【感想】坂本ですが?(12話:最終回)「さよなら坂本君」

 時間が空いたので、坂本ですがの最終回を見ます。
 最後まで先が読めないお話でした。

【内容】
 「自分を見失っているように見えるよ」とあっちゃんに語りかける深瀬さんは、坂本君という月を消す方法を教えようかとあっちゃんに言い寄り、あっちゃんは闇堕ちしてしまいます。

 卒業式で一年生ながら在校生の代表を務める坂本君は、バレーボールを天井高く上げ、3年生が1年生のときに取れなかったバレーボールを「記念品」として贈呈して掴みは完璧です。
 しかし、あっちゃんが金属バットを持って乱入して辺りは騒然となります。

 「消えてくれ」とすごむあっちゃんをスルーして送辞を続ける坂本君は、彼の攻撃をことごとくかわし(さらに国旗で闘牛のまねをして)乱入を卒業式の演出としてしまいます。
 坂本君はピアノをひいた後、二階部分にのぼり、あっちゃんもそれを追いかけてきます。
 あっちゃんはなおも坂本君に攻撃を加えますが、ことごとくかわされ、足を踏み外して落ちそうになりますが、坂本君がその手を掴みます。
 今までの心情を暴露して泣きながら「放せ」というあっちゃんに「すべてをさらけ出すのも魅力的だと」坂本君。
 坂本君は 「友達を信じてほしい」と自分のズボンをずらしてまであっちゃんを救います。

 坂本君の、あっちゃんに殴られた手の甲について、8823先輩が応急処置します。
 そのまま保健室に入ると、ベッドでは深瀬さんがいました。
 卒業後の人生を希望のない「夜の海」だと例える深瀬さんに、「僕なら新大陸を目指しますがね」と坂本君。
 深瀬さんと刺し違えようとする8823先輩を止めた坂本君は、「僕にいい考えがあります」と一言。 

 卒業式の終盤、8823先輩たちが深瀬さんの前に立ち「卒業おめでとうございます」と述べます。
 坂本君のひざかっくんで体制を崩され、不良たちの背中の上を揺らされるかっこ悪い姿をさらされた深瀬さんは、その後学校に来なくなってしまったそうです。

 終業式の日、坂本君はNASAに誘われて渡米するため転校することになりました。
 クラスメイトは坂本君にパイをぶつけようとしますが、それは涙を見せないための演技でした。
 パイまみれで坂本君を見送るクラスメイトを見て、坂本君もパイで涙を隠して下校します。

 校門の前で待っている生活指導の先生に「お前誰や?」と聞かれた坂本君は、「坂本ですが?」とタイトルを回収し、全12話のお話は終了します。

【感想】
 初めから最後まで、全く先が読めない展開で面白かったです。
 ラスボスだと思っていた深瀬さんも、暴力を用いず、あっさりとやっつけてしまいました。

 最後のパイ投げのところ、涙を見せないための演技だということでちょっと感動しました。
 坂本君も、クラスメイトとの別れがつらかったのかもしれません。
 「一生忘れない」と言ってのける久保田君は、どう見てもヒロインにしか見えません。

 始めは声優さんが豪華というイメージしかなかったこのお話ですが、1話を見てからその不思議な世界観のとりこになりました。
 そういう意味では、おそ松さんとも通じるところがあるのかもしれません。
 どちらも、2期があればと期待するところも共通です。

 先が読めなくて楽しい作品で、不思議と元気をもらえる、そんなお話でした。
 関係者の皆さんには、どれだけお礼を言っても言い足りないと思います。
 どうもありがとうございました。

【感想】坂本ですが?(11話)「ぬくもりはいらない /1-2メモリーズ」

 アスタリスク終了、少年メイドは11話まで見ていたので、坂本ですがを見ます。
 あっちゃんの闇堕ちが怖いです。

1 「ぬくもりはいらない」
 数年ぶりに街に雪が降りました。
 雪が始めてだという坂本君に、道産子のあっちゃんが雪の遊び方についてレクチャーをしますが、人型をレオナルド・ダ・ヴィンチの人体図(これを見るとどうしてもプリパラのあじみ先生を思い出します)にされたり、「少々バランスが悪いですね」と9頭身の雪だるまをつくったりと、やすやすと超えられてしまいます。

 坂本君と対等になれなくて悩むあっちゃんの前に深瀬さんが現れ「タイマンするしかないね」と煽ってきます。
 あっちゃんは坂本君と雪合戦の勝負をすることにしますが、ガドリング砲ばりの連続攻撃にたじろいでしまい、長期戦でおなかも冷えてきます。
 何かをつめた坂本君の雪球が溶けるのを見たあっちゃんは、爆弾かなにかだと思って、焦って特攻しますが返り討ちにされてしまいましたが、倒れたあっちゃんのおなかにはカイロが当てられていました。
 実はおなかが冷えた彼のための、坂本君の心配りだったのです。

 「おすそ分けさせていただきました」との坂本君の親切ですが、それがかえってあっちゃんを傷つけてしまいます。
 そんな彼の前に、再び深瀬さんが現れ「坂本君がいないほうがいいのでは」とささやきます。

2 「1-2メモリーズ」
 もうすぐ1年が経過したことで、委員長の撮影した写真でクラスの皆さんが盛り上がっています。
 写真には坂本君が傘を整理して生け傘にしたり、マラソン大会の折り返しに華麗なターンを決めたりとやりたい放題です。
 人々の注目を集める坂本君の存在に、あっちゃんは苦しみ、不良たちの集会にも参加しなくなりました。

 一方、8823先輩たち不良の皆さんの中では、深瀬さんの話題が持ち出されます。
 どうやら今年も出席日数が足りなくて卒業しないという彼は、一説にはIQ180の神童と呼ばれたほどの人とのこと。
 8823先輩は「一つでもぶれない何かを持っていないと、深瀬さんにつけこまれる」と舎弟たちに注意を促します。

 クラスでは海水浴の写真で盛り上がっていました。
 久保田君が海女さんにしか見えない写真が面白いです。
 坂本君は海にもぐっていて彼の写真はないということでしたが、実は遠近法で他の人の写真に移っていたもようです。
 女子達は坂本君の写真を焼き増ししてほしいと列をなします。

 坂本君と並ぶことが出来なくて悩むあっちゃんの前に、深瀬さんがまた登場します。
 タバコを差しだす深瀬さんは「坂本君は月で、クラスの皆はそれに群がる夜光虫」とたとえます。
 そして、その月を消す方法をこっそりと彼に伝授します。

3 感想
 いつもながらの坂本君の技能はすごいですが、しつこく登場する深瀬さんと、あっちゃんの闇が想像以上に深いことが気になります。
 深瀬さんに操られて、あっちゃんが坂本君に何をするのか、私、(次回がとても)気になります!

【感想】坂本ですが?(10話)「魔王/足りないもの」

 お昼の時間に「坂本ですが」を見ました。
 大学生さんの正式な名前について聞き取れなかったので、中の人ネタでランサー(Fate)と書いてます。
 まさか音楽の授業以外でシューベルトさんの「魔王」を聞くとは思いませんでした。

1 「魔王」
 ランサー(仮)たち2人のイケメン大学生が「合コンの人が足りなくなった」と、(人口密度を測定している)坂本君に声をかけます。
 彼らの「社会勉強」との口車に乗り坂本君は人生初の合コンへと向かいます。

 一人だけ学ランの坂本君は、スロープ(坂)ブック(本)だと自己紹介します。
 女性達は「(坂本君は)ないわ」とした上でイケメンさんに語りかけます。
 ランサー(仮)はレストランのオーナー、もう一人は歯科医コースと自分の将来について語りだします。
 しかし、坂本君は「NASAですかね」と、人類の移住先を求めるというはるか先を見つめていました。

 坂本君に女性陣の心を奪われつつあることを察したランサー(仮)は「ゲームをしよう」と提案します。
 カバのおもちゃの歯を抜いていき、負けたら(かまれたら)自分がSかMかを白状しようというものです。
 坂本君がおもちゃにかまれますが、優しくおもちゃをなだめる姿に人形だけでなく、女性陣も「マリアのMなのね!」と心を開いてゆきます。

 ランサー(仮)はカラオケで得意の歌を披露しますが、先走るなということなのか相方に邪魔をされます。
 坂本君は腕サックスで「終わらせませんよ」と一言。
 その瞬間、大学生にとって強敵が坂本君であると認識します。

 大学生はお酒を注文し、坂本君には「ノンアルコールカクテル」と称して強いコーラを一気飲みさせ、げっぷをさせようとたくらみます。
 そんなことを知らないで坂本君は、音楽の授業でおなじみのシューベルト「魔王」を歌い始めます。
 見事なオペラに合コン相手の3人だけでなく、他の部屋の女性達も引きつけられてゆきます。
 そしてげっぷすらネイティブ発音に利用し、「人口密度がオーバーしました」と坂本君は女性陣を根こそぎ奪って去ってゆきます。
 取り残された大学生2人は、坂本君を、合コンの「魔王」だと言い残します。

2 「足りないもの」
 お父さんと家事を手伝っている8823先輩、実はお母さんがいないようです。
 そんな中お父さんがお母さんになるかもしれない女性(再婚相手)とフランス料理を食事に行こうと言い出しますが、先輩にはフランス料理のマナーなどはわかりません。
 先輩は坂本君に土下座してブルジョアの作法を学ぼうとしますが、坂本君は「品格は一日で身につくものではありません」とした上で、「僕にいい考えがあります」と一言。
 それは、8823先輩の後ろに坂本君が二人羽織をするというものでした。

 テーブルマナーを難なくこなす先輩(の後ろの坂本君)ですが、再婚相手とおぼしき女性は「たくましい方なのね」と一言。
 お父さんが「しょっちゅうケンカを……」などと地雷を踏んでしまいますが、坂本君はナプキンで花を作り「献花」だとごまかすことに成功します。
 しかし、次の強敵・エスカルゴが先輩を襲います。
 「カタツムリなど食えるか!」と心の中で叫ぶ先輩に、坂本君はカタツムリの位置を動かしてけんか腰に見せて、先輩の闘争心をあおって食べさせることに成功します。

 料理を作ったシェフがやってきて、料理の感想を求めてきました。
 お父さんはフランス語が出来ません。
 8823先輩は「ボンジュール(こんにちは)」「ボジョレヌーボー」などと言ってしまいます。
 そんな2人を坂本君は、チョコレートの文字でExcellent(優秀な、優れたの意)とかいてシェフを喜ばせます。
 もちろん筆記体です。

 お父さんと女性を残して帰路につく先輩と坂本くんです。
 先輩は女性をいい人だとみなした上で、足りないものは足りないままでいいのではないかと言います。
 そんな中お父さんが男たちにからまれているのを発見します。

 先輩がそのまま出て行くと不良だとわかってしまうので、坂本君の後ろに先輩が入る(ポジションチェンジ)ことで、心置きなく悪者達をやっつけてしまいます。
 しかし、お父さんによると女性は実は美人局(つつもたせ:男たちと共謀した恐喝)だということが判明します。
 坂本君は、8823先輩の苦悩を語りつつ、「突然変異」だと先輩は後ろから腕を伸ばします。

 足りないものは互いに補ってゆけばいい。
 そう心に誓って、先輩はお父さんをおぶさって家へ戻ってゆきます。

3 感想
 前半について、Fate/ZEROを見ている関係で(ランサーさんの声優さんが緑川さんなので)、ランサー対決の言葉が頭をよぎります。
 そういえば、Fateの格闘ゲーム(正確にはFate/unlimited codes)があるらしく、そこにはゼロランサーさんも参戦しているとのこと。
 ゲーム中からランサーさんとゼロランサーさんが戦っている画像をはれたら面白かったかもしれません。

 シューベルトさん作曲の「魔王」、中学のときの音楽で出てきました。
 まさかのクラシックに驚きを隠せません。
 父親の元から子どもを(死の世界へと)さらってゆく本来の「魔王」ですが、根こそぎ女性を奪い去ってしまうとは坂本君は、本家「魔王」以上かもしれません。
 
 後半について、お父さん思いの8823先輩が素敵で普通にいいお話だと思います。
 坂本君の二人羽織についても面白かったです。
 どうしてばれないのか突っ込むのは無粋なのでやめておきましょう。
 この親子が幸せになれることを願ってやみません。

【感想】坂本ですが?(9話)「坂本君と私の出会い/一番近くて遠い人」

 早く戻れたので坂本ですが(9話)を見ました。
 公開開始から1日程度でもう10万近く再生とは、さすがは坂本君です。

1 「坂本君と私の出会い」
 女子3人(以下:委員長、めがね、お下げ)が三者三葉のように仲良くお弁当を食べていると、坂本君がお手玉のように肉まんを覚ましているところを見つけ、それで各自の坂本君との出会いを思い出します。

 委員長と坂本君の出会いは、入学試験の日でした。
 寒さでかじかんで消しゴムを落とした委員長に対して、それを拾った坂本君は、摩擦で消しゴムを暖めてくれ、そのおかげで委員長は試験に通ったそうです。

 めがねの子は、入学式の日を思い出します。
 ひどい嵐で傘が吹き飛んでいく中で、坂本君は逆さになったかさで雨水をためてソムリエをしていました。
 おかげで雨が好きになったとのことです。

 お下げの子が思い出すのは入学式前日のことでした。
 教科書を受け取りに行った彼女ですが、手提げ鞄を忘れてきたことから素手で教科書を運びます。
 途中で転んでしまうのですが、坂本君が(教科書を)お姫様抱っこしていたのです。

 3人はそれぞれ自分との出会いが一番ロマンチックだったと考えていました。
 しかし、久保田君と坂本君の出会いについて聞こえてしまいます。
 その内容は、久保田君の薬指にそっと、坂本君がいぼを隠すためのサポータをはめたというものでした。
 一番ロマンチックな出会いは、彼だったもようです。

2 「一番近くて遠い人」
 坂本君の授業風景を見つめている久保田君の様子がなんだかおかしいです。
 実は、その正体は久保田君のお母さんでした。
 学校の先生から、坂本君のおかげで子どもの成績がよくなったことを知り、息子が熱を出したことを幸いに、学ランを着て学校にやってきたのです。
 でも、友達の一線を越えないようにとは考えているようです。

 調理実習で本職のお母さんらしくみそ汁を作る久保田君(のお母さん)。
 坂本君が味見をして、その小皿を渡されますが、友達としての一線を越えないようにとためらっているうちに、女子たちが間接キスを巡って争い(コメントでは「聖杯戦争」と書かれていました)を繰り広げます。

 久保田君(のお母さん)は、体育の着替えでは、坂本君の体を見たいと思いながらもトイレに移動して着替えます。
 ランニングでは坂本君のダーウィン走りに必死についていき、「せめてそばにいさせて!」と見苦しい姿を見せますが、転んでしまいます。
 手をさしのべる坂本君に対して、久保田君(のお母さん)はそれを拒否して去ってゆきます。

 教室に戻ってきた久保田君(のお母さん)は、坂本君のまなざしが自分ではなく、息子を見ていることに気づきます。
 そこに不良たちが「おっぱいさわらせろ!」とやってきて、坂本君に本当の姿を見せられるのならいいかと諦めを示します。
 しかし、坂本君はカーテンを結んで、巨大なおっぱいを作り出し、男子は大喜びします。
 その光景を見て、久保田君(のお母さん)は、自分が母親であることを思い出しました。

 恋する女から一人の母親に戻った久保田君(のお母さん)は、「僕(つまり久保田君)と仲良くしてあげてほしい」と言い残して去り、坂本君は「もちろんです」と答えます。
 戻ったお母さんは、久保田君におじやを作って、その回復を祈願するのでした。

3 感想
 前半は相変わらず想像の斜め上を行く面白さでしたが、後半がいつもとは一味違うお話でした。
 序盤はお母さんの坂本君への執念が怖かったですが、それでも一線を越えないようにしていたお母さんはある種冷静だったようにも見えますし、最後に自分がお母さんだと思い出した辺りは普通に感動しました。
 声優さんが豪華な上、時々感動をさせるお話を挟んでくるとは、かつてのおそ松さんを思い出してしまいます。

 次回予告の声では、FATEのランサーさんの声が聞こえてきます。
 FATE/ZEROのランサーの声優さんは坂本君こと緑川さんでした。
 ダブルランサーと聖杯戦争の行方が、私、気になります!

【感想】坂本ですが?(8話)「文化祭はグルーミー」

 昨日見られなかった坂本ですがを見ます。
 三者三葉、ハンドレッドに続いて文化祭のお話です。
 時期的には大体秋ごろ、もう少し後のイベントだと思いますが。

【内容】
 坂本君の通う学校で文化祭が近づき、8823先輩もわたがしの屋台を出店しようと張り切っています。
 不良3人が坂本君を呼びたいというのであっさり了承する先輩も、坂本君が気になっているようです。
 そんなところに、3年生の深瀬さんが「坂本って誰?」と8823先輩の頭を押さえつけます。

 坂本君のクラスでは「未知との遭遇」というテーマでバルーンアートの展示を行うことになりました。
 ほとんどの生徒にやる気がありませんでしたが、坂本君がカーテンでシルエットを作ることで風船がイエティに見えるようになりました。
 さらにクラスの天井には、浮かび上がって風船でミステリーサークルが出来上がっています。
 委員長の作ったUFOも、坂本君にかかれば本物そっくりです。

 「スットコドッコイ」と言われてのけ者にされた男子2名(以下スットコ)に、深瀬さんが「キミ達は悪くないよ」とささやきます。
 深瀬さんにそそのかされた彼らの手によってクラスの展示はぼろぼろにされてしまいます。 

 次の日、展示がぼろぼろになったのを見てクラスの皆さんは意気消沈します。
 そこに風船を買ってやってきたスットコさんは、みんなで作業しようぜと言い出してクラスの中に入っていきます。

 一方、坂本君は深瀬さんによって懸賞金1万円の指名手配をかけられ、学校中から追われる身となってしまいます。
 演劇の木にまぎれる坂本君ですが、深瀬さんに見抜かれてしまいます。
 大ピンチの中、8823先輩達が坂本君を助けに入ります。

 8823先輩は坂本君に、深瀬さんについて話します。
 ダブっている(留年している)とか、30代半ばだとか言われている深瀬さんは、時々学校にやってきては人の心につけこんで人を学校から消し去ってしまうゲームをしているとのことです。

 教室に戻った坂本君は、みんなが展示を作り直している場に立ち会います。
 しかし、多くのクラスメイトが自分を疑っているのを感じた坂本君は一旦クラスを立ち去ります。

 ドア越しにやって来た女子生徒は、「私が風船を割りました」と自白します。
 しかし、展示物は出来ていなかったと本来知らないはずの情報をしゃべってしまったスットコは墓穴を掘ってしまいます。
 なお、女子生徒の正体は、ヘリウムガスを吸って声を変えた坂本君でした。

 追い詰められたスットコは風船のイエティを人質に取ります。
 対する坂本君はバルーンアートで光線銃を作り「人質を解放しなさい」と要求します。
 そして、銃を撃ったかのように風船が次々と割れていきます。
 (久保田君の手鏡が太陽に反射して割れているのが真相です)

 展示物を割られたことに怒るスットコさん。
 のけ者にされたのが悔しかったと自白します。
 そんな彼の涙を信じると坂本君は言ってくれました。

 残りの風船をアドバルーン代わりにして宣伝をしつつ、8823先輩のわたがしを使ってイエティに扮する坂本君。
 おかげで文化祭も無事成功したもようです。

【感想】
 坂本君、いつもながら先が読めない作品ですごいと思います。
 8823先輩をも超える強敵の深瀬さんも、彼を追い出すことが出来なかった模様です。

 彼の行動はみんな面白いですが、特にヘリウムガスで声を変えて、女性の声にしてしまうところが面白かったです。
 彼の行動自体が「未知との遭遇」であると思わずにはいられません。

 次回は、久保田君のお母さんが再登場するようです。
 ある意味、深瀬さんよりも怖いと思うのは私だけでしょうか。 
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
リンク
検索フォーム