【アニメ感想】ナイツ&マジック 第13話(終)「Heaven & Earth」

 ナイツ&マジックの最終回を見て感想を書きます。
 異世界とロボットの組み合わせが魅力的な、今期でも有数の作品だったと思います。  
 エル君がヴィーヴィルを押し返すシーンで逆襲のシャアを思い出すのは私だけでしょうか。

【内容】
 王都を前にしてオラシオのヴィーヴィルと対峙する我らがエル君。
 ヴィーヴィルを雲の上に誘い込んだエルは「反撃の狼煙を上げる」と一斉にジャベリンを放ちます。
 油を塗ったジャベリンに火をはなちそのまま火を燃やして一気に勝負をつけようとします。

 炎に包まれたドロテオは「鬼神すら凌駕する」とのオラシオの進言によりヴィーヴィルは「最大化形態」にパワーアップします。
 ノリノリのオラシオの名演を背景に、ヴィーヴィルはビーム兵器を無効化してエル君を追い込みます。
 一方、王城を前にしてグスターポがエドガーと対峙することとなり、エレオノーラは彼らの奮戦を見つめます。

 エル君は一気に切り込んでバリアーを突っ切り、オラシオとの「会話」を果たします。
 グスターポはエドガーとエムリスにより撃退され、エル君は「ロボット魂」によりヴィーヴィルを打ち破ります。
 追い込まれたドロテオは特効でエレオノーラの命を狙いますが、エル君がそれを押し返そうとし、さらにキッドはドロテオを打ち破ります。

 ヴィーヴィルを倒したことで勢いを得た一同は王都を奪還することに成功し、ジャロウデクの野望は潰えたとのこと。
 戴冠式を終え、正式にクシェペルカの女王となったエレオノーラを物悲しい表情で見つめるキッドさんが意味深です。
 少しだけこのままでいさせてほしいとキッドに体を寄せるエレオノーラさんがよかったです。

 クシェペルカを発つエル君を見つめるオラシオさん。
 母国に戻った一同は先王様に賞賛され、早速エルくんは遠慮なく要望を告げます。
 ロボットの全てを手にいることが目標な彼は専用のラボをもらい、さらに目を輝かせるのでした。

【考察等】
 最終決戦でも相変わらずロボット大好きなエル君が素敵でした。
 オラシオさんの「鬼神すら凌駕する」という言葉に(中の人的な意味を含めて)ふとガンダム00の「阿修羅すら凌駕する存在」という言葉を思い出します。
 そして、オラシオさんとの対話、ヴィーヴィルを押し返すシーンなど、所々ガンダムを意識しているシーンが見受けられたと思うのは私だけではないかと。

 一進一退の攻防、互いの設計思想のぶつけ合いはエル君に軍配が上がりました。
 地上でのロボット戦闘もそれぞれの見せ場があってよかったですし、キッドさんが決め手になったところもよかったです。
 キッドさんについては、成長したエレオノーラさんとの絡みには胸がドキドキしてしまいます。

 最後までロボットに目を輝かせるエル君は良くも悪くも「相変わらず」なのだと思います。
 タイトルに「Earth」があることから元の世界に(強制的に)戻される可能性があるのではないかと危惧していましたが、現実にはそんなことはありませんでした。
 まあ、ロボット大好きなエル君が今の環境を手放すことは考えられませんし、その背後にある(商業展開的な)大人の事情を考えても戻る選択肢は実質なかったわけですが……

 異世界とロボットという意外な組み合わせですが、エル君の性格とともに見ていてとても楽しい作品でした。
 リゼロなどと同じくウェブ公開されているこの作品ですが、見るところまだまだストックはかなりある(アニメ放送分が5章、2017年9月現在は9章途中の)ようです。
 皆さんの反応も上々のようですし、さらにストックがたまってきたいつの日か2期が放送されることを心の底から期待したいと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ナイツ&マジック 第12話「Knight & Dragon」

 ナイツマの12話を見て感想を書きます。
 ラスボスらしき新兵器の登場にいよいよラストバトルの幕開けでしょうか。
 最後はオラシオさんを打ち破ってお話は終わりということになるのでしょうか。

【内容】
 ドラゴンの姿をした巨大兵器「ヴィーヴィル」がエル達の前に立ちはだかります。
 さらにディー(先輩)の前には因縁の相手グスターポが現われ、混戦の様相を示します。
 エルは斑鳩で上空に進撃し、その「美学」に反する兵器の破壊へと動き、一旦は敵を捉えますがあっさりとふりほどかれてしまいます。

 ディーはボロボロになりながらもほぼ相打ちになる形でグスターポを打ち破ります。
 一方、エルに追い込まれたヴィーヴィルはオラシオの進言する「特殊砲弾」により飛行能力を無効化し斑鳩を地上に叩き落します。
 相手も相当に消耗していたようで、とどめを刺さずに去っていくこととなりました。

 ボロボロになって戻ってきたエルたちの姿にエレオノーラたちは呆然とします。
 一方、オラシオはヴィーヴィルに「鬼神をも圧倒する」というさらなる力を組み込み、グスターポには王族専用機が与えられます。
 エル曰く「新たなカテゴリの兵器」である彼らにどのように対応するのでしょうか。

 エレオノーラは全軍をもって一気に敵陣に攻め入ることを提案し、エルは目的が合致したと言い出し、更なる戦いへと進むこととなりました。
 王都を前にしてシルエットナイト同士の戦いが始まり、そしてラスボスことヴィーヴィルが登場します。
 対するエルは巨大戦艦を伴い最終決戦へと突き進みます。

【考察等】
 エル君のいつになく弱気な態度に、ストーリーが終盤にさしかかったことを感じます。
 序盤(2話くらい)で逃げていたディーさんの奮闘やエレオノーラさんの成長に感動したのは私だけではないかと。
 一方で、キャラが増えすぎて時々わからなくなるのはご愛嬌でしょうか。

 王都に攻め入る中で再びヴィーヴィル(オラシオ)さんとの戦いの火蓋が切って落とされます。
 この流れだと王都奪還で最終回ということなのでしょうか。
 そして、エル君が(本意ではないと思いますが)元の世界にもどる展開もあるのかもしれません。 
 どんな結末になっても、最後まで見届けていければと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ナイツ&マジック 第11話「Hit & Away」

 ナイツマの11話を見て感想を書きます。
 相変わらずのストーリー展開の速さに加え、ミサイルの発射とは時事的な意味を含めて驚くばかりです。
 見た目からネタ要員かと思いきや、敵の王子様の覚悟も見事でした。

【内容】
 ジャロウデクの進撃はあまりにも早く、あっさりとエル君たちは取り囲まれてしまいます。
 全軍を指揮するクリストバル(ジャロウデクの王子)に対し、エル君は対空装備である槍(ミサイル)で攻撃を仕掛けます。
 エドガーに続き、エル君の出撃にライバルの男(オラシオ)も興奮を隠せません。

 撤退を進言されたものの、後には引けないクリストバルは更なる進軍を指示します。
 そんな彼らの前に立ちはだかったのは王子であるエムリス率いる一団でした。
 そして、鬼神のごとき実力を示す斑鳩を前にジャロウデクは総崩れに陥り、クリストバルは「転進」を余儀なくされます。

 斑鳩は重要人物の確保に動き、クリストバルと戦闘を開始します。
 追い込まれたクリストバルはエル君をジャロウデクへスカウトしますが、開発や製造に関するさまざまな権限をよこせと言い出します。
 クリストバルは涙目になって逆ギレし、自分もろとも戦艦を静めてしまい、残る敵は退散を余儀なくされます。

 お姫様たちに戦勝を報告するエル君たち。
 キッドとお姫様の絡みが癒しになる一方、ジャロウデクではクリストバルの戦死を利用として新たな兵器を作ろうとします。
 クシェペルカは王城をあっさりと奪還し、エレオノーラは女王として即位することとなりました。

 敵の技術を解析して目を輝かせるエル君。
 なんと船が空を飛ぶ仕組みすらあっさりと解析してしまいます。
 細かい秘密を知るオラシオに会ってみたいとさらりというエル君が素敵です。

 エル君はマルティナたちに呼び出され、敵の残骸を譲ってほしいと依頼し、彼はあっさりと了承します。
 それを使って倒したロボットも自分のものにしようとするエル君が面白すぎます。
 そして、残骸を再生した戦力増強を図り、次々と敵の拠点を落としていきます。

 エル君たちの前に竜の形をした兵器が現われ、あっさりと城を焼き払ってしまいます。
 相手もまたエル君の技術を学んだ結果がこの巨大兵器のようですが……
 果たしてこの戦いの結末はどうなるのか、わたし、気になります!

【考察等】
 冒頭から追い込まれたエル君には驚きましたが、彼にとってはそれも想定内だったようです。
 時事的な意味を含めたミサイル攻撃には驚きを隠せません。
 そして、ネタキャラかと思っていた敵の王子の覚悟には敬意を表したいです。

 ストーリーの進展の早さに定評のあるアニメゆえに、あっさりと都すら奪還してしまいました。
 すっかりでれでれになったお姫様改め女王様とキッドさんとの絡みはみていてほほえましいです。
 一方、未知の技術とロボットに目を輝かせるエル君はいつもどおりの平常運転のようです。

 エル君たちが敵の残骸から戦力を得たように、ライバルのオラシオさんも竜を模した巨大兵器を作ってしまいました。
 ドラゴンと騎士、まさに因縁の対決の様相を示します。
 果たして、エル君が巨大な竜を倒し「竜殺し」になることができるのかどうか、最後までしっかりと見届けようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ナイツ&マジック 第10話「War & Princess」

 ナイツマの10話を見て感想を書きます。
 相変わらずのエル君のほか、お姫様とキッドさんの絡みにうっとりします。
 一方で、地名や固有名詞、キャラクターがますます増えて若干混乱気味の私がいます。

【内容】
 エルくんは仲間たちと合流しクシェペルカ王族の救出作戦を開始します。
 王女の囚われているのは塔の上とのことですが、塔は4つ存在しました。
 とりあえず4つ(エル、双子、王子)に分かれて同時攻略を狙います。

 エルがマルティナ、王子がイサドラ、キッドがエレオノーラ(王女)を救出します。
 「俺が騎士になって貴女を守ろう」とキッドさん。
 彼の手を取るお姫様の姿が可愛らしいです。

 王女達の脱走を知ったジャロウデクの皆さんは空飛ぶ船(レビテートシップ)で東へと向かいます。
 その姿に思わず顔を赤らめて興奮するエル君は相変わらずでした。
 斑鳩(いかるが)で迫りますが、相手(オラシオ)も自分と違う設計思想に驚きと憤りを隠せません。

 ジャロウデクの皇太子は状況報告を受け、徹底抗戦を主張します。
 一方、エル君は宿場町でマルティナ達にプレゼンテーションを始めます。
 敵を全部ぶっこわして自分のものにしてしまうと笑顔で語るエルなのでした。

 新たな機体でジャロウデク軍に勝利する一方で、エル君は仲間たちにも対空装備を準備します。
 叔母(マルティナ)からお姫様を勇気付けたいといわれた王子は仲間に相談しますが……
 「騎士」のキッドがお姫様をはげますようにと言われ、彼女を連れて町に出ることになりました。

 ケルヒルト(5話で機体を奪った女性)は爵位と領地を提示されてエル君たちの討伐に向かうことに。
 あっさりと賊軍を捕らえ、そのままエドガーはケルヒルトを打ち破ってしまいます。

【考察等】
 冒頭からあっさりとお姫様を救出するエル君の手際のよさが素晴らしいです。
 未知の物に興味を膨らませて飛び出すかと思えば、突然のプレゼンテーションも素敵です。
 彼が目を輝かせているのを見ると、何か自分たちもワクワクするのは私だけでしょうか。

 エル君が中心ではありますが、今回はキッドさんがいろんな意味で輝いていました。
 お姫様の「騎士」を名乗るところから、ずっと彼女をフォローし続けるところが素敵過ぎます。
 あのようなシチュエーションに思わず顔を赤らめるの私は相当のバカだと思います。

 そして最後の、機体を奪った女性との決着も見逃せません。
 とはいえ、あっさりと終わってしまったような気がするのも人情でしょうか。
 次回辺りは「宿敵」である空を飛ぶ船との戦いが始まると思うと、心がワクワクしてしまいます。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】ナイツ&マジック 第9話「Force & Justice」

 ナイツマ9話を見て感想を書きます。
 ジャローデク王国の登場に、お話は新たな局面を迎えます。
 彼らの進撃(≒ストーリー展開)の速さもとい、固有名詞の多さについていくのがやっとです。

【内容】
 ジャローデク王国はかつての大国「ファダーアーガーデン」の後継を名乗り宣戦布告を行います。
 こうして、後世における「ウェスタングランドストーム」と呼ばれる大戦の火蓋が切って落とされます。

 ジャローデクの「早すぎる」進撃に守りを固めるクシェペルカ王国の皆さん。
 敵のブラックナイトはかつてのエル君の機体と同じく背中から魔法を放つことできるとのこと。
 さらに上空からの攻撃により、瞬く間にクシェペルカは窮地に陥ってしまいました。 

 クシェペルカの国王は娘たちを逃がすとともに、自ら出撃して敵を迎え撃ちます。
 取り乱すお姫様をひっぱたくイサドラさんが素敵すぎます。
 そして、王様は討ち死にし、都はあっさりと占拠され、お姫様たちも捕まってしまったようです。

 エル君たちは商会を名乗ってクシェペルカへの関所を通ろうとしますが、やっぱりばれてしまいます。
 金色の機体を操る王子は関所を破壊し、エル君も新型機であっさりと敵をやっつけます。
 以前盗まれた機体は自分達の技術を使ったのだから自分達のものだと言い出すエル君が素敵過ぎます。

 エル君たちは「仕入れ」と称して周辺の機体を襲撃し「死神」のうわさが流れるように。
 一方、捕らえられたお姫様は無理やり結婚させられそうになり涙を流します。
 お姫様の状況を知ったエル君は、早速彼女を救い出すために動き始め、敵もまたエル君を探し始めます。

 ディー先輩が敵と戦闘を開始しますが、相手の機体も相当の使い手のご様子。
 謎の女性を含めて、エル君たちは空を飛ぶ敵の前に対処を考える必要があるようです。
 
【考察等】
 冒頭からの宣戦布告に、お話はますますの急展開を迎えました。
 謎の女性による「新型機強奪」のお話(5話)はこの戦いの予兆に過ぎなかったようです。
 そんな状況をも楽しむエル君はやっぱり大物だと思います。

 強大な力を持つ敵を前に、エル君たちはどのように戦うのでしょうか。
 今回チラッと出てきた新型が空を飛んであっさりと勝負をつけるのかもしれませんが。
 お姫様の行方を含めて、今後の展開がますます気になります。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム