【アニメ感想】縁結びの妖狐ちゃん 第8話「虚空の涙」

 縁結びの妖狐ちゃんの8話を見て感想を書きます。
 急展開と登場人物のキャラの濃さは相変わらずです。
 フウキさんのテンションの高さが素敵すぎます。

【内容】
 クモ女のセイトウさんは怪しい男の術により人間の足を与えられます。
 男によると彼女の恋人を探すには塗山一族の「転生の書」が必要とのこと。

 「転生の書」を求めて図書館にやってきたゲッショウとスース。
 図書館のお姉さんはあっさりと転生の書を見つけ出しますが、セイトウにいきなり襲われます。
 血を流して図書館を崩壊させるセイトウに巻き込まれてゲッショウは倒されてしまったようです。
 
 スースの姉であるヤヤが現われあっさりと妖怪たちを倒してしまいます。
 根に持つタイプのお姉さんはスースには「転生の書」はふさわしくないと取り上げようとします。
 立派な妖狐になるためにと反論するスースですが、ヤヤは現世では彼女は才能はないとのこと。

 瓦礫の中から復活したゲッショウは妖怪たちを圧倒します。
 暴走する息子を助けに来たのは「金がない」と豪語する父親でした。
 ヤヤはゲッショウの目を見て「泣きなさい」と迫り、妖怪にたまねぎを持ってこさせます。

 突然現われたフウキはどうやらセイトウの恋人のようです。
 彼は宝物を使って妖怪を呼び出して勝負に出ますがあっさりと凍らされてしまいます。
 セイトウはフウキをかばいますが、彼は妖怪が嫌いだとそれを拒否します。

 当時の記憶の無いフウキに前世を思い出させるには「転生の書」が必要と勝負に出るセイトウさん。
 ペロペロキャンディで父親を買収したゲッショウはたまねぎを食べてその涙で攻撃を仕掛けます。
 涙の刃は「転生の書」を真っ二つにし、現われた男は一体何者なのでしょうか。

【考察等】
 どうやらクモの人の恋人を探すのが今回のお話の肝になりそうです。
 そして、その恋人はライバル的キャラのフウキさんだったようです。
 彼が妖怪を拒絶するのは一体どんな理由からなのでしょうか。

 フウキさんが重要キャラとして浮かび上がる一方で、涙を武器にするゲッショウさんは一体何があったのでしょうか。
 相変わらずペロペロキャンディに執念を燃やすのは父親も同じようですが。
 スースさんの前世といい、フウキさんといい、謎の多い中、お話はどのような結末をたどるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】縁結びの妖狐ちゃん 第7話「転生の書」

 縁結びの妖狐ちゃんの7話を見て感想を書きます。
 前回でお話が一段落しましたが、相変わらず主人公の性格が読めません。
 タイトルにある「転生の書」とはいったい何なのでしょうか。

【内容】
 「大失敗だ」といつになくシリアスなゲッショウは、スースとの結婚を考えつつ草を食べていました。
 金がない彼は親友に見放されますが、ウンヒの付き人の女性から食べ物を貰いました。
 報酬は塗山家に没収され、さらにはお見合い相手がおばあさんと聞いて愕然とします。

 塗山家に怒りをあらわにするゲッショウはスースに刃を向けますが、キャンディを出されて態度を一変させます。
 そのままスースを伴って塗山家に殴り込みをかけようとするゲッショウさん。
 途中で肉まんを食べに寄ると、賞金に目がくらんだ父親に捉えられてしまいます。

 懸賞が取り消されたことで追い返されそうなお父さんはフルネームでフウキを呼びつけます。
 彼を怒らせて1000円を奪い取ったお父さんに続き、ゲッショウも同じくフルネームを叫んでお金を得ます。
 しかし、一気同盟は今後ゲッショウの人生には干渉しないとのこと。

 放棄されたスースはロロに伴われていずこかへと向かいます。
 クモ女は妖怪たちに「転生の書」を探させているようですが……

 自由の身になったゲッショウは学校にやってきますが、転校早々に内職をして先生に怒られます。
 現れた妖怪に内職を台無しにされたゲッショウは妖怪に鉄拳制裁を加えます。
 その後、やってきたスースに転生フュメンの証である「転生の書」を探してほしいと言われ、キャンディ50本を要求します。

 突然現れたクモ女は「転生の書」を求めて攻撃を仕掛けてきます。
 対するゲッショウは「オレに小銭を分けてくれ!」とギャラリーにお金を要求します。

 あっさりとクモ女を退けたゲッショウですが、税金等を差し引かれた報酬はたったの50円でした。
 命からがら逃げてきたクモ女に謎の男が声をかけます。
 一方、ヤヤとの言い争いで言及のあった2人の正体とはいったい何なのでしょうか。

【考察等】
 前回でタイトルにある縁結びが成功し、今回から新しいお話なのでしょうか。
 相変わらずお金大好きな主人公の性格が中々読み切ることができません。
 自分の欲望に忠実な彼が今後どのような経緯でストーリーに絡んでいくのかが気になります。

 一気同盟があっさりと彼を解放したと思えば、今度は妖怪と戦うことになってしまいました。
 タイトルにある「転生の書」、そしてそれを渡したロロさんの思惑、そして2人の正体と気になることがやたらと多いです。
 残り6話前後で少しずつ謎が明らかになるのでしょうか。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】縁結びの妖狐ちゃん 第6話「誤解の真実」

 縁結びの妖狐ちゃんの6話を見て感想を書きます。
 今回でウンヒさんとセツヨウさんのお話は一段落したようです。
 一方で主人公のキャラクターは相変わらずのようです。

【内容】
 ゲッショウとスースは触手に捉えられていました。
 キャンディー一年分という報酬でスースを助けると、突然頭にキスをするゲッショウさん。
 どうやら舌で呪文を書いているようですが、振り回されて壁に体をぶつけてしまいます。

 呪文によって炎を発するゲッショウですが、血がついたことで威力が増したとのこと。
 脱出したゲッショウとスースですが、スースの方は異変が起こってしまいます。
 思わせぶりなことを言うスースですが、あっさりと元に戻ってしまいました。

 ビルから落下するセツヨウは、前世のことを思い返していました。
 単身で蛇女と対峙した彼女は、冠玉によって妖怪を封じようとしますが失敗してしまいます。
 そして、現世でも前世でも彼女を救う為に飛び込んだのはウンヒその人でした。

 ウンヒの「浮気」は蛇女のせいだったとのこと。
 全てを思い出したウンヒはすさまじい妖気を発し、砂があたり一面に降り注ぎます。
 ウンヒはセツヨウを伴って埋もれた砂から脱出します。

 夫婦喧嘩を始めるセツヨウに対して土下座をするウンヒさん。
 宝玉は一つとなり、めでたく2人の縁結びは完了した模様です。
 触手の妖怪はあっさりとゲッショウによって退けられます。

 100度目の求婚の真実が語られます。
 ウンヒ本人は蛇女に足止めされる一方、すっかり女性と遊び倒した父親はそのまま酔っ払ってしまい、セツヨウはその光景を見てしまったのでした。
 そんなことをつゆ知らず永遠の愛を誓い、満面の笑みを浮かべるセツヨウなのでした。

【考察等】
 6話までかかったものの、縁結びが成功したようで何よりです。
 気弱なウンヒさんでしたが、セツヨウさんへの思いは本物であり、今回の活躍もかっこよかったです。
 一方で、誤解の原因を作ったお父さんには開いた口がふさがりませんが。

 ウンヒさんとセツヨウさんのお話が一段落し、次回からは新しいお話が始まるのでしょうか。
 一方で、前半のところで謎の変化を見せたスースさんのことが気にかかりますが。
 放置されたフウキさんの逆襲ともども、しっかりと見届けていけたらいいなと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】縁結びの妖狐ちゃん 第5話「傷ついた心」

 縁結びの5話を見て感想を書きます。
 セツヨウさんの純粋さとある種のまっすぐさに対して、ウンヒさんが弁解しても説得力が感じられません。
 登場人物の思惑や行動がが交錯してまったく先が読めません。

【内容】
 ウンヒからの連日のプロポーズを受けてまんざらでもないセツヨウさん。
 100回目のプロポーズに来なかったばかりか、ひどい裏切りを見てしまい愕然とします。
 誤解だと信じようとするセツヨウですが「王位のためでなければ求婚しない」と言い出す彼の姿に涙を流さずにはいられません。

 「裏切り」に対するセツヨウの怒りが周囲に激しいゆれを巻き起こします。
 異変を察知しても「ビルはいくらでも買える」と見当はずれなフウキさん。
 ウンヒに殴りかかるセツヨウと秘書との戦いに一同は目が離せません。

 強盗の首領はセツヨウが生前持っていた槍を取り出します。
 槍を手に入れたセツヨウはあっさりと秘書を一閃してしまいます。
 これ以上の暴走を止めようとするウンヒに対して、セツヨウは「傷ついた心」から更なる暴走を続けます。

 フウキたちが脱出した一方、ゲッショウたちはまだビルに取り残されていました。
 秘書を捨て身で守るウンヒに、セツヨウは更なる一撃を与えます。
 なお、ゲッショウによるとセツヨウはウンヒにまだ未練があるとのこと。

 氷に封じられたゲッショウを前に怒りの石を投げるスースさん。
 一方、度重なる攻撃を受けたウンヒは昔を思い出します。
 心理的ショックを受けたセツヨウは単身で敵に向かい、命を落としてしまったようです。

 セツヨウの悲しみを前に、自分のことは許せないとウンヒさん。
 自分を殺せと言いだす彼に、セツヨウは容赦なく攻撃を仕掛けようとします。
 そんな中、報酬のお菓子を求めてようやく本気になったゲッショウは戦闘を開始します。

 触手を切り裂こうとするゲッショウですが、どうやら敵の能力は彼よりも上のようです。
 とりあえずキャンディ一本で残された子ども達(や強盗)を脱出させますが、自分自身は捕らえられてしまいます。
 そして、ウンヒはセツヨウには別の妖気を感じるとのこと。
 絶体絶命のピンチに、キャンディ1年分を要求するゲッショウさんはスースの額にキスをします。

【考察等】
 当初は3話くらいで和解すると思っていた私ですが、そんなことはありませんでした。
 ウンヒさんが女性と一緒にいただけ出なくて、思わず爆弾発言をしてしまったのは弁解の余地はありません。
 セツヨウさんが怒るのも無理はないと思います。

 リアルのみならずアニメの世界でも、つくづく人間関係というのは難しいなと思います。
 主人公のゲッショウさんもようやく本気を出したかと思いきや、金銭(キャンディ)を要求するのはある意味彼らしいです。
 次回こそはウンヒさんとセツヨウさんのお話は終わるのでしょうか?


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】縁結びの妖狐ちゃん 第4話「それぞれの思い」

 縁結びの妖狐ちゃんの4話を見て感想を書きます。
 まったく先が読めない展開に妙な中毒性を感じます。
 オープニングを見ているとこのうえ色々と新キャラが登場する予感がしますが……

【内容】
 水晶の力で人間に戻ったウンヒを伴い、セツヨウの元へと向かうゲッショウたち。
 どうやら水晶が近づくごとに一同はトラブルに見舞われる模様です。
 一方で巨大な妖怪を前にしたヤヤ、ロロは一体何を思うのでしょうか。

 ひかれそうになったトラックからは色々な生き物が登場します。
 スースがねこに好かれるように、周囲は脱走した動物に悩まされます。
 足にお札を貼って出発しようとしますが、逆に重たくなってしまいます。

 フウキはセツヨウにお菓子の家を準備します。
 しかしとつぜんわいてきた子供はお菓子の家を食べてしまいます。
 セツヨウが幼稚園の先生と察知したフウキは子供好きを装って告白します。

 突然病院を襲撃する銀行強盗のおばさまたち。
 ゲッショウたちはフウキと対面し、バトルすることになりました。
 一年分の油で1体の式神を退けますが、お金持ちのフウキはまだまだ手札を残していたようです。

 追い込まれるゲッショウを放棄してウンヒはセツヨウと対面します。
 セツヨウは「好きな人がいる」とフウキを指名しますが、彼は彼女そっちのけでゲッショウとの絡みを楽しんでいました。
 フウキの好意が全て一気同盟のためと聞いたセツヨウは激怒します。

 セツヨウを利用したフウキに憤るウンヒは戦闘を開始します。
 砂を封じる瓶を持っていたお金持ちのフウキに対して、血の涙を流して攻撃を仕掛けようとします。
 そんな彼の想いとはうらはらに憤るのはセツヨウの方でした。

 何度も求婚していたフウキに周囲もすっかりその気になってしまい、顔を真っ赤にするセツヨウさん。
 100回目の求婚を今か今かと待ち続けますが、彼は来ることはありませんでした。
 ウンヒを心配してやってきたセツヨウは、彼が女の子を囲っていたのを見てしまったのでした。

【考察等】
 4話で決着かと思っていた私ですがそんなことは有りませんでした。
 相変わらずお金に汚いゲッショウさんとお金持ちのフウキさんはなんだかんだいっていいコンビかもしれません。
 前回までの犬の姿が嘘のようなウンヒさんの一途なところもかっこいいなと思います。

 ウンヒさんの想いに対して憤りを見せるセツヨウさん。
 100回目の求婚に来なかったばかりか女の子を囲っていた彼には一体どんな理由があるのでしょうか。
 次回以降の展開が、わたし、気になります!


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ
ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム