまま終わるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】魔法陣グルグル 第22話「潜入!ジタリの遺跡!」

 グルグルの22話を見て感想を書きます。
 原作は全16巻ありますが、2クールで最後までやるにはちょっと時間が足りないのかもしれません。
 それにしても最近は遺跡ばかりを攻略しているような気がします。

【内容】
 ギリの復活を意識しつつも「ジダリの遺跡」を前にしたニケたち。
 ガラスのような「結界」を解除しようとおやじはネコ耳姿になると、なにやら怪しげな像が登場します。
 どうやら像の股の下から先に進めるとのことで、奇妙な光景の中遺跡に入ることに鳴りました。

 ジュジュに対して、ルナーによる封印を解くようにと迫るデマさん。
 おやじが先行することでジュジュが最上階にいることが判明します。
 一方で「まっぱだか」という紙に困惑する勇者なのでした。

 おやじのせいで敵に見つかりますが、トマが壁はすり抜けられることを突き止めます。
 その先には魔物が近づけない区域が存在しました。
 鍵穴にカギを差し込むと、伝説のアイテム「勇者の拳」が出現します。

 勇者の拳は「水の王」の試練と聞いたニケは自分の出生の秘密を聞きにいこうとします。
 しかし、どこからか聞こえる両親の言葉は「ただの凡人」とのことでした。
 思わず突っ込みを入れたことがどうやら封印を解いたようで、勇者の拳を入手してしまいます。

 勇者の担当天使が登場しますが、彼女は勇者名を「ああああ」と記録して去っていきます。
 続いて登場した変態アフロこと水の王に突っ込みをいれ、水の剣を入手したニケさん。
 そのまま「ずる技」によって結界を破壊してジュジュを救出にやってきます。

 すっぽんぽんではないのかとデリカシーのないニケさん。
 捕まっていたはずのジュジュは魔物をあっさりとやっつけてしまいます。
 しかし、封印されていた黒い太陽ドンカマーが復活してしまいます。

 全てを石にするというドンカマーは圧倒的な力でニケたちを襲います。
 残されたククリはグルグルが使えず、思わず涙を流してしまいます。
 失敗していたかに思えたグルグルは効果を発揮して、ニケたちを石化から解き放つことに成功します。

 例のおじいさんが「かっこいいやつら」で魔物たちの目をそらします。
 ニケは塔がさかさまだと突っ込み、その勢いでドンカマーを撃退しました。
 ククリは大人と子供のどっちがよかったかと聞かれたニケはくさいせりふを告げようとしますがギップルに阻まれてしまいます。

 最後の風の王は、ギップルたち風の精霊の王でした。
 あっさりと4つ目の剣を手に入れたニケは王たちの言葉によりザン大陸に向かうことになりました。
 ジュジュはヨンヨンを進化させ、いよいよ決戦の地へと向かうのでした。

【考察等】
 タイトルどおり遺跡への潜入でありますが、相変わらず進むペースが速いです。
 おやじさんだけでなくて登場人物みんなのインパクトがあまりにも強くて圧倒されてしまいます。
 勇者「ああああ」というやっつけなお名前には笑ってしまいました。

 アフロの人が水の王というのはある意味想定内だったかと。
 一方で、ジュジュさんがお姫様ポジションを楽しむかと思っていましたがそんなことはありませんでした。
 ましてや1話限りだと思っていたおじいさん達がまさかテーマソングまで引っさげてくるなんて想定できません。

 最後はやっつけながらも4つの剣がそろった用で何よりです。
 次回は「決戦!ギリの城」とはっきり最終決戦が告げられてしまいました。
 このままあと2、3回で決着をつけ、綺麗に完結できることを願うばかりです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】魔法陣グルグル 第21話「復活!魔王ギリ!」

 魔法陣グルグルの21話を見て感想を書きます。
 冒頭からの(高速の)回想シーンにお話が終盤に差し掛かったのを自覚します。
 残り4話前後で残りの剣は2本、結構ぎりぎりの状況かもしれません。

【内容】
 冒頭から「魔王ギリ」が復活したと聞かされても実感のないニケたち。
 左遷されてしまったカヤはギリの復活を知り、再び勇者たちとの決着をつけることを決意します。
 タテジワさんの「ヨジデー」はとりあえず放置でしょうか。

 ニケたちは新たな大陸へと向かいますが、途中でノリノリの魔族が立ちはだかります。
 彼らが言うには、これから「ギリ様復活パーティー」のようです。
 とりあえずその場にやってきたニケたちですが、魔物の中におやじさんが混じっているのがシュールです。

 魔物に囲まれたニケは「くせえ」を連呼して彼らを同士討ちさせてそのまま逃走します。
 逃げ出そうとするニケたちのまえに現れたのは「爺ファンタジー」と呼ばれるかっこいいおじいさん達でした。
 大量の魔物に襲われたニケたちですがとにかく気にしないまま先に進みます。

 巨大な鳥に乗って「ジタリの遺跡」を目指すニケと濃いおじいさん達。
 スビナ族のレストランに立ち寄ることになりましたが、お店はどうやら地下にあるようです。
 しかしおじいさんが食べただけでニケたちの食べる分はありませんでした。

 おじいさん達は(肉体を披露しつつ)グルグル使いであるククリを「世界の修理屋」だと告げます。
 ニケは恐竜のようなモンスターに追われ、おじいさんは画面に割り込んできますが何の役にも立ちません。
 業を煮やしたおじいさん達はいっせいに空に飛び立ち光魔法「かっこいいやつら」を見せ付け、モンスターを撃退します。
 
 遺跡の鍵を置いて「長生きしろよ」と告げて去っていったおじいさんたち。
 おじいさんにBLのにおいを感じるニケさん。
 おやじは「ニャンコラショ」「人は誰かになれる」と意味深な言葉とともに妙な格好で現れます。

 気がつけばおやじが勇者扱いされ、泉に案内されることになりました。
 スクール水着を身に着けてアフロヘアの「泉の主」は勇者ではないおやじを殴って去っていきました。
 水浴びをしたいというククリは(ニケをグルグルで空に追いやって)お着替えを始めます。

 ニケたちが水に入りますが泉の主は結局出てこないようです。
 なんでも泉で髪を洗うとふわふわの髪になるのだとか。
 彼らはこのままとりあえず薄着で行動することになりました。

 アラハビカにいるトマはジュジュからの変な言葉の手紙に困惑します。
 ジュジュが変な箱を開くと妙な魔法使いとともに(うれしそうに)さらわれていきます。
 トマはうれしそうなアダムスキーに遊ばれることになってしまいます。

 空を飛ぶレイドですが、変な箱(ジュジュ)やトマによってスルーされてしまいます。
 ただの工夫だといわれたトマたちはあっさりとレイドに倒されてしまいます。
 ククリががけから落ちそうになりましたが、ふわふわの髪の毛によって救われます。

 ふわふわの乳毛でレイドを攻撃するニケさん。
 レイドを撃退した彼らはトマと合流してジュジュを助け出すことを決意します。
 そして、彼らは問題の「ジダリの遺跡」を攻略することとなりました。

【考察等】
 タイトルどおりギリさんが復活したようですがそれ自体はあっさりと終わりました。
 本題はギリさんの復活ですが、おじいさん達のインパクトと(子安さんのお声)がひときわ印象的なお話でした。
 キタキタおやじさんも濃い人ですが彼にとっては平常運転なのかもしれません。

 ギリさんが復活してお話は終盤に差し掛かったのは間違いないかと。
 泉の主さんはどう見ても怪しい人ですが、実は水の王というオチなのかもしれません。
 そして楽しそうにさらわれるジュジュさんもやっぱり(お姫様ポジションが好きな)女の子ということでしょうか。

 次回はジダリの遺跡を攻略することは間違いないようです。
 ジュジュさんを助け出して、お話を進める事ができるのかがすごく気になります。
 そして最後にギリさんを封印ないし倒すところまで進めるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】魔法陣グルグル 第20話「抜け出せ!レフ島!」

 グルグルの20話を見て感想を書きます。
 あっさりと出てきた新キャラクターに驚いたのは私だけではないかと。
 全部で25話前後だと考えればそろそろ終わりが見えてきてもいいのかもしれません。

【内容】
 開始早々に「ひきょう剣」によって魔族を倒したニケさん。
 実はニケたちは「レフ島」に滞在しており、ククリにそっくりな少女「ミウチャ」のいる宿屋に宿泊していました。
 そして、ククリは図書館で「双子の姉妹」についての本を読む一人の女性「トリコさん」と出会います。

 次の日には、ニケはまた同じように魔族を卑怯な手段(落とし穴)で撃退します。
 ククリはミウチャの部屋に誘われ、大人になったらどうなりたいのかと語り合います。
 心の中で「勇者様のお嫁さん」と考えるククリさんは純情で素敵だと思います。

 3度目の勝負を終えたニケはなんだか違和感を覚えていました。
 トリコさんの「双子」のお話では2人はいつまでも一緒なのだとか。
 そして、何度も何度も同じ光景が繰り広げられます。

 ニケは同じことを何回も繰り返している状況に苛立ち、無理にでも出発すると言い出します。
 しかし空は大雨になり、出発は見合わせることになりました。
 現れた悪魔によるとニケたちは「とある力」によってはめられているとのこと。

 悪魔の言葉によると「観測者」から逃れない限り島から出られないようです。
 そしてまた例のごとく魔族を撃退し、ミウチャが服を作っているというお話に移ります。
 ミウチャの服が完成させられないことに何かを感じたニケは最後まで作るようにと促します。

 ミウチャの服が完成し、オヤジは「自分の技術に誇りを持つべき」と普通にいいことを言います。
 お父さんもまた同じように夢を後押しする立派なお父さんのようです。
 そうかと思えばいきなりカツラを暴露して、変な星のアイテムをくれました。

 雨が上がり、出発しようとしたニケたちですが、見えない壁に阻まれてしまいます。
 悪魔が再びやってきて、とりあえずニケたちはもう一度手分けして島の違いを探すことに。
 ククリはトリコさんと再びお話をはじめますが、ククリの服が違うと彼女という感じが違うといわれます。

 双子の物語はいつまでも一緒であり、変わらないことは素敵だと語るトリコさん。
 元の服を着てトリコさんと面会したかと思ったククリは実はミウチャであり、本物のククリはニケとともに島を脱出しました。
 ククリの出した答えを耳にしたトリコさんは「ブリは照り焼きとは限らない」と一言告げます。

 悪魔が言うにはトリコさんはククリが生み出した存在だったようです。
 ニケとククリたちの前に「時の双子」が現れ、時間を止めた彼らの時間を吸い取ると言い出します。
 しかし、お父さんからもらったアイテムによって再びやり直すこととなりました。

 再びレフ島を見れば、そこにはミウチャが店を経営していました。
 ギップルは「大変なこと」がおこったと言い出しますが……

【考察等】
 冒頭の展開に1話見逃したのではないかと考えたのは私だけではないかと。
 トリコさんはもちろんとして、ミウチャさんはなんだか不思議な感じがする子だなと思います。
 自分に双子のきょうだいがいたらと考えるとなかなかシュールなような気がします。

 何回も同じ展開を繰り返す、今回はある意味では「ミステリー」のようなお話なのかもしれません。
 同じことを繰りかえすというと、ハルヒさんの「エンドレスエイト」というお話があるようです。
 まああちらと同じようにまったく同じ展開を繰り返しているわけでもないのですが。

 ミウチャさんが自分の一歩を踏み出すお話は普通によかったです。
 安住も大切なのかもしれませんが、時には一歩踏み出すこともまた大切なのだと思います。
 ブリの照り焼きの複線が意外な形で解消されたのは驚きました。

 最後の最後で大変なことが起こったといわれて驚いたのは私だけではないかと。
 そして、次回のタイトルは「復活!魔王ギリ」とのこと。
 残りの数回で残りの剣を手に入れて、ギリさんを倒すなり封印するなりまで進むことができるのでしょうか。
 

※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム