【アニメ感想】細谷さんと種田さんの一日も早い復帰を願いつつ「ストライク・ザ・ブラッドⅡ」を見ました!

 先月末にテレビシリーズ全24話を見て、今月初めにOVA2話を見ました。
 今回はさらに続きの「ストライク・ザ・ブラッドⅡ」の全8話を見て感想を書きます。

 OVA版はお姫様のラフォリアさんの出番が多かったです。
 それに対して2期は(彼女が出ない代わりに)他のメンバー、特に浅葱さんの活躍が多くなったような気がします。
 それに、妹の凪沙さんについてもこれまで以上に色々と触れられているような気がします。

 主人公が高校生で学園ものの体裁をとっているのですが、2期を通してみた感じでは、少し補習があったり那月さんが先生という設定が少しでてくるくらいで、普通に授業を受けたりするような「学園もの」のウエイトはあまり大きくないような気がします。
 逆に残ったのはバトル要素であり、ラブコメの部分であり、これらがストブラの真骨頂なのかもしれません。

 戦闘シーンもさるものながら、古城さんと雪菜さんのいちゃいちゃとジェラシーぶりが見ていてほほえましいです。
 あと、新キャラの霧葉さんが個人的にお気に入りだったりします。

 あまり細かい内容を書いていけば思い切りネタバレになるので、一度全体についてまとめた後、完走した感想を書きたいと思います。

続きを読む

【アニメ感想】ストライク・ザ・ブラッド「ヴァルキュリアの王国篇」

 先日、ストライク・ザ・ブラッド(以下ストブラ)のテレビシリーズ24話を拝見しました。
 今回は、その続編にあたるOVA版を見たので感想を書きます。

 ラフォリアさんの積極的なところが見ていておもしろいです。
 また、2話だけのお話で普通にキャラクターをほとんど出しているところはよかったです。
 さすがに未来から来た娘さんは出しようがなかったですが。

1 「ヴァルキュリアの王国篇 前篇」
 調印式が近いからとラフォリアが島にやって来たことを知った古城さん。
 突然「助けてください」とやって来たラフォリアに困惑しますが、彼女を追いかけてきたバイキング姿の男は彼女の父親である国王でした。
 父親の前で古城に「初めてを捧げた」と言い出すラフォリアさんが素敵すぎます。

 結婚を迫る父親に対して、古城と結婚すると主張するラフォリアさん。
 王妃(ラフォリアの母)にパーティーに招待された古城と雪菜はパーティーに参加することとなりました。
 厳重な警備はテロ対策の一環である一方、会場には浅葱やアスタルテ、凪沙、紗矢華の姿もありました。

 古城の女性関係を知った王様が斧を振りかざしたその時、会場には見知らぬ魔物が乱入します。
 古城は仲間と共にメイドの姿をした女性(トリーネ)を助けますが、彼女に舐められたことで違和感を感じます。
 彼の活躍を見た王妃は、古城に娘と結婚してアルディギアに来るようにと提案するのでした。

 浅葱たち女性陣と風呂に入ると言い出す古城さん。
 「色魔」と言われてすんなりと引き下がる彼ですが、ちょうど居合わせた紗矢華の困惑を招きます。
 ラフォリアが「既成事実」を作ろうとしていると察知した紗矢華につられる形で、雪菜は古城を「監視」すべく部屋に入ります。

 雪菜を押し倒す古城は、殺されるならお前がいいと一言。
 行為に及ぼうとしたその時、雪菜が第二婦人ならばとラフォリアがやってきます。
 その時、古城がラフォリアを気絶させ、トリーネと共に行方をくらませてしまうのでした。
 
2 「ヴァルキュリアの王国篇 後篇」
 古城とともに、ラフォリア、雪菜が行方をくらませて騒然とする一同。
 犯人と思しき相手は政治犯の釈放を要求するものの、国王は毅然とした態度を示します。
 犯人であるトリーネは古城を操り、足にマニキュアを塗らせるようなきわどい行動を取ります。

 戦王領域とアルディギアとの休戦協定の調印が行われようとしていました。
 トリーネは古城を操って船を乗っ取り、アルデアル公(ヴァトラー)を抹殺すると宣言します。
 ラフォリアは「アルデアル公をぶっ殺したい」とその戦争の危機に同調し、船を起動させることとなりました。

 王妃は夏音を身代わりに交渉の場へと現れます。
 ロボットで交渉の場を破壊しようとするテロ側に対して、紗矢華やアスタルテが立ちはだかりますがらちがあきません。
 一方、エクステに爆薬を仕込んでいたラフォリアと雪菜は脱走を図りますが、トリーネと古城が立ちはだかります。

 ミサイルが発射されたものの、浅葱の活躍により上空で自爆してしまいます。
 トリーネは古城を操って式典をだめにしようとしますが、古城は汗だくの雪菜の匂いで正気を取り戻します。
 「ここから先は、俺の喧嘩だ!」
 「いいえ、私達の喧嘩です!」 
 雪菜の血を吸った古城は例の決め台詞とともにロボットを粉砕し、雪菜は那月に槍を届けてもらいトリーネを打ち破ります。
 
 式典は無事守られ、ラフォリアは両親と共に帰国します。
 トリーネに操られていたことは覚えていないのかと問う雪菜さん。
 いつもどおりの夫婦漫才で締めくくる古城と雪菜なのでした。

3 考察など
 短いお話ながらもしっかりまとまっていてよかったです。
 また、キャラクターもほぼ総出演というところもファンにはうれしいところです。
 テレビシリーズを全部見てきた甲斐があったとちょっとうれしくなります。

 妙に結婚に積極的なラフォリアさんも印象深いところ。
 しかし、それを上回ったのはバイキングにしか見えないお父さんでした。
 第一印象は、お姫様をねらった敵だと本気で思ってしまいました。

 ファミレスで食事するところはなかなかフレンドリーな王様でした。
 はじめはラフォリアさんがお父さんの強引な結婚に反対していて、そのために古城さんと結婚すると言い出しているのかと思っていましたが、そんなことはありませんでした。
 なお、ここで登場した王妃様はラフォリアさんに似た白いお肌がうらやましいです。

 パーティーに参加することになった古城さんたち。
 妹さんをはじめとして主要キャラクターが登場するのはうれしいところです。
 敵が出てきたのはあっさり倒しますが、その後に王妃様が古城さんと娘を結婚させようとする展開を見て、この母にしてこの娘ありなのだと思ったのは私だけではないかと。

 古城さんのお声がおとなしいと思っていたら敵に操られてしまったようです。
 ラフォリアさんも雪菜さんもあっさりとさらわれてしまいました。
 トリーネさんに操られている古城さんはいつもとは違ったキャラクターにしか見えません。

 調印の儀式をだめにしようとするテロ集団ですが、演技とはいえそれに同調するラフォリアさんに驚きました。
 そんな彼女の機転で雪菜さんが汗だくになり、その匂いで古城さんが正気に戻るのはまったく読めませんでした。
 戦闘そのものは、例の決め台詞とともにあっさりと終了するのは彼ららしいのかもしれません。

 最後は、ラフォリアさんはご両親とともに帰国していきました。。
 最後の古城さんと雪菜さんとのやり取りを見ると、平和に戻ったのだと実感します。

 キャラクターがそれぞれの役割をうまく果たして、うまく出来たお話だと思います。
 実はさらに続編のストライク・ザ・ブラッドⅡ(全8話)があるらしいので、また時間ができたら見てみようと思います。


※ランキング参加中です!
 よろしければ、クリックお願いします!
ブログランキング・にほんブログ村へ

【アニメ感想】細谷さんと種田さんの復帰を祈りつつ「ストライク・ザ・ブラッド(全24話)」を見ました!

 6月が残り少なくなる中、ふと話題に出たので「ストライク・ザ・ブラッド(以下ストブラ)」を一通り見て感想を書きます。
 時間が経っているとどうしても中身を忘れてしまいがちになりますが、「ここから先は俺の喧嘩だ!」「いいえ、私達の喧嘩です!」という決め台詞だけは普通に頭に残っていました。
 とはいえ、そのセリフを言っているお2人(細谷さん、種田さん)ともが現在療養中というのですから胸が痛みます。

 分野的に言えばバトルアニメなのだと思われますが、ラノベ原作によくあるハーレムに近い状況はお約束でしょうか。
 主人公が「第四真祖」と呼ばれる吸血鬼という設定から、所々ヒロインの血を吸うシーンがあるのですが妙に官能的に見えて、顔が真っ赤になってしまいます。
 余談ですが吸血鬼を題材とした作品というと、近年だと「終わりのセラフ」が代表例でしょうか。

 また、ストブラは初めから2クールのアニメということで当時からの期待が大きかったことがなんとなくわかります。
 他に当初から2クールで放映された(ラノベ原作の)作品は、私の知る限りでは、SAO、AW(アクセルワールド)、魔法科高校の劣等生、とある、ヘヴィーオブジェクト、リゼロ(分割2期だとGate、アスタリスクも含みます)と有名どころが勢揃いです。
 
 実際に見始めると、ラブコメ要素をはさみつつも独特の世界観に魅せられ、気が付いたら最後まで突き進んでしまいました。
 詳細な内容については一旦まとめた後、最後に全体の感想を書きたいと思います。

続きを読む

ごあいさつ

愛されたい猫

Author:愛されたい猫
 ご訪問ありがとうございます。
 趣味はアニメ・ゲーム、ぬいぐるみ集め、懸賞応募です。
 アニメは1クールに10本以上は見ていると思います。
 ゲームはドラクエ、FFを中心に、最近ではポケモンもプレイ中です。
 不束者ですが、できるだけ毎日更新していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

相互希望です。フォローしていただけるとうれしいです。
ランキング参加中です。1日1クリックいただけると喜びます。

FC2Blog Ranking

よろしければ、こちらの方もクリックお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お客さま
RSSリンクの表示
リンク
検索フォーム