【アニメ感想】妖怪アパートの幽雅な日常 第21話「漫画じゃない!」

 妖怪アパートの21話を見て感想を書きます。
 骨董屋さんのお声はかっこいいですし、そのキャラクターもいろんな意味で強烈です。
 テスト勉強かと思っていましたが、お話は一筋縄ではいきませんでした。

【内容】
 文化祭を前に立ちはだかる中間テストに対して勉強する夕士さん。
 修行で使う時間が限られる彼ですが「地方公務員」になるために勉強を進めていました。
 そして毎回おいしいごはんをいただく夕士に、泉貴もいつもどおり住み着いていました。

 骨董屋さんは怪しいランプを持ってきていろいろな景色を見せてくれました。
 しかし、突然出てきた黒服の男は結界を破り、戦闘態勢に入ります。
 骨董屋さんは「さらばだ」といって眼帯をはずして事なきを得ますが……

 実は骨董屋さんは「裏協会」と呼ばれる特務機関に目をつけられていたようです。
 リュウさんもかつてはその「裏協会」につかまったことがあるのだとか。
 信じられない世界を体感した夕士は脅威に満ちた世界を、どこまで突き進めばいいのかと考えます。

 夕士が泉貴とテスト勉強をしていると田代さんがやってきます。
 泉貴が去ったかと思えばリュウさんが不死の霊薬「アムリタ」を持ってきます。
 インドの年収の10倍で入手したというものが本物か、お医者さんのふじゆき先生が鑑定します。

 アムリタは800才まで生きられるだけのアイテムで、おばあさんがそれを使って生きながらえていたようです。
 しかしもう使い切ってしまっていたようですが……
 残った一滴を口にした夕士たちですが、本当に微妙に寿命が伸びたのでしょうか。

 アムリタのびんをもらった夕士ですが、フールは人間に不死は無理だと一言。
 自分はどう生きるのかと考える彼は再び県職員を目指して勉強を始めるのでした。

【考察等】
 文化祭のお話かと思いきや、その前にはテストが立ちはだかりました。
 バイトや修行で時間がない中だとかなり効率よく勉強しなければいけないのかもしれません。
 そんな中、突然のバトル展開になるとは思わなかったです。

 最近はあまり不思議成分が少なかっただけに今回はとことん不思議な展開が続きます。
 こんなことが続いたらテスト勉強どころではないように思えます。
 一方、相変わらず妖怪アパートに定着している泉貴さんはもう住めばいいです。

 堅実な公務員を目指す夕士さんですが、ずいぶんと特殊な人生を歩んでいるようです。
 この流れだと、文化祭で最終回を迎えるのでしょうか。
 最後は小夏さんが救われる展開になることを願うばかりです。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】妖怪アパートの幽雅な日常 第20話「メッキの中身」

 妖怪アパートの20話を見て感想を書きます。
 放任主義の千晶先生ですが、一方で生徒への信頼は深いようです。
 そして、あの小夏さんの心の闇はかなり深かったようです。

【内容】
 文化祭が近づきますが、相変わらず放任主義の千晶先生。
 眠ってしまった先生に半ばあきれつつ、クラスの一同は何をしようかと考えます。
 生活指導の先生もかねているという千晶先生は問題児から率先して声をかけていたようです。

 英会話クラブでも文化祭の出し物はどうするかという議題になります。
 小夏が来なくなって心配なものの、部活動は強制ではないので仕方ないのかもしれません。
 田代さんはどこからか小夏が前の学校では進学校にいて、仕切り屋の性格だったことを突き止めます。

 前の学校ではその性格が災いして周囲に無視され、今の学校に転校してきたとのこと。
 小夏には優秀な姉がいてコンプレックスを持っている一方で、小さなころは体が弱かったようです。
 そんな小夏に、かつて2つ年上の従姉と同居していた自分を重ねる夕士なのでした。

 姉とのコンプレックスから自分を認めさせようとする小夏さん。
 千晶先生に呼ばれた夕士は小夏について相談を始めます。
 学生のときには周りが見えないのが普通であり、立ち直るかどうかは運命なのだとか。

 夕士は図書館で小夏に声をかけ、文化祭の出し物について話を始めます。
 自分が変な目で見られると夕士を拒否する小夏さん。
 意気消沈する夕士に声をかける気楽なフールなのでした。

 妖怪アパートでは当然のように泉貴がクリにじゃれていました。
 みんなですき焼きを食べていると、泉貴が修学旅行でヨーロッパ縦断したとのこと。
 学生の時期に海外に行くべきと主張する泉貴の一方、古本屋さんはスルーされます。

 泉貴は小夏を徹底的にほめるべきとアドバイスします。
 小夏が英会話クラブに所属していること、そして青木先生が英語の先生であること。
 これらはひとつの「縁」なのかもしれないと思いつつ、泉貴と枕投げをする夕士なのでした。

 英会話クラブでは文化祭に英語の吹き替え劇をすることに決まります。
 自分を抜きで盛り上がる一方を目の当たりにして憤りを覚える小夏さん。
 廊下には彼女が作ってきた出し物の案がびりびりに破られていたのでした。

【考察等】
 2クール目で登場し、いろいろ物議をかもした小夏さんのお話がやってきました。
 問題児な小夏さんの過去を探り当てる田代さんがある意味すごいです。
 他人の気持ちを理解しようとする夕士さんがいろんな意味で大人だなと思います。
 
 小夏さんの過去は深刻で、彼女の抱える心の闇は相当に深かったようです。
 仕切りたがりでプライドの高い彼女ですが、自分を認めさせようとするのも寂しさなのかもしれません。
 それゆえに、自分抜きで出し物を決めてしまったのはかなり問題のように思えます。

 小夏さんの動向が気になる一方で、次回は骨董屋さんがメインのお話のようです。
 うさんくさい彼がいったい何をするのかがすごく気になってしまいます。
 一方で、小夏さんと青木先生がどのように結びつくのかも考えていければ最高かもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】妖怪アパートの幽雅な日常 第19話「レッツ・コミュニケーション」

 妖怪アパートの19話を見て感想を書きます。
 冒頭からなにやら不穏な気配を難じるのは私だけでしょうか。
 このアニメを見るたびに妖怪よりたちが悪い人間という結論に至らざるを得ません。

【内容】
 何かを察知した夕士は、屋上から飛び降りようとしている少女を見つけます。
 フールのとっさの機転によって彼女の自殺は阻止されたようで何よりです。
 そして、妖怪アパートが定着しつつある泉貴さんが素敵です。

 警察から電話を受けた夕士は、先ほどの女の子(ゆうみ)がお礼をしたいということを知ります。
 ゆうみの強烈なキャラにたじたじになる夕士は気がついたら彼女の身の上話を聞くことに。
 子供が子供のままいらいらすることは誰もが通る道と考える夕士なのでした。

 自分の親が死んだことを告げ、自分を大切にするようにと告げる夕士。
 化粧を取ったゆうみは普通の女の子だったようです。
 バイトがあるとその場を去る夕士ですが、その後もゆうみは彼に付きまとい始めます。

 休日にもついてくるゆうみに多くの注文をつける夕士さん。
 彼がやってきたのは外国人のパーティーでした。
 テンションの高い田代さんがいろんな意味で楽しいです。

 夕士は外国人の皆さんとすっかり打ち解けたゆうみに安心します。
 突然の欠員を前に、夕士が劇に出ることになりました。
 劇は好評のうちに終わり、満面の拍手に喜びを覚える夕士たちなのでした。

 パーティーがうまくいき、すっかり楽しそうなゆうみさん。
 しかし、不良仲間(?)が出てきて彼女を悪の道に引きずり込もうとします。
 勇気を出して拒否するゆうみに掴みかかる不良を、夕士は魔術で撃退します。

 英会話をするという目的を持ったゆうみは別れを告げて去っていきます。
 彼女との出会いを「たまたま」という夕士ですが、これも運命なのかもしれません。
 そして、今夜はみんなでマツタケごはんをいただくのでした。

【考察等】
 フールさんの意外な活躍で1人の少女が命を救われたようです。
 最近の小学生も色々と荒れているようです。
 夕士さんの保護者ぶりが見ていてどこかほほえましいなと思います。

 初めは高校生くらいだと思っていた彼女が実は小学生と知ったときは驚きました。
 それでもふたを開けて(=化粧を取って)見ればすっかり年齢相当の女の子だったような気がします。
 自分の目標を持って悪の誘いを断る彼女に、ちょっと感動してしまったのは私だけではないかと。

 英会話クラブのお話としては、小夏さんのことがどうしても気にかかる今日この頃です。
 次回はその小夏さんの過去が明らかになるお話なのかもしれません。
 強がって衝突を繰り返す彼女も、もしかしたら中身はか弱い女の子なのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】妖怪アパートの幽雅な日常 第18話「身体の底から出る言葉」

 妖怪アパートの18話を見て感想を書きます。
 お休みの日もアルバイトにいそしむ夕士さんは色々大変そうです。
 小夏さんや青木先生のお話は次回以降にお預けでしょうか。

【内容】
 せっかくの三連休もアルバイトという苦学生の夕士さん。
 彼は運送会社で働いており、はきはきとした女性に使われているようです。
 新しく入った佐々木さんと川島さんは2人とも大学生で、彼らを教育することになりました。

 大学生2人はちゃんと仕事をする人のようで何よりでした。
 フールが登場して自分たちを使えばどうかと提案しますが、夕士は「仕事中の携帯と魔道書は禁止」とあしらいます。
 そして、大学生との距離に、ふと小夏を思い出す夕士なのでした。

 バイトを終えた夕士たちに社長がコーヒーをくれ、2人もおいしそうに飲みました。
 そのことを聞いた黎明たちは「言葉を体で学んでいる」と指摘し、身の回りに情報があふれているからこそ、情報を与えられることに慣れていないのだと語ります。
 そして、すっかりすねてしまったフールを慰める夕士さんなのでした。

 次の日、大学生2人が1人ずつのほうが仕事しやすいと察知した夕士さん。
 彼らはお昼の時間には、飲み物を買ってくると申し出ます。
 一方で、夕士は人とのコミュニケーションの難しさと楽しさは実践を重ねるしかないとつぶやきます。

 追加の仕事が入り苦労することになりましたが、それでも楽しかったのなら何よりです。
 しかし、次の日には「天地無用」の荷物が逆さまになっており、大学生たちは指摘されてしまいます。
 そもそも「天地無用」のことすら知らなかったという事実に一同は愕然とします。

 怒る社長を前にして、夕士たちをかばう先輩社員のヤマさん。
 続いて夕士や大学生も頭を下げ、社長も怒るに怒れなくなりました。
 そんな中、夕士は小学生時代のエピソードを語り、大学生たちは先輩と社長に謝ることに。

 連休のアルバイトを終え、夕士の「自己犠牲」を賞賛するフールさん。
 他の生徒をかばったのは泉貴で、緻密な計算の上の行動だったようです。

 アパートには泉貴がヨーロッパ旅行から戻ってきたようです。
 住民たちに擦り寄る抜け目のなさはある意味大物なのかも知れません。

【考察等】
 休日もアルバイトをする夕士さんは近年では珍しい苦学生でした。
 大学生の男性も少しずつ仕事に慣れているのを感じます。
 苦労しただけ人間は成長するということなのかもしれません。

 怒られそうなところをかばった先輩社員のお兄さんがかっこよかったです。
 と言いましょうか、あんまり妖怪要素がなかったのかもしれませんが。 
 すっかり人生を達観した感じの夕士さんは本当に高校生なのでしょうか。

 次回は、部活のお話に移るようです。
 活発そうな金髪の女の子にも何か大きな悩みがあるのでしょうか。
 そして小夏さんの動向が、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】妖怪アパートの幽雅な日常 第17話「地獄への道は善意で舗装されている」

 妖怪アパートの17話を見て感想を書きます。
 よう実のような格言じみたタイトルになにやら異変の予感がします。
 善人とおもわれた青木先生に違和感を覚える日が来るとは思いませんでした。

【内容】
 ルリ子さんの料理をいただいた後、泥遊びにいそしむ住民の皆さん。
 遅刻しそうになりながらも何とか登校する夕士なのでした。
 新任の千晶先生にしても青木先生にしても同性から人気のある先生のようです。

 夕士は青木先生に呼ばれて、決して孤独ではないとはげまされて憤りを覚えます。
 田代さんも千晶先生とからんでいたら青木先生に色々言われて困惑したようです。
 うわべだけを見て判断した彼女に怒りを覚える夕士なのでした。

 先生は夕士が困っていると思い事典を持ってきますが、夕士はついにプッツンしてしまいます。
 しかしなんとも感じていない先生は笑顔で去っていくことに。
 憤る夕士は泉貴からのヨーロッパからの手紙が届き、ようやく落ち着きを取り戻します。

 夕食をいただきつつ、青春ゆえの苦労を語る夕士さん。
 同居人たちは青木先生について優しくすることだけがかならずしも正解ではないと語ります。
 フールによるとリュウさんと青木先生の波動が同じと指摘されつつも正反対と結論付けます。

 学校は交流会の準備が進みますが、小夏さんが再び現われます。
 1人だけ関係ない本を読む小夏は他の部員と衝突してしまいます。
 部長に「目障り」とまで言われた小夏は泣いて去っていきます。

 青木先生は事態をよく知らず「いじめはよくない」と言い出します。
 一同はさすがに違和感を感じ、自分たちで解決すると拒否します。
 「地獄への道は善意で舗装されている」との黎明先生のことばを思い出します。

 タバコ休憩中の千晶先生は青木先生について「人種が違う」と一言。
 夕士の事情を知らずに同情する青木先生に、千晶先生は放っておいても大丈夫だと告げます。
 それでも人の話を聞かない青木先生に棒読みで「ありがとう」と告げる夕士なのでした。

 タバコをやめたほうがいいと「忠告」する青木先生に「余計なお世話」と反論する千晶先生。
 安心して放っておけると語る千晶先生は信頼に基づいて放置しているようです。
 そんな千晶先生にうれしさ安心を感じる夕士なのでした。

【考察等】
 青木先生の「善人」ぶりに違和感を感じる、そんなお話なのでしょうか。
 ここまで怒る夕士さんが珍しいと思うのはわたしだけかと。
 衝突を繰り返す小夏さんはあるいみ相変わらずなのかもしれませんが。

 人の話を聞かない青木先生ですが、決して悪い人ではないと思いますが……
 もう一人の先生は放任気味なようで生徒の事をしっかり見ているのがすごいなと思います。
 適当な先生だと思っていてごめんなさい。

 次のお話は人間関係について考えさせてくれるお話なのでしょうか。
 このアニメ、何気に人生について考える機会が多いです。
 道に迷ったときに、そっと見るのもいいのかもしれません。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム等です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームは少し前にDS版のFF3をクリアしました。
 一年も残り少ないですがどうかよろしくお願いいたします。

凍結しましたが、いつかは復活させたいです。
カテゴリ
月別アーカイブ
最新記事
リンク
お客さま
検索フォーム